Vistor

136730
since 2010.4.1

MENU

 

Rain Map 神戸

天気予報

いじめ防止基本方針

神戸市立楠高等学校 いじめ防止基本方針  印刷用はこちら ⇒  いじめ防止基本方針(楠高校)

はじめに

 「いじめは、どの学校でも、どの学級にも、どの生徒にも起こりうる」という基本認識に立ち、本校の生徒が、安全で安心して楽しく心豊かな学校生活を送ることができる、 いじめのない学校をつくるために「神戸市立楠高等学校いじめ防止基本方針」を策定した。
 本校における「いじめ防止のための基本的な姿勢」は、
・神戸市いじめ指導三原則「するを許さず されるを責めず 第三者なし」を常に念頭において、いじめは絶対に許されないことであるという認識を核として指導を行います。
・講演会や研修などの場を設け、生徒・教職員の人権感覚を高めます。
・生徒と生徒、生徒と教員をはじめとする校内における温かな人間関係を築きます。
・いじめを早期に発見し、適切な指導を行い、必ず解消するという姿勢で、いじめ問題の 克服に向けて取り組みます。
・夜間定時制高校の働きながら学ぶという環境を活かし、企業や保護者・関係機関との 連携を深め、他者理解や自己有用感等の育成を図り、いじめ防止・根絶へとつなげていきます。
の5つのポイントに重点を置いて取組を進める。

1 「いじめ」の定義

本校では、「いじめ」を訴えてきた生徒の立場に立ち、この「いじめ」の定義にとらわれることなく、その訴えを真摯に受け止め、生徒を守るという立場で事実関係を確かめ、対応する。

2 本校の教職員の姿勢

・生徒一人一人が、自己有用感を得て、自分の居場所と思えるような学校運営・学級経営に努め、生徒との信頼関係を深める。
・生徒同士の他者理解を進め、思いやりの心や命の大切さを育む学級活動や学校行事の 充実を図る。
・「いじめは決して許さない」という姿勢を教員がもっていることをさまざまな活動を通し て生徒に示す。
「いじめ」とは、本校に在籍している生徒に対して、本校に在籍している等の一定の人間関係にある他の者が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネット等を通じて行われるものを含む)であって、いじめを受けた生徒が心身の苦痛を感じているもの。

また、「ひょうごっ子悩み相談」等の電話相談窓口も開設しておりますのでご利用ください。

 ひょうごっ子悩み相談 0120-0-78310 ※24時間子供SOSダイヤル (通話無料・携帯電話可)
           0120-783-111 ※9:00-21:00のみ利用可 (通話無料・携帯電話可)

 ひょうごっ子「ネットいじめ情報」相談窓口 06-4868-3395 ※通話料有料 月~土14:00-19:00 

 神戸市総合教育センター教育相談指導室 (電話相談) 月~金 14:00-19:00 0120-790-783 (通話無料)
(面接相談) 月~金 10:00-12:00・13:00-17:00 078-360-3150 ※予約制