Title_V2
 
トピックス

初任者研修「防災教育」ほか


 お正月気分も冷めやらぬ中、初任者研修の「神戸の防災教育」と「授業づくり③」を、1月6日(金)に実施しました。今年度採用された初任者向けのもので、毎年この時期に対象者全員を集めて実施しています。「阪神・淡路大震災」を経験した神戸市が重視している「防災教育」の実践に向けた研修、並びに初任者同士のグループによる教材研究や指導案検討です。その時の様子を紹介します。
 

人数の関係で「神戸の防災教育」と「授業づくり③」を半数ずつの入替制で実施しました。
 
防災教育では阪神・淡路大震災や何度か神戸を襲った大水害について学びました。
 
講師の質問に初任者同士で相談したり、用紙に書き込んだりして受講していました。
 
マイクを通じ自分の意見を発表、マスコミも研修の様子を熱心に取材していました。
 
こちらは校種別や教科別に分かれて行った教材研究や指導案検討の様子です。
 
初任者同士で活発な議論が展開されていたり講師の話に聞き入ったりしていました。
 
トピックス

平成26年1月11日と、2月8日に「神戸市教員採用候補者事前研修会」を実施しました。
 
実施の様子(1月11日 第1回研修会)

 
実施の様子(2月8日 第2回研修会)

 
【実施要領】
概要:平成26年度教員採用候補者が、「神戸の教育」全般について理解を深め、
   
4月から神戸市の教員としてスムーズにスタートできるよう事前研修会を
   
施しました。
日時:第1回 平成26年1月11日(土) 13時~17時
   第2回 平成26年2月8日(土) 13時~17時
場所:神戸市総合教育センター 10階ホール、各研修室
参加者:第1回 319名
    第2回 304名
内容:●第1回
    全体会 1「すばらしき神戸の教育」
    (13:00~)講師:指導部 指導部長
         ・神戸の教育の特長
         ・神戸市教育振興基本計画
         ・アクティブプラン
        2「神戸の教員として子供たちとともに過ごして」
         講師:三年次教員代表小1名・中1名
        3「教員としての力量を高めるために」
         講師:総合教育センター 所長
         ・アクティブに学び続ける神戸の教職員
         ・教員に求められるもの
    分科会 「神戸の教員として」校種ごとに24のグループに分かれての話合
        い
    (15:30~) ・現在の心境 ・今後の抱負 ・目指す教師像 など
   ●第2回
    全体会 1「教育公務員の服務について」
    (13:00~)講師:総務部教職員課 人事主事
         ・教育公務員としての自覚
         ・教員の服務と職務
        2「子供との出会いに向けて」
         講師:指導部指導課 指導主事
         ・はじめての出会い
         ・最初の授業
         ・子供との関わり
        3「初任者研修について」
         講師: 総合教育センター研修室 指導主事
         ・初任者研修の内容(校外研修、宿泊研修)
         ・二、三年次研修
         ・授業づくり支援とスーパーアドバイザーについて
    分科会 「先輩教員に学ぶ」
    (15:30~)校種ごとの24グループに、三年次教員が1名ずつ講師として参加
         ・先輩教員の体験談など。

         ・採用候補者の現在の思いや疑問などについての話合い。
 
トピックス・アーカイブ
アーカイブ
123
2017/01/19

K-PROJECT

Tweet ThisSend to Facebook | by:研修室担当者

 総合教育センターでは、今年度「OJT活性化推進に向けた訪問研修」を始めました。
 
名付けて、「K-PROJECT」!

 
「KEC(神戸市総合教育センター)がOJTをPR(プロデュース)する」ということで、アルファベットを並べ替えて命名しました。
 
 教員の「人材育成」は、学校の大事な「使命」です。
 
 総合教育センターでは、指導主事等が「K-PROJECT」を希望される学校を訪問し、「OJTの意義・必要性」を講義したり、「OJTの実践事例」を紹介したり、先生方と一緒になって「OJT計画」を立てたりします。
 また、次期学習指導要領の改訂に向けて、神戸の学校園が取り組んできた「力のつく授業」「授業力向上・授業改善」の発展型である「アクティブ・ラーニング」の推進が求められていますが、「若手教員の授業力アップ」「アクティブ・ラーニングの視点を知りたい」等、これまでの取組よりもう一歩踏み出したいといった学校のお手伝いもしています。

 
 総合教育センター広報紙「きょういくの風」では、K-PROJECTの取組や特色あるOJTの紹介をしています。
 そちらも是非ご覧ください。


10:45 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/11/17

つばめセミナー③

Tweet ThisSend to Facebook | by:研修室担当者
  昨年4月より開始した「子ども・子育て支援新制度」に代表されるように、幼保一元化、認定こども園の普及、幼保小の連携等、幼児期の教育を取り巻く環境が大きく変わりつつあります。本市におきましても、教育・保育施設間の連携をますます図っていく必要があると考え、今年度より、これらの事業に関わる取組を「つばめプロジェクト」と銘打ち、推進してきました。
 神戸市総合教育センターにおきましても、「つばめプロジェクト」の一環として、今年度より教員・保育士向け自己啓発研修として「つばめセミナー」を発足しました。
 今回の「つばめセミナー③」は、自己啓発研修の3回目にあたります。みんなげんきジムの米田和正先生・山田美紀子先生を講師としてお招きし、「みんなげんき体操とうたあそび」をテーマに、日頃の教育活動に生かせる運動遊びや手遊び、リズム遊びなどを学びました。
 18時からの夜間のセミナーにもかかわらず、小学校・公私立の幼稚園・保育園(所)・認定こども園の職員が約200名集まりました。本センター最上階のホールの椅子を収納し、先生達も子供の気持ちになって、思いっきり身体を動かし楽しみながら20時までの2時間、熱心に学ぶことができました。
 残り2回のセミナーも現場で活かせる内容を中心に行う予定です。是非ご参加ください。
 
 表現遊び「ゴリラのジャンケン!!」男性の先生方が、ノリノリでゴリラを演じました。
 はじめは固い表情だった参加者も、山田先生・米田先生の話に吸い込まれ、いつの間にかとても豊かな表情になっていました。子供たちの前でもこんな風にできると、きっとみんな元気いっぱい、笑顔いっぱいになることでしょうね。
 
 表現遊び「きのこの山のチビ忍者」の一幕。どの先生の手裏剣もさまになっています。
 普段の10階ホールが大変身、ちょっとした体育館となった会場でしたがうまく広がり、どの動きも思いきりできました。楽しみながら真剣に取組んでいる姿は、とても素敵でした。神戸市には、こんなにたくさんの素晴らしい先生方がいるんだと再確認できました。セミナーの後の感想には「今日のような、実際に自分が体感できる研修に又参加したい」と綴られていました。
 現場に戻っても、元気いっぱい笑顔いっぱいで協力しながら、子供達と正面から向き合って教育・保育に励んでくれることと思います。

17:40 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2016/09/21

外壁補修工事完了

Tweet ThisSend to Facebook | by:研修室担当者
 
 長い間、ご来館いただく皆様にご不便をおかけしておりました「外壁補修工事」が、8月1日に完了しました。出入り口付近にあった工事事務所の建物や、周囲を覆っていたフェンスなどが撤去され、磨かれた窓ガラス、新しく塗装された外壁が現れ、雰囲気が明るくなりました。7月29日の時点では、入口付近にバリケードで囲まれている箇所もありましたが、8月からは従来通りの広々としたピロティとなりました。引き続き活発なご利用を頂きますようお願い申し上げます。
 
久しぶりに斬新なフォルムをした総合教育センターの全景がよみがえりました。
 
1階ピロティにあった工事事務所が撤去され、広い空間が戻ってきました。
 
神戸市総合教育センターの文字が輝きをとり戻し、ピロティ天井は新しくなりました。

11:54 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/08/17

いぶき明生支援学校校舎模型

Tweet ThisSend to Facebook | by:研修室担当者
  玄関ホールに、来年度開校予定の「いぶき明生支援学校」(仮称)の校舎模型を展示しています。
 この模型は、神戸市立科学技術高等学校の都市工学研究会と木工研究会の生徒22名が製作したもので、大きさは横約130cm、奥行約110cm、高さ約30cmで、木枠にアクリルのカバーがついた、1/200スケールのたいへん立派なものです。
 2階建ての教室棟が4棟、体育館や屋内温水プールがある管理棟、屋根付きで7台同時に発着できるスクールバス停など、細部まで再現されている模型です。
 
模型全体像
 
教室棟とバス停につながる管理棟
 
グランドと製作銘板



15:52 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2016/07/07

工事足場撤去

Tweet ThisSend to Facebook | by:研修室担当者
 1月から続いている本センターの外壁補修工事ですが、建物全体を隠していた覆いや足場の撤去が始まっています。それに合わせてしばらくの間、見えなくなっていた建物の様子が、部分的に姿を現しました。工事そのものはまだまだ道半ばとのことで、工事関係者の方の話によると全ての工事が終わるのは7月末とのこと。それでも気のせいでしょうか、以前に比べると顔をのぞかせた外壁や窓そのものは輝いているように感じられます。
10階の高さにまで組まれた足場を解体しているので、その機材や器具の撤去にはそれなりの手間や時間がかかっており、近隣の皆様や通行される方にご迷惑をおかけしております。工事完了まで今しばらく時間がかかるかと思いますが、ご理解ご協力をたまわりますようお願い申し上げます。
 
今まで覆いに隠れていた建物が久しぶりに顔をのぞかせましたが、足場も残っています。
 
足場の組み立てに使われていた機材や器具が解体され、クレーンで運搬されていました。
 
解体される作業の間、通行される歩行者はもちろん車両にもご迷惑をおかけしております。
 
足場はまだ部分的に残っており、出入り口はトンネル状に狭いのでご不便をおかけします。

13:37 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/06/23

田村准教授講演

Tweet ThisSend to Facebook | by:研修室担当者
  現代の教育課題に関する自主研修を通して、これからの神戸の学校教育を担っていく意欲と力量を向上させることを目的とした「教育課題対策セミナー」(年6回開催)の第1回が5月28日(土)に行われました。
 岐阜大学大学院の田村知子准教授をお迎えし、「カリキュラムマネジメントの考え方とその実際~日常的・継続的な授業研究のために~」と題してご講演いただきました。カリキュラムマネジメントの必要性や基軸についての基本的な考え方から、授業改善など現場の取組まで幅広い内容でした。
 実践例として、すべての学習プランや関連の資料が共有財産として集積されているカリキュラム管理室を利用した「北条プラン」や、会議の縮小や1月始まりの仕事歴などで「子供と向き合う時間を生み出すマネジメント」などが紹介されました。土曜日にもかかわらず、参加者も150名を超え、時折ペアでの話し合いがあり、会場は熱気に溢れていました。
講義の内容も深く、刺激的で具体性に富み、2時間30分がアッという間に過ぎました。
 
わかりやすい話に引き込まれる           随所にペアでの話し合い

09:29 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2016/06/13

教育史編纂室拡張

Tweet ThisSend to Facebook | by:研修室担当者
 当教育センター2階に「教育史編纂室」があります。
 神戸市の教育についての編纂を進めている部署です。神戸市教育史は、これまでに第1集から第3集までが既刊され、明治の学制発布当時から昭和の末までがまとめられています。
 今回は、平成元年度以降の神戸市の教育の変遷についてまとめた第4集の発刊に向けて、編集作業を進めています。
 教育的価値を高め、学術的にも、実用的にも神戸市教育の充実・発展に資するものにしていくため、今後、史料的な確認や資料の収集・整理等、業務が嵩んでいきます。これらのことを見越し、編纂室の環境整備を含め、このたび拡張工事を行いました。
 それに伴い、2階フロアが少しだけ狭くなりましたが、これまで通り、活用していただけますのでご理解いただきますようお願いいたします。
 
               編纂室入口
 
             広くなった室内
13:28 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2016/03/23

外壁塗装改修工事

Tweet ThisSend to Facebook | by:研修室担当者
  当教育センターは建築後25年半経過しました。その間、阪神淡路大震災の被害もあり、部分的な補修等を行ってきたところです。
 しかし、外壁等の経年劣化のため、防水不全や開閉式窓枠ワイヤー固着などが現れ、外壁の全面的な改修工事が喫緊の課題となっておりました。このたび外壁塗装改修工事を行うこととなりました。
 工事中は利用者をはじめ、近隣住民の方々には何かとご不便、ご迷惑をおかけすることとなりますが、工事の趣旨をご理解のうえ、ご協力いただきますようよろしくお願いいたします。
 
○ 工事期間 平成28年1月中旬~平成28年6月30日(予定)
○ 工事時間 月曜日から土曜日の午前8時~午後6時
○ 工事内容 外壁塗装工事、防水改修工事、外部建具改修工事
 
 なお、作業の進み具合によっては、止むを得ず工事時間が過ぎる場合や、日曜・祝日に工事を行うことがあります。あらかじめご了承願います。
 
足場の組み立てが始まりました。全周囲まれる予定です。
 
工事内容表示板と、玄関に建てられた作業用事務所です。

14:36 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/02/12

指導力向上研修・理科

Tweet ThisSend to Facebook | by:研修室担当者

指導力向上研修・理科

 11月26日(木)、課題研修講座 指導力向上研修「理科」⑥を実施しました。
 受講対象者は神戸市立小・中・特別支援学校の理科担当教員で、40名近い参加がありました。
 内容はJAXA(宇宙航空研究開発機構) 宇宙科学研究所 元「はやぶさ2」プロジェクトリーダーの 國中 均 教授による「はやぶさ、はやぶさ2小惑星探査機の研究開発運用」というテーマでの講話でした。
 参加した教員から「熱意とロマンあふれる話に感動した」「子供にとっても大人にとっても興味のある魅力的な講話だった」などの感想がありました。
 JAXAでは「宇宙教育センター」が組織され、全国の学校を対象に学校教育支援活動が活発に行われています。神戸市立小・中学校においても、数校でこの支援活動を活用した「宇宙授業」を実施しています。
 
                   國中 均 教授と 小島 彩美 主事
 
              小島主事によるJAXAの説明と宇宙授業の紹介
 「宇宙教育センター」のホームページに登録されている多くの教材や、参加方法などの説明がありました。
 
          國中教授によるイオンエンジンの説明と、日米の人工衛星比較
 日本独自の技術であるイオンエンジンの意義や、「はやぶさ」帰還までのトラブル対応とその成果、「はやぶさ2」の開発と取組みなどの説明がありました。
 
                       「はやぶさ」地球再突入
 「はやぶさ」は写真の右下から左上へ飛んで行っています。
 最初の青い光はイオンエンジンの燃料であるキセノン、その後の赤っぽい光は酸化剤が燃え尽きている色。再突入して、まずイオンエンジンの付近がバラバラになり、さらに奥にあった酸化剤のタンクなどが分解していった事がわかります。
 隣りの一直線が回収カプセル。こちらは矢のようにまっすぐ飛んでいっています。
 左上下に写っているのが銀河(天の川)。中央の暗黒帯が「コールサック(石炭袋)」。南十字はその右下に右向きになっています。
撮影日:2010年6月14日
撮影場所:オーストラリア南部ウーメラ砂漠
撮影者:東山正宜 氏(朝日新聞科学部記者)
 
                   「はやぶさ2地球スイングバイ」
 國中教授がプロジェクトリーダーをされていた「はやぶさ2」が昨年打ち上げられ、今月3日に地球に接近し、「地球スイングバイ」という航法で目的の小惑星「りゅうぐう」に向けて旅立ちました。
撮影日時:2015年12月3日18:36~19:12
撮影場所:当センター屋上
撮影方向:北東
 
 写真ほぼ中央に明るい恒星「カペラ」が写っています。「はやぶさ2」はこの近くを通ったのですが、残念ながら望遠鏡でしか見えなかったようです。

16:57 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2015/12/14

福田教育委員視察

Tweet ThisSend to Facebook | by:研修室担当者

福田教育委員視察

 10月11日、森脇教育委員の後任として福田教育委員が着任されました。
 11月5日(木)に総合教育センターの視察として、研修の様子や各階の施設を見て回られました。
 センターに到着された時、ちょうど初任者研修「小学校学級経営」の演習・講義を実施しており、班の活動状況について興味深く視察されていました。
 
初任研「学級経営」演習風景
 
福田委員の視察
 
初任者の協議に聞き入られる福田委員

10:57 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
123

更新案内(最新5件)

H29.10.10
研修係に「平成30年度 神戸市教員採用候補者事前研修会のご案内」を掲示しました。

H29.10.2
きょういくの風」にきょういくの風(10月号)を掲載しました。

H29.8.31
きょういくの風」にきょういくの風(9月号)を掲載しました。

H29.8.4
きょういくの風」にきょういくの風(8月号)を掲載しました。

H29.7.4
きょういくの風」にきょういくの風(7月号)を掲載しました。
 

教育研究所連盟

レインマップこうべ250

気象庁QRコード

気象庁が発表している
神戸市の気象警報・注意報
 

お知らせ

特にありません