繋(つな)がる ・ 続(つづ)ける ・ 追究(ついきゅう)する                                                     

  Copyright(C) by  Kashinodai Elementaryschool , KobeCity All Rights Reserved  「不許複製」 「無断転載を禁ず」
 

ダウンロード


<気象発表時の措置について>
R3 気象警報発表時の対応.pdf
 
● お手元のパソコンでファイルを見ることが出来ない場合は、ファイルを見るためのソフト(ファイルビューアー)が必要です。
● ファイルビューアーは、下記のサイトからダウンロードできます(無料)。 
 
 

訪問者の方々(2021)

72206
Since 2021.4.8

訪問者の方々(累計)

571182
Since 2009.4.1

オンライン状況

オンラインユーザー4人
ログインユーザー0人
登録ユーザー20人

日誌


2021/07/16

いよいよ夏?

| by:校長
早朝からの雨もすっかりあがり、
途中は「夏」を思わす日差しがさしていました。

6の2は音楽「情景を想像しながらリズムを生かして歌おう。」です。
今日の曲は文部科学省唱歌「われは海の子」です。
まずは曲を聴く前に題名からのファーストインプレッション!
「『われは海の子』のあとに一言つづけたら?」
「われは海の子、元気な子」
「われは海の子、◯◯◯◯(自分の名前を入れていました)」
などなど。曲を聴く前ですが、なんとなくつかんでいるかのよう・・・。
そこで実際に聞いてみると昔ながらの言葉(文語体)の歌詞に?の様子でした。
そこで1フレーズずつ解説しイメージを膨らませ情景をつかみます。

次にこの曲のリズムの特徴をみつけました。

作曲者はそのリズムを使い、さらに強弱記号をつけることで
その想いを込めようとしたはず・・・。
次回はその想いをもって歌います。

3の2は図工「ひらいて広がるふしぎなせかい」です。
2枚の画用紙を重ね、そこへ切れ目を入れて開く仕組みを作ります。
切って開けたり、めくったりしながら不思議な世界を想像します。
形や色、表し方を工夫して不思議世界を絵にします。
まずは前時のふりかえり。
こんな世界を考えた。ここからこうなる。制作途中の様子を発表しました。

そして製作開始。友達の話も聞いて、やる気満々です。



みんな一生懸命作っていました。
「これはね。」「ここがね。」「こうしてね。」といろいろお話してくれました。
友達の作品の途中鑑賞です。


カッターで切り抜き、開く仕組みをつくり、さらにはその中に想像の世界を創る。
子供たちにとってはワクワクする教材だったと思います。

給食です。
献立:梅じゃこごはん、ますのからあげ、さわにわん です。
さっぱりした梅じゃこごはん、ふわふわのますのからあげ。
とってもおいしくいただけました。


週末いよいよ梅雨明けと言われています。
来週からは「猛暑」だとか・・・。
1学期も残り3日。気持ちの良いしめくくりをしましょう。
13:25

学校連絡先

〒651-2275
神戸市西区樫野台3丁目3番地1 絵文字:学校地図は コチラ
   
 TEL: 078-992-2500 FAX: 078-992-2501 
   
市営地下鉄 西神中央駅より 
市バス(28系統)  西体育館行き
[樫野台小学校前] 下車すぐ
 

気象警報・注意報 神戸市

PM2.5に関する情報


神戸市の微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報がご覧いただけます。

パソコンから閲覧する場合・・・
http://kobe-taikikanshi.jp/kankyo/index.html

携帯電話・スマートフォンから閲覧する場合・・・
http://kobe-taikikanshi.jp/kankyo/index.html
 

携帯でもご覧いただけます

下記QRコードを携帯で読み取ってください