神戸市立葺合高等学校
〒651-0054 神戸市中央区野崎通1丁目1-1 
TEL 078-291-0771
FAX 078-271-5614
 
葺合高等学校校章
 

日本語 | English
COUNTER2184085

葺合ニュース

葺合ニュース2019
12
2020/03/23

新型コロナウイルス関連

| by:広報企画部
神戸市内において、新型コロナウイルス感染症患者発生の報告があります。生徒やご家族の方々において、発熱の症状や、保健所に「濃厚接触者」と言われた場合には、学校にお知らせください。


00:00
2020/02/28

令和元年度 卒業式

| by:広報企画部
2月28日午前10時 令和元年度卒業式が挙行されました。

今年度の卒業生は国際科17回生、普通科72回生となります。


00:00
2020/02/11

第7回高校生「国際問題を考える日」

| by:広報企画部
 2月11日(火)神戸ファッションマートにて、兵庫県教育委員会、大阪大学、WHO神戸センター主催の、第7回高校生「国際問題を考える日」が開催されました。

 午前中は、基調講演「国際的な視点から見る東京2020オリンピック・パラリンピック大会」に始まり、続くパネルディスカッションでは、「オリンピック・パラリンピックと国際問題」で3人の高校生が活発な議論を繰り広げました。

 昼休みをはさんで、午後からはポスターセッションです。


 120を超える発表者が計2時間にわたってポスター発表をし、自分の発表だけでなく、他の人の発表もしっかりと聴いて、様々な質問をし、今まで研究してきた課題についてさらに考察を加えていきました。


 葺合高校からは10組の生徒たちが自分たちが制作したポスターを前に丁寧に発表をしました。
 コンテスト部門では、事前に選ばれた8校のうち、3年生の渡邊さん、永澤さん、永井さんの「E-waste (電気電子機器廃棄物)の再利用を促進するために」が最優秀賞に選ばれ、全体会で参加者全員の前でもう一度ポスター発表をしました。



00:00
2020/02/09

第13回全国高校生英語スピーチコンテスト

| by:広報企画部

第13回全国高校生英語スピーチコンテスト

 

 2020年2月9日(日)国立オリンピック青少年ホールにおいて、第13回全国英語スピーチコンテストが開催されました。地方大会を勝ち抜いた18名が集い、本校からは国際科2年1組の梶原くんが出場しました。フェニックスカップ、神戸市高大会、神戸支部大会、県大会、近畿大会を経た6度目の舞台、梶原くんはベストパフォーマンスを発揮し、見事4位入賞を果たした。

 

 梶原くんのスピーチ An Atmosphere to Evolve は、人の頑張りや努力を尊重しようとしない今日の若者の風潮に一石を投じるもので、彼が経験した英語の授業風景から始まります。

「英語なんか頑張ってどうするんだ」と、彼はクラスメートから嘲笑を受けます。

 

     It was an English class in junior high school.  “Okay,next.  Please read it, Mr. Kajihara,” my teacher commanded.  I read the sentences aloud with confidence, using as good pronunciation as possible.  But, suddenly, everyone around me started laughing. “Why are they laughing?  Is it bad that I’m trying my best?”

 

野球やサッカーを頑張っている彼らも、違う畑で頑張る仲間を素直に評価できず、むしろ馬鹿にしてしまいます。こうした風潮を変えるには…?そこでキーとなるのが共感する心だと彼は言います。

 

The key to create a place where your efforts are respected is empathy. Empathy is trying to understand people’s values and abilities.

 

だから、私は皆さんに言いたい。友達にしっかり伝えてほしい。「あなたが頑張っていることはすばらしい」と。「頑張ることって格好いい。」そう言い合える社会を作りたい。

 

That is why I am up here to tell you that we need to be that person for someone, and say, “I love that you’re trying!” Let’s make a difference, and say with certainty, trying is pretty cool.


00:00
2020/01/30

通学路の風景 〜 虹

| by:広報企画部
通学路の風景 〜 虹


にわか雨のあとの空に虹がかかりました。

00:00
2019/12/31

文化祭実行委員メンバー募集

| by:広報企画部
文化祭実行委員メンバー募集 ↓
http://www2.kobe-c.ed.jp/fki-hs/?page_id=919


00:00
2019/12/26

第14回全国高校生英語ディベート大会 ベスト8

| by:広報企画部

第14回全国高校生英語ディベート大会 ベスト 8

 



 
2019年12月25、26日、第14回全国高等学校英語ディベートコンテストが群馬県で開催され、全国の強豪64校が集う中、葺合チームは7位となりました。参加生徒は国際科2年1組の赤松さん、梶原くん、須多さん、中川さんの4名。持てる力をフルに発揮し、見事ベスト8入りすることができました!



00:00
2019/12/22

甲南大学リサーチフェスタ2019

| by:広報企画部
2019年12月22日 甲南大学リサーチフェスタ2019

12月22日、甲南大学でリサーチフェスタ2019が開かれました。
当日は1000人を超える参加者の中、本校から10組の生徒達が参加し、研究成果の発表を行いました。

本校から参加した生徒のうち、2年生の中島さんと中村さんの「English Education in Japan」と題した発表が審査員賞の1つである「ビッグデータ賞」を受賞しました。

甲南大学のホームページによると、このビッグデータ賞は、

という発表に贈られるものです。

他に発表した9組の生徒たちも、それぞれに興味深い研究テーマで一生懸命に語りかけていた姿が印象的でした。

00:00
2019/12/18

One World Festival for Youth 2019

| by:広報企画部
12月15日(日)大阪YMCAにおいて、One World Festival for Youth 2019 (http://owf-youth.com/about.html)が開催されました。

数多くの高校生や大学生、企業が参加し、ポスター発表やプレゼンテーションがあり、ブースでは様々な団体が活動を報告し、情報交換を行いました。

葺合高校はポスター発表やプレゼンテーション発表、そしてブース展示で参加し、ポスター発表では以下の賞をいただきました。

ファイナリストの部
優秀賞 

藤川さん・藤原さん
 

須田さん・古川さん

 


セミファイナリストの部
人気投票1位

大柳さん・幅さん






00:00
2019/11/20

課題研究経過発表会 その2(国際科2年生)

| by:広報企画部

11月14日 14:00~16:00 神戸市外国語大学、中嶋圭介先生に国際科2年生のGS2B課題研究10のパワーポイント発表についての助言をいただきました。

今回の課題研究経過発表会では、タイトルの付け方やプレゼンテーションの構成、そして論理の流れなどについて丁寧な指導をいただきました。

発表した10組の生徒たちだけでなく、今回は発表しなかった生徒たちも先生のさまざまなご指摘に大きくうなずいているのが伝わってきました。

今後の校外での発表会や校内でのWWL発表会に向けて大きく前進できた気がしました。


00:00
2019/11/16

関西学院大学リサーチ・フェア2019

| by:広報企画部
口頭発表の部 奨励賞受賞

11月15日(金)、16日(土)に関西学院大学三田キャンパスで行われた「リサーチ・フェア2019」に今年も本校から生徒たちが参加し、日頃の研究成果を発表しました。

3組のうち、吉田さんと桜井さんのペアが発表した『技能実習制度の「見える化」と地域の役割』が口頭発表の部において奨励賞を受賞しました。

どのチームも審査員の方から研究の次のステップにつながる貴重なご意見をいただき、有意義な時間を過ごすことができました。

今年度のリサーチ・フェアプログラム → リンク


00:00
2019/11/05

課題研究経過発表会 その1(国際科2年生)

| by:広報企画部

課題研究経過発表  11/5 神戸市外大 野村和宏先生


今回は、国際科1、2組から合計10チーム(個人2人を含む)が発表し、それぞれについて講評をいただきました。

全体的に、内容のみならず、技術的な点や英語の発音などについてもご指摘をいただきました。生徒たちにとっては、内容と同様に、自分たちのプレゼンテーションをより説得力のあるものにするために、表現の仕方、伝え方がいかに重要であるか認識を新たにできたことと思います。


00:00
2019/11/01

創基80周年記念式典

| by:広報企画部

令和元年11月1日(金)、本校の創基80周年を記念して神戸文化ホール大ホールにて式典が行われました。本校は昭和14年に神戸市立神戸中学校として開校し、幾多の変遷を重ねながら今年で80周年を迎えました。これを機に本校教育のさらなる発展をめざしていきたいと思います。




00:00
2019/10/23

芸術の秋

| by:広報企画部
深まりつつある秋の一日

00:00
2019/10/05

第2回 国際科オープンキャンパス

| by:広報企画部

 10月5日()に国際科第2回オープンキャンパスが開かれ、中学2年生55人、3年生156人、保護者170人、合わせて381人の方が来校されました。このオープンキャンパスは全体オリエンテーションと体験授業の二部構成で行われました。










 オリエンテーションでは、学校長のあいさつ、国際科長による国際科の概要説明のほかに、国際科生徒による留学生とALTの紹介や、国際科の魅力についてのプレゼンテーションが行われました。体験授業では、ALTを交えての会話の授業、コンピュータを利用した掲示板システムによる英語ディベートの体験、地歴公民科教師による現在の世界についての授業、CALL教室でのシャドウイング(英語スピーチを聴きながら自分でも発音する)授業の4種類で、国際科の特色ある授業を具体的に体験してもらいました。授業には国際科生徒も加わって、参加した中学生の皆さんが楽しく授業を受けられるようにサポートしました。



 来年4月にさわやかな笑顔にまた会えることを楽しみにしています。



00:00
2019/09/24

メルボルン・ウエストボーン生徒訪問(その3)

| by:広報企画部
オーストラリア・メルボルンのウエストボーングラマースクールから19名の生徒と3名の先生が葺合高校にやってきて1週間。

学校での授業体験や体育大会を経験したあとの3連休は台風17号の影響が心配でしたが、幸い神戸では交通機関に影響があったのは23日の午前中のみで、ウエストボーンの生徒たちは本校生徒といろいろなところで思い出づくりをすることができたようです。

さて、本日の朝、ウエストボーン生は新幹線で広島に向かいました。葺高生とは新神戸駅でお別れです。名残はつきませんが、またいつの日か会えることを楽しみに、ひとまずはお別れです。

















00:00
2019/09/20

体育大会2019

| by:広報企画部

9月20日()、王子スタジアムで体育大会が行われました。今年は台風が多く、当日も天気が最後までもつかどうか心配されましたが、曇り空を吹き飛ばすような力強い選手宣誓で体育大会は始まりました。リレーなどの走競技では、生徒たちの懸命な走りを見ることができました。クラス対抗競技の「タイフーン」も大いに盛り上がり、「綱引き」や25キロの砂袋を頭上に持ち上げ続ける競技、「筋肉MEN」でも、男子生徒の迫力のある力強い姿が見られました。午後から雨がちらつき始める中、一部プログラムを変更しましたが、突然の予定変更に慌てることなく生徒達は落ち着いて行動し、進行に大幅な遅れは見られませんでした。女子の「棒奪い」や男子の「騎馬戦」は手に汗握る熱戦でした。2年生女子による「ダンス」は、今年も非常に華やかで、息の合った演技を見せてくれました。小雨の中でも傘をさして観戦を続けて下さった保護者の皆様、生徒会執行部のメンバー、体育科の先生方、放送部や吹奏楽部を始めとする文化部の生徒達、用具係や召集係で活躍してくれた運動部の生徒達、怪我の手当てをして下さった先生方、声を張り上げて応援してくれた先生方や生徒達、ご来賓の皆様、多くの人の懸命な努力に支えられて、今年も体育大会は大成功に終わりました!!



00:00
2019/09/19

メルボルン・ウエストボーン生徒訪問(その2)

| by:広報企画部
今日は授業の最終日で、英語をはじめ、さまざまな授業に参加したあと、6・7時間目はフェニックスホールに集合しました。



ウエストボーンの生徒は今回、2つのトピックについて発表を行いました。はじめはグレートバリアリーフについて、次に学校生活についての発表があったのですが、驚いたことに2つとも日本語による発表でした。葺合高校生は海外に行った際に通常英語で発表しますが、海外の学校の生徒が日本語で発表するのを聞くのはおそらく初めてのことだったのではないかと思います。




今回、葺合高校に来た生徒たちはみんな学校で日本語を選択していて、丁寧な言葉づかいでオーストラリアのこと、自分たちの学校のことなどを語ってくれました。

質問の時間になると、
「しつもんはえいごでおねがいします」
とここも丁寧に話していました。



後半はディスカッションの時間です。SDGsに関連するテーマを10個用意し、グループごとに問題点、解決策を話し合いました。どの問題もすぐに解決できるものではありませんでしたが、それぞれにアイデアを出し合うことで課題に対する意識を高めることができました。

明日は体育大会です。天気は良さそうです。


00:00
2019/09/18

メルボルン・ウエストボーン生徒訪問(その1)

| by:広報企画部
8月の夏期研修旅行で訪問していたオーストラリア、メルボルンの姉妹校、ウエストボーングラマースクールの生徒19名が付き添いの3人の先生と共にやってきました。

生徒達は18、19日の葺合高校の授業に参加し、20日に開かれる体育大会にも参加する予定です。その後の週末の3日間は神戸近郊の観光地などで生徒同士で楽しく過ごす予定です。

ホストファミリーのことを聞かれたウエストボーンの生徒のひとりは、「とても楽しいです。私が『たまご焼きが好き』、と言ったらホストのおかあさんがお弁当に入れてくれたんです。」と喜んでいました。






00:00
12