機械工学科  1学年3クラス・120名

高い技術レベルのものづくりを通して,社会に貢献できる技術者を目指します

 機械工学科ニュース 

↑クリックして機械工学科の最新ニュースをご覧ください

 進路の特徴 

7割が就職(機械加工,自動車・鉄道,電気機械,港湾・プラント,公務員など)
3割が進学(機械系の大学・短大・専門学校が中心)


 教育内容の特徴 

1・2年で設計・製図から製作までものづくりの基礎を学び,3年でマシニング(機械加工)系とロボットメカトロニクス(2足歩行ロボット製作)系に分かれて技術を学びます

 他校の同類学科との違い 

国家資格の技能検定で,普通旋盤・フライス盤・マシニングセンタや,JIS.WES半自動溶接技能検定の取得ができる工業高校は神戸科技高だけです

 特色ある科目 

ロボット制御実習…日本の高等学校で最高レベルの2足歩行ロボット製作技術を学びます


 卒業時に目指す生徒像 

機械の基礎・基本の知識と技術を習得した上で,他者との協調を大切にし,信頼され,社会に貢献・活躍できる技術者

 取得を目指す資格 

技能検定3級機械加工(普通旋盤・フライス盤・マシニングセンタ)作業
JIS.WES半自動溶接技能検定基本級
製図(基礎・機械)検定
乙種危険物取扱者
CAD検定


 課題研究(一例) 

レーザー加工・溶接技術
FAシステム加工技術
2足歩行ロボット
空飛ぶ車いす(福祉製作活動)
国家資格技能検定(旋盤・フライス盤・マシニングセンタ・JIS半自動溶接)

成果 歩行ロボット製作 旋盤部門 空飛ぶ車椅子 エコデンカーなど優勝や上位入賞 ボランティア活動

 主な進路先 

→ 進路状況一覧 
 
 
機械工学科 >> 記事詳細

2018/05/01

機械工学科1年生 製図実技風景~投影図を学ぶ

Tweet ThisSend to Facebook | by:Kikaih
機械工学科1年生の機械製図実技風景を紹介します。
製図の授業では、先ず製図の基本として、投影図の描き方、第三角法を学びます。
この授業では、2名の先生方からルールとコツを学んでいました。
教科書とテキストを用いて訓練するだけでなく、黒板の投影図を使って課題を発表しています。
図面を読み取る力、描ける力が工業人としての表現力になり、課題解決のためのツールになります。工業高校ならではの授業がもうスタートしています。
授業で学んだ成果は、来る9月中旬に開催される㈳全国工業高等学校校長会の「基礎製図検定試験」で発揮します。
1年生機械工学科の全員が挑みます。応援よろしくお願いします。





14:29