神戸市立明親小学校 
                                                                                       神戸市兵庫区須佐野通4丁目1-19 TEL:078‐651‐
2855

 

カウンター

275208人目の訪問です  

学校教育目標

こころ豊かな子
進んで・優しく・最後まで
 

アクセス

JR兵庫駅より南へ歩いて8分
 
地図はこちらです
 

アクセス数

27万件 R1.07.10
26万件 R1.05.19
25万件 H31.02.13
24万件 H30.10.15
23万件 H30.07.09
22万件 H30.04.13
21万件 H30.01.25
20万件 H29.11.11
19万件 H29.08.15
18万件 H29.05.04
17万件 H29.01.24
16万件 H28.10.14
15万件 H28.07.07
14万件 H28.04.08
13万件 H28.01.14
12万件 H27.10.06
11万件 H27.06.07
 

神戸市で一番歴史のある小学校

オンライン状況

オンラインユーザー1人

いじめ防止の基本方針

 明親小学校は、教職員・保護者・地域が一体となって、いじめの問題に取り組むよう、『いじめ防止対策推進法』第13条の規定に基づき、いじめの防止等のための対策を、総合的かつ効果的に推進するために、基本的な方針を策定します。
明親小学校いじめ防止の基本方針.pdf

 

神戸市立明親小学校HP


著作権表記
Copyright @ 2009-2019 Meishin Elementary School
本サイトに掲載された文章、画像、情報のすべては神戸市立明親小学校がその著作権を有します。
無断で複写・転載・リンクを張ることを禁じます
 

学校紹介

校名「明親」の由来

明治元年、「神田兵右衛門」(こうだひょうえもん)氏らの要請により、初代県知事「伊藤博文」(いとうひろぶみ)公が命名。

原典は、「大学」(大人の学問、政治にたずさわるものの書)の中の 『上明らかにして下親しむ』より

『大学の道は、
明徳を「明」らかにするに在(あ)り。
民を「親」(あら)たにするに在り。
至善(しぜん)に止(とど)まるに在り
。』
(天から授かった徳:仁義礼智を「明」らかにし、正しき方向に修養する。格物・致知・誠意・正心・修身。
治人の道によって、民を「親」(あら)たなる新生涯に導く。斉家・治国・平天下。
そのおのおのの項目についてその最善を尽くす。)
参考文献:「大学新釈」諸橋轍次



 「神田兵右衛門」氏が学校を建てることを政府に願い出、明治元年6月に「明親館」が開校された。
明治5年、学制が発布されると明親館より関係ある一切を移し、兵庫第六小学校が開校した。
これは、兵庫県・神戸市の公立学校の始まりである。
明治6年8月校名を「明親小学校」と改称した。