神戸市立葺合高等学校
〒651-0054 神戸市中央区野崎通1丁目1-1 
TEL 078-291-0771    FAX 078-271-5614
日本語 / English
 

 
 
 
 

葺合ニュース

葺合ニュース2019 >> 記事詳細

2020/02/09

第13回全国高校生英語スピーチコンテスト

| by:広報企画部

第13回全国高校生英語スピーチコンテスト

 

 2020年2月9日(日)国立オリンピック青少年ホールにおいて、第13回全国英語スピーチコンテストが開催されました。地方大会を勝ち抜いた18名が集い、本校からは国際科2年1組の梶原くんが出場しました。フェニックスカップ、神戸市高大会、神戸支部大会、県大会、近畿大会を経た6度目の舞台、梶原くんはベストパフォーマンスを発揮し、見事4位入賞を果たした。

 

 梶原くんのスピーチ An Atmosphere to Evolve は、人の頑張りや努力を尊重しようとしない今日の若者の風潮に一石を投じるもので、彼が経験した英語の授業風景から始まります。

「英語なんか頑張ってどうするんだ」と、彼はクラスメートから嘲笑を受けます。

 

     It was an English class in junior high school.  “Okay,next.  Please read it, Mr. Kajihara,” my teacher commanded.  I read the sentences aloud with confidence, using as good pronunciation as possible.  But, suddenly, everyone around me started laughing. “Why are they laughing?  Is it bad that I’m trying my best?”

 

野球やサッカーを頑張っている彼らも、違う畑で頑張る仲間を素直に評価できず、むしろ馬鹿にしてしまいます。こうした風潮を変えるには…?そこでキーとなるのが共感する心だと彼は言います。

 

The key to create a place where your efforts are respected is empathy. Empathy is trying to understand people’s values and abilities.

 

だから、私は皆さんに言いたい。友達にしっかり伝えてほしい。「あなたが頑張っていることはすばらしい」と。「頑張ることって格好いい。」そう言い合える社会を作りたい。

 

That is why I am up here to tell you that we need to be that person for someone, and say, “I love that you’re trying!” Let’s make a difference, and say with certainty, trying is pretty cool.


00:00