日誌

4年生のページ >> 記事詳細

2011/01/27

福祉学習

Tweet ThisSend to Facebook | by:4年生担任

 神戸アイライト協会の方が、「心と町のバリアフリー」の学習のゲストティーチャーとして来てくださいました。
 はじめに、弱視の方の使うさまざまなグッズを見せてもらいました。
 黒い紙に書く白色のボールペン、はんこや文字を正しい場所に書くための道具、文字の拡大装置、文字を読み上げることができる携帯電話や、音声時計などの他に、健常者が使うのと同じアイポッドやアイフォンなども見せてもらいました。自分でビーズ細工もするそうで、びっくりしました。

スクリーンに、はんこや名前を正しく押したり書いたりするための
道具が見えますか?


 次に、点字を表示するためのタイプライターのような機械を見せてもらいました。
パソコンも使っているそうです。今日来られた方は、アイライト協会のホームページも作っているそうです。


この写真は、実はPSPのゲームをしているところです。子どもたちは、「お~~~!!!すげぇ!むっちゃうまいわ~」と叫んでいました。確かに、すごくうまかったです。

 最後に質問コーナーでした。
 たくさん質問が出て、時間一杯までいろいろなことに答えてくださいました。


 2月にもバリアフリーやパラリンピックについてのゲストティーチャーの方が来てくださいます。楽しみですね。

 
13:45 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 総合学習