神戸市立葺合高等学校
〒651-0054 神戸市中央区野崎通1丁目1-1 
TEL 078-291-0771
FAX 078-271-5614
 
葺合高等学校校章
 
 

日本語 | English
COUNTER1695058

 
外部リンク
Natural Disasters Project     

「防災世界子ども会議」に向けて本校で取り組んだ内容がまとめられています。

 

ユネスコスクール日本語サイトへ

本校はユネスコ・スクールの加盟校です。
 

QRコード

携帯電話からもアクセスできます。

QRコード

 

平成29年度葺合ニュース

葺合ニュース2017
12
2017/11/22

【葺合ニュース】嵐山校外学習

| by:広報企画部

嵐山校外学習

2017/11/22


 10月27日(金)に、3年生の嵐山校外学習が行なわれました。生徒たちは班を作って一日のスケジュールを計画し、嵐山を起点に京都を散策しました。


 秋晴れの空の下、嵯峨野の竹林の小径や天龍寺、野宮神社などを訪れたり、沿道のグルメを楽しんだりしました。中にはレンタサイクルで北野天満宮を訪れ、合格祈願をして来た班もありました。その班の生徒は、「往復15kmは運動不足の受験生には試練のようでした。かなりしんどい思いをして北野天満宮に到着したので、受験で成功することを信じています。」と話していました。

 美しい嵐山の街並みの中でひととき羽を伸ばし、目標達成のためのエネルギーを充電できたようです。高校生活で最後の校外行事は、たくさんの思い出と笑顔に満たされた活動となりました。


13:16
2017/10/30

投票啓発講演会

| by:広報企画部

投票啓発講演会

2017/10/30


 10月5日(木)の7時間目に、3年生を対象として「投票啓発講演会」が行なわれました。この講演会は神戸新聞と中央区役所との連携行事で、講師として神戸新聞社報道部記者 廣畑 千春氏が来校し、「18歳選挙権と若者の政治参加」という題で講演されました。


 講演では、初めに18歳で選挙権が与えられることになった経緯や中央区の20歳未満の投票率が市内でワースト2位になったこと、政治とは何か、投票の意味、また、投票をするまでに知っておくべきことを話されました。


 次いで、投票をする際に大切なこと、注意すべき事を語られました。大切なこととしてあげられたことは、何を基準に選ぶかをしっかりと持つこと、情報を集める方法として、新聞・テレビ・ラジオ・ネットなど様々なものがあること、などでした。一方で注意すべき点として、情報はあふれるほどあるが、どのメディアも一長一短あり、我々はその情報を誰が発信したのか、事実を述べているのか、それとも発信者の意見なのかを見極めること、つまり、メディアリテラシーを高めることで正しい判断をすることが重要であることを力説されていました。


 質疑応答の時間に、生徒からは、「教育現場でなぜ選挙についてもっと啓発活動しないのか」、「公平性を保つために新聞は何をしているのか」などの質問があがりました。これらの質問に対して廣畑氏は、「まず自分たちが意識して、声を上げていくことが大切である」「新聞に載せるときには、公平性に配慮して、候補者の紹介は字数やスペースを同じにしている」と答えてくださいました。


 特に「投票に行かないという選択肢は悪いことなのか」という質問に対して、「投票に行かないのは現状を肯定することにつながる。政治は投票率の高い世代に対して政策が手厚くなる傾向がある。投票率が上がることで、その世代への政策も手厚くなり、生活へ良い影響を与えることになる」と言うことを力説されていました。



14:40
2017/10/30

赤ちゃん先生ふれあい学習

| by:広報企画部

赤ちゃん先生ふれあい学習

2017/10/30


 10月5日(木)の6・7校時に、1年生を対象として「赤ちゃん先生ふれあい学習」が行われました。このプログラムは、生徒たちが、0歳から3歳までの赤ちゃんとそのお母さんと触れあうことを通して、子供や家族について考え、理解を深めるものです。


 生徒たちはグループに分かれて、それぞれのグループ毎に赤ちゃんとそのお母さんを囲んで、交流しました。生徒たちは、お母さんたちの子供への思いを聞いたり、自分たち自身の子供の頃の写真を見てもらいながらその頃のことを話したり、また、子供たちに直接触れあうなどして、楽しく温かいひとときを過ごしました。


 日ごろ幼い子供たちに触れる機会がない生徒たちにとって、赤ちゃんのしぐさ、ふるまいそのものが新鮮な経験であり、またお母さんたちの思いを通して自分たちへの家族の思いを振り返る良い機会となった時間でした。



14:32
2017/10/30

ダンス同好会 全国大会出場決定

| by:広報企画部

ダンス同好会 全国大会出場決定

2017/10/30


 本校ダンス同好会は、9月30日(土)に大阪府立体育館で行なわれた「ALL JAPAN CHEER DANCE CHAMPIONSHIP 2017 関西予選大会」のHipHop部門高校生編成において1位となり、全国大会への出場が決定しました。


 この大会には高校・大学・クラブチームなどあわせて111チームが参加し、部門ごとに基準点に達したチームが全国大会に出場できます。


 本校のダンス同好会が出場したHipHop部門は、ストリートスタイルの動きとリズムを取り入れたダンスで、特にチームの一体感、同調性が評価されます。また、フォーメーションの変化や音楽を生かしたダイナミックで創造性あふれる振付構成が求められます。


 多くの部門で1位になったにもかかわらず、基準点に達していないために全国大会へ進めなかったチームもある中、こうして出場を決められたことはすばらしい成果です。


 現在、同好会メンバーは、全国大会では関西の代表として、観客、審査員を湧かすことができるようなダンスを踊ってきたいと練習に励んでいます。


【生徒の感想】ダンス同好会代表 2年生 山合さん


 私たちダンス同好会は辻本先生のご指導のもと、1年生19人、2年生13人、計32人で活動しています。9月30日に行われた第17回全日本ダンス選手権大会関西大会、HupHop部門高校生編成に出場し、念願の全国への切符をつかむことができました。このような賞をいただけたのは、先生や先輩方の熱心なご指導と家族の支えがあったからだと心から感謝しています。この感謝の心を忘れず、11月18日に東京で行われる全国大会に向けて日々精進していきたいと思います。全国の舞台はすごく緊張すると思いますが、悔いの残らないように全力で頑張ります。



14:21
2017/09/28

【葺合ニュース】体育大会開催

| by:広報企画部

体育大会開催 

2017/09/29 




 9月20日(水)に王子スタジアムで体育大会が行われました。当日は曇天ながら、リレーなどの走競技、男子の綱引きや騎馬戦、女子の大縄跳びや棒奪いなどの団体種目に、生徒たちは力の入ったプレー・応援をしていました。         


 走種目においては2年生のクラスの活躍が光りました。特に4×200mは決勝に、2年生が6クラス進出し、優勝を競 い合うという展開でした。また、綱引きや棒奪い、騎馬戦などの学年対抗の競技では3年生がすばらしいチームワークで1位を勝ちとりました。男子による力比べ種目の筋肉MENでは、3名の生徒が4分を超える接戦を行い、1位の2年生の生徒は5分28秒の好記録をたたき出し、大歓声に包まれていました。プログラムの最後には2年生女子によるダンスが行なわれ、華やかで息の合った演技に大きな拍手が送られました。結果は以下の通りです。

     学年対抗        クラス対抗
   1位 2年生      優勝 2年5組
   2位 3年生      2位 2年6組
   3位 1年生      3位 2年8組
                  3位 3年5組 
  





18:51
2017/09/14

【葺合ニュース】English Summer Seminar

| by:広報企画部

English Summer Seminar

2017/09/13 

 

 7月25日(火)から26日(水)まで、一泊二日の日程で、イングリッシュサマーセミナーが開催されました。これは毎年夏休みに1年生の希望者を対象に、神戸市の学校に勤めるALTの先生方を招いて行なう英語合宿です。


 今年は74名の1年生と19名のALTの先生方が参加しました。本校に昼、集合し、その後、ALTの先生方と共に神戸市立自然の家に向かいました。バスの中でも英語が飛び交い、すでに合宿が始まっていました。


 自然の家に到着し、オープニングセレモニーを行った後、クイズ・ダンス・ゲームなどを行いました。ゲームやクイズでは、グループに分かれて、海外の様々なカードゲームを行ったり、海外の国々の生活や風習などをクイズ形式で答えたり、異文化交流を行いました。また、ALTの先生とともにダンスで汗を流し、親睦を深めました。



 次に、「Show& Tell」(個人発表)を行いました。これは、グループのメンバーへ自分の大切なものの写真、実物を見せながら、英語で発表する活動です。また、「Skit Presentation」では、海外の有名な物語をグループでアレンジして劇をしました。グループのメンバーとALTの先生方とで、様々なアイディアを出し合って内容を工夫し、楽しい活動となりました。 


 セミナー中は、多くの活動を国際科・普通科混合のグループで取り組み、学年の生徒同士の仲も深まりました。英語力を磨こうと決意した生徒も多く、心に残る素晴らしい行事となりました。










 
                                                                                        (写真撮影  バシャ先生)



08:51
2017/09/13

【葺合ニュース】小学生のための英語活動

| by:広報企画部

小学生のための英語活動

2017/09/12
  




 






  

 8月8日(火)に、神戸市立公民館サマースクール事業の一環として、「葺合公民館 英語活動」が行なわれました。この活動は、高校生が小学生を対象に、ゲームや歌などの活動を通して英語に親しんでもらうというものです。本校2年生の国際科・普通科の生徒10名が参加し、小学校低学年13名、高学年15名と一緒に英語活動を楽しみました。生徒たちは夏休みに入ってすぐに準備に取りかかり、「どんな工夫をすれば楽しんでもらえるか」「どのようなことができるようになってもらいたいか」など試行錯誤しながら活動を考え、本番に備えました。  

 当日は最初、お互いに緊張していましたが、低学年でもSimon Says、アニマルカルタ、フルーツバスケットなどをしていくうちに距離が縮まり、活動を通して英語に積極的に取り組む姿が見られました。2時間という短い時間でしたが、生徒たちは「小学生(の皆さん)が生き生き参加
しており、楽しんでもらえてよかった。もっと活動をした
かった」、「普段小学生とふれ合う機会がないので、貴重な経験になった。これからも英語を楽しく学んで欲しい」と感想を述べていました。

 

 



10:00
2017/09/12

【葺合ニュース】フェニックスカップ校内英語スピーチコンテスト

| by:広報企画部
 

フェニックスカップ
校内英語スピーチコンテスト開催

2017/09/11
  

 7月20日(木)終業式の午後、本校フェニックスホールにてフェニックスカップ(校内英語スピーチコンテスト)が開催されました。このフェニックスカップは2005年に本校がスーパーイングリッシュランゲージハイスクール(SELHi)に文科省より指定された年に始まり、今年で第13回目を迎えました。今年は国際科19名、普通科3名、計22名が参加、それぞれが自分で設定したテーマで5分間の英語スピーチを行ない、内容と表現力を競いました。予選を通過したファイナルには、普通科2名、国際科10名が進出し、以下のメンバーが入賞しました。

第13回フェニックスカップ結果

順位

名前

タイトル

優勝
(1部

山隈 恵里子

About Your Ending

優勝
(2部

グリア 鷹丈司

The Elephant In The Room

2位

パデイット ギルバート パディリア

A Step To Success

3位

飯田 暁久

The Importance of Encounter

4位

繁山 七海

You are you

5位

武田 晏奈 クリスティーン

Let’s make a world without racial discrimination

 ✽海外在住経験の有無などで1部、2部に別れます。

 なお、最優秀賞の山隈さん、グリア君、2位のパディット君は9月16日に六甲アイランド高校で開かれる神戸市立英語スピーチコンテストに出場します。


 昨年はフェニックスカップで優勝した原田麗命(国際科3年)さんは全国大会まで進み3位を勝ち取ることができました。昨年同様、今年の代表生徒の皆さんも、精一杯がんばってほしいと思います。

           


19:19
2017/09/12

【葺合ニュース】水泳部 藤本聖花 近畿総体出場

| by:広報企画部

水泳部 藤本聖花 近畿総合体育大会出場

2017/07/20

 水泳部3年生の藤本聖花さんが、兵庫県総合体育大会女子100m平泳ぎで8位に入賞し近畿総合体育大会に出場しました。


 藤本さんは、大会前「私は、京都で行われる近畿総合体育大会に出場します。今年は例年よりもレベルが高く、近畿総合体育大会出場は困難かと思われましたが、全ての面で、自分をサポートしてくれた家族、毎日の練習で泳ぎなど、たくさん御指導して下さった先生方、一緒に練習を乗り越えてきたチームメイトなどたくさんの人のおかげで出場を決めることができました。昨年出場した時よりも自分の納得のいく泳ぎをして、少しでも良い結果を残すことで支えてくれた人たちに恩返ししたいです。」と語ってくれました。


 全国大会の切符を手にすることはできませんでしたが、練習の成果を発揮する泳ぎをすることができたと思います。この貴重な経験をバネに、新たな舞台で様々な挑戦をしていってくれることでしょう。      
        
     



19:04
2017/04/24

【葺合ニュース】国際科集会・海外派遣報告会

| by:広報企画部

国際科集会・海外派遣報告会

2017/04/24

サマミッシュ高校訪問報告


 4月18日(火)7校時に、全学年の国際科生徒がフェニックスに集まり、本年度最初の国際科集会が開かれました。本校国際科は兵庫県全域が通学区のため、生徒たちは神戸市近隣だけでなく、姫路市や淡路、川西市など県内各地から通学しています。そこで、同じ地域の国際科生徒が集まって、上級生・下級生が互いに親しく語り合うことで、1年生が学校生活により早くなじめるように毎年行なっています。


 集会は国際科担任の先生方からの挨拶の後、春休みに行なわれた2つのSGH関連の活動について、2年生および3年生からの報告が行なわれました。

フィールドワーク報告

 2年生はフィリピンへのフィールドワークツアーについて、現地の子供たちとの交流、アテネオ大学でのディスカッション、現地の状況(パヤタス地区)について写真を交えて説明しました。


 3年生は夏の四大陸高校生サミットの準備として、アメリカの姉妹校サマミッシュ高校への提言ツアーについて報告をしました。サマミッシュ高校には様々な人種・文化を持った生徒がたくさん学んでいます。参加した3年生は、多様な文化を体験的に学ぶことができ、有意義な時間を過ごすことができました。


地域別集会で話し合う国際科生徒たち

 その後、住んでいる地域別に26班に分かれ、3年生がリーダーとなって自己紹介、学校生活についての質疑応答が行なわれました。

 1年生は、はじめ緊張していましたが、部活動と勉強の両立、通学時間の利用方法、苦手科目の克服、海外研修などについてアドバイスをもらい、和やかな雰囲気の集会となりました。これから1年生も国際科の良さを引き継ぎ、世界に目を向け、様々な挑戦をしていくことでしょう。


16:58
12