お知らせ

学習支援ツール
  「みんなの学習クラブ」
パソコンやタブレット、スマートフォンよりインターネットにアクセスし、学習プリントやアニメーションの開設を利用することができる学習支援ツール「みんなの学習クラブ、タブレット」の個別配信が始まりました。

学年、教科、教科書、単元を選んで自分のやりたい問題にチャレンジできます。
「マルチメ解説」を使うと、動画でくわしく説明してくれます。

下記のボタンをクリックして、ログイン画面よりログインして、ご活用ください。



☆臨時休業期間における学習支援コンテンツポータルサイト☆
 「子供の学び応援サイト」
https://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/gakusyushien/index_00001.htm
 

新着情報

 RSS
宮川小学校ニュース
12345
2020/03/27new

4月からの予定

Tweet ThisSend to Facebook | by:校長

24日には、無事に第62回卒業式を終えることができました。刻々と状況が変わる中で、例年とは違う卒業式でしたが、子供たち一人一人が卒業証書を受け取り、宮川小学校を巣立っていきました。6年生の保護者の皆様のご理解・ご協力に感謝いたします。ありがとうございました。

さて、4月からの予定ですが、今のところ下記の通り予定しております。

○1日(水)新6年生登校日 中止

  7日(火)離任式 930分~

  8日(水)着任式、始業式 830分~

この後の連絡もミマモルメとホームページでお知らせしますが、もし、お知り合いの方でミマモルメのメールが届かない方がいられましたら、4月以降のお知らせをお伝えいただけたらありがたいです。よろしくお願いします。

まだまだ、新型コロナウイルスの影響は収まりませんが、健康に留意していただき、充実した春休みにしていただければと思います。

今年度の温かいご支援・ご協力ありがとうございました。


12:07
2020/03/24new

第62回 卒業式

Tweet ThisSend to Facebook | by:1年担任
 3月24日、49名の卒業生が、宮川小学校を巣立っていきました。少ない練習時間の中で一生懸命練習し、堂々とした姿で卒業証書を受け取り、呼びかけをする姿は本当に立派でした。







卒業おめでとう
16:27
2020/03/24new

無事に卒業式を終えることができました

Tweet ThisSend to Facebook | by:校長
 本日、第62回「卒業式」が無事に終了しました。これまで感染予防の対応や市教委の指示のある中、できる限りの卒業式で送り出したいと言うPTAの木村会長含め全職員の思いで、何度も検討を重ねてきました。卒業生や保護者のみなさまにとっては十分な手立てもできない卒業式でしたが、みんなの気持ちのこもった卒業式ができました。地域の来賓のみなさまも多くの方が門送りにご参加いただき、卒業生がお世話になったみなさんに祝福されて宮川小学校を巣立って行きました。
 本日の卒業式は時間の制限があったため、式中の私の「はなむけの言葉」も木村会長の「祝詞」も短く短縮した内容でした。卒業生や保護者、来賓のみなさまには式後に全文を印刷したものをお渡ししましたが、改めて全文をお知らせいたします。
   

         はなむけの言葉

まずは、卒業生、そして保護者のみなさまにお詫びを申し上げます。

 お子さまの人生の大切な節目である卒業式が例年とは違い、このような形でしか実施できなかったことは、本校全職員、痛恨の極みであります。

「本当に申し訳ございません。」

しかし、限られた条件の中、「最善の卒業式で6年生を卒業させたい。」この数週間、PTAの木村会長を含め全職員が同じ思いで、何度も式の内容を検討してきました。もちろん、みなさまの期待に十分応えられる内容でではありませんが、職員全員の思いを込めた卒業式であることをご理解いただきたいと思います。

さて、今日ここに小学校教育の全課程を修了し、晴れて卒業の日を迎えられたみなさん「ご卒業おめでとうございます。」ただいま49名のみなさんに、その証として卒業証書をお渡しすることができ、本当に嬉しく思います。改めて、卒業生のみなさんのこれまでの努力を讃えるとともに、心からお祝い申し上げたいと思います。

保護者のみなさま、お子様のご卒業、誠におめでとうございます。心も身体も共にたくましく成長されたお子様の姿に、みなさまの胸にも熱い思いがあふれておられることと存じます。そして、この6年間、本校の教育活動に、ご理解とご支援を賜りました事、改めて感謝を申し上げます。

さて、本日で小学校での学習も最後になりました。6年間の、いろいろな思い出が目に浮かんでくることと思います。入学式ではかわいい1年生の手を引き、運動会の組体操では痛さに耐え、音楽会で素晴らしいメロディーと共に、感動を与えた姿、毎朝のあいさつ当番では行き交う地域の方々にも元気なあいさつを伝えた姿、いつも皆さんの姿は宮川小学校の最高学年としてふさわしい立派な姿であったと思います。みなさんは今日から未来に向かって更に羽ばたいて行きます。最後に、そんなみなさんの門出にふさわしい未来の話をしたいと思います。

みなさん、10年後の自分を想像してみてください。みなさんは22歳。もう結婚している人が居るかもしれませんね。そして、おそらく全員が、何かしらの仕事をしている。もしくはしようとしていることでしょう。

その22歳までの10年間に、世の中はどのように変わっていくのでしょうか。また、そんな変化を見据えて、みなさんはこれからどのような力・感性を磨いていくことが必要なのでしょうか。

私は先日、自分の部屋にGoogle homeを設置しました。この機械は「OKGoogle。」と話しかければ、月までの距離も、USJの閉館時間も、近所のどこに花屋さんがあるのかも、平行四辺形の面積の求め方も、桶狭間の戦いがいつだったのかも、自分に代わって調べ、即座に教えてくれます。

この、グーグル社のラリー・ペイジ社長は「人工知能の急激な発達によって、今現在日常的に行われている仕事のほとんどをAIが行うようになり、近い将来、10人中9人は今とは違う仕事をしているだろう。」と言っています。もしかするとみなさんのお家でもお掃除ロボットがもう活躍しているのかもしれません。また、自動車もすでにロボットと言ってもよく、自動運転が進み初心者が苦手な縦列駐車をいとも簡単に、そして、スムーズに行ってくれますし、高速道路での車線変更も自動運転でできるのです。

しかし、このグーグルのコマーシャルにはこんなシーンがありました。あまり有力校ではなさそうな野球部の高校生が部活の練習時にスマホに向かって「ここから甲子園まで?」と聞きます。もちろん彼は距離を聞いているのではなく、どうしたら自分たちが甲子園に出場できるようになるか。どんな練習をしたら強豪チームにも勝てるほど強くなるのかを聞いているのです。しかし、この質問に今のスマホは沈黙します。答えは出ません。しかし、近い将来、その答えを人工知能が答えてくれる日がくるのではないかと思います。

では人工知能が急速に発達していき、ロボットがかなりのことをしてくれるであろう10年後、私たちの生活はどうなっているのでしょうか。

 私はこう考えています。人工知能が高度に発達すればするほど、人間は、人間でなければならない。人間はAIにはできない仕事をするようになり、そのために、人間本来の知恵と力を身に付けることが今まで以上に大切になるだろうと。ですから、みなさんは、未来に向けて人間本来の知恵と力、人間力を身につけることが更に重要になります。

では、これからの時代に必要とされる人間らしさ、人間力とはどういうものでしょうか。私は二つあると思っています。

一つは「新しい事、変化する事を恐れず受け入れる前向きな気持ち」です。言い換えると、新しい事、変化する事を想像して未知の世界にワクワクできる好奇心だと思います。ロボットは例え「明日はお休みですね、ワクワクしますね。」と話しかけてもワクワクなどしていません。

失敗を恐れず、新しい事に挑戦するには勇気と努力が必要です。くじけてもくじけても、未来を信じて新たな挑戦を続ける人がいつの時代も世の中を進めていくのだと思います。ダーウィンは進化論で『生き残る種とは、最も強い種ではない。また、最も知的な種が生き残るのでもない。生き残るものは、変化に最もよく適応したものである。』と言っています。

そして、もう一つ。それは、AIが活躍する社会でも必要とされる人間らしさである「誠実さ、ひたむきさ、やさしさ・おもいやり」のような、機械では表現しにくい人間だけが持ち得る美徳を大切にすること。これは、良い「人柄」だと言い換えることができるかもしれません。友達になるには、人柄の良い人が楽しいに決まっています。

このように、みなさんにはこれから10年「新しい事を学ぶことを想像してワクワク」できるような人になってほしいと思います。そして、「ひたむきさ、誠実さ、やさしさ・思いやり」を大切にし、自らの「人柄」をより高められるように、日々努力してください。そうすれば、未来の世界とみなさんは見事に調和し、本当の幸せを手にすることができるはずです。

「新しい事を想像してワクワク」するには、「新しい事を学び続ける気持ち」が大切です。ひたむきさの基本は「自分を信じ、将来を信じ努力すること」。 誠実さの基本は「約束を守ること」。そして、優しさ・思いやりの基本は「きちんと相手の目を見て挨拶ができ、話が聞けること」からスタートします。

このことは、結局、宮川小学校に入学した時から今日まで、保護者や地域のみなさん、そして、先生方からずっと教えられてきた事です。未来に向けて必要な力を身に付けると言うことは、これまで学んだことを忘れず、時に振り返り自らを確かめる謙虚さを持つことだと思います。

保護者の皆様に改めてお礼申し上げます。みなさまにとって、かけがえのない大切なお子様を6年間お預かりし、今日まで教職員一同、精一杯努力を重ねてまいりました。この間、学校に対する保護者のみなさまの思いや願いに充分お答えできなかったこともあろうかと思います。しかし、保護者のみなさまからは、常に温かいご理解とご支援をいただいて参りましたことに対し、改めて心よりお礼申しあげます。今後は、ご来賓の皆様ともども、地域の良き指導者として後輩たちの健全育成に、更なるご支援を賜りますようお願い申し上げます。

さて、卒業生のみなさん、いよいよ別れの時が来ました。暖かな春を迎えようとしている今日の良き日、大きな翼を広げ未来に巣立って行くみなさんに、アメリカの詩人ヘンリー・ワーズワース・ロングフェローの言葉を贈りたいと思います。

その言葉は 「雲の後ろでは、太陽がいつも輝いている。」というものです。これからの人生は、晴れた日ばかりではありません。心も同じです。心が厚い雲に覆われ、雨が降る日もあるでしょう、しかし、そんな時には空を見上げてください。厚い雲の向こうには必ずいつも太陽が燦々と輝いています。本当に辛い時、この言葉を思い出し、太陽を信じて、未来を信じて歩んでいってください。

みなさんの未来には無限の夢と希望が広がっているのです。

みなさんのこれからの活躍を願って私のお祝いの言葉を結びます。

 令和2年3月24日
              
神戸市立宮川小学校
                   校 長 田 渕  誠


 

 

 

 

 

 


13:25
2020/03/24new

感謝状贈呈式

Tweet ThisSend to Facebook | by:担当者
宮川小学校の体育館において、日頃からお世話になっている
見守り隊の方々に感謝状を贈呈させていただきました。







今年度も見守り隊の方々のおかげで、子供たちは大きな事故なく
毎日登下校をすることができました。

ありがとうございました。
12:56
2020/03/19

分散登校

Tweet ThisSend to Facebook | by:2年担任
 
 今週の火曜日から始まった分散登校。1つの学年ずつの短い時間でしたが、子供たちの元気な声が学校に響きました。
そして、学校はいつの間にか春の景色に変わってきています。

  
校庭の隅に植えていた球根も蕾をつけました。プランターのチューリップも・・・

 
学習園では、ヒヤシンスのよいにおいが・・・
           冬芽だったコブシは、もう散り始めました。

 さて、子供たちは、学習の間に10分間だけ、休み時間がありました。
みんなでドッジボールやおにごっこはできませんが、バスケットシュートやフラフープで遊びました。


 6年生にとっては、最後の給食です。おいしくいただきました。



 卒業式にできることは限られていますが、教職員一同、心を込めて、卒業式の準備に取り掛かっています。
13:23
12345

お知らせ

10月23日 オープンスクールデー 時間割.pdf

★小学生スポーツイベント一覧.pdf

☆神戸市スポーツ情報サイト「KOBE SPORTS WEB」
http://kobe-sportsweb.com
 
校内写真
連絡先
〒653-0812 
神戸市長田区長田町
       4丁目1番1号
電話(078)631-2721
FAX(078)631-2722
 
 

 
二次元コード
携帯電話からも御覧ください。
 
カウンタ
COUNTER196235
お役立ちリンク