神戸市立東須磨小学校

 

カウンタ

COUNTER572227
ありがとうございます。 

オンライン状況

オンラインユーザー16人
ログインユーザー0人

お知らせ




インフルエンザによる欠席期間の報告書
インフルエンザによる欠席期間の報告書.pdf


百日咳・麻しん(はしか)・流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)・風しん・水痘(みずぼうそう)・咽頭結膜炎(プール熱)罹患時に使用する「登校(園)許可書」
登校(園)許可書.pdf



平成31年3月 改訂
H31 改訂 神戸市立東須磨小学校いじめ防止等のための基本的な方針.pdf




神戸市スポーツ情報サイト「 KOBE SPORTS WEB 」
≪サイトアドレス≫
https://kobe-sportsweb.com 

神戸市 あいさつソング「ほら、つながったよ」

神戸市では、子どもたちの健やかな成長を支えるため、「あいさつ運動」を推進しています。24年度には、子どもからお年寄りまで、気軽に口ずさめ、長く歌い継がれる「あいさつソング」が作られました。歌詞は、子ども大人を問わず広く市民から募集し、500を越える作品が集まりました。その中から選ばれた最優秀作品に、兵庫県下を中心に活動している元保育士デュオ「あまゆーず」がメロディをつけ、あいさつソング「ほら、つながった」が完成しました。

ほら、つながったよ.pdf

 

2次元コード

携帯電話からは、
こちらの2次元コードで

 

「ホームページ再開にむけて」


   本校の教職員間において、暴力や暴言などを内容とするハラスメント行為が
  行われていました。これらは、児童を指導する立場にある教員として絶対に許
  されない、言語道断の行為であり、校長である私の対応も含めまして、児童・
   保護者、地域・市民の皆様方に対し、心からお詫びを申し上げます。
  また、今回の事案により、子供たちや職員の画像が転用される危険があった
  ため、しばらくの間、ホームページを閉鎖しておりました。子供たちの活動の
  様子を見るのを楽しみにしてくださっていました保護者や地域の皆様には、大
  変ご迷惑をおかけいたしました。申し訳ございませんでした。


   先日の保護者会でもお伝えしました通り、11月12日よりホームページを
  順次再開いたします。内容を一新し、安全に配慮しながら、子供たちの日々の
  様子や学校の取組をお伝えしていきたいと思います。

   子供たちの日常を一日でも早く取り戻せるように、職員一丸となり力を尽く
  してまいりますので、皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。


                      東須磨小学校 校長 仁王 美貴

 
 

日誌

新東須磨小News
12345
2020/01/17new

1月17日(金)震災追悼集会

| by:校長

1月17日(金)震災追悼集会

 4校時、体育館で追悼集会を行いました。司会の子供たちの「前のろうそくの灯りは、神戸市役所の横にある『慰霊と復興のモニュメント』よりわけてもらいました。そこにこんな詩が刻み込まれています。」「25年前の今日。まだ多くの人たちが静かに眠っていたとき、突然、阪神・淡路大震災が発生しました。震度7という、それまでだれも経験したことのない揺れが阪神・淡路周辺の地域をおそいました。この地震によって6千人を超える方々の尊い命が失われました。」「今日は神戸にとって忘れてはならない日です。亡くなられた方々への祈りとともに、これからを生きていく私たちが、防災について考える1日にしましょう。」の言葉から集会が始まりました。全員で、亡くなられた6473人の方々に黙祷をした後、地域の方に震災当時のお話を聞いたり、各学年の子供たちが防災学習で学んだことの発表をしたりしました。最後に、子供たちと保護者や地域の方々、みなさんで「しあわせはこべるように」を歌いました。

 追悼集会に参加してくださった保護者や地域のみなさま、ありがとうございました。司会進行を務めた代表委員のみなさん、お疲れさまでした
20:09
2020/01/17new

1月17日(金)1、5、6年生神戸学院大生との防災学習

| by:校長

1月17日(金)1、5、6年生神戸学院大生との防災学習

神戸学院大学社会防災学科の学生さんが6名来て下さり、防災の学習をしました。

1年生は、いろいろな音を聞いて、聞いた音を言葉で表し、それはどういうときに聞こえる音な

のか学習しました。そして、地震の音がしたときは、どう行動するとよいのか、津波の音がしたときは、どう行動するとよいのか、自分の身を守る方法を学びました。子供たちは、たくさん挙手をして、発表し、一生懸命学習しました。

 5年生は、「クロスロード」の学習でした。自分一人で判断できない状況におかれたときに、どのように選択をしていくのか、3つの事例から学習をしました。事例1は、「防災グッズを持って避難したけれども、避難先では、持っていない人がたくさんいました。さて、あなたは、防災グッズの袋を開けますか」でした。子供たちは、迷いながらも、開けるのか開けないのか選択をしました。子供たちが発表した、選択の理由は、それぞれ納得のいくものでした。この学習で、「いろいろな考え方の人がいる。多数派の意見だけでなく、少数派の意見にも耳を傾け、大切に聞き、うまく折り合いをつけていくことが大切である」ことを、子供たちは学びました。

 6年生は、「あの子は天使です」「あっこちゃんのはさみ」の二つの教材から、日々の生活や家族を大切にしなければならないことを学習しました。阪神・淡路大震災で亡くなった小学5年生の女の子とそのお母さんについてのお話から、「毎日、当たり前のように過ごしている『家族との普通の生活』がいつまでも続くわけではない」「大事な人がいつまでも生きているとは限らない」、だからこそ、「家族と過ごす一日一日を大切に」ということを子供たちは学びました。

 神戸学院大学社会防災学科の学生さん、そして指導してくださっている先生、今日は、ありがとうございました。
20:08
2020/01/17new

1月17日(金)4年生防災学習

| by:校長

1月17日(金)4年生防災学習

 東須磨ふれあいのまちづくり協議会の方々が19名来てくださり、25年前の体験談を聞かせていただきました。子供たちが住んでいる東須磨地域では、どのような状況があったのか、避難所となった小学校での様子はどうだったのかなど、ゲストチィーチャーの方々にたくさんお話をしていただきました。子供たちは、真剣にメモを取りながら、食い入るように話を聞いていました。途中で、質問をしたり、意見や感想を話したりする子供の姿もありました。45分があっという間に過ぎてしまうほど、充実した学習となりました。

 今日のために、ご準備をしてくださった地域のみなさま、本当にありがとうございました。これからも、子供たちのために、学校のためにご支援をよろしくお願いいたします。
20:02
2020/01/17new

1月16日(木)避難訓練

| by:校長

1月16日(木)避難訓練

 地震を想定しての避難訓練を行いました。地震が起こると、子供たちは、すぐに机の下に。机のあしもしっかりと持っていました。しばらくして揺れがおさまると、担当の先生が、避難経路の確認をし、教頭先生に情報を集めました。全ての情報が集まると、教頭先生から、避難経路の指示が出、一斉に避難開始です。子供たちは、急いで、運動場に避難してきました。話し声も聞こえてきません。運動場でも、みんな静かに待ち、とても立派だったと思います。


20:01
2020/01/17new

1月16日(木)4年生ヴィッセル神戸サッカー教室

| by:校長

1月16日(木)4年生ヴィッセル神戸サッカー教室

 ヴィッセル神戸サッカー教室を3、4時間目に行いました。講師の方に教えていただき、サッカーボールに慣れるトレーニングをしたり、チームに分かれてミニゲームをしたりしました。子供たちは、元気いっぱい走り回り、ボールを追いかけたり、味方にパスをしたり、シュートしたりと楽しんでいました。最後は、チームで試合をしました。みんなよく動き、ボールを蹴ろうと懸命に走っていました。

教室が終わると、「めっちゃ楽しかった!」と、よい表情でお礼の挨拶をしました。


20:00
12345

著作権標記

本サイトに掲載された文章、画像、ならびにその他のデータは、すべて神戸市立東須磨小学校の保有する著作物となっております。
無断に転載されるなどの行為はお避け下さい。

 

学校要覧

〈住所〉
〒654-0032
須磨区堀池町1-2-1
Tel:078-731-0448
Fax:078-731-0449
 
〈アクセス〉
山陽電鉄東須磨駅南すぐ

校区につきましては
校区一覧のページをご覧ください。
 

リンク