神戸市立葺合高等学校
〒651-0054 神戸市中央区野崎通1丁目1-1 
TEL 078-291-0771
FAX 078-271-5614
 
葺合高等学校校章
 

日本語 | English
COUNTER1982677
国際科専門科目の学習内容

教科:英語

  1. 総合英語(1・2・3年)
  2. 英語理解(2年)
  3. 英語表現(2・3年)
  4. 異文化理解(1年)
  5. 時事英語(2・3年)
  6. コミュニケーション(2・3年)
  7. ER(Extensive Reading)(3年)

教科:国際

  1. グローバルスタディーズ(1・2・3年)
  2. 日本文化紹介(2年)
  3. アジア地域研究(3年)

教科:外国語

  1. スペイン語(2・3年)
  2. 中国語(2・3年)

総合的な学習の時間


教科:英語

  1. 総合英語(1年)

     読むこと(特に速読・多読・異文化理解を中心とする)、書くこと、意見を発表すること、聞くことについて総合的に英語で学習します。特に読んだことをもとに自分たちの意見をお互いに交換するなどのディスカッションを重視しています。 

    ページトップにもどる↑


  2. 英語理解(2年)

     1年次の総合英語を発展させ、テーマ別に英語の論文・新聞・エッセイなどを読む力を養い、自分の考えを英語で表現する力を伸ばします。抽象的な内容や国際的諸問題および社会問題に関連した題材を選び、自分自身の考えを構築する情報源として扱っています。 

    ページトップにもどる↑


  3. 英語表現(2・3年)

     外国人講師の指導のもとに英語で論文を書くクラス(エッセイライティング)と基本的英語表現力を育成するクラスに分かれて学習します。正確な表現能力も重視しますが伝えたい情報や考えをいかに効果的に伝えるかということに、より重点をおいています。 

    ページトップにもどる↑


  4. 異文化理解(1年)・時事英語(2・3年)

     CALL教室を利用して、テーマごとに問題解決型学習を行います。まず、問題提起が行われます。次に、テーマに応じた英語の語彙や表現を増やし、多角的なものの考え方ができるように、英文を読み、テープを聞き、ビデオを見ます。そして、得た情報をまとめ、自分達の意見をまとめます。エッセイを書いたり、スピーチ、プレゼンテーションおよびディベートや番組制作などにも取り組みます。具体的なテーマとしては、環境・平和・国際理解・人権などを取り扱っています。 

    ページトップにもどる↑


  5. コミュニケーション(2・3年)
     少人数クラスで生徒一人一人の英語のコミュニケーション能力を伸ばします。外国人講師と日本人教諭がチームになって、主としてSpeech, Debate, Discussion, Role Play の活動を行います。生徒たちはお互いの中で切磋琢磨し研鑚を積むことができ、話すことに自信のない生徒も気軽に話せる場で力をつけています。基本的な会話能力からプレゼンテーションに必要なスキルまで網羅しています。 

    ページトップにもどる↑


  6. ER(Extensive Reading)(3年)
     エッセイ、記事、文学作品など様々な分野の長い英文を読み、語彙や表現力を豊かにすると共に、主題の論旨を的確に捉える力を養います。読解力をつけながら、社会問題・国際問題に対して、論理的思考力および批判的洞察力を養い、いろいろな視点に立ったものの考え方ができるよう学習します。また、文学作品などの比較的長い英文に接し内容について分析、批評しながら鑑賞する力を育てます。 
  7. ページトップにもどる↑


教科:国際

  1. グローバルスタディーズ(1・2・3年)

     国際社会で活躍する人材の育成を目的にこの科目は設置されました。1年次は社会の諸問題について調べるための方法や課題の見つけ方を学びます。2年次は1年次で身につけた知識や技能を活用し、英語による論文作成に取り組みます。ポスター発表や口頭発表を校内、校外で行うことで視野が広がり、英語のコミュニケーション力も向上します。3年次では海外の姉妹校と意見交換をしたり、自分たちが見つけた解決策をより具体的に考えていきます。(授業は原則として英語を使用します。) 

    ページトップにもどる↑


  2. 日本文化紹介(2年)
     国際理解を推進していくために、日本独自の文化とそれを育んできた土壌や日本人の考え方を学ぶと共に、他の諸外国との交流による文化・政治・経済面での影響を学びます。日本の文化・伝統・歴史について、日本語で書かれたもの・英語で書かれたものの両方から研究します。海外修学旅行時では英語で日本文化を紹介します。この科目には英語科・地歴公民科・国語科・家庭科・芸術科が担当しています。 
  3. ページトップにもどる↑


  4. アジア地域研究(3年)
     日本に隣接するアジアの国々をよりよく理解するために、アジアの文化・習慣・政治などの特徴や各国の抱える問題を広く学習し、今後平和を保ち、よりよい協力関係を作っていくための提案をします。

ページトップにもどる↑


教科:外国語
  1. スペイン語 (2・3年)

     アメリカで作られたスペイン語の教科書を用い、英語を通して、スペイン語を学びます。スペイン語の基礎を学び、日常会話レベルのスペイン語を聞いたり話したりする能力を養うと共に、平易なスペイン語文を読む力を養います。また、スペイン語文化圏の特徴も学びます。また、ゲストスピーカーを招いて講義なども行われています。 

    ページトップにもどる↑


  2. 中国語 (2・3年)

     中国語の基礎を学び、日常会話レベルの中国語を話したり聞いたりする能力を養うと共に、平易な中国文を読む能力を養います。また、中国文化の学習を通して、異なった文化を尊重することも学びます。

    ページトップにもどる↑


総合的な学習の時間

  • 国際事情研究(2年)

     国際科では、総合的な学習の時間に国際科独自の学習として「国際事情研究」を行っています。 各国の基本的情報をまとめ、日本との比較をして発表します。また、環境問題、都市生活、国際的なボランティア活動等のテーマに沿ってグループで調べて、解決策を探ります。小学生や園児とともに英語を楽しむ活動を計画し、実施します。(学習は原則として英語を使用します。) 

    ページトップにもどる↑