言語の選択:
SGHニュース
 
SGHニュース >> 記事詳細

2017/11/22

【SGH】~多様性の尊重~イーライ・リリー講演会

Tweet ThisSend to Facebook | by:広報企画部

~多様性の尊重~
イーライ・リリー講演会

2017/11/22


 平成29年11月2日(木)6,7校時に、製薬会社「イーライ・リリー株式会社」より4名の講師をお招きし、国際科1年生80名を対象として講演会が行われました。同社は1876年に米国で創業した多国籍企業で、神戸に日本本社を置いています。また、ダイバーシティ(企業の内外での多様性を尊重する活動)にも積極的に取り組んでいる企業です。講演会の前半では、イーライ・リリーの理念や社員の働き方などについての説明、後半はそれを踏まえたワークショップが行われました。


 英語で行われた前半の説明では、イーライ・リリーが「誠実さ」「卓越性の追求」「人の尊重」を理念としており、社員一人ひとりの多様な価値観を尊重することが社員と会社双方の成長につながると考え、「スマートな働き方」ができる職場環境を推進していることが説明されました。続いての講演では、同社の吉川さんが、会社で働きながらNPO活動をしている自らの活動を紹介されました。吉川さんは、NPOで精神障害のある子供のサポートや、親子でヨガを行うイベント、読み聞かせ会、音楽イベントなどのボランティア活動を行っていることや、働きながら社外でボランティア活動を積極的に行う理由として「会社の理念と同じように、多様な環境にいる様々な人を支えたい」と考えていることを話されました。


 後半のワークショップでは、生徒たちは8人ずつのグループにわかれて円形に座り、同じく円形にかたどられた紙に書き込みながら、与えられた課題について考えました。課題の一つ目は、将来どんな社会人になりたいかをグループ内で話しあい、キーワードを選ぶこと、課題の二つ目は、選んだキーワードを実現するために今から何をすべきかを話し合うことでした。


 二つの課題に取り組んだ後、各グループが話し合いの結果を発表しました。なりたい社会人像については、各グループから「人の役に立てる人」「自分にしか出来ないことを実行できる人」「周囲から信頼される人」などが挙げられました。また、それを実現するためには「広い視野を持つ」「相手のことを考える」「興味をもって、経験に移す」「仕事も趣味も全力でする」、などの意見が発表されました。


 この講演会は、多様性の尊重や社会貢献という視点について学ぶとともに、自分の将来をイメージする活動を通して、将来社会人としてどのように生きるかという問いを自分自身の具体的な問題として捉えるよい機会となった講演会でした。



10:06