都市工学科  1学年2クラス・80名

社会を支える人づくりをします


 都市工学科ニュース 

↑クリックして都市工学科の最新ニュースをご覧ください

 進路の特徴 

半分が大学・専門学校へ進学(建築系が中心)
半分が就職(土木・建築現場の施工管理,鉄道保線,土木・建築系公務員など)

 教育内容の特徴 

1年は建築・土木の基礎を幅広く学び,2年より建築と土木に分かれて専門的な学習をします

 他校の同類学科との違い 

建築と土木について両方学ぶことができます

 特色ある科目 

都市工学…建築・土木両方の基礎的な知識を学びます
都市製図卒業設計)…実際の土地に,幼稚園・図書館・美術館などを自分で計画・設計・製図・模型作成をします
都市防災
…神戸市や兵庫県が整備している総合治水事業を理解し,それを小中学生にわかり易く伝える方法を考えます

 卒業時に目指す生徒像 

将来,建設業においてリーダーシップを発揮し,主体的・積極的に行動できる技術者

 卒業とともに取得できる資格 

2級建築士受験資格(実務経験必要)
2級建築施工管理技術検定・実地試験受験資格(実務経験必要)
2級土木施工管理技術検定・実地試験受験資格(実務経験必要)

 取得を目指す資格 

2級建築施工管理技士(学科)
2級土木施工管理技士(学科)
測量士補

 課題研究(一例) 

コンクリートカヌー
環境防災(総合治水模型製作)
デザイン(デザイン選手権・建築設計競技)
原寸軸組模型
家具の病院

成果 橋梁模型コンテストや各種建築設計競技などで優勝や上位に入賞しています

 主な進路先 

→ 進路状況一覧 
 
 
都市工学科
12345
2019/11/14new

都市工学科1年生 校外学習に行ってきました。

Tweet ThisSend to Facebook | by:Toshin

皆さんこんにちは。
先日、都市工学科1年生が校外学習に行きました。

場所は「明石海峡大橋」です。
例年、1年生のこの時期に訪れ、土木技術について学ぶ機会を設けています。
また、舞子公園周辺にある歴史的建築物を訪れ、建築の歴史を学びます。
A
組とB組に分かれ、各場所を回りながら見学していきます。

まずは歴史的建築物の見学からです。

「孫文記念館(移情閣)」
この記念館は日本と孫文、神戸と孫文の関わりを中心に、呉錦堂の生涯、移情閣の変遷などに関する展示が行われています。
建築物は「木骨コンクリートブロック造」と呼ばれる珍しい構造をしているのも特徴です。

内装壁面の装飾はとて綺麗です。


1階の天井には龍が描かれ、2階には鳳凰が描かれています。細部にこだわっているところに注目してほしいです。

「旧武藤山治邸」
この建物も有形文化財に登録された建築物でコロニアル様式と呼ばれる建築物です。
海外から入ってきた様式で、港町のあった長崎や神戸などの外国人居留地に多く建てられた建築様式のようです。

屋外テラスです。生徒は全員テラスに入り、この建物の概要の説明を受けました。

室内に入り詳しく部屋の説明を聞きました。みんな説明を聞きながら部屋の隅々まで観察し、歴史的建造物の時代背景を勉強しました。写真では見にくいですが細部にこだわった装飾(レリーフ)が特徴的です。昔の職人さんの技術についても学んでほしいです。

「旧木下家住宅」

この国の有形文化財に指定された建築物で、「数寄屋造近代和風建築」という形式の建築物です。「数寄屋」というのはよく耳にするかもしれませんが、「茶室」を取り入れた住宅のことをいいます。


昔ではあまり見られない窓ガラスの大きさをしています。室内に日の光を多く取り込み温かみのある住宅となっています。また高台にあるため風通しがよく環境面でも優れている昔ながらの建物です。館長さんの説明を生徒たちは真剣に聞いています。

最後は庭で記念撮影‼ (都市工学科1年生B組の後半グループです。)

(都市工学科1年A組後半グループです。)

「明石海峡大橋」
待ちに待った明石海峡大橋の主塔見学……。といきたいところですが…。
明石海峡大橋に向かう前に、「橋の科学館」明石海峡大橋建設に使われている

土木技術や工事に使われた機器や工法などについて学ぶ時間を持ちます。
ただ建っている橋は、様々な技術の結晶で出来ている事を再度確認できました。


いよいよ主塔見学です。

道路の下にある点検用の道を歩きます。グレーチングになっているため、下は…。海が見えます。

いつ見ても最高の景色です‼両側に見える長い棒状のものが、橋を支えているケーブルです。


最後に橋をバックに記念撮影。(都市工学科A組)

いよいよ科目選択の時期です。大方決まっている人もいると思いますが、校外学習で学んだ土木の魅力、建築の魅力を感じ、自分の将来をイメージしながら科目選択をしてほしいです。

がんばれ16期生‼



15:35
2019/11/11

【都市工学科】全国高等学校インテリアデザイン展第2位受賞

Tweet ThisSend to Facebook | by:Toshiw

皆さんこんにちは!

遅くなりましたが、都市工学科3年生の天野さんが
「第34回全国高等学校インテリアデザイン展(デザイン甲子園)」で
全国第2位にあたる「九州経済産業局長賞」を受賞しました。(詳細はコチラ)

今年のテーマは「Smile everyday」~笑顔になれる家具・インテリア~でした
全国より20校 157点の応募の中から見事に賞を受賞しました。


                      表彰式の様子


                      受賞作品

この「全国高等学校インテリアデザイン展」は、課題研究の授業内で「家具デザイン班」が春より作品制作に
取り組んでいたものです。夏休みもコツコツと課題に取り組み、今回の結果を残すことが出来ました。

明日は、都市工学科1年生が明石海峡大橋と舞子公園周辺に校外学習に向かいます。
次回はその様子をお送りします。
13:42
2019/11/11

【都市工学科】学校公開有難うございました!

Tweet ThisSend to Facebook | by:Toshiw

皆さんこんにちは!

昨日、中学生の皆さんを対象とした「オープンハイスクール(学校公開)」を行いました。
休日にも関わらず、多くの方にお越しいただき有難うございました。



本校在校生(2年生)の生徒が中心となって、参加者の方に都市工学科で学ぶ事や学科の魅力を伝えてくれました。
また、中学生の皆さんの積極的な姿に、とてもうれしい気持ちになりました。



当日は、「測量機器の操作体験」「教科書コーナー」「進路相談コーナー」「都市工学科プチセミナー」など
先日の文化祭とは内容の違う展示も準備しました。

短い時間でしたので、都市工学科の内容や魅力を十分に伝えることが出来たのかはわかりませんが、
今日見たことや感じた事を皆さんの進路選択に活かしていただければ嬉しいです。

では、皆さんとまたお会いできることを楽しみにしています。
どうも有難うございました。

さてさて、都市工学科では中学生を対象とした「出前授業」なども承っております。
御入用の学校がありましたら遠慮なく学までご相談ください。
07:02
2019/11/09

【都市工学科】 神技祭を行いました!

Tweet ThisSend to Facebook | by:Toshiw

皆さんこんにちは!
朝晩は冷えてきていますが、とてもいい天気です!
本日は、本校の文化祭「神技祭」を行いました!!

多くの来場者の方で、都市工学科の展示室は大賑わいです。
ドタバタの1日で、一番ピーク時の写真を撮ることが出来ませんでした・・・
スミマセン・・・・

神技祭では、都市工学科の実習作品はもちろん、実習風景などを
中心に展示を行いました。


ものづくり体験コーナーでは、「鉋(かんな)でおはしづくり」「寄木キーホルダー製作体験」「樹木模型製作体験」
を準備していましたが、大好評をいただき、開始1時間で予定数を終了してしましました。
楽しみに来てくださった皆さん、本当に申し訳ありませんでした。



本日、お越しくださった皆さん、本当にありがとうございました。

明日は、いよいよ「学校公開」の日になります。
都市工学科では、本日展示した作品の他にも、中学生の皆さんの為に「測量機器体験」「教科書コーナー」「進路相談コーナー」
を準備して待っています。どうぞ、お気をつけてお越しください。
そして、この際に、沢山の質問をして帰ってください!お待ちしております!
15:22
2019/11/01

【都市工学科】1年生 工業技術基礎

Tweet ThisSend to Facebook | by:Toshiw

皆さんこんにちは!
本日の連続投稿第2弾です。

第2弾は1年生「工業技術基礎」の様子をお送りします。

以前、このページ上で工業技術基礎についてお伝えしたこと(以前の投稿はコチラ!)はありますが
本日はその際にお伝えできていない部分をお送りします。

都市工学科の工業技術基礎は
・測量
・コンクリート
・木工
・軸組模型
以上、4つのショップ分かれ、それぞれのショップを6週間かけて学習していきます。

まず測量をお送りします。
 トータルステーションの据え付け(機器の設置と準備のこと)と距離や角度を測る実習を行いました
 
 機器の据え付けは簡単ではありません。何回も練習し、手順を繰り返し素早くできるようになってきます。
 現場では、スピードと正確さが求められます。
 
 トータルステーションは、ターゲット(プリズム)をレンズで視準して、ボタンを押すだけで角度と距離を同時
 に誰でも簡単に測定ができる優れもののの機器です。測量の現場では一番多く用いられるものです。
 

 次に、木工の様子をお送りします。
 木工は、小さな椅子を作成しています。
 ただ椅子を作るのではなく、建築物(特に木造)を組み立てる際に必要な「ほぞ」「ほぞ穴」を椅子製作にも
 同様に用いて、木材の性質・加工と、建築物の構造について学ぶものです。

 ほぞ穴を掘っています。のみと玄能を使い加工していきます。
 技術が必要なため、うまくいかない作業ですが、粘り強く作業しています。
 
 ほぞとほぞ穴が加工できれば、角材の「面取り」作業を行います
 

 本日最後は「軸組模型」の授業風景です
 この授業は人気があり、オープンハイスクールにおいても来校された方の多くが注目してくださいいます。
 細かい作業のため、根気と集中力が必要ですが完成目指して頑張っています。
 
 使っている木材は一番小さいもので1mm×1mmの大きさです。
 図面を読みながら必要な部材を切り出し、加工して組み立てていきます。
 木造建築の組みあがる順序や、部材の名称や場所などを学ぶ事が目的です。

 建築物の「床組み」が完成しました。
 「床の下ってこうなっていたんだ」を理解に繋がります
 完成したものは、来週の神技祭や学校公開にて展示していますのでみにきてください。
 
 
 どうでしたか?

 多くの経験を重ね、少しづつ都市工学について学ぶことが出来ます。
 1年生はいよいよ進路選択目前です。
 自分の将来をよく考えて選択してください!
11:09
2019/11/01

【都市工学科】3年生 卒業設計

Tweet ThisSend to Facebook | by:Toshiw

皆さんこんにちは!
今日で11月ですね。今年も残り2か月になりました。
2学期もいよいよ大詰めの時期です。

さて、今日は連続投稿第1弾!

3年生の建築選択者が取り組んでいる「卒業設計」の様子をお送りします

都市工学科では2年次に「土木」か「建築」を選択し、2・3年生は
その選択に沿って専門教科を学んでいくことになります。
もちろん、自分の進路に合わせて選択しなければなりません。
ですので、1年生の間に「土木」「建築」の基礎を学び、多くの見学会等を
通じて自分の進路選択を行うことになります。

本日は、「建築選択者」の最終課題でもある「卒業設計」の様子になります。



「建築=デザイン」と考える方も多いと思います。
どうしても図面を見ると、「形」ばかりに目がいってしまい「デザイン的」に見えてしまうかもしれませんが
建築は「デザイン」だけで成り立っているのではありません。
建築物の「構造」や、「材料」、そこを使う「人」、「周辺の環境」、「気候」、「風」などなど・・・・・
様々な事を考慮し、それらをまとめて「形」として作られることになります。
「形」だけでいいのであれば「造形」です。「建築」とはいえません。

3年生は、様々な事を考え建築物を設計します。
まもなく、完成間近です。

3年間の集大成です。
自分自身で納得できるものを精いっぱい作り上げてほしいものです。
10:40
2019/10/21

【都市工学科】1年生 現場見学会Part2 に行きました

Tweet ThisSend to Facebook | by:Toshiw

皆さんこんにちは。
まだまだ暑い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか?

さて、先日都市工学科1年生を対象として、現場見学会Part2を行いました。
神戸市建築協力会様、神戸市建設協力会様のご協力を頂きまして
建設系に関係する現場を3つ見学させていただきました。
その様子をお送りします。

まず初めに訪れたのは「コマツIoTセンタ近畿」様です
現在、建設現場では、これまでの3K「きつい、きたない、きけん」といったマイナスイメージではなく、
新3K「給与が良い、休暇が取れる、希望が持てる」といった方向に変わってきています。
その背景にはICT(情報通信技術)を建設現場に導入し、これまで人手頼みだった測量作業にドローンを導入したり、
これまでベテランでなければ難しかった工事をカーナビのように自動制御できる建設機械で正確にこなすようになっています。
「コマツIoTセンタ近畿」様で、それらの概要をお聞きし、実際に重機に乗って体験してきました。


まず、「IoT」の現在について説明を受けました。

その後、実際に重機に載せていただき、説明を受けながら操作体験をします。
初めて重機に乗りますが、ICT技術により、黄色い階段にあてることなく操作が簡単に行えました。
体験した生徒も、「思い切り操縦席のレバーを押し込んでも、地面にぶつかることがなかった」と
驚いていました。

最後に、「測量」で使われているドローンを飛ばしていただきました。
このドローンによって、上空より地形のデータを計測し、地形の測量を行うことが出来るそうです。

次に、「六甲アイランド地区港湾施設改良工事」の現場に向かいました。

            現場管理者の方の工事概要説明を聞いている様子


工事が始まったばかりの様で、実際に大きな変化は見られませんでしたが、昨年の台風21号による高潮被害
によって六甲アイランドは大きな被害を受けることになりました。
そこで、今後、大きな高潮が発生しても被害にならないよう、今回被害を受けた場所を高くかさ上げする工事を
行っています。

最後に「からと中央住宅2・3号棟建設工事」を見学させていただきました。

この現場は、もともと市営住宅があった場所に、新しく集合住宅を建設する工事です。

現場事務所の前で、工事概要や監督の仕事についてお聞きしました。
この現場では、大阪の芸術大学と協力し、建設現場のイメージ改革に取り組んでおられるというお話もありました。

                 大阪芸術大学の生徒が描いた絵です



建設現場の中を見学させていただきました。

今回、神戸市建築協力会様、神戸市建設協力会様や多くの企業様にご協力いただき貴重な現場を見学させていただきました。
私たち約80名を受け入れるにあたり、ご準備から、作業の手を止めてくださったり、工程など多くの面でご迷惑を
お掛けしました。本当にありがとうございました。
都市工学科1年生皆さんの未来に期待し、多くの方が協力してくださっていると言う事に感謝いたします。

都市工学科1年生は、2年生からの選択科目の決定時期が近づいてきています。
この経験を活かして進路選択してほしいものです。

頑張ろう!都市工学科1年生!
13:10
2019/10/07

【都市工学科】1年生現場見学会に行きました!

Tweet ThisSend to Facebook | by:Toshiw

みなさんこんにちは!

暑かった9月も終わり、ようやく秋を感じる気候になってきましたが、
体調を崩したりされていませんか?

大変遅くなってしましましたが、本日は9月に都市工学科1年生対象に現場見学会をおこないました。
本日はその様子をお送りします。

今回は、関西地盤工学会様が主催し、2つの建設現場をご準備していただきました。

まず、箕面市の「千里浄水池更新工事(新2号池)」の現場を見学させていただきました。







次に、大阪府堺市に移動し、「阪神高速大和川線常盤工区開削トンネル工事」の現場を見学させていただきました。




土木の建設現場を見学し、土木のスケールの大きさを感じることができました。
11月には、選択科目の決定も近づいてきています。

さらに10月18日には次の現場見学会も計画しています。

沢山の現場や構造物、そこで働く方の姿を目で見て、自分の将来像を重ね合わせ、自身の糧にしてほしいものです。


11:53
2019/09/20

都市工学科2年生 実習 「設計演習」

Tweet ThisSend to Facebook | by:Toshin
みなさんこんにちは。朝晩が涼しく生活しやすくなってきました。
今回は2年生の実習「設計演習」の授業を紹介します。

全12回の実習で「店舗併用住宅」の設計に取り組みました。
初めての自主設計課題で構造計画、設備計画、動線計画など考え、個々でデザインを考えました。
「住宅」と「店舗」両方を考えることは非常に難しいことであり、住宅の動線、店舗の動線を交わらないように考え、様々な問題点を解決しながら住む人、利用する人のことを考えながら設計しました。

プランニングが終わり、下書き図面を仕上げ中です。

下書き図面が完成し、ケント紙に本書きしています。



図面の仕上げに入ってきました。着彩や詳細のところを書き加えてます。





図面が完成しました‼12回の授業お疲れ様でした。設計のプロセスや図面の表現方法が学べたと思います。今後の授業に活かしてほしいと思います。
12:11
2019/09/09

コンクリートカヌー大会

Tweet ThisSend to Facebook | by:Toshin
お久しぶりです。残暑の残る中、皆さんお元気でしょうか?
本校では9月2日(月)から2学期がスタートし、都市工学科の生徒は元気よく登校しています。

さて、今回は課題研究という授業で行われている「コンクリートカヌー班」の夏休みの取り組みについて紹介します。

8月24日(土)と25日(日)に大阪城の外堀にて「コンクリートカヌー競技大会」が開催されました。8月24日(土)には、製作の部とデザインの部が行われ、8月25日(日)には競漕の部が行われました。今年は兵庫、大阪、京都、奈良、和歌山、岡山、高知、広島、香川より、19校21艇が参加しました。

都市工学科のコンクリートカヌー「Leopard号」は準決勝まで進めましたが、惜しくも決勝進出はなりませんでした。

3年生にとって良い経験ができ、良い夏休みになったのではないでしょうか。



10:06
12345