Title_V2
 
教育相談指導室

教育相談指導室

1 児童生徒・保護者への支援
(1)教育相談
 児童生徒の教育上の悩みや問題について、電話による相談や来所による面接相談により、必要な助言を行っています。
    【電話相談】不登校、いじめ、学習、友人関係等の相談
            主任指導員が担当し、匿名で相談に応じます。
    【面接相談】不登校、集団不適応等の相談
              臨床心理士、指導主事、主任指導員が担当し、原則として、
            児童生徒とその保護者の並行面接を行います。
         ※ 詳しくお知りになりたい方は、こちらへ


(2)教育相談講演会及び個別面接相談
 不登校等不適応行動を起こしている児童生徒の保護者への支援や、不適応行動に関する理解・啓発のため、広く保護者を対象とした教育相談講演会を実施します。
 また、個別の相談へ対応するため、受講者の中の希望者を対象に、臨床心理士等による個別面接相談を行います。
     ※ 詳しくお知りになりたい方は、こちらへ


2 学校への支援
(1)不適応行動への対応を考える「事例検討会」
 学校での様々な不適応事例について、問題の要因や今後の対応に関して医師や大学教授、臨床心理士等の専門家より助言を受け協議する「事例検討会」を実施し、教職員が子どもの適応力を高めることができる指導力を身につけることをねらいとしています。


(2)人間関係を育て集団づくりに役立つ「スキル演習」(職員研修)
 いじめ・不登校等不適応行動の予防につながる「育てる教育相談」の実践にむけて、基本的な考え方や実際の手法を学ぶ「スキル演習」(職員研修)を実施しています。教職員が児童生徒理解の視点と方法を学ぶことで、学級集団づくり・授業づくり等の指導力が向上し、児童生徒の自尊感情を高められる集団づくりにつながると考えています。

(3)「育てる教育相談」実践推進校 
 上記の「スキル演習」(職員研修)に加え、学校での様々な教育活動において「育てる教育相談」を実践するため、「育てる教育相談」実践推進校を指定し、先進的・先導的な研究実践に取り組み、その効果を検証するとともに、その取組を全市に発信していきます。

(4)教職員の研修
 教育相談指導室が進める「育てる教育相談」について、広く教職員に研修の機会を提供するため、夏季に研修講座を実施しています。基本的な考え方や学校で実際に使える手法等を、演習を通して学びます。また、不登校等不適応事例について事例研究を行い、精神科医や臨床心理士から助言を得て、問題の要因や今後の対応、予防的な関わりについて学びます。


※「育てる教育相談」とは
 「生徒指導提要」(文部科学省 2010)で示されている教育相談の考え方で、次のことを目指すものです。

 

更新情報

H31.4.15
授業づくり研究会」に「第8回授業づくり研究会」(1次案内)を掲載しました。
H31.4.15
学校改善」に係わる研究に平成31年度研究概要を掲載しました。
H31.4.22
きょういくの風」に4月号を掲載しました。
R1.5.9
きょういくの風」に5月号を掲載しました。
 

レインマップこうべ250

気象庁QRコード

気象庁が発表している
神戸市の気象警報・注意報
 

お知らせ

特にありません