オンラインユーザー6人
ログインユーザー0人
登録ユーザー31人

神戸市立本山南中学校

 
創立30周年に伴い、平成28年3月1日、グランドの「オアシス運動」横断幕を新調しました。

 

来場者(H24.1.7より)

879952

2次元コード


携帯電話からもご覧になれます。

 

卒業式式辞

  

人の心の浮き沈みをなだめるように、植物の息吹は今年も旅立ちの春が訪れたことを静かに知らせてくれています。本校の桜も、卒業生ひとり一人に祝福の花吹雪を贈る準備を進めています。

卒業生の門出を心からお祝いするために、生徒のみなさんと、保護者の皆様と教職員で卒業証書授与式を挙行します。中学校生活の思い出の数々を瞼の裏に映し出し、卒業生の未来に全力でエールをおくる式典にしたいと思います。

34回生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。

卒業にあたり、中学校生活の3年間を振り返り、自分自身の成長を感じることと、それを支えてくれた人々への感謝の思いを持つことは、子どもから大人へと変化していく中学生にはとても大切なことです。

異例であったこの1年だけに注目するのではなく、1.2年生の出来事も振り返って、その当時に出会った人、影響を受けたこと、感じたことや考えたことを思い出してください。そして、自分がそれによってどのように成長できたかを振り返ることができれば、うまくいったこともうまくいかなかったことも、すべてが大切な時間であったことに気づくはずです。

人間は便利になることを追求し、文明を発展させてきました。新しいものの開発には何よりもスピードが求められ、次から次へと前に進むことを余儀なくされています。ただ、この1年に限っては、待つこと、耐えること、静かに考えることが要求されました。そのことに窮屈さを感じること自体が、前に進むことに慣れてしまった証なのだと思います。しかし本来は、待つこと、耐えること、静かに考えることは、人として大きく成長するために、とても重要な時間であると私は思います。卒業生の皆さんも少しだけ立ち止まって、今の時間を大切に過ごしてください。これからの長い人生にとって、貴重な時間であったと思う日が来るはずです。

保護者の皆様、お子様のご卒業おめでとうございます。誕生から15年、時には寄り添い、時には突き放しながら、変わることのない愛情をもって接してこられたことと思います。わが子のわがままにも、ご自分の中学生の頃を思い出し、その気持ちを理解しようと苦心されたのではないでしょうか。これまでのご苦労に心より敬意を表しますとともに、あらためてお祝いを申し上げます。

この1年は学校の教育活動をご覧いただく機会も少なく、心配されたことも多かったことと思いますが、できる限りの教育活動の中で、卒業生は確実に成長してきました。私たち教職員にとっては、生徒たちにもっと自由に、もっと活発に活動させてあげたかったという心残りがあるのは否めませんが、34回生とのつながりがこれで切れたわけではありません。卒業後も子育てに悩む時には、学校を訪ねてご相談いただければありがたく思います。

さて、卒業生の皆さん、いよいよ旅立ちです。あなたたちの学年には「人を大切にできる34回生」というテーマがあります。学校生活でつながった仲間を大切にする日々の生活や、見知らぬ多くの人の命を守る感染拡大防止の取り組みによって、あなたたちの心がそのテーマに近づいてくれたのであれば、これほどうれしいことはありません。まずは自分自身を大切にし、それと同じように人を大切に考えることができる。いつまでも優しさという熱い血の流れる人であってください。

ああ 若き日に燃ゆるもの ああ、若き血にたぎるもの 青春のいのち いのち輝く本山南 34回生のいのち輝く人生を祈り、式辞といたします。

令和3年3月17日 神戸市立本山南中学校長 近谷 雅彦


 
 

日誌

校長メッセージ
12345
2021/03/25

3学期終業式の話

Tweet ThisSend to Facebook | by:校長

今年度を振り返るとともに、来年度に向けて生徒の皆さんにお願いしたいことを話したいと思います。

今年度は1学期の初めから、普通に学校に登校できないというスタートになり、戸惑ったこともたくさんあったのではないかと思います。学校は少しずつ普通の生活に近づいてきましたが、まだ新型コロナ感染防止対策は今も続いています。そんな、これまでと異なる学校生活ではありましたが、落ち着いて授業を進めることができたことや、できる範囲で立派な学校行事を実施できたことは、何よりも生徒の皆さんが、学校生活を大切に考えて、一生懸命取り組んでくれたからだと思っています。本当によく頑張ってくれました。ありがとうございました。

新型コロナについては、いくつかのクラスでPCR検査を実施するようなこともありましたが、ここ最近はそのようなことも全くありませんので、ある程度毎日の学校での感染防止の取り組みも、効果が出ているのではないかと思っています。家庭でもいろいろなことに注意して生活してくれていると思いますが、まだしばらくは同じような取り組みを続けてくれることをお願いしておきます。

春休みが終わると、新たな学年が始まります。これからの皆さんの成長を願って、ひとつアドバイスをしておきます。人というのはいろいろなことを経験することで、成長していきます。経験には、うまくいくこともうまくいかないこともすべてが含まれます。誰でも進んでうまくいかない経験をしたいと思わないかもしれませんが、結果的にうまくいかなかったとしても、それはきちんと振り返ることで必ず自分の成長につなげることができるのです。

ですから、何か物事に取り組む時や、心配なことに遭遇したときに、うまくいかないかもしれないからと、理由を探して逃げようとするのではなく、できるかもしれない、どうやったらうまくいくだろうかと、方法を考えて挑戦する気持ちを持ってほしいのです。

中学生のころにいろいろなことを経験することで、卒業後の次のステージでさらに成長していく。その後のステージでもたくさんの経験をしてその次のステージに生かす。人というのはそうやって一生、経験したことを生かして成長を続けていきます。それには終わりはないのです。だから、皆さんの年齢で、うまくいかないかもしれないからと、新しいことから逃げるくせをつけてしまうと、豊かな人生を送ることができなくなってしまいます。

4月になると新しいクラスも決まります。新しく取り組まなければならないことも出てくるでしょう。不安はあっても、うまくいかないかもしれないことばかりを考えて、自分の置かれた立場を嘆く人にはならないでください。よし、やるぞという気持ちで、どうやったらうまくいくかなと、その方法を考えることを楽しむくらいの前向きな考え方を持ってほしいと思います。

春休みも体調を崩したり、事件や事故に会わないように気をつけて、令和3年度のいいスタートが切れるように過ごしましょう。

これで、終業式の話しを終わります。


14:00 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
12345

訪問者数

訪問者数931497

教育努力目標

「夢を育てよう」
「心を育てよう」
「絆を育てよう」
◎オアシス運動を全員で推進しよう
◎学校行事に対して力を合わせて取り組もう
◎地域行事に積極的に参加しよう
 

オアシス運動

オアシス運動
 おはようございます
 ありがとう
 しつれいします
 すみません
 

本サイトについて

・ 本サイトに掲載された文章、画像、ならびにその他のデータはすべて神戸市立本山南中学校の保有する著作物となっております。
・ 無断に転載されるなどの行為はお避け下さい。
 

学校所在地

〒658-0081
神戸市東灘区田中町
    4丁目12番1号
   電話 078(412)2033
   FAX  078(412)2034
 

本校へのアクセス

JR神戸線    「住吉駅」
        東へ徒歩約15分
JR神戸線「摂津本山駅」
        西へ徒歩約10分