文化部・研究会
1234
2017/09/19new

パソコン甲子園プログラミング部門本選出場決定

Tweet ThisSend to Facebook | by:Technaka
コンピュータ部の大本義貴君(電気情報工学科2年)と木原文耶君(電気情報工学科2年)が,平成29年11月3日(金・祝)~ 4日(土)に会津大学(福島県会津若松市)で行われるパソコン甲子園プログラミング部門の本選に出場することとなりました。
本校としては初の本選出場です。
入賞目指して頑張りますのでご声援よろしくお願いします。


10:31 | コンピュータ
2017/09/12

第31回日本工業大学建築設計競技で奨励賞受賞

Tweet ThisSend to Facebook | by:Technaka
第31回日本工業大学建築設計競技において、全国60校192点の応募の中、都市工学研究会松尾和輝さん(都市工学科3年)山本 凛さん(都市工学科2年)の作品が、奨励賞を受賞しました。

毎年、大学より建築物の設計条件として課題が与えられ、その課題に沿った建築物を設計し提案する大会で、今年度は「風景を開く家」という課題が審査員であるの建築家の宮晶子さんより出題されました。
課題を読み込み、コンセプトの設定、そして建築物として表現
するのに苦労しましたが、夏休み返上で作品に取り組み、見事2作品が入賞しました。
3年生の松尾さんにとっては1年生の時につづく2度目の受賞、2年生
の山本さんは来年に続く受賞になりました。

詳細は次のページをご覧ください。
日本工業大学建築設計競技

15:51 | 都市工学
2017/09/07

神の谷児童館 ロボット体験教室

Tweet ThisSend to Facebook | by:Robok

神の谷児童館ロボット体験教室

 

日時:平成29825日(金)

会場:神戸市立神の谷小学校

今回、神戸市立神の谷児童館にてロボット体験教室を開かせていただきました。


PKの様子)

(ペットボトル倒しの様子)

初めてさわるロボットに、子どもたちの様子はとても賑やかでした。


子どもたちは人型ロボットとは違うゴミ箱型ロボットを興味津々に見ていました。


17:52 | 機械工作
2017/09/07

水の科学博物館 ロボット体験教室

Tweet ThisSend to Facebook | by:Robok

水の科学博物館ロボット操縦体験教室


日時:平成29年 7月30日(日)

会場:神戸市水の科学博物館

今回、神戸市水の科学博物館にてロボット体験教室を開かせていただきました。


別館のプレゼンテーションの様子

ロボットを説明している様子

たくさんのロボットに、子どもたちの様子はとても楽しそうでした。

本館にあるシアタールームでは二足歩行ロボットではなく、少し変わったゴミ箱型のロボットに子どもたちは目を輝かしていました。


17:41 | 機械工作
2017/08/18

空飛ぶ車いす研究会が,高校生ボランティア・アワード2017で銀賞を受賞

Tweet ThisSend to Facebook | by:Technaka
空飛ぶ車いす研究会が,さいたまスーパーアリーナで行われた「高校生ボランティア・アワード2017」で銀賞を受賞しました。
その時のようすが,日本テレビで全国放送されました。

日本テレビ:“ボランティア”で集結 高校生たちの思い
12:00 | 空飛ぶ車椅子
2017/08/14

科技研のレスキューロボットが全国大会で受賞

Tweet ThisSend to Facebook | by:Technaka
第17回レスキューロボットコンテスト競技会本選(全国大会)で,科学技術研究会の「なだよりあいをこめて」が,日本消防検定協会理事長賞(自治体消防制度70周年記念賞)を受賞しました。

13:00 | 科学技術
2017/07/19

第17回レスキューロボットコンテスト本選出場決定

Tweet ThisSend to Facebook | by:Technaka
第17回レスキューロボットコンテスト大阪予選
6月25日(日)
大阪府立北大阪高等職業技術専門校

競技のストーリー
ここは「国際レスキュー工学研究所」 (架空の研究所)。 この研究所では、レスキューに関する技術の評価と訓練のために、 コンテスト形式で機材や運転の技術の高度化が行われています。
研究所内には、大地震で倒壊した市街地を模擬した6分の1スケールの実験フィールドが構築されており、いままさにレスキュー訓練が開始されようとしています。 なお、状況の設定は次のとおりです。 

状況1:ガレキの中には要救助者を模擬したレスキューダミー(ダミヤン)が数体設置されている。 

状況2:ダミヤンはガレキの下にも埋没しているかもしれない。また、他のガレキは私有地にあるので、むやみに破壊し乗り越えてはいけない。 

状況3:二次災害のおそれがあり、人間が立ち入ることが出来ない。 

そこで、遠隔操縦のレスキューロボットの出動だ!
ロボットから送られてくる映像をもとに、一刻も早くガレキや障害物を取り除きダミーを探し、 優しく助け出し、安全な場所まで運ぶことが今回の任務です。

結果はダミヤンを1体救出し、東京予選の結果待ちとなりました。
1週間後にチャレンジ枠として本選出場が決まりました。
チャレンジ枠の選考理由:過去の震災で実際に行われたレスキュー活動の課題調査に基づき、ロボットによる情報収集とチーム内共有方法、ロボットの安全対策、展開型救援所をはじめとする被災者サポートのためのアイデアなどを具体的に示した点を評価しました。

08:41 | 科学技術
2017/07/18

第22回姫路ロボ・チャレンジ

Tweet ThisSend to Facebook | by:Robok

第22回 姫路ロボ・チャレンジ

日時:平成29年7月15日(土)

会場:姫路科学館

姫路科学館にて開催された姫路ロボ・チャレンジに出場しました。
結果は以下の通り


戦績

総合優勝 スエルツェ

機械工学科1年A組 池田風吹(右)
科学工学科2年B組 新居諒真(左)


総合準優勝 SHOCK WAVE

機械工学科2年A組谷本 一真(右)
機械工学科2年C組今村 陽仁(左)

 

総合3位 swallowtail(課題研究)

機械工学科3A組 能勢 拓未(左)

機械工学科3C組 清水 廉(右)

 

今回の大会は部活動創設以来、初となるすべての部門において1位2位を獲得し、完全制覇を成し遂げることができました。 


築城の様子

自立(探してポン)の様子

タイムアタックの様子

バトルの様子

集合写真

 

今大会ではバトルだけではなく、築城やタイムアタックも苦戦しましが、見事七表彰を完全制覇し、表彰台に上がることができました。応援してくださった保護者の方々や先生方、本当にありがとうございました。今後もご声援、よろしくお願いします。


08:26 | 機械工作
2017/07/06

ロボット教室・水の科学博物館

Tweet ThisSend to Facebook | by:Robok

水の科学博物館

ロボット操縦体験教室

 

日時:平成29年 624日(土)

会場:神戸市水の科学博物館


今回、水の科学博物館にてロボット体験教室を開かせていただきました。

 

シアタールームにて子どもからご年配の方々に向けての様々なロボットについてのプレゼンテーションを行いました。

 

 

色々な形をしたロボットを操縦して、子どもたちはとても楽しそうでした。



11:53 | 機械工作
2017/07/04

「ちちんぷいぷい」7/12(水)放送予定

Tweet ThisSend to Facebook | by:Technaka
空飛ぶ車いす研究会の活動のようすが
MBS毎日放送「ちちんぷいぷい」7月12日(水)15:50~
放送される予定です。
ぜひご覧ください。
08:42 | 空飛ぶ車椅子
1234

各文化部・研究会の紹介

【美術部】
コンクールや展示会などに出す絵や写真の加工を行っています。デザインや芸術に関することもしています。
今年も心美会美術展に作品を展示する予定です。

【茶華道部】
裏千家流の点前で毎週茶道の稽古をしています。
毎年文化祭ではサブアリーナにて120名のお客様に点前を披露しています。

【情報メディア部】
パソコンで作品作り、トリックアート、コンクールなどにチームで取り組んでいます。
映画の鑑賞、見学や美術館、博物館、研究所などにも行き、スキルを高めています。

【コンピュータ部】
プログラミングコンテストへの出場,地域に向けたパソコン教室の実施,ゲーム制作等の活動を行っています。
昨年度は日本情報オリンピック本選で敢闘賞を頂きました。今年度も入賞目指して頑張っていきます。

【書道部】
先生の指導の下、各種の書道展に出店しています。
昨年度は三木市みなぎの書道展において、7000点の中から最優秀みなぎの大賞に本校生徒の作品が選ばれました。
文化祭でも展示を行っています。

【ブラスバンド部】
部員は少ないですが、毎日より世おい音楽作りに励んでいます。
今年は運動部の応援や文化祭に加え、様々なイベント出演やアンサンブルコンテスト、
定期演奏会と活動の場を広げていくつもりです。

【放送部】
活動は各種行事における放送機器の設営になります。
行事が滞りなく運営できる様、生徒会とも協力し、科技高生が楽しく学校生活を送れるために頑張っています。

【機械工作部 ROBO】
「ものづくりの前に人づくり」をモットーに二足歩行ロボットを製作し、大会に出場しています。
また、児童館訪問や地域のボランティアに参加し社会に通用する力を付けることを目指して活動しています。

【機械工作部 旋盤】
旋盤の部では、高校生ものづくり大会(旋盤の部)や技能検定(国家試験)などの資格取得に取り組んでいます。
また、工業教育フェアや神技際、生徒作品展においては、いろいろな作品を展示したりして頑張っています。

【バイオ科学研究会】
理科の先生が、バイオ分野を担当して例年以上に活発に活動しています。2年生は、ものづくりコンテストに挑戦する予定です。

【科学技術研究会】
レスキューロボットコンテストと、マイコンカーラリーという競技に取り組んでいます。
レスキュー工学大賞、近畿大会、全国大会での優勝を目指しています。応援よろしくお願いします。

【空飛ぶ車いす研究会】
この1台が世界のどこかで笑顔につながってほしい。そんな思いで車いすの整備に取り組んでいます。これまでの累計は1500台を超えました。

【鉄道研究会】
今年8月の鉄道模型コンテストに向けてレイアウト製作や、人を乗せて走る5インチゲージを製作しています。

【電気工事研究会】
電気の配線を早く美しくするために毎日練習しています。その成果を確認するために、高校生モノづくりコンテストに参加しています。
頑張りますので、よろしくお願いします。

【電子回路研究会】
ものづくりコンテストへの出場と国家技能検定の電子機器の組立て2級と3級の取得を目標に日々活動しています。
大会で優勝できるように努力するので応援よろしくお願いします。

【都市工学研究会】
建築や土木に関するものづくりに毎日取り組んでいます。現在、西区に新設される特別支援学校の模型製作に取り組んでいます。
また、例年通り建設設計競技や橋梁模型コンテストでの優勝をめざし活動しています。

【木工研究会】
私たちは大阪と神戸で行われる橋梁模型大会で入賞を目指し頑張っています。
文化祭では木工作品をつくり販売します。日々の活動では先生から色々な事を学び、進化と成長をしています。

【生活科学同好会】
部員は5名と今年も少人数ですが、ほのぼのとした雰囲気で活動しています。
現在は織物やペンケース製作に取り組んでいます。先日は調理実習を行い、パスタやゼリーを作りおいしくいただきました。