神戸市立葺合高等学校
〒651-0054 神戸市中央区野崎通1丁目1-1 
TEL 078-291-0771    FAX 078-271-5614
日本語 / English
 

 
 
 
 
WWLニュース >> 記事詳細

2019/12/09

第4回神戸コミュニティフォーラム

| by:広報企画部
4回神戸コミュニティフォーラム

 12月8日に神戸市と公益財団法人神戸国際協力交流センターによる第4回神戸コミュニティフォーラム(The 4th KOBE COMMUNITY FORUM )が、デザイン・クリエイティブセンター神戸で開催されました。このフォーラムは外国人も含めた神戸市民が多文化を認め合い、人と人、コミュニティ同士のつながりを強めるきっかけにするために、様々な意見やバックボーンを持った人が英語で語り合うことを目的としています。葺合高校生は第2回より発表や運営などに関わっており、今年は"Creating Multicultural Spaces"「多文化に出会える場所づくりを考えよう」というテーマで、4名の2年生がキックオフプレゼンテーションを担当しました。事前には神戸国際協力交流センターやデザイン・クリエイティブセンター神戸の方々にフォーラムの説明やキックオフプレゼンテーションの助言をいただきました。昨年度参加した3年生を中心にディスカッションのファシリテーターの役割を担うなど、1年生6名、2年生9名、3年生6名の計21名の生徒が参加し活躍しました。
 
キックオフプレゼンテーション
 キックオフプレゼンテーション
グループディスカッション
 グループディスカッション

グループディスカッション
 グループ代表者発表

参加生徒の感想~抜粋~
 3年間神戸フォーラムに参加して、何も分からずただ参加者として参加した時がとてもなつかしく感じました。私は英語は好きだけど、コミュニケーションは苦手でした。初めは自分から積極的になれませんせした。毎年レベルアップしていくフォーラム作りに関わることができ、主催側にもなり、だんだんと楽しさを感じられるようになったのでとても良かったです。
(3年ファシリテーター担当)

 私はこのイベントには1年生から参加していて、個人的にすごく好きなイベントなので、とても楽しむことができました。しかし、ファシリテーターとしての役割を果たすのは少し難しかったです。グループの中にすごく話すことが好きな方がいて、発言がその人に偏りがちだったので、次にもしファシリテーターをする機会があれば、そこを解決したいなと思いました。
(3年生ファシリテーター担当)

 プレゼンテーションに向けて何回もパワーポイントを作り直したり、問題の重大さの伝え方や見やすさなどに気を付けて当日に備えました。事前に真剣にKIITOの方と意見交換ができたので、フォーラムのオープニングにふさわしい発表ができた(色々な方に褒めてもらったのでこう言えるかもしれません)ので良かったです。
(2年キックオフプレゼン担当)

 自分のグループはロシア、アフガニスタン、ベトナム、オーストラリア、中国など様々な国から来た人が集まった個性豊かなグループでした。それゆえ、様々な意見が飛び交ったので、とても楽しい時間になりました。
(2年ディスカッション参加)

 最初は英語でのディスカッションだと聞き、話せるか心配でしたが、自分の考えた意見を伝えることが嬉しくて、とても楽しかったです。色々な人とお話することができたので、多くのことを吸収して学べました。 
(1年ディスカッション参加)

 楽しかったです。他国籍の方々や、海外経験のある中学生、ファシリテーターかつプレゼンターの先輩と同じグループで、それぞれから沢山の意見が英語で出て、まとまっていく様子を見るのはとても良かったです。他国出身の方との繋がりもできて、このような場で考えを英語で発表できたのも、これからに生かせる経験になりました。
(1年ディスカッション参加)


00:00