2009.5.21~910494

ホームページアクセス数

       ☆祝☆
   いつも、ご覧になって頂き、
    ありがとうございます。
90万ヒット 大記録達成!!

 
オンラインユーザー2人

メニュー

学校紹介ちどりのアルバム学校感染症登校許可書保護者便利帖合唱部ちどりの愛唱歌調べ学習

学校紹介

 
 
 
  
 

学校連絡先

校章S〒655-0011
神戸市垂水区
千鳥が丘3-10-37
        

TEL 078-709-1655
FAX 078-709-1656
 

三年とうげ

音楽物語 三年とうげ』

※番号の付いた黒字はせりふです。
※曲は下方で聞くことができます。


      
リコーダー奏『故郷の春』

あるところに 三年とうげとよばれる とうげがありました
あまり高くない なだらかなとうげでした


歌①『三年とうげはよいながめ』 
春にはすみれ たんぽぽ ふでりんどう
とうげからふもとまで さきつづく
三年とうげは よいながめ
ためいきの出るほど よいながめ

秋にはかえで がまずみ ぬるでの葉
とうげからふもとまで 色づいて
三年とうげは よいながめ
ためいきの出るほど よいながめ 

そんなすてきな とうげにも
おそろし こわい いいつたえ

歌②『三年とうげでころぶでないぞ(A)』 
三年とうげで ころぶでないぞ
三年とうげで ころんだならば
三年きりしか 生きられぬ
長生きしたけりゃ ころぶでないぞ
三年とうげで ころんだならば
長生きしたくも 生きられぬ
 
取り入れすんだ ふもとの村で
のんびりせんたく 山ふりあおぐ
もみじも すっかり色づいて
三年とうげに秋がくる
秋がくる
10白いすすきの光る朝
11おばあさんのじまんの 反物売りに
12とうげをこえて となり町
13売れてうれしや 帰り道
14おじいさんは とうげでひと休み
15ひと休み
16三年とうげで ゆめごこち
17ときのたつのも 忘れてる
☆「カアー カアー」(カラスのなき声)
18はっと気がつく おじいさん
19あわててその場に 立ち上がる
20「ああ、こうしちゃおれぬ 日がくれる」
21お日さま西にかたむいて
22夕やけ空が だんだん暗くなってきた

歌③『三年とうげでころぶでないぞ(B)』
(※( A)より速いテンポで)
三年とうげで ころぶでないぞ
三年とうげで ころんだならば
三年きりしか 生きられぬ
長生きしたけりゃ ころぶでないぞ
三年とうげで ころんだならば
長生きしたくも 生きられぬ
 
23ところがたいへん どうしたことか
24あんなに注意をしてたのに
25石につまづき ばったりたおれたおじいさん
26「わしのじゅみょうは あと三年じゃ。
     三年しか生きられぬのじゃ」
27家に帰ってみたけれど 心ここにはありません
28おばあさんにだきつき 泣きじゃくる
29ご飯も食べず ふとんに入り
30ガタガタふるえて 日がすぎる
31とうとう病気になりました
32そんなある日のことでした
33水車屋の若者トルトリが 村の人たちとやってきた
34おじいさんのうちに やってきた
35も一度行こう とうげにと
36ことばやさしく さそい水
37「ぼくら信じて とうげに行こう」
38「わたしら信じて とうげに行こう」
39「そして もう一度  ころぶんだ」
40「ばかな話はやめてくれ もっと早くに このわしを
       殺すつもりか おまえらは」
41「いえいえ そうではありません
 この歌聞いて ごらんなさい」

歌④『一度ころぶと三年生きる』
一度ころぶと 三年生きる   <三年生きる>  
 も一度ころぶと 六年生きる  <六年生きる>
倍々ふえて どこまでも  <どこまでも>
ううんと長生き  できるんだ

42歌を聞いて 考えていたおじいさん
43「うん、なるほど なるほど」
44うなずいて ふとんからとび起きた

45「よし わかった わしはとうげにいこう」
46よろめく足に力をこめて 三年とうげにやってきた
47「ふしぎな歌が 聞こえるぞ」

歌⑤『長生きの歌』
えいやら えいやら えいやらや
いっぺんころべば 三年で
十ぺんころべば 三十年
百ぺんころべば 三百年
おじいさんのじゅ命は きりがない

こけてころんで ひざついて
しりもちついて でんぐりがえり
長生きするとは こりゃ めでたい
長生きするとは こりゃ めでたい
 
48うれしくなった おじいさん
49おばあさんといっしょに  ころびだす


歌⑥『すってんころりんの歌』
ころりんころりん すってんころり
ぺったんころりん  ひょいころころりん
ころんでよろこぶ おじいさん
にこにこわらって またころぶ

ころりんころりん すってんころり
ぺったんころりん ひょいころころりん
ころんでよろこぶ おばあさん
にこにこわらって またころぶ
 ころりん ころりん すってんてん
 
50おじいさんは 元気になったとさ
51すっかり元気に なったとさ
52おじいさんおばあさん二人とも
 手に手をとって 長生きしたと
53村のみんなの かたりぐさ
54いまもみんなの かたりぐさ

歌⑦『三年とうげはよいながめ』
 (※ ①と同じ。1番のみ) 
春にはすみれ たんぽぽ ふでりんどう
とうげからふもとまで さきつづく
三年とうげは よいながめ
ためいきの出るほど よいながめ
 
合奏『故郷の春』    1番:合奏⇒2番:歌+楽器伴奏
春のひざしに 思い出す
あんずやももに 山つつじ
花につつまれた 故郷を
色とりどりの 美しさ


  
 

国語の教科書に載っている朝鮮半島の民話です。平成23年11月、創立10周年記念音楽会で3年生が演奏しました。「故郷の春」は朝鮮半島の有名な童謡です。(台本と歌詞:濱口 豊 作曲:佐々木一夫)

♪♪♪音楽を聴く♪♪♪
  1.三年とうげはよいながめ
  2.三年とうげでころぶでないぞ(A)
  3.三年とうげでころぶでないぞ(B)
  4.一度ころぶと三年生きる
  5.長生きの歌
  6.すってんころりんの歌
  7.故郷の春(合奏)

音楽が聞けないときは、リンク右クリックで「名前
をつけてリンク先を保存」し、再生してみてください。
         

この曲を教育活動に使用されたいときの楽譜などについてのお問い合わせは、学校名・氏名を明記の上必ず下の作者宛てメールでお願いします。千鳥が丘小学校へのお問い合わせはご遠慮願います。
 ongakubu*hi-net.zaq.ne.jp(*を@に変えてください)