学校周辺
 校舎鳥瞰図
こうしょう 神戸市立盲学校
〒650-0044  神戸市中央区東川崎町1丁目4-2 
(078)360-1133         FAX (078)360-1136
 

新着情報

 

神戸市立盲学校いじめ防止基本方針(平成3041日改定)

 はじめに

 「いじめは、どの学校でも、どの学級にも、どの幼児・児童・生徒にも起こりうる」という基本認識に立ち、本校の幼児・児童・生徒が、楽しく心豊かな学校生活を送ることができる、いじめのない学校をつくるために「神戸市立盲学校いじめ防止基本方針」を策定する。

本校における「いじめ防止のための基本的な姿勢」は、

○神戸市いじめ指導三原則「するを許さず されるを責めず 第三者なし」を核とした指導を行います。

○幼児・児童・生徒、教職員の人権感覚を高めます。

○幼児・児童・生徒と幼児・児童・生徒、幼児・児童・生徒と教員をはじめとする校内における温かな人間関係を築きます。

○いじめを早期に発見し、適切な指導を行い、いじめ問題を早期に解決します。

○いじめ問題について保護者・地域そして関係機関との連携を深めます。

の5つのポイントに重点を置いて取組を進める。


1 いじめとは・・・

いじめとは、本校に在籍している幼児・児童・生徒に対して、本校に在籍している等の一定の人的関係にある他の幼児・児童・生徒が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む)であって、いじめを受けた児童生徒が心身の苦痛を感じているものをいう。 また、けんかやふざけあいであっても見えないところで被害が発生している場合もあるため、背景にある事情の調査を行い、児童生徒の感じる被害性にも着目して、いじめに該当するか否かを判断する。

  本校では、いじめを訴えてきた幼児・児童・生徒の立場に立ち、このいじめの定義に関わらず、その訴えを真摯に受け止め、幼児・児童・生徒を守るという立場に立って事実関係を確かめ、対応に当たる。その指導においては、単に厳しさだけでなく、状況に応じて校内で情報共有し、柔軟な対応による対処を行う。


2 本校の教職員の姿勢意識と責務

・幼児・児童・生徒一人一人が、自分の居場所を感じられるような学級経営に努め、幼児・児童・生徒との信頼関係を深める。

・幼児・児童・生徒が自己実現を図れるように、分かる授業を日々行うことに努める。

・幼児・児童・生徒の思いやりの心や命の大切さを育む道徳教育や学級指導の充実を図る。いじめが

・「いじめは決して許さない」という姿勢を教員がもっていることをさまざまな活動を通して幼児・児童・生徒に示す。

・幼児・児童・生徒一人一人の変化に気づく、鋭敏な感覚を持つように努める。

・幼児・児童・生徒や保護者からの話を親身になって聞く姿勢を持つ。

・いじめの構造や問題の対処等「いじめ問題」についての理解を深める。特に、自己の人権感覚を磨き、自己の言動を振り返るようにする。

・問題を抱え込まないで、管理職への報告や学年や同僚への協力を求める意識を持つ。


3 校内体制について

(1)神戸市立盲学校いじめ問題対策委員会を設置する。

構成は、校長、教頭、主事・主任、指導部長、養護教員、スクールカウンセラーとする。

(2)いじめ問題対策委員会の役割

・本校におけるいじめ防止等の取組に関することや、相談内容の把握、幼児・児童・生徒、保護者へのいじめ防止の啓発等に関することを行う。

・いじめの相談があった場合には、当該担任等を加え、事実関係の把握、関係幼児・児童・生徒、保護者への対応等について協議して行う。なお、いじめに関する情報については、幼児・児童・生徒の個人情報の取り扱いを十分に注意しながら、本校の教職員が共有するようにする。

・本校のいじめ対策についての取組の検証と改善を行う。


4 いじめを未然に防止するために

 <幼児・児童・生徒に対して>

・幼児・児童・生徒一人一人が認められ、お互いを大切にし合い、学級の一員として自覚できるような学級づくりを行う。また、学級や学校のルールを守るといった規範意識の醸成に努める。

・分かる授業を行い、幼児・児童・生徒に基礎・基本の定着を図るとともに学習に対する達成感・成就感を育てる。

・思いやりの心や幼児・児童・生徒一人一人がかけがいの存在であるといった命の大切さを道徳の授業や学級活動をはじめ、すべての教育活動を通して育てる。また児童生徒が学級活動や児童(生徒)会活動の中で、自主的にいじめの問題について考え、議論する活動を支援する。

・「いじめは決して許されないこと」という認識を、全ての幼児・児童・生徒がもつようさまざまな活動の中で指導する。

・見て見ないふりをすることは、いじめをしていることにつながることや、いじめを見たら、教職員や友だちに知らせたり、やめさせたりすることの大切を指導する。

その際、知らせることは決して悪いことではないことも合わせて指導する。


<学校全体として>

 ・全教育活動を通して、「いじめは絶対に許されない」という土壌をつくる。

・幼児・児童・生徒の様子の変化などを教職員全体で共有する。

・担任を中心に幼児・児童・生徒の状況を複数の教員で観察する。

・スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカーや養護教員を中心に教育相談体制の充実を図り、全教職員で幼児・児童・生徒の心のケアに当たる。

・「いじめ問題」に関する校内研修を行い、いじめについて本校教職員の理解と実践力を深める。特に配慮を要する幼児・児童・生徒が、いじめを受けることなく充実した学校生活を送ることができるよう留意する。

・いつでも、誰にでも相談できる体制の充実を図る。あわせてこうべっ子悩み相談(24時間電話相談)などの周知を図る。


 <保護者・地域に対して>

・幼児・児童・生徒が発する変化のサインに気づいたら、すぐに学校に相談することの大切を伝える。

・「いじめ問題」の解決には、学校と家庭等の連携を深めることが大切であることを保護者会、学校だより等で伝えて、理解と協力を得る。


5 いじめの早期発見について

・担任と幼児・児童・生徒が安心して心を開き相談できる関係づくりに努める。

・教員がチャンスカウンセリングを意識して行い、日常の幼児・児童・生徒の様子を見守る。また定期的にアンケート調査、教育相談その他の必要な措置を講じて状況を把握する。

・幼児・児童・生徒の様子を担任はじめ多くの教員で見守り、気づいたことを共有する場を設ける。

・様子に変化が感じられる幼児・児童・生徒には、積極的に声かけを行い、安心感を持たせる。

・教職員の見守り態勢の充実と情報共有を密にすることにより、個々の幼児・児童・生徒の人間関係や学校生活等の悩み等の把握に努め、共に解決していこうとする姿勢を示して、幼児・児童・生徒との信頼関係を深める。



6 いじめの早期対応について

・いじめに限らず、困った事や悩んでいることがあれば、誰にでも相談できることや相談することの大切さを幼児・児童・生徒に伝えていく。

・いじめられている幼児・児童・生徒や保護者からの訴えには、親身になって聞き、幼児・児童・生徒の悩みや苦しみを受け止め、幼児・児童・生徒を支え、いじめから守る姿勢をもって対応することを伝える。

・いじめに関する相談を受けた教員は、管理職に報告するとともに、いじめ問題対策委員会等、校内で情報を共有する。

・学校として組織的な体制のもとに、事実関係の把握を行う。

・事実関係を正確に当該の保護者に伝え、学校・家庭の協力のもとに解決していく。

・再発を防止するため、いじめを受けた幼児・児童・生徒、保護者への支援と、いじめを行った幼児・児童・生徒への指導と保護者への支援を継続的に行う。

・状況によっては、教育委員会事務局、所轄警察署、少年サポートセンターと連携して対処する。


7 インターネットやソーシャルメディア利用によるいじめへの対応

・パソコンや携帯電話、スマートフォン等を利用する児童・生徒がいる場合には、個別にインターネットやソーシャルメディアの特殊性による危険性について、児童・生徒や保護者に啓発する。


8 保護者・地域との連携

・地域の幼稚園、保育所、小中学校等との交流及び共同学習の推進にあたっては、交流先の学校園等との連携を密にし、交流の意義や配慮すべき事項について事前に十分な配慮がいきわたるよう協力体制を整える。

・近隣の幼稚園、小中高等学校や幼児児童生徒の居住する地域の幼稚園、小中学校との連携を深め、それぞれが推進するいじめ防止に係る取組について、必要な協力体制を整える。

・PTAの会合等で、学校でのいじめの現状や取組を発信するとともに、家庭や地域での協力・見守りを依頼する。

9 関係機関との連携

・学校の指導だけでは十分な効果を上げることが困難な場合などには、関係機関(警察、少年サポートセンター、児童相談所、医療機関、法務局等の人権擁護機関)と積極的に適切な連携を行う。


10
 いじめ事案への対処について

・人権に配慮しながら事実関係を的確に確認し、指導の記録をとる。

・保護者に対して、事実について説明するとともに、今後二度と起こらないような体制について説明し理解を得る努力をする。

・いじめられた、またそれを知らせてきた幼児・児童・生徒を守るために、全教職員で詳細を確認し、情報を共有し、解決に向け組織的に支援を行う。

・いじめた幼児・児童・生徒へは、いじめは許さないという毅然とした指導を行い相手の思いや自己の行為を考えさせ、二度といじめを起こさない環境を構築する。

・教育委員会事務局に事実関係を報告する。


11 
重大事態への対処

・重大事態が発生した際は、教育委員会事務局に迅速に報告する。

・教育委員会事務局の指示のもと、第三者からなる組織を設け調査する。

・重大事態が発生したことを真摯に受け止め、事実関係を把握し調査委員会に速やかに提出する。

・いじめを受けた幼児・児童・生徒及び保護者に対しては、学校として説明責任があることを自覚し、真摯に情報を提供する。


12
 その他

・この基本方針は本校の状況に応じて、いじめ問題対策委員会において点検・見直しをすすめ、適切に改訂を行う。