HOME   神戸市立長坂中学校  〒651-2104 神戸市西区伊川谷町長坂841-1  TEL(078)974-3830  FAX(078)974-3889   アクセス  
年間予定 一年生紹介二年生紹介三年生紹介学校だより 給食献立表同窓会     入学案内長坂中PTA 
 
ようこそ!熱中症対策ページへ あなたは710人目の訪問者です。<25.0515>
<賢い水分補給の仕方>

 さ~て、どのようにすれば上手に水分が補給できるのでしょうか?
「う~、のどが渇いた!」と言って、水をがばがばと飲むのは、果たして上手といえるのかといえば、これは賢い方法ではありません。なぜなら、一度にたくさんの水を補給してしまうと、血液には吸収されず大半は尿として排泄されてしまうからなのです。
 成人が1日に必要な水分は2,000~2,500ml。このうち、飲料水として摂り入れるのは800~1,300mlと言われています。
その飲料水の飲み方は下記の通りです。 
いつ飲むのがいい?

寝起き、就寝時、入浴前後などに摂るようにすれば、食事にも響かない。とくに、人は寝ている間にかなりの汗をかくため、朝いちばんは水分が不足気味。朝起きてトイレに行ったら、コップ一杯の水かお茶を飲もう。

何を飲むのがいい?

基本的には水かお茶。ミネラルウォーターなら、不足しがちなミネラルが補えるためおススメ。スポーツなどでたくさん汗をかいた時には、スポーツ飲料のように塩分や糖分が入ったものが吸収も早く、エネルギーに変換(糖分はエネルギーや脂肪に変換)されるので適しています。

どのように飲む?

「のどが渇いた~」と思った時では、もう遅いという説もあるほど。水分補給はこまめにする。200ml程度の水を一気飲みではなく、噛むようにして飲むことです。

運動時の水分補給
「乾いたな」と思う前に飲む!
運動時の水分補給の目安
タイミング   前運動直前(30分前くらい)
運動中20分前後(15~30分)毎
   後直後から食事での食べ物も含め就寝前までに
飲む量   前250~500ml程度を数回に分けて
運動中1回に、一口~200ml程度まで
   後体重減少分を補える量を分けて
飲み物の温度 常温、5~15℃に冷やしたもの
飲み物の組成運動中塩分濃度0.1~0.2%、糖度3~5%
注意:自分にあった飲み方、物、温度などをみつけよう


 「乾いたな」と思ったときには既に遅し、体は脱水をしてきています。心拍数も上昇し始め、運動のパフォーマンスは落ち始めているはずです。
 飲むタイミングは自分にあったものを見つけてください。運動の強度が強いとき、暑く感じているようなときは早めにする、運動時間が短く(1時間以内)運動強度が低い、寒く感じるときなどは、少し遅めにするなど、感覚を重視して調整をしてください。また、発汗した量を目安にして、それに応じた水分補給をすると、運動後の疲労感は少なくなります。
 量と温度は、上記を目安に、飲みやすいものを見つけてください。涼しければ常温くらい、暑ければ冷たいもの方が飲みやすいです。よく、運動後に多量に飲むのを見かけますが、食欲を無くす原因になり、また、吸収にとても時間がかかってしまいます。運動後には、時間をかけて、ゆっくり飲んでいくようにしましょう。
 何を飲むかについて、自分にあったものなら何でもよいでしょう。水は買わなくても水道水で十分です。1時間程度の短時間の運動には水だけで十分ですが、長時間にわたる運動の場合には、糖分とミネラル分をを含んだものの方がよいと思います。おすすめは、スポーツドリンクを半分を目安に、自分の好み加減で薄めたものです。また、金銭的に難しい場合には、水と一緒に食塩を少しなめるようにすると良いでしょう。
 炭酸や、甘すぎるもの、カロリーゼロ飲料などはお勧めできません。また、人工甘味料を多く使用したものに注意が必要です。多量に摂取するとお腹がゆるくなるなどの症状(下痢)がでるものがあり、運動時には多量に飲むことが考えられるため避けるべきと思います(1~2リットル以上飲まなければ、通常は問題ないものです)。
 塩分は発汗とともに失われるのでその補給と、体への吸収をよくします(浸透圧の作用)。糖度3~5%は、このくらいが吸収をよくする作用があり、甘味があると飲みやすくもあるためです。


 増えている!茶系飲料 


  ここ最近、飲み物の生産量で伸びてきているのが「茶系」。

 右のグラフにあるように、ウーロン茶や緑茶に加えてブレンド茶の生産量が増えてきています。お茶にはカテキンが含まれており、このカテキンには動脈硬化や心臓病を防いだり、高血圧、糖尿病の予防になったり、その他、ダイエット・美肌効果、うがいなどの殺菌効果、などさまざまな健康効果が期待されています。

 だからこそ、ここ最近カテキン人気が上昇し、お茶の生産量が増えているのだといえるでしょう。同じ水分を補給するのなら、健康になるほうがいい・・・かも。。。


資料:総務省「家計調査」

 糖分の摂り過ぎには注意!


  どんな飲み物でもいいかというと、ちょっと注意しなければなりません!!!

 それは、甘い飲み物を飲む時。糖分はエネルギーに変換されて人の活力になるため必要ではあるが、やはり飲み過ぎれば糖分の摂り過ぎになり、肥満が心配されます。
 とくに危惧されているのが、子供の肥満や糖尿病。糖分の摂り過ぎは、虫歯になるだけでなく、カルシム欠乏症にもつながってしまうようです。
 砂糖は体の中で分解されるとピルビン酸になり、その化学反応の途中でビタミンB1を消耗し、ビタミンB1が不足すると集中力がなくなる。朝からぼんやりしていたり、機敏な反応に欠けるようになってしまうようです。
体重20kgの子供なら、1日に必要な砂糖の量は20g。これを超えないよう、注意したいものです。



 

▼教科書

 教科書を無くしたら・・
  ※学園都市 貝谷公園横
 
   朝霧書房教科書部
   ℡078-795-2386
 

▼COUNTER

ようこそ!475747

▼Access status

オンラインユーザー3人
ログインユーザー0人

▼School counselor

 スクールカウンセラーが
   配置されました。

 日時:毎週月曜日
     10:00~16:00
 場所:カウンセリングルーム
   南館1階東側仲よし学級前
          
    ※予約が必要です。
         
 

▼web'page Counter

 H24年04月19日リニューアル
 H25年06月01日 200,000
 H26年01月22日 250,000
 H26年10月11日 300,000
 H27年08月31日 350,000
 H28年03月02日 380,000
 H28年09日28日 420,000
   H29年05日01日 450,000
 

▼創立30周年記念

 創立30周年を記念して、
 平成24年9月25日(火)
 に空写を撮りました絵文字:笑顔
 

▼KEMS

 環境宣言
   
 

▼AED