言語の選択:

平成28年度葺合ニュース

葺合ニュース2016 >> 記事詳細

2016/11/17

【葺合ニュース】高大連携特別講義

| by:広報企画部

高大連携特別講義

2016/11/17

立命館大学 中鹿先生講義

 11月17日(木)6・7校時に1・2年生を対象として高大連携特別講義が行なわれました。本校の高大連携授業は毎年この時期に行なっていますが、今年度は立命館大学総合心理学部准教授の中鹿直樹先生をお招きし、「心理学における基礎的な研究から応用的な授業への展開-人を助ける心理学と心理学入門-」という題で模擬授業をしていただきました。


ペンギンの学習と行動の実験 講義では、心理学がどのような学問であるか、どのような研究が行なわれ、また人間の心理についてどのような見方があるかを、ペンギンの実験や感覚遮断実験などの実例をあげながら具体的に話してくださいました。また、心理学の応用として障害者をどのように支援するかについて行動分析の立場から説明してくださいました。


 特に心と行動との関係について、心が先にあって行動するのか、心と行動は同等なのか、あるいは行動があって心が生じるのかという3つの立場があること、また、環境が行動を変え心理状態を変えるという行動分析学の考え方は、生徒たちにとっても心についての新しい見方として印象づけられたことでしょう。

講義を聴く生徒たち



16:55