言語の選択:

平成28年度葺合ニュース

葺合ニュース2016 >> 記事詳細

2016/11/11

【葺合ニュース】神戸市立高校生シアトル派遣プログラム

| by:広報企画部

神戸市立高校生シアトル派遣プログラム

2016/11/11



 神戸市教育委員会が主催する標記のプログラム(9月23~29日)に、2年生の小林華さん、具志明日香さん、三次香樹君、1年生の阪本朋花さんの4名が参加しました。


 期間中、ホームステイをしながらホストシスター/ブラザーとともに現地の学校に参加して授業を受けたり、交流を深めたりしてきました。日曜日には全員でシアトル市内観光をし、異文化を満喫しました。


 シアトルアンバサダーズ(今回シアトルに派遣された高校生)は、シアトル市と神戸市を結ぶ「親善大使」という重役も担っています。その活動の一環として、シアトル市長を表敬訪問しました。そこでは、小林さんが代表として挨拶をし、具志さん、阪本さんが神戸から持参したお土産を市長に手渡しました。小林さんは挨拶の中で「シアトルと神戸の国際交流のための大きな一歩を踏み出せました」と語りました。


 参加した生徒たちからは「ホームステイは初めてで緊張したけど、すごく仲良くしてくれて、ことばの壁はなんとかなると感じました」「1週間、本当に夢のような時間だった」「参加した授業がGSのような授業で楽しかった。自分の英語が通じたことがうれしかったし、もっと頑張ろうと思った」といった感想が聞かれました。


 三次君はお世話になったSeafair Officeの方への挨拶で「今後も交流を続けていきたい」と語り、今もメール交換を続けているということです。


 参加した生徒たちが、この経験を生かし、今後とも国際的な視野を広げていくことを期待しています。



07:45