神戸市立盲学校 連絡先 所在地
電話 078-360-1133 FAX 078-360-1136 650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目4−2
 神戸市立盲学校

 

メニュー

本校へのアクセス入学のご案内学校案内研修案内見えにくさでお困りの方へ各学部臨床室(付属治療室)教育相談(ひとみ教室)神戸市立盲学校いじめ防止基本方針保健室より警報発令時についてキャリアプランニング同窓会のページみんなの学習クラブ過去のハーバーランドアカデミー令和2年度年間行事

新着情報

 
からだクラブとは

通級の指導日だけでは補いきれない基礎的な運動の補充を行っています。具体的には、球技、マット、平均台など弱視の児童生徒が困難な体育の学習内容を取り上げています。また、集団でスポーツを楽しむことも大切にしています。体育の先生を中心に、各学期1回、年間2回、時期に合わせたプログラムを組んで行っています。
 

からだクラブ今年度の予定

日時案内
2020/07/10

令和2年度 からだクラブについて

| by:ひとみ教室

令和2年度のからだクラブの日程は、第1回9月28日(月)、第2回2月10日(水)です。


16:51 | 連絡事項
2019/05/15

令和元年度は

| by:ひとみ教室
令和元年度は、第1回 11月12 日(火)、第2回2月12日(水)でした。
16:00 | 連絡事項
ひとみっ子からだクラブ
2019/12/12

第1回からだクラブ11月12日

| by:ひとみ教室

ひとみ教室(弱視通級指導教室)に通う幼児、児童、生徒が集まり、第1回からだクラブを11/12に実施しました。 
からだクラブは、在籍校での体育の時間に、思う存分動き回ることができない「ひとみっ子」たちが、思い切りスポーツを楽しむことを目的に行われています。 
 今年度、第1回からだクラブは、ボール運動を行いました。
ボールを使った準備運動、パスの練習、チームを作ってゲームを行うなど、様々なボール運動に取り組みました。
遠近感の取りづらさや、視力の面でボールを目で追うことが難しく、普段からボールを使った運動体験が少ない子どもたちが楽しく活動できるようにと、体育科の先生を中心に準備、企画していただきました。年齢別に2グループに分けて、小学生グループは「中あて」、中学生グループは「バスケットボール」を行いました。
学校では、思い切り体を動かすということができていない子どもたちが、先生方のサポートの中、楽しみながら体を動かすことができ、体育館の使用時間ぎりぎりまでゲームや練習を行いました。

中あてバスケットボール
10:46 | 連絡事項
2017/11/14

ひとみっこからだクラブ11月13日(火) 体操のお手本

| by:ひとみ教室
br />

11月13日、ひとみ教室(弱視通級指導教室)に通う幼児、児童、生徒が集まり、第一回からだクラブが行われました。 

からだクラブは、在籍校での体育の時間に、思う存分動き回ることができない「ひとみっ子」たちが、思い切りスポーツを楽しむことを目的に行われています。 

今回の種目は「サーキット運動」です。5人のひとみっ子たちが参加し、マット運動、跳び箱、高跳びの3種類をおこないました。跳び箱が初めて跳べるようになったり、より高い高さの高跳びが飛べるようになったりと、ひとりひとり思う存分、体を動かすことができた時間になりました。


指導者によるデモストレーション演技
からだを動かすモチベーションを上げていきます。





10:50
2017/10/26

第3回からだクラブ1月26日(木)16:00~17:00

| by:ひとみ教室

サッカー

サーキット運動・サッカーゲームを行いました。
「サーキット運動」では、平均台、ミニトランポリン、マット(腕だけで前進)、縄跳び、跳び箱ジャンプ、ドリブルのコースを各担当の先生と一緒に、何周も汗だくで回りました。
「ゲーム」では、サッカーをして大いに楽しみました。
白熱した試合になりました。
10:50
2016/11/08

第2回からだクラブ11月8日(火)16:00~17:00

| by:主担

サーキット運動・ボールゲームを行いました。
「サーキット運動」では、平均台、ミニトランポリン、マット(腕だけで前進)、縄跳び、跳び箱ジャンプ、ドリブルのコースを各担当の先生と一緒に、何周も汗だくで回りました。
「ゲーム」では、ポートボールをしてボールあそびを大いに楽しみました。
ボール
18:09 | 報告事項
2016/06/20

第1回ひとみっ子からだクラブ 6月9日(木)16:00~17:00

| by:主担

サーキット運動・ゲームを行いました。
「サーキット運動」では、平均台、ミニトランポリン、マット(前転・後転)、縄跳び、跳び箱ジャンプ、ドリブルのコースを各担当の先生と一緒に、何周も汗だくで回りました。
「ゲーム」では、三角形の少し狭いコートに1~2人が中に入る「三角ドッジ」をしました。在籍校では怖くて楽しむことができないドッジボールですが、それぞれの力に合わせたコートで、ボールから素早く逃げる。キャッチする。外野から当てる。などドッジボールのスリルや楽しさを味わいました。

縄跳びトランポリン
跳び箱マット運動
13:02 | 報告事項