卒業生の声

四年間を振り返って』

 私は、この学校に入学して、四年間で生活のいろいろな面が大きく変わりました。まず、友達が増えました。今まで、まとまった人たちと一緒にいることがなかったけど、今は気の合う変な友達が何人かできて、もめたり泣いたり忙しい日々だったけど、今は落ち着いていて楽しいし、卒業してみんなに会えなくなるのが少しさみしいです。

 そんなみんなとの一番印象深い思い出はUSJです。あの校外学習が四年間の中で一番楽しかったです。あとは、バイトを始めたことも大きくて、いろいろ社会勉強にもなったし、そのおかげで心も少し強くなった気がします。今までいっぱいいろんなことを悩む度に、学校でも職場でも助けてもらって、この四年間で一番学んだことは、なんだかんだ周りの人たちにとてつもなく助けられていたことに気づいたことでした。お世話になった人たち全員に感謝します。ありがとうございました。    神陵台中学校卒 女子

『摩耶兵庫での四年間』

 僕は、中学時代全然学校に行ってなかったので、高校に行くつもりはなかった。勉強が嫌いっていう訳じゃなかったけど、友達関係や、家庭的に行く気になれなかった。だけど先生の勧めで別室で勉強することになった。それからほとんど別室だけど学校に行くようになった。そして三年のとき、摩耶兵庫高校に行ってみないかと言われ、悩んだ結果行くことになった。

 摩耶兵庫での生活が始まって友達もいないし一人で不安だった。でも日に日に話のできる人とかできた。中学校ではあまり深い関係の人がいなかったけど、摩耶兵庫ではすごく大事な親友とかもできた。学校ってこんなに楽しいとこなんやって思えた。学校が嫌いだった僕が、今じゃ大学に行くことまで決まっていて、あの時摩耶兵庫に行くって決めてなかったら未だにフラフラした生活をしていると思うし、将来のことも考えなかったと思う。摩耶兵庫で出会った友達、先生に支えられてここまで成長できたんだと思う。

 摩耶兵庫に来て良かったと思うし、良い四年間だったと思う。
                                    (駒ヶ林中学校卒 男子


『摩耶兵庫高校に入って』

 今からおよそ四年前、私は全く決まらない進路に困っていました。中学では全く勉強もしなかった私は、進学を考えていませんでした。仕事を探しましたが、働く先もみつからず・・・

 そんな私に、当時担任だった先生から、摩耶兵庫高校をすすめられました。定時制高校への進学に反対だった親に、二時間以上もかけて説得していただき、無事、摩耶兵庫高校に入ることができました。そのとき私は心の中で誓いました。「こんなにも真剣に私のことを考えてくれる先生がいる。先生に感謝して、一から全てやり直そう。真面目にがんばろう。」と。

 摩耶兵庫高校に入ってから、バレーボール部と音楽部に入部しました。バレーボール部では、最高順位、近畿大会第三位まで勝ち上がりました。音楽部では、文化祭や四送会などで、バンドとして演奏しました。二年生になってからは、生徒会執行部にも入りました。四年生では、生徒会副会長に就任しました。二つの部活動での部長、生徒会では副会長。とても忙しかったですが、とても充実していました。

 本当につらかったこと、とても楽しかったこと。いろんな思い出と、いろんな出会い、いろんな経験ができた四年間。なによりも、本当に心優しい摩耶兵庫高校の先生方に感謝しています。もう、この学校に通うことができないのがとても悲しく思います。卒業した後も、ここで学んだことを忘れず、真面目に誠実に生きていきたいと思います。

 四年間、本当にお世話になりました。     (住吉中学校卒 男子)


ありがとう摩耶兵!』

私は、この摩耶兵庫高校に来て本当に良かったと思う。

 中学1年の時クラスに馴染めなくて、その頃はすごく暗かったから自分からみんなに話しかけることもできず、楽しくない学校生活を送っていました。

 1週間ぐらい経った頃、やっぱり学校が楽しくなくて学校に行くのをやめた。担任のS先生にはすごくお世話になった。毎日休んでいたから毎日家に来てくれて本当に心配かけてました。1年の最初は毎日家に来るし、正直面倒くさいにうっとうしいって思ってた。でも今はすごく感謝してます。あんなに心配してくれて想ってくれる先生は少ないんやと思った。あんなに毎日しんどいのに来てくれて本当に感謝しきれないくらい感謝でいっぱいです。2年になってもやっぱり学校に行けばS先生やN先生、いろんな先生に心配かけていました。毎日家に来て「何してますか?」と聞かれるときも、たまに嘘をついたりして、本当に先生に謝りたかった。

 学校行ってないから毎日遊んでばっかりの日々を過ごしていました。体も心も本当は元気なのに学校に行く勇気もでなくて、たまに学校が終わった時間に学校行ってちょっとした勉強を教えてもらったりしていました。本当に今思うと遊んでばっかで、先生やお母さんの気持ちも考えないで自分ばかりが苦しいんやとか、辛いんやって、当時は思ってたと思う。お母さんだって自分の子どもがまさか学校に行かなくなるなんて思ってなかったと思うって、今になってやっとわかった。自分だけが苦しい辛いんじゃないんやって今やっとわかった。なんであの時の自分は気づけなかったんやろうって本当に思う。もっと早く気づけていたら何か変わったかもしれないのにと今さらだけどそう思った。

3年になってもやっぱり行かず遊んでばかりの生活を送っていました。お母さんももう何も言わずただただ1日を過ごしていました。その頃の私は、何も言われなくなった事で「やったー」って喜んでいたと思う。でも、今思うと、言われているうちが鼻やでって言う言葉を聞いて、あの頃の私はお母さんを呆れさせてたんだと今になって気づきました。

 そんな私に嬉しい出来事が起こりました。卒業式1週間前の卒業式練習のときにクラスメイトが家に来てくれました。そのときはめっちゃびっくりして戸惑っていたけれど、だんだん話しているうちにちょっとだけ心が開けてきたんです。みんなに励まされ勇気をもらい、何年ぶりかの教室に行きました。入ったときは死ぬほど恐くてすぐにでも教室から出たい、逃げたいと思ってたら、クラスメイトの人たちが話しかけてくれてちょっと安心して教室に残れた。それから1週間があっという間に過ぎていった。その1週間は本当に中学3年間で忘れない思い出になりました。

 そして卒業式が始まって退場するときになぜか泣いてしまった。あの時はなぜ泣いたかわからんくて意味不明やったけど今ならわかる気がする。みんなに優しくしてもらったりメールしたり笑ったり卒アルにメッセージ書いてもらったりした思い出を思い出して泣いたんだろうと思う。

 本当に中学3年間をムダにしたって卒業して思った。卒業してたくさん後悔した。もっと早く気づいて学校に行けばよかった。行ってたら何か変わってたかもしれないのにと本当に後悔しました。

 卒業して先生たちの勧めで摩耶兵庫高校に入学しました。この入学が私の未来を変えたと思います。こんなに楽しい学校生活を送れるなんて思ってなかった。

 入学したときはやっぱり学校にも行かず遊んでばっかの日々でした。そして1年は過ぎ、2年になっても1学期のときは休んでばっかだったけど、2学期になって学校に行くようになり、1年のときにちょっと喋れる友達が体育の時間にできた。その友達に新しい友達ができていて、みんなで帰るようになり、最初は敬語だった私もだんだん普通に喋れるようになってきて学校がだんだん楽しくなり始めました。3学期になって楽しくなり学校が徐々に好きになっていった。

3年生になるといつものメンバーと休み時間もバカ話したりおちゃらけたりして楽しい1日1日を過ごしていました。

 みんなで団結した文化祭やサッカー観戦や一番楽しかった修学旅行。1年のときは修学旅行なんか行きたくないって思ってたのに、まさかこんなに大好きな友達ができて、大好きな先生もいて、大好きな学校があるなんて思わなかった。

 今、4年になってたくさんのことを学んで、得て、卒業できることがすごく嬉しいです。中1のときはまさかこんなに楽しい高校生活が送れるなんて思わなかった。こんな明るい性格になったのも学校が大好きになったのも、私の周りにいる友達や先生方のおかげやと思います。あのとき摩耶兵庫に入学してなかったら毎日がこんなに楽しい日々を送ってなかったと思う。中学生のとき得れなかったものをこの摩耶兵庫に入学してもっとたくさんのことを得ることができました。

 私は今、すごく楽しい日々を送っています。摩耶兵庫高校に入学して本当によかったと心から思います。これからもこの摩耶兵庫高校で学んだこと、得たことを忘れないように、卒業しても明るく楽しい生活を過ごしていきたいと思います。

 4年間本当にありがとうございました。       本山南中学校卒 女子

『この年間を振り返って』

 僕の年間は,とても充実した日々でした。朝に仕事し,夜に学び,朝に働いたお金で自分に投資ができるという事は,元々高校に行かず働きたかった僕には,すごく良い学校でした。もともと父親の収入があてにならない家庭の中で母親がほぼ毎日朝も昼も夜も働いてくれていた中で僕は,学校に行けてなおかつ少しでも負担のかからないよう学校に行けることがとても良かったです。

 この年間でためたお金で大学まで行ける事が今とてもうれしいです。大学に行けないと思っていたなかで,この学校のシステムがあって本当に感謝しています。

 最後に一番悲しかった事は,こんなにすばらしいシステムなのに本当に来たい人は,あまり来れていないと思います。てきとうに卒業できたらいいとか,安いからとかで来てる人を見ると悲しくなります。本当に学びたい人が学べずに何がためにこんなシステムがあるのか,もっと真剣にとらえて考えてほしいです。                                 鳴尾中学校卒 男子 

 

学校連絡先

〒650-0044
神戸市中央区東川崎町1-3-8  
TEL 078-360-1316
FAX 078-360-1318

【最終更新日平成29年11月8日
 

フォトアルバム

カウンタ 2010.4.1 設置

 344806

携帯サイト

QRコード