< 時を守り 場を清め 礼を正す >     
 

兵庫県内の警報・注意報

兵庫県内の
気象警報・注意報

 以下のバナーをクリックすると、
 気象庁のHPにジャンプします

気象庁 Japan Meteorological Agency

 
 

神戸市中学校体育連盟



 以下のバナーをクリックすると
 神戸市中学体育連盟のHPにジャンプします。

 

脳脊髄液減少症(教育委員会HP)

以下のバナーをクリックすると
脳脊髄液減少症(教育委員会HP)に
ジャンプします。


神戸市
 

カウンタ

COUNTER29921人目の訪問者です
R1,8,6~

学校評価質問内容

学校評価(保護者アンケート)を受けて.pdf

平成28年1

神戸市立井吹台中学校

校長 藤井 晴久


 平成27年度 井吹台中学校 保護者による学校評価

 

厳寒の候、保護者の皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。平素は、本校教育にご理解とご支援を賜り、ありがとうございます。
 
さて、本校では保護者の方々の意見を学校教育に反映すべく、保護者全員の皆様にアンケートをとらせていただいています。つきましては、趣旨をご理解の上、評価アンケートへのご協力をよろしくお願いいたします。

 質問内容の評価にあたり、学校の活動内容が分かりにくいというご意見を頂いていますので、一部ですが今年度の実践内容を挙げています。ご参考にしてお答えください。

 評価欄に、4~1の数字でお答えください


 


(4:そう思う 3:まあそう思う 2:あまり思わない 1:思わない)

学校運営について

No

質問

平成27年度井吹台中学校の主な実践内容

評価

   

 

学校目標
「自ら学ぶ力を育む」
「心豊かな子どもを育てる」
の実現に取り組んでいるか。

・生徒とのふれ合いと信頼関係を大切に考えた学校づくりをした。

・小学校の先生と研究会を行うなど、道徳・人権授業の充実を目指した取り組みを行った。

・活発な部活動、行事を行って生徒の意欲向上に努めた。

JAXAによる講演会など生徒の意欲を伸ばす取り組みをした。

・ボランティア組織VIPをつくり活動を広めた。


 

   

 

開かれた学校づくりを

すすめているか。

・個別保護者会、部活動保護者会、進路保護者会、学年保護者会など保護者会を定期的に開いた。

・合唱コンクール、カルタ会、キャリア教育講演会、性教育講演会、防犯教育講演会など学年行事をオープンにし保護者にも案内した。

・授業参観日、オープンスクールを設け本校保護者だけでなく小学校の保護者にも来校してもらった。



 

   

 

わかりやすく情報を

発信しているか。

・毎月、学校便り、学年便り、保健だより、図書だよりなどを発行した。

・行事に関連してホームページを更新した。

・ホームページには写真を多くし、学校で行なわれていることを分かりやすく伝えた。修学旅行・野外活動の様子は速報として伝えた。

・欠席者への連絡、家庭訪問を行った。

・地域の会合で、中学生の良いところを多く知ってもらえるようにした。



 

   

 

生徒の安全と健康の管理に努めているか。

・定期的に保健便りを発行した。
・定期的に健診を行い、校医の先生に直接指導をいただいた。
・保健委員会活動を活発に行い、石鹸補充や清掃などを行った。
・危険箇所の発見に努め、事前修理交換を行った。
・教室の換気に努め、集団感染の予防をした。
・避難訓練、防災訓練及び学習を行った。

・警察、サポートセンター、子ども家庭センター、区役所、病院、など関係機関と定期的に連絡を取り、生徒の環境に注意した。



 

   

 

施設・設備の整備に

努めているか。

・生徒とともに毎日の清掃活動を行った。

・植栽の手入れを行い、環境を整えた。

・校舎内外の安全確認を行い、適宜交換補修をおこなった。
・第2グランド使用を始め、更衣室、倉庫、避雷針などを設置した。

・トイレの増設及び洋式化、体育館照明のLED化・渡り廊下への手洗い場の新設など生徒が使いやすいよう改修工事をした。



 



教育活動について

分かりやすい授業で学力向上に取り組んでいるか。

3年数学で少人数による授業を行った。
・教員の授業力を高めるための研修を数多く行った。
・行事の見直しを行い、授業時数の確保を行った。
・朝の読書や司書の配置など読書活動・図書館の充実に取り組んだ。
・夏休みの補充や質問教室など個別の指導を行った。
・地域との連携授業など外部の講師による授業を行った。
・書写、美術など優れた作品を掲示し賞賛した。
・正しい姿勢や、発表の仕方ができるよう取り組んだ。

・授業の目標がはっきりと分かるような授業を展開した。

・全教室に大型スクリーン、3年教室に電子黒板機能プロジェクターを設置し、視覚的によく分かる授業に取り組んだ。

・外国人講師による授業を充実させ、英語教育に取り組んだ。



 

規律正しい生活指導を

行っているか。

・毎朝、学校周辺で登校指導、週番活動を行った。
・服装、持ち物などに乱れがないよう取り組んだ。
・正しい言葉遣いや、敬語の使い方などを指導した。
・生活ノートにより家庭も含めた生徒の生活の様子を把握した。
・性教育、防犯教育、喫煙防止指導、交通安全指導など行った。
・毎週、生徒指導・不登校に関する会議を開き、情報の共有と対応につ

 いての指針を定めた。



 

いじめ防止に

取り組んでいるか。

・井吹台中学校「いじめ防止基本方針」を策定し、ホームページでの公開を行い、その内容の実践をした。

・毎週校内いじめ問題対策委員会を開いた。

・ネットいじめなど新しい形態への研修を行い、ネットパトロールも実施した。

・学級、学年、全校の集会等で常に生徒の意識喚起を行った。

・情報収集に努め迅速に保護者と連携しての対応に当たった。



 

充実した活動や行事を

行っているか。

・修学旅行、野外活動とも体験的内容を多く取り入れた。

・班別で行動する活動を取り入れ、仲間との協調や責任を学べるよう  にした。

・保育体験学習では実際に校区内の幼稚園保育所に行き、実地体験できるようにした。(3年)

・県立芸術文化センターで生のオーケストラを体験させた。(1年)

・みんなで楽しめるような校外学習を行った。

・全員が参加して喜びや感動を味わえる組体操やダンスを、体育会で行った。

・カルタ会など伝統的な行事を楽しく行った。

・トライやる活動により生きた社会体験を行わせた。(2年)

・救命救急講習を開き、救命救急士の資格を取得させた。(2年)



 

社会で自立できる

人間育成を行っているか。

・学級で、お互いがクラスの一員として認め合う場の醸造に努めた。

・生徒会や委員、係りの仕事を通して責任と自主的行動を伸ばした。

・部活動を通じて忍耐力をつけ、成就感を感じさせた。

・清掃活動を通して心も磨くことに取り組んだ。

・合唱コンクールなど行事を通じて協力の大切さに気付かせた。

 


 

学校評価 保護者アンケートを受けて

学校評価(保護者アンケート)を受けて

校長 藤井 晴久

 先日、保護者の皆さまにお願いしました学校評価の集計ができましたので、結果とその改善に向けての考えをお伝えいたします。

今年の学校評価アンケートも昨年同様学校運営についての項目①~⑤と教育活動についての項目⑥~⑩でお尋ねしました。

評価結果(数字は%)

そう思う

まあ思う

あまり

思わない

学校運営について       

4

3

2

1

①学校目標の実現に取り組んでいるか。

23

65

11

1

②開かれた学校づくりをすすめているか。

38

54

7

1

③わかりやすく情報を発信しているか。

30

58

11

1

④生徒の安全と健康の管理に努めているか。

31

61

7

1

⑤施設・設備の整備に努めているか。

30

61

8

1

教育活動について

 

 

 

 

⑥分かりやすい授業で学力向上に取り組んでいるか。

17

63

18

2

⑦規律正しい生活指導を行っているか。

29

64

6

1

⑧いじめ防止に取り組んでいるか。

17

69

13

1

⑨充実した活動や行事を行っているか。

37

59

3

1

⑩社会で自立できる人間育成を行っているか。

25

63

11

1


 各項目とも
8096%の方から、「比較的できている」という評価をいただきました。この数字は昨年の同じ質問での評価より上がっています。今年度、以前よりよくなったと見ていただけたのは嬉しいことでした。ありがとうございます。

今、井吹台中学校は、落ち着いた生活と学習ができており、学習・スポーツ・文化活動とも比較的よい結果を出すことができています。しかし、個人個人を見れば手助けを必要としている生徒も多くいます。一人一人への丁寧な対応を心がけ、個人の持っている能力を伸ばしていける学校になるよう努力していきたいと思います。個別のすべての質問に返答できていない点もありますが、ご意見欄へのお答えもしながら、来年に向けた取り組みの方向性を簡単に記していきたいと思います。

学校運営について

①本校では教育努力目標として「自ら学ぶ力を育む」「心豊かな子どもを育てる」ということを挙げています。ご意見の中に、試験が難しすぎ学習意欲をそがれているというのがありました。授業で学んだことを試験でも「できた」と感じてもらえるよう、基礎的な問題から応用問題までバランスの良い試験を作るよう取り組みたいと思います。あいさつの呼びかけを毎朝行っていますが、今以上に気持ちよく明るいあいさつのできる雰囲気を作っていきたいと思います。

②開かれた学校として、学校行事だけでなく学年行事にも案内を出すように進めています。今年、土曜参観を実施できなかったのですが、どの土曜日も部活動の試合と重なり、多くの生徒や先生が抜けてしまうため設定が難しかったということがありました。代休の月曜日の過ごし方などの問題もありますが、来年度は実施する方向で検討していきたいと思います。

③情報発信でホームページは非常に大切なものだと考えています。修学旅行や野外活動では即時性を図って多くの方にご覧いただいたのですが、行事以外の更新があまりできなかったと反省します。

係が一人で苦労しないよう体制を強化したいと思います。学校だよりに対する綺麗で読みやすいというご意見はありがとうございます。

④本校の保健室は養護教諭2名で当たっています。アレルギーなどの個人対応にも気を使っていますが、うまく連絡を取れていない事案もあったことはお詫び申し上げます。学校が付き添って病院を受診している頻度は神戸市の中でも多い方ですので、これからも的確に対応をしていきたいと思います。1年野外活動のあと腹痛を訴えた生徒がいた件については、すぐに保健所へ連絡し判断をいただきましたが、情報提供が充分でなかったと反省しています。インフルエンザの登校許可証については、神戸市医師会からの提案で全市の学校で取り組んでいます。本校でもそれに基づき行っていますが、医院での証明が難しいときには様子を聞き取りながら対応させていただきますのでご相談ください。

⑤今年度、3年教室へのプロジェクタ設置、第2グラウンドの使用開始、トイレの改修、体育館・格技室の照明の取り換えなど利便性と安全性の向上に取り組んできました。1・2年の全教室へのプロジェクタは28年度の早いうちに設置する予定です。

教育活動について

⑥すべての授業の質を高め、分かりやすいものにしていきたいと考えています。設備的には各教室に大型のスクリーンとプロジェクタを設置(1・2年生も現在は移動式で対応)し視覚的に理解しやすいようにしています。年間数十回の研究授業を行うようにして各教員の授業力を高めるようにもしていますが、まだ十分とは言えません。来年度に向け、より授業力の向上に努めたいと思います。

クラスにより学習進度や内容に違いがあるというご指摘がありますので、学習計画・評価基準に基づき丁寧な連絡と相談が教科内で行われるようにしていきたいと思います。授業そのものについては、教師の個性が出るところですので、アプローチに違いがあることはご理解ください。塾ありきの授業ということはないと考えています。ただ、理解にもう少し丁寧な対応が必要な場面もありますので、来年度、放課後の個人指導学習を希望者に導入しようと考えています。具体的な内容は決まりましたらお知らせします。

⑦カバンが重く負担が大きいというご指摘がありました。小学校のように体育のある日は体操服で登校とはならず、部活動の用具、弁当などがあるとサブバッグもいっぱいになっているのが現状です。資料集や習字道具、体育館シューズなどはクラスに置いてよいことにしていますが、他にも置けるものがないか検討します。カバンを背負う形での利用もしてもらえたらと思います。

規律のある生活は大切なことと考えています。学校で呼びかけていることは、すべての生徒が学校で落ち着いた環境で授業を受けることができるように、みんなが基本的に必要な約束を守ろうということです。マフラーやネックウォーマーの利用のように生徒で考えたルールもあります。合服としてベストでの登校を可能にするなど適宜ルールの見直しも行っておりますのでご理解いただけたらと思います。

⑧いじめについては常に意識して取り組んでいます。今は、相手にいやな思いをさせた事象はすべていじめと捉えて指導に当たるようにしています。双方の保護者の方に必ず連絡をして、しっかりした反省に基づく謝罪で、安心を感じてもらえるように心がけ、その後の観察もしています。まだまだ、いやな思いをしている生徒がいます。生徒たちの心に響く取り組みを続けたいと思います。

⑨部活動や学校行事の取り組みについては最も高い96%の方からやっていると評価していただきました。生徒たちが熱心に取り組んでくれた成果だと思います。部活動は公式戦前でなければ土日に1日は休みを取るように校内でも規定しています。生徒のやりたい気持ちも大切にしながら安全な部活動に努めていきたいと思います。文化祭の演奏では生徒たちの思いが強く出た点もあったと思います。気持ちよく鑑賞できる場をみんなで作れたらと思います。体育会の保護者観覧席はこれからも工夫していきたいと思います。業者によるビデオ販売等はPTAで検討していただけるとありがたいです。

⑩井吹台の生徒は、すべての子が西神南町ニュータウンで育ち、高校になって電車で違う場に出ていきます。神戸にも様々な環境や考え方があり、それは世界の中の日本が置かれている様子にも似ています。自分というものをしっかり持った自立できる人として成長できる機会を作っていきたいと思います。

 今回の評価で、ご意見の欄には約100件、全体の10%の方から記述をいただきました。ご意見中には、電話の受け応え、連絡伝達の不備、暴言に近い言葉遣い、感情的な叱り方、心無いことば、担任による対応の違い、不祥事など教師として、あるいは大人としていかがなものかという内容のことがありました。ご不快な点が多々あったことをお詫び申し上げます。それぞれの事象を真摯に受け止め、保護者の立場に立って検証し、必要な点を改善して、温かさを感じてもらえる学校にしていきたいと思います。

ありがとうございました。


 

 

 

 

 

 

学校連絡先


〒651-2243
神戸市西区井吹台西町
     2丁目3番地
 TEL 078-997-0850
 FAX 078-997-0851

 
★注目 校舎俯瞰  井吹台中.wmv
       (by T.Setoyama)
★ 校舎配置 31教室案内図.pdf
 

2次元コード


携帯サイトはこちらから

QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です
 

連絡網登録

井吹台中学校 連絡掲示板


井吹台中学校の連絡掲示板

2次元コードはこちら

 

いぶき学習クラブ


学習クラブへのログインは
下のバナーをクリックしてください。