お知らせ

 
同士的研究時代 ~昭和22年まで
 戦前における神戸市の教育は、自発的な同好の士の結合による研究を主体としていた。中でも大正中期からしょうわ10年頃までが大変盛んであった。戦後、国情が一変し、社会制度全体が改革され、教育も全く新しい体制へと移行していった。その中で「新教育とは何であるか」を主要課題として、教育の基本的な考え方や教育実践の方向を模索していった。
自治研修時代 昭和23年~37年まで
 学校教育法が施行され、研修の方向が全県的拡大から、神戸市教育の教育研究振興へと軌道修正がなされた。
 昭和24年、教育振興の方策が具体化され、国語・ローマ字・社会・算数・音楽・図工・体育・家庭等の教科に関する研究部が組織された。
 ついで、年度後半には、視聴覚・児童心理・図書館教育・社会教育・新教育等の教科外研修部が組織され、その活動が開始された。
 同24年度、研修部は兵教組神戸支部小学校部研修部として、教職員組合と合体してその活動を推進することとなり、昭和31年まで続いた。
 昭和32年、教職員組合と分かれ、神戸市小学校長会の事業の一つとして、神戸市小学校研修部となり、組織再編され、さらに、活発な教員の自主的な研修活動が進められた。昭和38年は、6部であった。
小学校教育研究会 昭和38年より
 研修活動が活発化するにつれて部員数や部費負担等で内部矛盾が起きたことや、国庫補助体系を整えることの必要性から、組織の見直しを行い、昭和38年4月、神戸市小学校教育研究会(神小研)として改組、現在に至っている。
 この年の改組により、神小研各部の研究と校内研修とを結合した研究体制が確立したこと、校長会との組織的関係が明確になったこと、市費補助と国庫補助金を受けるようになったこと等に加えて部の統廃合も行い、その後各分野での研究活動が積極的に推進されるようになった。
 昭和42年度には、神小研会報ならびに研究集録『教育研究』も発行されるようになり、神戸市小学校教育の発展を支える柱として現在に受け継がれている。

  【 昭和38年度改組当時の研究会組織 】
     ◎教科等研究部
        国語・社会・算数・理科・音楽・図工・家庭・体育
        道徳・特別活動
     ◎教科外研究部
        習字・保健・児童心理・放送・視聴覚・特殊教育
        学校図書館・学校行事
部の統廃合・新設
 昭和37年度以前にあった部で、38年の改組で整理統合された部には、習字部(昭和38年教科から教科外へ)、ローマ字部(昭和38年国語部へ)、教育研究部(昭和37年度末廃部)、社会教育部(昭和37年度末廃部)がある。
 また、時代の推移に伴い統合・新設された部や名称を変更した部も多い。同和教育部(昭和43年新設)、給食部(昭和44年新設)、視聴覚部(昭和44年放送・視聴覚部が統合)、学級経営部(児童心理から教育心理部を経て44年名称変更)、書写部(昭和46年習字部が名称変更)、児童活動部(昭和46年特別教育活動部が名称変更)、学級指導部(昭和52年児童活動部から分離新設)、統計教育部(昭和55年新設)、国際理解教育部(昭和62年新設)、生活科研究部(平成元年新設)となり、22部を数えている。さらに、平成15年度からは、学校行事部と学校経営部が統合され学級経営部として活動を開始している。