所長挨拶
                                         
                                                            
ご挨拶                          
                    神戸市総合教育センター 所長  山下 准史


 

1.未来を生きる子供たち

 子供たちが生きる未来、そこでは人工知能AIが人知を超えているのではないかと言われています。しかも、それは遠い未来ではなく、この春小学校に入学した1年生が30歳、中学3年生が40歳の頃だという説もあります。「AIと共生し(AIに使われるのではなくAIを使い)ながら生きる人を育てている」ということを自覚しながら、私達は教育活動を推進・支援していきたいと考えています。

2.神戸市総合教育センター(Kobe Education Center =“KEC”)の3つの重点的取組

 令和2年4月にKEC3階に開設された「こども日本語サポートひろば」を含め、今年度は以下の重点的取組を通して子供たちの育ちを支えます。


 ◎学びを充実させます。

・外国人英語指導助手(ALT)や学ぶ力・生きる力向上等の様々な支援員活用、ICT環境  
 整備、学校図書館の活用等を推進し、未来につながる学力・体力の向上に取り組みま
 す。

・研修体系を見直し、教職員のさらなる資質向上を図ります。


 ◎学び・育ちの環境を充実させます。

    ・より活用しやすい学校図書館へと充実させます。

    ・いじめの未然防止に向け、育てる教育相談を推進します。

 ◎相談者に寄り添って支えます。

 ・教育相談指導室、こども日本語サポートひろば、こうべ学びの支援センター、学級経営
   支援室、教職員相談室等では、相談者一人一人に寄り添って支援します


 事業の実施状況等についてはホームページでもお伝えしていきますので、
KECの取組に一層のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

更新情報

R2.7.3
きょういくの風に7月号を掲載しました。
R2.6.15
「授業づくり研究会」「第9回授業づくり研究会の開催中止」を掲載しました。
R2.6.11
「学校改善」に係わる研究に「令和2年度研究テーマ」を掲載しました。
R2.6.4
きょういくの風に6月号を掲載しました。
R2.5.8
きょういくの風に5月号を掲載しました。
 

レインマップこうべ250

気象庁QRコード

気象庁が発表している
神戸市の気象警報・注意報
 

お知らせ

特にありません