本校の取り組み
2018/01/13new

全国初の防災士養成高校に

Tweet ThisSend to Facebook | by:Technaka
本校が、全国初防災士養成事業実施高校になり、都市防災という学校設定科目を選択予定の約80名の生徒に対し説明会を行ないました。
防災士は、阪神・淡路大震災の教訓をもとにつくられた資格です。
防災教育に力を入れる本校が阪神・淡路大震災を経験していない世代の生徒たちにその教訓を引き継ぎ、防災についての科学的知識や、防災に貢献する技術、さらに共助の精神などを育成します。
阪神・淡路大震災を経験した神戸市の専門高校だからこそ、各分野で活躍する防災のプロフェッショナルを育成し、社会貢献することが責務であると考えています。
説明会のようすは、神戸新聞などでも報道されました。

全国初 防災士資格目指す授業 神戸市立科技高で今春から(神戸新聞)

 
09:00 | 報告事項
2017/12/18

国土交通省神戸運輸監理部主催安全研修会

Tweet ThisSend to Facebook | by:Technaka
月15日、国土交通省神戸運輸監理部主催の安全研修会に、M科1学年の生徒11名が参加しました。
㈱JMUアムテック相生工場内の教育施設である技能技術センターで、墜落の衝撃・高所・飛来落下の危険・玉掛け荷振れの危険・質量目測・ドリル回転体巻き込まれの危険・感電・空圧パワーの危険に関する体感学習を行いました。研修生全員が輪になって安全ネットを展張し、その上に30kgのサンドバックを高さ3mから落下させその衝撃力を体感しました。また、木製の模擬手に軍手を着けてボール盤の回転しているドリル刃に振れさせて巻き込まれの危険を感じました。最後に高圧の空気ノズルで大根を切断し、目には見えない高圧の怖さを体感しました。生徒達は安全に危険を疑似体験できる施設で貴重な経験ができました。
午後は同社の工場で船体建造溶接現場やドッグにある船舶の定期整備作業を見学しました。また隣接するディーゼルユナイテッド社の舶用ディーゼルエンジンの製作工場に入り機械加工・組立・出荷前の試運転性能確認作業現場を見学しました。
見て学び、やって深め、実感することができる産学が連携した内容の濃い研修会であり、主催していただいた国土交通省神戸運輸監理部、㈱JMUアムテック、㈱ディーゼルユナイテッド社に御礼致します。
(担当教諭 播磨)
 

08:00 | 報告事項
2017/11/30

機械工学科ものづくり特別授業

Tweet ThisSend to Facebook | by:Technaka
機械工学科では、県教育研究会工業部会機械系部会と国交省神戸運輸監理部主催の出前授業を11月21日に開催しました。
金澤鐵工株式会社の熟練技能講師先生をお招きし3年生10名が受講しました。
今回の課題は6mm鋼板の隅肉溶接でT字を作る基本溶接技術の習得です。
実習は先ずビードの練習から始めました。
全員が溶接棒の運棒が上手くできるようになったところで、課題の制作に着手しました。
匠の木目細かい指導で美しいビードが出来上がり、自らの上達に満足していました。
生徒達にとって、講師先生と溶接技術のテーマについて一対一で対話ができ、考えられる事が良い経験になったと思います。
技術面で褒められた生徒も多く、自信を持てたようです。
また、講師先生の高度な溶接技術のデモンストレーションでは作品の芸術的な美しさに皆が感動しました。
講師先生から「学校では教えられることが多いが、技術や知識は自分から進んで盗まなくてはいけない、その取組が大切である」ことを教わりました。
早々と卒業後の進路を決めた生徒にとって、残りの高校生活をいかに充実したものにするかを考えることもできた良い出前授業でした。
機械工学科ではこれからもこのような特別授業や企業見学会を随時開催し、充実した学びができるように取り組んでいきます。
講師の先生、関係者の皆様の協力に感謝致します。(担当教諭 播磨)


14:11 | 報告事項
2017/11/24

エコデンカー 技術・デザイン賞受賞

Tweet ThisSend to Facebook | by:Technaka
電気情報工学科の課題研究(中本学先生担当)で取り組んできたエコデンカーが,2017年11月23日(木)に泉大津フェニックスで行なわれたエコデンレース2017で,技術・デザイン賞を受賞しました。
15:50 | 報告事項
2017/11/06

デザセン2017入選

Tweet ThisSend to Facebook | by:Technaka
全国から1113チームが応募して競われた,全国高等学校デザイン選手権大会デザセン2017で,本校のチームが見事入選しました。

作品名:人生のお金を覗き見しよう
制作者:北田直輝さん,久保輝和さん,松井 陽さん
11:40 | 報告事項
2017/10/31

デザイン甲子園 福岡県産業デザイン協議会会長賞

Tweet ThisSend to Facebook | by:Technaka
第31回全国高等学校インテリアデザイン展(デザイン甲子園)
福岡県産業デザイン協議会会長賞
都市工学科 3年 寺田さんが受賞しました。
11:03 | 報告事項
2017/10/10

都市工学科:課題研究

Tweet ThisSend to Facebook | by:Technaka
都市工学科の課題研究で以下の芸術祭に参加しています。

紀の国トレイナート
和歌山県のJR椿駅の駅舎内部を木彫の椿で飾りました。
椿の花は、夏休みに椿小学校の児童のみなさんとワークショップ形式で色を塗りました。
六甲ミーツ・アート「六甲美術館」
六甲オルゴールミュージアム横の池に木造平屋の美術館をつくりました。
10月20日(金)からはナイトミュージアムが始まり、作品が紅葉と共に美しくライトアップされます。
また,11月18日(土)には,本校吹奏楽部によるミュージアムコンサートを予定しています。(詳細は後日掲載します)

09:40 | 連絡事項
2017/08/28

都市工学科:コンクリートカヌー大会健闘

Tweet ThisSend to Facebook | by:Technaka
第18回課題研究発表会・コンクリートカヌー競技大会
  • 日程 2017年8月26日(土)
  • 会場 兵庫県立円山川公苑
 コンクリートカヌー競技大会は、セメント系材料で製作されたカヌーでその製作方法、出来映え、船としての性能を競う大会です。今年度は、近畿四国中国地域の工業高校と高等専門学校19校から22チームが参加しました。本校からは、「いさな号」と「海人(かいと)号」の2艇が参加しました。
 2艇のうち、いさな号はその製作方法が評価され、アイデアの部3位となりました。悔しかったことは、いさな号は予選で優勝チームと同等のタイムを出しながら、ルール上、競漕部門5位となってしまったことです。決勝でそのタイムを出していれば、総合優勝間違いないところでした。結局、いさな号も海人号も、総合成績では4位となりました。来年度は、さらに改良を重ね、総合優勝を目指したいと思います。

競漕のようす1
競漕のようす1

競漕のようす2
競漕のようす2

選手一同
選手一同

08:00 | 報告事項
2017/08/04

機械工学科:インターンシップのようすが日本海事新聞に掲載

Tweet ThisSend to Facebook | by:Technaka
神戸運輸監理部海事振興部が7月26~27日にヤンマー尼崎工場テクニカルトレーニングセンターで実施されたインターンシップに,本校機械工学科の生徒の参加したようすが,8月3日の日本海事新聞に掲載されました。

国土交通省 神戸運輸監理部
15:57 | 報告事項
2015/12/09

【都市工学科】神戸マラソンのモニュメント制作

Tweet ThisSend to Facebook | by:Johoishi
2015年11月15日(日)に 開催された第5回神戸マラソンの折り返し地点のモニュメントを都市工学科課題研究で制作しました。
 
08:20

受験生・企業・教育関係の方へ

 RSS
表示すべき新着情報はありません。

ものづくり! ひとづくり! 神戸市立科学技術高等学校

 本校は、松野実業学校から77年(4分の3世紀以上)を迎えました。地域の工業や産業とともに歩んできた工業高校です。

 機械工学科 電気情報工学科 都市工学科 科学工学科 の4つ学科からできています。技術と知識を学びます。今年,各工学科は「5S」にも取り組みます。
詳細は教室に掲示しています。ご理解とご協力、また応援をお願いします。

 関連情報:3Sは「整理」・「整頓」・「清掃」をいいます。これに「清潔」を加えて4Sとなります。メーカーではさらに「躾」(習慣)を加えて5S。さらに6Sを推進している企業もあります。
 自動車や重機、製鉄 電気電子 制御 機械加工、土木建築建設、化学 食品などのメーカーは、現場での安全、企業教育の柱として 5S運動が推進されています。(^v^)/