Title_V2
 
OJT活性化推進事業

「OJT活性化推進事業」~世代間で学びあう職場づくり~

1.目的
① 中央教育審議会答申「これからの学校教育を担う教員の資質能力の向上について ~学び合い、高め合う教員育成コミュニティの構築に向けて~」4.(1)「教員研修に関する改革の具体的な方向性」に基づき、OJTを通じて日常的に学び合う校内研修の充実を図る。
② 第2期神戸市教育振興基本計画 重点事業9「子供の力をひき出す教職員の力の向上」における「OJT等校内研修の充実」の推進を図る。
③ 急速な世代交代に伴う、教育理念・教育技術等、職能力の次世代教員への継承
④ 教職の基盤となる指導力及び人間関係形成能力(コミュニケーション能力・対人関係力)の定着と向上
⑤ 風通しのよい職場風土の形成(同僚性の向上)
⑥ 各校の持ち味を活かしながらOJTを推進し、校内研修システムの定着・活用を図る。

2.事業概要
① OJT活性化推進事業を全市小中学校及び義務教育学校で展開・実施する。
・各校においてOJT推進担当者を中心に、各校で構築された校内研修システムの一層の定着・活用を進める。
② OJT推進担当者研修会を年間2回実施する。
③ センター職員が学校訪問し、校内研修システムの一層の定着・活用の支援を行う。※希望校には、「OJT活性化推進に向けた訪問研修<K-PROJECT>」を実施する。
④ 各校の参考となる取組をKEC広報紙「きょういくの風」で紹介する。
⑤ 年度末に「OJT実践事例集」を発行する。
 

3.期待される効果例

① これまで営々として培ってきた優れた神戸の教育理念・指導技術の次世代への円滑な継承

② 世代間で学び合う職場気風(同僚性・風通しのいい職場環境)の醸成③ 授業力(学習指導・学級経営・生徒指導)を中心とした「教師力」向上
(※教師力:授業力・保護者対応力・事務処理能力及びその基盤となる人間関係形成能力)
④ベテラン教員の若手等後進指導を通じた自らの役割・責任の自覚、より積極的な学校経営への参加意識の喚起

 
 2011.3 発行の「OJTガイドライン」
 OJTガイドブック表紙
 
PDFファイルダウンロード
はじめに.pdf
目次.pdf
序章 教員の育ちとOJT.pdf
第1章 教員としてのキャリア形成.pdf
第2章 教員の成長経験と意欲の源.pdf
第3章 教員の学びの場とOJT.pdf
第4章 OJTを効果的に推進する校内システム.pdf
第5章 OJTの効果的な進め方の実際.pdf
第6章 OJTの評価.pdf
終章 子どもも教員も学校で育つ・奥付.pdf

 

更新案内(最新5件)

H29.10.10
研修係に「平成30年度 神戸市教員採用候補者事前研修会のご案内」を掲示しました。

H29.10.2
きょういくの風」にきょういくの風(10月号)を掲載しました。

H29.8.31
きょういくの風」にきょういくの風(9月号)を掲載しました。

H29.8.4
きょういくの風」にきょういくの風(8月号)を掲載しました。

H29.7.4
きょういくの風」にきょういくの風(7月号)を掲載しました。
 

教育研究所連盟

レインマップこうべ250

気象庁QRコード

気象庁が発表している
神戸市の気象警報・注意報
 

お知らせ

特にありません