本庄中生限定(要ログイン)

新着情報

これまでの訪問者数

ようこそ!!898880

今日の行事予定

7月7日(火)の予定

45分×6p+30分
教育相談
朝:体操服・体育館シューズ販売

 

校区内の小学校・幼稚園

本校の校区内には2つの小学校と1つの幼稚園があります。
 

各種リンク集

生徒指導関係 
 絵文字:矢印 右こうべっ子悩み相談チラシ

 絵文字:矢印 右ひょうごっ子SNS悩み相談
 
絵文字:矢印 右本庄中学校いじめ防止基本方針
 絵文字:矢印 右ネットモラルチラシ
 絵文字:矢印 右被害に遭わないようにするために(中高校生編)
 絵文字:矢印 右SNS使用等に関する年齢制限について(保護者向け)

気象関係
 絵文字:矢印 右神戸市降雨情報
 絵文字:矢印 右兵庫県の警報・注意報

警報発令時の登校等の対応についてはこちらをご覧ください

高校入試関係
 絵文字:矢印 右兵庫県教育委員会(高校教育課)

 絵文字:矢印 右兵庫県立高等学校一覧

 絵文字:矢印 右神戸市立高等学校一覧
 
絵文字:矢印 右兵庫県私立中学高等学校連合会

高校入試については、本校に関する内容を中心に「進路だより」などを通じて随時お知らせしていきます。

給食関係
 絵文字:矢印 右神戸市学校給食のページ

神戸市による学校給食の紹介ページです。安全性の説明や毎月の献立はこちらのページをご覧ください。
 絵文字:矢印 右神戸市中学校給食予約
ここから、予約・クレジットカードによる入金をします。

 絵文字:矢印 右(一財)神戸市学校給食会

学校給食の食材などに関する情報を掲載しています。

行政関係

 絵文字:矢印 右神戸市役所

 絵文字:矢印 右東灘区役所

 絵文字:矢印 右神戸市教育委員会

 絵文字:矢印 右教育委員会だより

神戸市教育委員会では2ヶ月に1度、「教育委員会だより」を発行しています。

部活動関係
 
絵文字:矢印 右神戸市中学校体育連盟

防犯関係
 
絵文字:矢印 右ミマモルメ

学校からの連絡事項をメールで配信します。メールサービスについては無料で利用可能です。
 

感染症罹患時の提出書類について

感染症の種類によって、下記のいずれかの書類の提出が必要になります。詳しくは こちら をご覧ください。ご家庭で印刷ができない場合は中学校で用紙をお渡しします。担任まで申し出てください。

インフルエンザと診断された場合は、学校へご連絡ください。その後、この用紙を印刷して必要事項をご記入の上、中学校までご提出ください。

インフルエンザ以外の感染症について、完治したことを証明する書類です。詳しくは用紙内の注意事項をお読みください。
 

学割申請書について

必要に応じて印刷をしてお使いください。ご家庭で印刷ができない場合は中学校で用紙をお渡しします。担任まで申し出てください。

JR線生徒割引旅客運賃割引証申請書
JR線の学割申請書です。必要事項を記入して担任へ提出してください。
 

携帯電話からのアクセス

下の2次元コードを携帯電話から読み取ることでアクセスすることができます。
 

本庄中学校連絡掲示板

緊急時など、ホームページがつながりにくくなる可能性がある場合に使用します。


 

オンライン状況

オンラインユーザー27人
神戸市内において新型コロナウイルス感染症患者の発生が報告されています。もしも、生徒や同居のご家族の方々において、発熱の症状や保健所に「濃厚接触者」と言われた場合は、中学校へお申し出ください。
 

中学校からの連絡について

中学校では、学校からの一斉メールサービスとして「ミマモルメ」を導入しています。学校から保護者の方へのメール配信は無料で利用可能です。登録される方は左の「各種リンク集」からアクセスしてください。また、緊急時にホームページがつながりにくくなる可能性がある場合は「本庄中学校連絡掲示板」を使用します。アドレスは http://www3.kobe-c.ed.jp/kinkyu/hnj-ms/ です。本校ホームページと合わせて登録をお願いします。
 
本庄中学校だより

2017/05/16

みんなの学習クラブ

| by:教務

学習支援ツール「みんなの学習クラブ」個別配信の準備が整いました。学習活動の選択肢の一つとしてご活用ください。家庭での復習やテスト勉強など、有効に活用していただけると幸いです。
2・3年生は本日、1年生は明日、全生徒にそれぞれのID番号・パスワードを配布します。重要な書類ですので、紛失しないように大切に保管してください。下の画像はログイン後のイメージです。



この学習支援ツールの特徴は次の通りです。

問題のレベルを選ぶことができる。
まずは「iプリ(基本問題)」に取り組みましょう。
 その後、「定着」「標準」「発展」の問題に挑戦しましょう。
 「標準」「発展」の問題はパターン別になっている教科もあります。

説明は動画で見ることができる。
「マルチメ」という解説用の動画がついています。
 映像を用いてわかりやすく説明されています。繰り返し見ることもできます。

タブレットでも使える。
パソコンだけでなく、タブレットでも使用できます。
 印刷して解くことが基本ですが、画面上に表示された問題をノートに解答してもかまいません。

解き終わったあとは、自分の理解度に合わせて「個人帳票」にチェックを入れてください。
目安としては、理解度が 90%以上→青、70%以上→緑、50%以上→黄、それ以下→赤 です。
チェックが黄・赤の場合は、もう1度復習をするか質問をした上で再挑戦しましょう。なお、この「個人帳票」は担任や教科の先生も確認をすることができます。

※マニュアルなどについては、左のメニュー「みんなの学習クラブ」からダウンロードしてください。


15:00 | 投票する | 投票数(160) | 学習関係