▼ようこそ!<H29.01.10>

    あなたは87777人目です

▼オンライン状況

オンラインユーザー1人
ログインユーザー0人

▼平成28年度 ホームページ表彰

▼気象情報

▼ L I N K

  
 
  
    ↑ 公立高校入試に関する情報
    
    
    
    
 絵文字:星好徳児童館
    
    ↑( web Magazin )淡河いろいろ
    
    
    
     
    

    ↑ 運動部活動専用HP
    
         ↑ 脳精髄液減少症
      
   
   
 
ようこそ! あなたは1195人目の訪問者です。<H27.10.23>
 

▼ お知らせ

 ◇技術・家庭科作品展   >>> 案内は9月6日(金)配布済み
   期間:9月27日(金)~9月30日(月)
   開場:9時30分  閉場:17時<9月30日(月)・10月7日(月)は16時30分>
   ※配布された参加票で入館できるのは閉場30分前までです。
   開場バンドー神戸青少年科学館

     ★入選 → 3年男子2名・女子4名、1年女子2名
 

▼ サツマイモ苗植え付け

◇令和元年6月10日(月)2校時に2年生、4校時に1年生、昼休みに3年生がさつま芋の苗を植える実習をし
ました。収穫は10月です。
 

▼ サツマイモの収穫

◇10月10日(木)昼休みに、6月に植え付けたさつま芋の収穫をしました。大小さまざまな芋が収穫できました。
  
  
 

▼ 技術・家庭科作品展

 ◇第63回 神戸市立中学校 技術・家庭科作品展
   青少年科学館賞:3年女子1名、入選:3年男子3名、3年女子4名、1年女子1名
  

 ◇第62回 神戸市立中学校 技術・家庭科作品展
   日程:平成30年10月5日(金)~10月8日(月祝)
   時間:金土日 → 9:30~17:00  月祝 → 9:30~16:30
   場所:バンドー神戸青少年科学館

   技術(1年男子1名、2年男子2名・女子1名、3年男子2名)
   家庭(2年女子1名、3年男子1名・女子3名)

 ◇第61回 神戸市立中学校技術・家庭科作品展

 日時:9月29日(金)~10月2日(月)9:30~17:00
(10/2は16:30)

 技術(1年男子2名・1年女子2名、3年女子1名)
 家庭(1年女子2名・2年男子1名・3年男子1名・女子1名)

 
 ◇平成30年度 ふれ合い体験学習  
 12月4日(火)1校時~4校時に、淡河好徳幼稚園園児15人と三年生との「ふれ合い体験学習」が実施されました。
  今年は、手作りのおもちゃ「ピタゴラスイッチ」「ストラックアウト」「「輪投げ」「ボーリング」を準備、楽し
  い時間んを過ごことができました。

     
 

 ◇平成29年度 ふれ合い体験学習  
  11月17日(金)淡河好徳幼稚園、パンダこうとく保育園の協力で「ふれあい体験学習」を実施しました。
  室内遊びで少しずつ緊張も解け、有意義な時間を体験することができました。写真は、朝の準備の様子です。
     
 

  ◇平成28年度 ふれ合い体験学習   
    ・平成28年11月18日(金)淡河好徳幼稚園にてパンダこうとく保育園児を含めて「ふれあい体験学習」を
     実施しました。室内遊びで少しずつ緊張も解け、有意義な時間を体験することができました。
     
 

 ◇ふれあい体験学習
   ・平成27年11月13日(金)2~4校時に、本校体育館にて行われました。
   ・受入園児→パンダこうとく保育園(5名)、淡河好徳幼稚園(6名)
         淡河児童館(紹介園児4名)、好徳児童館(紹介園児5名)
   ・内容 → 絵本の読み聞かせ、運動遊び(風船・跳び箱)、知育遊び(パズル) 
 

▼ 淡河っ子 お弁当・おにぎりコンテスト

 ◇ 第7回 淡河 米-1 グランプリ 
   ・2019 淡河っ子 お弁当・おにぎり コンテストの受賞者が決まりました。
    <お弁当部門>
      金賞:3年女子1名、銀賞:3年男子1名、銅賞:1年女子2名
      特別賞:3年男子1名
    <おにぎり部門>
      銅賞:3年男子1名、3年女子1名、特別賞:3年女子1名、1年男子1名
 

 ◇ 第6回 淡河 米-1 グランプリ 
   ・2018 淡河っ子 お弁当・おにぎり コンテストの受賞者が決まりました。
    <お弁当部門>
      特別賞 :2年女子2名(夏にピッタリ!HANABI弁当、ピクニック弁当)
           2年男子2名(3種のサンドイッチ弁当、じいちゃんの畑で採れた熱中症予防弁当)
      テーマ賞:2年女子1名(パンダのおにぎり弁当)
    <おにぎり部門>
      金 賞 :2年男子1名(五色おにぎり)
      銅 賞 :2年女子1名(てまりおにぎり)
 
 ◇ 第5回 淡河 米-1 グランプリ 
   ・2017 淡河っ子 お弁当・おにぎり コンテストの受賞者が決まりました。
    <お弁当部門>
      金賞:3年男子1名、銀賞:1年女子1名、銅賞:1年男子1名、3年男女1名
      特別賞:3年女子2名、2年男子1名
    <おにぎり部門>
      金賞:1年女子1名、銅賞:1年女子1名、特別賞:2年男子1名
 

 ◇ 第4回 淡河 米-1 グランプリ 
   ・2016 淡河っ子 お弁当・おにぎり コンテストの受賞者が決まりました。今年は、惜しくも金賞は
    逃したものの「お弁当部門」で4人、「おにぎり部門」で5人が受賞しました。
 

 ◇ 第3回 淡河 米-1 グランプリ 
   ・2015 淡河っ子 お弁当・おにぎり コンテストの受賞者が決まりました。「お弁当部門」で3人、
   「おにぎり部門」で2人が受賞しました。
 

▼ 平成30年度 柏餅づくり&天地返し

6月8日(金)、今年も淡河ふれあいのまちづくり協議会(淡河町婦人会)より2人の講師を招いて、1年生は
は1・2校時に、2年生は3・4校時に柏餅づくり&天地返しに挑戦しました。柏餅への想いやショウブやヨモギの
生活の中での意味などの話を聞きました。餅粉と白玉、上新粉を秘伝の配合で作ったキジを使い、餅を包むサルト
リイバラを使った本格的な柏餅に挑戦しました。2先生は、蒸している間に昨年仕込んだ淡河味噌の天地返しを同
時にしました。
  
 

▼ 平成29年度 柏餅づくり&天地返し

◇6月22日(木)、今年も淡河ふれあいのまちづくり協議会(淡河町婦人会)より2人の講師を招いて、1年生
は1・2校時に、2年生は3・4校時に柏餅づくりに挑戦しました。餅粉と白玉、上新粉を秘伝の配合で作ったキジ
をつかい、餅を包むサルトリイバラや盛り付けに準備するナンテンの葉の意味も知ることができました。2先生に
ついては、蒸している間に昨年仕込んだ淡河味噌の天地返しをしました。今年のみそはこれまでになくすばらしい
できに、みな感動していました。完成する9月~10月頃が楽しみです。また、この日は神戸新聞社からの取材が
あり23日(金)の朝刊に載りました。
  
 

▼平成28年 柏餅作り&天地返し

 ◇柏餅作り&天地返し
   ・平成28年7月1日(金)今年も淡河町婦人会より2人の講師を招いて全学年柏餅作りと
    2、3年生は柏餅を蒸している間に、それぞれ1、2年次(1月)に仕込んだみそ樽の天地
    返しを行いました。柏餅は、本格的にサルトリイバラを使用!大変おいしくいただきました!
 

▼サツマイモの収穫(平成30年10月10日)

◇5月に植え付けたサツマイモの収穫を10日(水)1校時に1年生が行いました。今年は雨が多かったからか、
立派なものが多く大豊作でした。明日は、2・3年が収穫実習します。
  
 

▼サツマイモの収穫(平成29年10月29日)

◇例年であれば10月中ごろに収穫し文化祭で披露していましたが、天候の影響で今日の収穫となりました。2校時
に1年生、昼休みに3年生、5校時に2年生が収穫しました。<写真は1年生>
  
 

▼芋苗の植え付け(平成29年5月31日)

◇1・2年生に続いて本日2校時に、3年生の芋苗の植え付け実習がありました。昨年は10月半ば過ぎが収穫時
期でした。今年も収穫が楽しみです。
  
  
 
 ◇芋ほり実習
   ・平成28年10月18日(火)1年生、20日(木)2年生が6月に植え付けたサツマイモの収穫実習
    を行いました。3年生は文化祭後に実施する予定です。
       
       
 

 ◇地震体験体験実習(ゆれるん)
   ・平成28年3月23日(木)3校時に、「ゆれるん」(地震体験車)による地震体験をしました。
    実体験することにより、命の大切さや防災対策について考えました。
 

▼学習の手引き =技術分野=


      技術を通して生活を工夫し、持続可能な社会を目指す。

<授業中>
  ① 工具や道具を正しく使用しよう。
  ② 班員と協力し共同学習に取組もう。
  ③ 掃除、片付けを常に心がけよう。
  ④ 見つめる目 、工夫する手、考える心を持とう。
  
<家庭学習>
  ① 日常生活の中で木材、金属、プラスチックなど素材に興味を持とう。
  ② エネルギー変換に興味を持とう。 (身近な電気製品 機械など)
  ③ 通信機器を正しく使い情報を取捨選択できる能力を身に付けよう。
  ④ 身近な自転車の点検や整備は自分で行うようにしよう。
  ⑤ 生物育成に興味関心を持とう。

<テストへの取り組み>
  ① 実習で使用した工具・道具を正しく使えるように復習しておこう。
  ② ワークを解答、教科書見ないでやってみる。→教科書見ながらやる。→答え合わせ。
 
<その他>
  ・ 技術室・コンピュータ室を利用し実習もを中心に授業を進めます。
  ・ 学校菜園を使って栽培も予定しています。
  ・ 実習を通してものづくりに興味関心を持ち、持続可能な社会に向け生活を豊かにしていきましょう。
 

▼学習の手引き =家庭分野=


      技家庭科は、生きていくうえで最も大切なことを学べます。生きる力を身に着けよう!

<授業中>
  ・先生の話をよく聞き、手順を間違えずに作業や課題をする努力をすること。
  ・忘れ物は自分を困らせることになります。はさみやのり、エプロン、三角巾などの連絡があった場合は念入りに用意
   するようにしよう。
  
<家庭学習>
  ・自分の身の周りの環境に興味を持ち、課題を見つけてよりよく住めるように改善していくことが「家庭科の醍醐味」
   です。外れたボタンをつけ直したり、お弁当を自分で作ってみるなど、自分でできそうなことを自分でしてみましょう。

<テストへの取り組み>
  ・授業で配られているワークシートを中心に見直していきましょう。授業の内容からテストが作られています。