オンラインユーザー2人
ログインユーザー0人
登録ユーザー31人

神戸市立本山南中学校

 
創立30周年に伴い、平成28年3月1日、グランドの「オアシス運動」横断幕を新調しました。

 

来場者(H24.1.7より)

879969

2次元コード


携帯電話からもご覧になれます。

 

卒業式式辞

  

人の心の浮き沈みをなだめるように、植物の息吹は今年も旅立ちの春が訪れたことを静かに知らせてくれています。本校の桜も、卒業生ひとり一人に祝福の花吹雪を贈る準備を進めています。

卒業生の門出を心からお祝いするために、生徒のみなさんと、保護者の皆様と教職員で卒業証書授与式を挙行します。中学校生活の思い出の数々を瞼の裏に映し出し、卒業生の未来に全力でエールをおくる式典にしたいと思います。

34回生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。

卒業にあたり、中学校生活の3年間を振り返り、自分自身の成長を感じることと、それを支えてくれた人々への感謝の思いを持つことは、子どもから大人へと変化していく中学生にはとても大切なことです。

異例であったこの1年だけに注目するのではなく、1.2年生の出来事も振り返って、その当時に出会った人、影響を受けたこと、感じたことや考えたことを思い出してください。そして、自分がそれによってどのように成長できたかを振り返ることができれば、うまくいったこともうまくいかなかったことも、すべてが大切な時間であったことに気づくはずです。

人間は便利になることを追求し、文明を発展させてきました。新しいものの開発には何よりもスピードが求められ、次から次へと前に進むことを余儀なくされています。ただ、この1年に限っては、待つこと、耐えること、静かに考えることが要求されました。そのことに窮屈さを感じること自体が、前に進むことに慣れてしまった証なのだと思います。しかし本来は、待つこと、耐えること、静かに考えることは、人として大きく成長するために、とても重要な時間であると私は思います。卒業生の皆さんも少しだけ立ち止まって、今の時間を大切に過ごしてください。これからの長い人生にとって、貴重な時間であったと思う日が来るはずです。

保護者の皆様、お子様のご卒業おめでとうございます。誕生から15年、時には寄り添い、時には突き放しながら、変わることのない愛情をもって接してこられたことと思います。わが子のわがままにも、ご自分の中学生の頃を思い出し、その気持ちを理解しようと苦心されたのではないでしょうか。これまでのご苦労に心より敬意を表しますとともに、あらためてお祝いを申し上げます。

この1年は学校の教育活動をご覧いただく機会も少なく、心配されたことも多かったことと思いますが、できる限りの教育活動の中で、卒業生は確実に成長してきました。私たち教職員にとっては、生徒たちにもっと自由に、もっと活発に活動させてあげたかったという心残りがあるのは否めませんが、34回生とのつながりがこれで切れたわけではありません。卒業後も子育てに悩む時には、学校を訪ねてご相談いただければありがたく思います。

さて、卒業生の皆さん、いよいよ旅立ちです。あなたたちの学年には「人を大切にできる34回生」というテーマがあります。学校生活でつながった仲間を大切にする日々の生活や、見知らぬ多くの人の命を守る感染拡大防止の取り組みによって、あなたたちの心がそのテーマに近づいてくれたのであれば、これほどうれしいことはありません。まずは自分自身を大切にし、それと同じように人を大切に考えることができる。いつまでも優しさという熱い血の流れる人であってください。

ああ 若き日に燃ゆるもの ああ、若き血にたぎるもの 青春のいのち いのち輝く本山南 34回生のいのち輝く人生を祈り、式辞といたします。

令和3年3月17日 神戸市立本山南中学校長 近谷 雅彦


 
 

日誌

校長メッセージ >> 記事詳細

2021/02/12

校長メッセージ㉖

Tweet ThisSend to Facebook | by:校長

生徒の皆さんへ

1.2年生の皆さんも中学卒業後の進路については、徐々に考えていかなければなりませんので、34回生の高校受験について少し情報提供しておきます。34回生の私立高校受験が先日の2月10日に行われました。新型コロナウイルス感染症の感染の心配もありますので、ほとんどの高等学校が追試の日程を設定してくれていましたが、34回生は追試に回ることなく受験に行くことができました。入試前日に受験生にも話しましたが、感染者が出てもおかしくない状況の中で、感染予防にひとり一人がしっかり取り組んだこと、自分だけのことを考えるのではなく、周りの仲間にも配慮したことなどがあって、全員が無事に受験できたのだと思います。さらに、家族の協力があったことや、1.2年生の生徒たちも少なからず協力してくれたことがあると思いますので、34回生は支えてくれた多くの方々に感謝の気持ちを持ってほしいと思います。

ただ、進路を決めるテストはこれで終わりではありません。これからもそれぞれが大切な日を控えていますので、合格によって進路が確定したという人も、気を緩めることなく感染予防対策や学校生活に臨んでほしいと願っています。仲間へのほんとうの思いやりの気持ちを発揮するのは、これからが本番です。進路は団体戦と言われます。自分の出番が終わっても、仲間のために全力で応援できるかどうかで、チームの真価が問われるのです。最後までいいチームであってほしい。後輩の手本となってほしいと強く願っています。

保護者の皆様へ

緊急事態宣言が出ていますが、学校の教育活動に大きな変化はありません。これまでと同様に感染防止対策を取りながら、できることとできないことを判断しながら進めていっています。ただ、部活動については、教育委員会からの通知に従って、休日の活動は基本的に停止しています。一部の部活動で、公式戦が予定されているところは、公式戦の実施と、日を限定して練習の実施が認められています。各部によって対応が異なりますので、顧問からの連絡に従っていただければと思います。

1.2年生の校外学習なども、できるだけ神戸市内で計画するように指示が出ていますので、遠方に出かけていくようなことはせず、できる範囲で計画してもらっています。

3年生の卒業式は、以前にもお知らせしているように、授業時数確保の方針から例年より一週間後ろ倒しをして、3月17日に実施する予定です。現時点での実施についての基本方針が、教育委員会より通知さましたので、それに則って計画をしています。保護者の参加はどうなるのかというところが、最も気になっておられるところであるかとは思いますが、できるだけ参列していただけるようにとの考えで検討を重ねています。ただ、体育館で実施する場合は、参列していただけるのは最大でも保護者1名になると思いますので、そのつもりでご準備いただければと考えています。
 できるだけ早くに実施方法を連絡させていただきたいのですが、感染拡大の状況により、方針が変更されることも考えておかなければなりませんので、もう少し状況を見て計画を示させていただこうと思います。もうしばらくお待ちください。


 


17:45 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)

訪問者数

訪問者数931514

教育努力目標

「夢を育てよう」
「心を育てよう」
「絆を育てよう」
◎オアシス運動を全員で推進しよう
◎学校行事に対して力を合わせて取り組もう
◎地域行事に積極的に参加しよう
 

オアシス運動

オアシス運動
 おはようございます
 ありがとう
 しつれいします
 すみません
 

本サイトについて

・ 本サイトに掲載された文章、画像、ならびにその他のデータはすべて神戸市立本山南中学校の保有する著作物となっております。
・ 無断に転載されるなどの行為はお避け下さい。
 

学校所在地

〒658-0081
神戸市東灘区田中町
    4丁目12番1号
   電話 078(412)2033
   FAX  078(412)2034
 

本校へのアクセス

JR神戸線    「住吉駅」
        東へ徒歩約15分
JR神戸線「摂津本山駅」
        西へ徒歩約10分