言語の選択:

各種警報発令時の処置について

【各種警報発令の場合の処置について】

  • (ア)「神戸市・芦屋市内に居住している生徒」

    大雨・洪水・暴風・大雪警報のうちいずれかの警報が、神戸市もしくは芦屋市に発令された場合、下記の要領にもとづくこと。

    1. 午前6時30分現在、上記警報のいずれかが発令されている場合、生徒は自宅で待機すること。        
    2. 午前6時30分以降で、始業以前に上記警報のいずれかが発令された場合、生徒は、状況を判断して直ちに帰宅して自宅待機をするか、そのまま登校して学校の指示に従うこと。        
    3. 午前6時30分以降、8時30分までに上記警報が解除された場合、3限目から授業を開始する。        
    4. 午前8時30分を過ぎ、10時30分までに上記警報が解除された場合、午後(13:00)から授業を開始する。        
    5. 午前10時30分を過ぎても上記警報が解除されない場合は臨時休業とし、生徒は家庭で学習すること。(回復処置については後日検討する。)        
    6. 臨時休業中の部活動は、一切中止とする。        
    7. 個人的に学校への問い合わせは、やむを得ない場合を除き、しないこと。

  • (イ)「神戸市・芦屋市以外に居住している生徒」

    • (1)神戸市もしくは芦屋市に警報が発令中は、前記(ア)に従うこと。        
    • (2)居住している市町村、また通学経路にかかわる地域に上記の警報が発令された場合は、下記の要領にもとづくこと。        
      1. 午前6時30分現在、上記警報のいずれかが発令されている場合、生徒は自宅で待機とすること。        
      2. 午前10時30分までに解除された場合、安全を確認の上、速やかに登校すること        
      3. 午前10時30分を過ぎても上記警報が解除されない場合は公欠とし、生徒は家庭で学習すること。        
      4. 個人的に学校への問い合わせは、やむを得ない場合を除き、しないこと。

 

定期考査中に各種警報が発令された場合の処置

【定期考査中に各種警報が発令された場合の処置】

  • (ア)「神戸市・芦屋市内に居住している生徒」

    定期考査中に大雨・洪水・暴風・大雪警報のうち、いずれかの警報が神戸市もしくは芦屋市に発令された場合、下記の要領にもとづくこと。

    1. 午前6時30分現在、上記警報のいずれかが発令されている場合、生徒は自宅で待機とすること。           
    2. 生徒が登校中において上記警報のいずれかが発令された場合、生徒は直ちに帰宅する。ただし、そのまま登校してきたものについては学校で待機する。           
    3. 午前6時30分以降、8時30分までに上記警報が解除された場合、下記の要領で定期考査を行う。           
      考査時間帯
      予鈴10:20
      ST10:25 ~ 10:35
      予鈴10:35
      1限10:40 ~ 11:30
      予鈴11:40
      2限11:45 ~ 12:35
      昼  食
      予鈴13:10
      3限13:15 ~ 14:05
      ST14:05 ~
    4. 午前8時30分を過ぎても上記警報が解除されない場合は、臨時休業とする。このとき、考査時間割は曜日をずらして実施する。(回復処置については後日検討する。)           
    5. 臨時休業中の部活動は、一切中止する。           
    6. 個人的に学校への問い合わせは、やむを得ない場合を除き、しないこと。

  • (イ)「神戸市・芦屋市以外に居住している生徒」

    • (1)神戸市もしくは芦屋市に警報が発令中は、前記(ア)に従うこと。           
    • (2)居住している市町村、また通学経路にかかわる地域に上記の警報が発令された場合は、下記の要領にもとづくこと。  


      午前7時現在、上記警報が解除されない場合は、公欠とする。

                                                        以上