言語の選択:

校長室より

校長室より >> 記事詳細

2020/08/18

モチベーションを高める(二学期始業式)

| by:広報企画部

モチベーションを高める(二学期始業式)

 

 おはようございます。例年より早い二学期のスタートとなりました。暑さの厳しい中、新型コロナウイルスの感染者も日本全体で増えていますので、コロナや熱中症を決して甘く見ずに、健康には留意して、いいスタートを切ってほしいと思います。

 一学期の7月7日と9日に、インターナショナル・コンファレンスを葺合高校で開催しました。名前は変わりましたが、この高校生国際会議は5回目の開催です。去年までは、アメリカ、スウェーデン、フィリピン、台湾、オーストラリアの高校生が来校して、ディスカッションしていましたが、今年はコロナの影響でオンラインでの開催となりました。

テーマは「リスクマネジメント-新型コロナウイルスによる世界危機における国際協力のあり方-」です。5つのグループに分かれて、次の課題について英語で話し合いました。

1.情報感染とリスクコミュニケーション」「2.経済打撃と金融支援」「3.遠隔教育における教育格差」「4.感染拡大によるメンタルヘルス問題」「5.家庭内暴力と虐待問題」です。

いずれも、今まさに皆さんの日々の生活に関わる具体的な内容です。間違った情報が流されたり、情報の扱いが適正でないために買い占めや偏見につながったりする事件が起きています。今朝の新聞の一面での報道によると、4月~6月のGDP国内総生産は-27.8%で戦後最悪のマイナス経済成長です。政府の支援もなかなか効果を発揮できていません。しかも、9月以降の景気の後退はさらに厳しくなり、倒産する企業も増えると、多くの識者が予想しています。学校は3か月間の休校でしたが、教育にも影響が出ました。私立学校や塾では、オンラインの授業などを進めていますが、公立学校ではICT環境が整っていないなど、教育の格差も問題です。休校やテレワークで大人も子供も家にいるために、気持ちが落ち込んだり、家庭内暴力や虐待が深刻になったりする報告もあります。

これらの問題は日本だけの問題ではなく、世界中が抱えており、今年のインターナショナル・コンファレンスでは、コロナの影響で、より身近な問題として、高校生自身が捉え、議論し、課題解決に向けての提言を考えました。国によって考え方や対応方法が違うので、参考になったし、日本の取組について、異なる視点で考えることができたようです。参加した生徒は初めてのオンラインでの国際会議だったので、ICT機器の使い方や議論の進め方、時差の問題など、難しい面は多くありましたが、中身の濃い高校生国際会議でした。

話し合われた課題を見ると、世界はどこに向かうのかと心配になりますが、時代の大きな変革期にはチャンスも多くあります。今年は戦争が終わって75年、4分の3世紀、阪神淡路大震災から25年、4分の1世紀です。大戦争や大地震を乗り越えて、今の日本の繁栄があります。危機という字は、危険の危と、機会つまりチャンスの機でもあります。ピンチはチャンスですが、そのチャンスを生かすかどうかはモチベーションがあるかないかだと、筑波大学の准教授で、メディアアーチストの落合陽一氏は述べています。コンピュータにはモチベーションはないので、人間の特性です。モチベーションとは目標に向かって進む意欲です。一学期の終業式で、やりがいのある仕事を目指してほしいという話をしましたが、やりがいはモチベーションにもつながります。毎日の授業や受験勉強、部活動、学校行事など、モチベーションを高めて取り組んでほしいです。

 

令和2年8月18日

神戸市立葺合高等学校長


09:49