オンラインユーザー5人
ログインユーザー0人
登録ユーザー31人

神戸市立本山南中学校

 
創立30周年に伴い、平成28年3月1日、グランドの「オアシス運動」横断幕を新調しました。

 

来場者(H24.1.7より)

879941

2次元コード


携帯電話からもご覧になれます。

 

卒業式式辞

  

人の心の浮き沈みをなだめるように、植物の息吹は今年も旅立ちの春が訪れたことを静かに知らせてくれています。本校の桜も、卒業生ひとり一人に祝福の花吹雪を贈る準備を進めています。

卒業生の門出を心からお祝いするために、生徒のみなさんと、保護者の皆様と教職員で卒業証書授与式を挙行します。中学校生活の思い出の数々を瞼の裏に映し出し、卒業生の未来に全力でエールをおくる式典にしたいと思います。

34回生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。

卒業にあたり、中学校生活の3年間を振り返り、自分自身の成長を感じることと、それを支えてくれた人々への感謝の思いを持つことは、子どもから大人へと変化していく中学生にはとても大切なことです。

異例であったこの1年だけに注目するのではなく、1.2年生の出来事も振り返って、その当時に出会った人、影響を受けたこと、感じたことや考えたことを思い出してください。そして、自分がそれによってどのように成長できたかを振り返ることができれば、うまくいったこともうまくいかなかったことも、すべてが大切な時間であったことに気づくはずです。

人間は便利になることを追求し、文明を発展させてきました。新しいものの開発には何よりもスピードが求められ、次から次へと前に進むことを余儀なくされています。ただ、この1年に限っては、待つこと、耐えること、静かに考えることが要求されました。そのことに窮屈さを感じること自体が、前に進むことに慣れてしまった証なのだと思います。しかし本来は、待つこと、耐えること、静かに考えることは、人として大きく成長するために、とても重要な時間であると私は思います。卒業生の皆さんも少しだけ立ち止まって、今の時間を大切に過ごしてください。これからの長い人生にとって、貴重な時間であったと思う日が来るはずです。

保護者の皆様、お子様のご卒業おめでとうございます。誕生から15年、時には寄り添い、時には突き放しながら、変わることのない愛情をもって接してこられたことと思います。わが子のわがままにも、ご自分の中学生の頃を思い出し、その気持ちを理解しようと苦心されたのではないでしょうか。これまでのご苦労に心より敬意を表しますとともに、あらためてお祝いを申し上げます。

この1年は学校の教育活動をご覧いただく機会も少なく、心配されたことも多かったことと思いますが、できる限りの教育活動の中で、卒業生は確実に成長してきました。私たち教職員にとっては、生徒たちにもっと自由に、もっと活発に活動させてあげたかったという心残りがあるのは否めませんが、34回生とのつながりがこれで切れたわけではありません。卒業後も子育てに悩む時には、学校を訪ねてご相談いただければありがたく思います。

さて、卒業生の皆さん、いよいよ旅立ちです。あなたたちの学年には「人を大切にできる34回生」というテーマがあります。学校生活でつながった仲間を大切にする日々の生活や、見知らぬ多くの人の命を守る感染拡大防止の取り組みによって、あなたたちの心がそのテーマに近づいてくれたのであれば、これほどうれしいことはありません。まずは自分自身を大切にし、それと同じように人を大切に考えることができる。いつまでも優しさという熱い血の流れる人であってください。

ああ 若き日に燃ゆるもの ああ、若き血にたぎるもの 青春のいのち いのち輝く本山南 34回生のいのち輝く人生を祈り、式辞といたします。

令和3年3月17日 神戸市立本山南中学校長 近谷 雅彦


 
 

日誌

校長メッセージ >> 記事詳細

2020/12/04

校長メッセージ㉔

Tweet ThisSend to Facebook | by:校長

生徒の皆さんへ

久しぶりのメッセージになります。新型コロナウイルス感染拡大はなかなか収まりません。感染者数とともに、重症者数も増えてきて医療崩壊が心配されます。皆さんのような年齢の若者は重症化することがほぼなく、感染しても軽症で済むことが分かってきていますが、そういう意味で対策が甘くなっていないでしょうか。皆さんの周りには高齢の方もたくさんいます。基礎疾患のある方もいます。そういった方にとっては、感染することが命にかかわることであり、その恐怖心は皆さんには計り知れないことだと思います。熱中症の心配もない季節になりましたので、登下校中にはきちんとマスクはつけましょう。周りを気にせず大声でしゃべることにも気を付けてください。様々な人々が生活している社会であるということを忘れず、マナーを守れる人になってほしいと思います。

マナーという点で、もう一つ伝えたいことがあります。本校では生徒が一斉に下校するときに、教師が「下校指導」ということで田中の交差点まで皆さんと一緒に行き、交差点での交通指導をしています。その理由のひとつは、大勢が一気に横断歩道を渡るために、交差点に人があふれ、それが原因で皆さんや他の歩行者の方が交通事故に会うことがないようにするためです。ただ、理由はそれだけでなく、交差点に進入する車両が横断する皆さんを待って右折や左折をするために渋滞がおき、車両同士の事故が起きることを防ぐ目的もあります。したがって、下校指導の時には教師が、信号が点滅している時や、横断先の歩道に人があふれている時には横断をやめるように促しているはずです。

大切なことは、皆さんが自分自身で交差点での横断マナーを守って、歩行者や車両がかかわる交通事故を起こさないよう気を配れる人になることなのです。教師が下校指導をしているからそれに従うという理由でなく、何を目的とした指導なのかを理解して、教師がいない時でもマナーを守る自主性を身につけてください。残念ながら、先日は部活動後に大勢の生徒が一斉に下校したときに、交差点でのマナーが悪いという連絡がありました。信号が点滅していても急ぐこともなく渡っていたようです。一人前の社会人になるために、先生の指導があるなしにかかわらず、正しい行動ができる人になることを目指しましょう。

 

保護者の皆様へ

師走に入り年末のあわただしさを感じるころになってきました。新型コロナウイルスの感染も、大阪府に近い阪神間では確実に広がっています。気を緩めることなくご家庭での対策もよろしくお願いします。

運動部の新人大会が感染防止対策を取りながら実施されました。応援に行っていただいた時にも、試合の間の会場消毒や、入り口での検温や入場確認などの対策が取られていたと思います。運動部で今後心配されることとして、練習試合への保護者の応援があります。本当であれば公式戦と同様の対策をとって実施できればいいのでしょうが、数名の顧問ではそこまでの対策はできません。会場になる学校にとっても、たくさんの保護者が応援に来られることで、心配しなければならないことが増えてしまうという悩みがあります。

そこで、練習試合の応援については、できるだけ控えていただき、三密の防止に協力していただきますようお願いします。今後も感染防止対策を取りながら部活動も実施していきますが、ご心配なことがありましたら学校に相談いただければと思います。


11:36 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)

訪問者数

訪問者数931486

教育努力目標

「夢を育てよう」
「心を育てよう」
「絆を育てよう」
◎オアシス運動を全員で推進しよう
◎学校行事に対して力を合わせて取り組もう
◎地域行事に積極的に参加しよう
 

オアシス運動

オアシス運動
 おはようございます
 ありがとう
 しつれいします
 すみません
 

本サイトについて

・ 本サイトに掲載された文章、画像、ならびにその他のデータはすべて神戸市立本山南中学校の保有する著作物となっております。
・ 無断に転載されるなどの行為はお避け下さい。
 

学校所在地

〒658-0081
神戸市東灘区田中町
    4丁目12番1号
   電話 078(412)2033
   FAX  078(412)2034
 

本校へのアクセス

JR神戸線    「住吉駅」
        東へ徒歩約15分
JR神戸線「摂津本山駅」
        西へ徒歩約10分