兵庫商業高校

             旧校舎          

 

閉校のお知らせとお礼

閉校のお知らせとお礼
 
早春の候、皆様方にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

 本校は昭和3年に前身の北神商業学校が創立されてから、神戸市立北神高等学校、神戸市立鈴蘭台高等学校へと校名変更を行い、昭和30年に神戸市立兵庫商業高等学校となりましたが、四季あざやかな鈴蘭台の丘の上で、国際都市神戸の地域特性を生かした新しい商業教育を推進し社会に役立つ人材の育成に努めてまいりました。また部活動でも龍獅團の世界大会をはじめ、柔道部、卓球部、吹奏楽部など多くの部活動が日頃の練習の成果を発揮して好成績を収めるとともに地域の諸活動にも貢献してまいりました。

90年の歴史の中で22,000名以上の卒業生を送り出した本校は、去る平成30年2月23日、最後の卒業証書授与式および閉校式を会下山校舎において挙行し、ここに幕を閉じることになりましたが、これまで本校の教育活動に対して温かいご理解とご支援をいただきました各方面の皆さまには心より感謝の意を表します。

本校の実践や伝統は、後継の「神港橘高等学校」に着実に引き継がれるものと確信しております。これまで長年にわたり本校を支えていただいた皆様に心より感謝を申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。

 

平成30年2月26日

校 長  山 下 哲 朗

 
頑張れ兵商!

部活動一覧

  ≪運 動 部≫      ≪文 化 部≫
 陸上競技     サッカー         吹奏楽     演劇
 硬式野球      体操           美術       軽音楽   
 卓球        水泳        商業技術研究
 柔道       女子バレーボール    茶道       写真   
   女子ソフトテニス    女子ソフトボール  マンガ研究   ESS同好会       女子バドミントン     女子ハンドボール   龍獅團     放送
 
活動記録
記録
12345
2017/11/13

兵庫商業は終わらない(柔道部)

Tweet ThisSend to Facebook | by:柔道部顧問

講道館杯全日本女子体重別選手権大会(11/12:ポートアリーナ千葉)
 全日本柔道連盟の強化選手並びにグランドスラム東京の日本代表を選ぶ大会に、2名の卒業生がともに52㎏級に出場しました。
 橋本優貴(コマツ)は世界選手権に出場した年以外は、何度も出場していますが、決勝には進むもまだ優勝がない大会です。長野七海(ヤックス)は今回が社会人としてのデビュー戦となりました。
 ともに1回戦を勝ち上がりましたが、長野は2回戦で優勢負に終わりました。一方橋本は2回戦も勝ち、準々決勝で優勢負。敗者復活戦に回り、3位決定戦まで勝ち上がったもののまたも優勢負。ベテランにとって5試合は大変だったと思いますが、最後まで戦い抜きました。
 兵庫商業は本年度3月で閉校となりますが、このような卒業生の活躍がある限り、いつまでもその存在はなくなりません。


12:22 | 柔道
2017/09/05

記録にも記録にも残る「ひょうしょう」(柔道部)

Tweet ThisSend to Facebook | by:柔道部顧問
全日本女子ジュニア体重別選手権:埼玉県立武道館 9/9(土)
 兵庫商業最後の学年ですが、一番難関といわれる表記大会に出場することが出来ました。30年間の監督生活に区切りをつける大会となりました。
 女子52㎏に出場した石堂紗羽(3年:鈴蘭台中)は、大会第一試合となる初戦で、北信越代表に開始早々に抑え込みで一本勝ち。全国大会出場4大会目にしてうれしい初勝利を手にしました。しかし、続く準々決勝ではインターハイ2位の強敵の前に自分の柔道ができず反則を与えられての敗戦となりました。
 この瞬間、「兵庫商」柔道部の歴史に幕が下りました。しかし、その思いは「神港橘」柔道部が引き継ぎます。応援してくれた皆さん、本当にありがとうございました。
15:04 | 柔道
2017/07/09

兵庫商の名はまだまだ続く(柔道部)

Tweet ThisSend to Facebook | by:柔道部顧問
全日本女子ジュニア体重別選手権近畿予選(7/9:兵庫県立武道館)
 上位3名が本大会への出場権を得るこの大会で、県予選を優勝した石堂紗羽(3年:鈴蘭台中)が大学生も交えた激戦を準優勝した。決勝では昨年度インターハイ覇者に敗れたが、9月に行われる本大会への出場権を手にした。
 「兵庫商➡神港橘」の刺繍が入ったチーム帯を身につけて戦う姿に、神港橘の後輩たちも声をからして応援していた。
 「兵庫商」の名はまだまだ続く。上位入賞すれば、世界も視野に入ってくる。そうすればまた学校名が刻まれることになる。
 明日からは最後の団体、金鷲旗高校柔道大会に向けての練習が始まる。暑い夏が始まっている。
16:06 | 柔道
2017/06/12

世界の壁が立ちふさがる(柔道部)

Tweet ThisSend to Facebook | by:柔道部顧問
第61回兵庫県総合体育大会柔道競技 個人試合(6/10・11:高砂市総合体育館)
 兵庫商業の名で出場する最後の県総体。その個人試合が二日間にわたって行われた。女子で決勝まで勝ち上がった石堂紗羽(鈴蘭台中)だったが、決勝では世界大会で最年少優勝を果たした選手に完敗。やはり世界で戦うレベルの壁は高かった。他の選手も最後の大会で力を出し切った。結果には満足していないと思うが、ここまでの月日の研鑽は人生の宝となるはず。
女子
48㎏ 西  鈴穂(玉津中) ベスト8 県民大会出場
52㎏ 石堂 紗羽(鈴蘭台中)2位   県民大会出場
   岡田 未来(高取台中)ベスト8 県民大会出場
57㎏ 西田 優紀(兵庫中) ベスト8 県民大会出場
   丸山 夏未(鈴蘭台中)ベスト16
   平山 磨弓(垂水中) 2回戦敗退
   前田 晶星(神吉中) 2回戦敗退
63㎏ 金田 煌利(西代中) ベスト16
男子
60㎏ 森本 廉 (小部中) 2回戦敗退
73㎏ 山里 光尊(有野北中)3回戦敗退
11:43 | 柔道
2017/06/09

兵庫商業として最後まで戦い続けた(柔道部)

Tweet ThisSend to Facebook | by:柔道部顧問
第61回兵庫県高等学校総合体育大会柔道競技 団体試合(6/9・10:高砂市総合体育館)
 インターハイ出場をかけた県予選が行われた。女子団体は、2大会続けて敗れていた学校に準決勝で雪辱。大将の前田晶星(3年:神吉中)が殊勲の星をあげた。しかし、決勝では春の高校選手権日本一の強豪私学の前に力及ばず敗退。それでも兵庫商業の名で出場する最後の大会で、ファイナリストとして最後まで試合場にたてたことを誇りに思う。本当にみんなよくやった。
 神港橘との合同チームとして、バトンの引継ぎを見事に果たしてくれた。
 また、男子も2回戦を突破し2日目に駒を進めた。2日目は昨年も対戦したシード校とあたり、副将の門川歩夢(3年:鈴蘭台中)が殊勲の一勝をあげるに留まった。
 男女ともに自分たちの柔道を出し切れた表情で畳を降りた。
17:03 | 柔道
2017/02/13

無差別こそ真髄(柔道部)

Tweet ThisSend to Facebook | by:柔道部顧問
兵庫グランプリ(兵庫県女子選手権):グリーンアリーナ神戸 2/11
 体重無差別で行われる唯一の個人戦。中学生から社会人まで出場資格があり、まさに兵庫県で一番強い女子選手を決定する大会だ。高校生で出場できるのは、県新人大会で上位成績を残した選手と、実績のある3年生のみ。本校からは、県総体57kg2位の新開美来(3年:駒ケ林中)と県新人大会63㎏3位の金田煌利(2年:西代中)の2名が出場した。
 新開は、初戦を一本勝(背負投)でいい立ち上がりを見せ、2回戦は3階級上回る大学生相手に奮戦。優位に試合を進めていたが、終盤寝技のチャンスを与えてしまい、抑え込まれてしまった。しかし、高校最後の試合をいい内容で終えたことは、大学柔道へのいい経験になった。
 金田は、序盤に受けに回ったところでポイントを先取され、何とか取り返そうとする者の及ばず初戦敗退。やはりこの大会で上位に上がるのは難しい。
 その中で、卒業生の前原悠花(武庫川女子大学2年)が3位入賞し、近畿選手権出場を決めたことは高校生の刺激になった。全日本女子選手権出場に向けて期待したい。
09:47 | 柔道
2017/01/29

最後に花を添えて(柔道部)

Tweet ThisSend to Facebook | by:柔道部顧問
第58回近畿高等学校柔道新人大会 個人試合 兵庫県立武道館
 兵庫商業の名前で出場する最後の近畿新人大会。2年女子4名が出場した。そのうち1名が決勝進出。インターハイ覇者との対戦だったが、指導2差での惜敗となった。それでも堂々の近畿2位。決勝進出は過去8名(うち3名は優勝)と簡単なものではなく、記憶はもちろんだが記録にも残る活躍を見せてくれた。
 他の3名も敗れたものの試合内容は力の差があるものではなく、大きな舞台の経験の差だった。
 週末の団体試合にむけて、刺激となる試合だった。
結果
52㎏ 石堂紗羽(2年:鈴蘭台中)
 2回戦 大阪3位に勝利
 3回戦 滋賀2位に勝利
 準決勝 京都1位に勝利
 決勝  滋賀1位に敗退 準優勝
   岡田未来(2年:高取台中)
 1回戦 滋賀3位に勝利
 2回戦 和歌山1位に敗退
57㎏ 前田晶星(2年:神吉中)
 1回戦 大阪2位に敗退
63㎏ 金田煌利(2年:西代中)
 1回戦 大阪3位に敗退
 なお、神港橘から出場した石堂波瑠も57Kgで3位入賞し、伝統のバトンタッチをしてくれた。
09:02 | 柔道
2016/12/21

日本武道館を目指して(柔道部)

Tweet ThisSend to Facebook | by:柔道部顧問
全国選手権予選(12/18:グリーンアリーナ神戸)
 春の全国高校選手権の予選となるこの大会。昨年は石堂紗羽が1年ながら優勝し、日本武道館の畳に上がった。連覇をかけた今年は全日本強化選手の大きな壁に阻まれた。兵庫商業として挑む最後の選手権だったが出場者を出すことはかなわなかった。
 これで来年のインターハイが本当に最後の大会となる。なんとか兵庫商の名を刻みたいものだ。
女子52㎏ 
石堂紗羽(2年:鈴蘭台中)2位
岡田未来(2年:高取台中)棄権
女子57㎏
前田晶星(2年:神吉中)3位
丸山夏未(2年:鈴蘭台中)初戦敗退
女子63㎏
金田煌利(2年:西代中)初戦敗退
17:57 | 柔道
2016/11/21

22年連続近畿大会出場(柔道部)

Tweet ThisSend to Facebook | by:柔道部顧問
兵庫県高等学校柔道新人大会(11/11から13:高砂市総合体育館)
 全国高等学校柔道選手権団体試合ならびに近畿高等学校新人大会の予選となる表記大会が行われた。
 女子団体では優勝は逃したが、22年連続となる近畿大会出場を決めた。「兵庫商」の名で出場できる最後の近畿大会なので、一戦でも多く勝ち上がっていきたい。
 また、女子個人では1階級の優勝を含め、4名が入賞し近畿大会出場となった。さらに全国高等学校柔道選手権個人試合の予選にはベスト8以上の5名が出場する。
 兵庫商業にとっては、すべてに「最後」の冠がつくことになるが、力を尽くして戦っていきたい。
結果
男子団体 一回戦 3人残しで勝ち 対 浜坂
     二回戦 5人残しで負け 対 社
女子団体 二回戦 3-0で勝ち 対 淡路三原
     三回戦 1-0で勝ち 対 東洋大姫路
     準決勝 0-1で負け 対 高砂    3位22年連続近畿大会出場
男子個人 60㎏ 森本廉  2回戦敗退
     81㎏ 旭野朋希 2回戦敗退
     90㎏ 門川歩夢 2回戦敗退
女子個人 52㎏ 石堂紗羽 優勝(二連覇)近畿大会出場 全国選手権予選出場
        岡田未来 3位 近畿大会出場 全国選手権予選出場
        西鈴穂  1回戦敗退
     57㎏ 前田晶星 3位 近畿大会出場 全国選手権予選出場
        丸山夏未 ベスト8 全国選手権予選出場
        西田優紀 2回戦敗退
        平山磨弓 2回戦敗退
     63㎏ 金田煌利 3位 近畿大会出場 全国選手権予選出場
11:16 | 柔道
2016/10/17

懐かしい顔ぶれ(柔道部)

Tweet ThisSend to Facebook | by:柔道部顧問
柔道場に別れを(10/23 兵庫商業高校 柔道場)
 今月で神港橘高校の新道場へ活動場所を移転したあと、鈴蘭台の道場は閉鎖される。そのためか今月に入って卒業生の訪問が後を絶たない。特に16日は30名近く、23日は10名を超える卒業生が顔をそろえ、現役との練習を楽しみながら、3年間過ごした柔道場に別れを告げていた。
 28年前に兵庫商業高校の柔道部の顧問としてこの道場に足を踏み入れ、気が付けば自分の人生で一番長い時間を過ごした場所になっていた。
 子供を抱きかかえてやってくる教え子の姿もあり、当時を思い出すと何ともいえない気持ちになった。
18:55 | 柔道
12345

フォトアルバム  (2016年度  修学旅行)

学校連絡先

会下山新校舎
〒652-0043
神戸市兵庫区会下山町3丁目16-1
TEL 078-591-1121
FAX 078-591-8920
地図

旧校舎鈴蘭台校舎
〒651-1111
神戸市北区鈴蘭台北町1-24-1
神戸電鉄鈴蘭台駅 
         徒歩約5分
 

QRコード

携帯電話からはQRコードも
活用できます

 

カウンタ

COUNTER760117

オンライン状況

オンラインユーザー1人