お知らせ

◆文部科学大臣からのメッセージ
・見出しの件につき、各校HPを通じて周知するよう依頼がありましたので、下記ファイルをクリックしてご覧下さい。
児童生徒等や学生の皆さんへ.pdf
保護者や地域の皆様へ.pdf
参考資料.pdf

◆「みて・学ぼう!ひょうごっ子広場~つまずきポイント編~」の放送について 
・見出しの件につき、兵庫県教育委員会事務局義務教育課から案内がありました。下記ファイル名をクリックし、参考にして下さい。
200720サンテレビ学習番組つまずきポイント編 A4チラシ.pdf

◆学習支援ツール「みんなの学習クラブ」下のバナー<猫の絵>をクリックして利用

 〇 ID ・パスワードの入力が必要です。 ID とパスワードが分からない場合は、学校へご連絡下さい。 
 〇使い方については、
下記の資料2「学習クラブの使い方」、資料3「学習支援ツールスマホ活用」を参考にして下さい
(スマホの場合、学校HPを閲覧する際にログイン画面が出ることがありますが、キャンセルして進んでください。背景が緑色の画面が表示された場合は、左下のパソコンのマークをクリックするとPC用画面に切り替わります)
 〇利用可能な環境にありながら、アクセスされていない状況の多さが課題と指摘されているようです。できれば「マイページ」機能に学習状況を記録するようにお願いします。

200414資料1_保護者向け案内.pdf
200414資料2-1_(小学校)学習クラブの使い方.pdf
200414資料3_学習支援ツールスマホ活用.pdf



 
日々の押部谷
12345
2020/09/18new

秋の気配

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 昨日も、学校周辺の様子や2&3年生の学習内容に「秋の気配が感じられるようになってきた」といった話題を紹介しました。他の学年でも同じような雰囲気が見られましたので、ご紹介します。



4年生が理科で樹木の観察をしていました、年間を通して枝葉(の色や数など)の変化を調べます


「この葉っぱは前見た時とあんまり変わってないね」「なにか匂いに変化があるかもしれないな」


観察したことを絵にかいて記録します、続けて色鉛筆で着色して色彩の変化についても調べました


そういった目でさくら階段のソメイヨシノを見ると、確かに黄色や紅色の葉っぱが増えていました



こちらは1年生、「生活科」の学習で「たねをとろう」という単元があるので一路学習園に出発!



先生のお話や説明をしっかり聞きます、花の咲いた後にタネのできていることが理解できたかな~


ところで1年生の教室前廊下にヒマワリが運び込まれています、高さ約3m「でっかくて重いね」


こちらからもたくさんのタネが取れました、蒔くと今年と同じようなヒマワリが育つのでしょうか


根っこも太くて立派です「だからこんなに大きくなるんだね」、大きさ比べを兼ね記念写真を1枚



昨日から運動場の一角がコーンと虎バーで囲われています、総合遊具の点検と修理が始まりました


 来週に、みんなが楽しみにしている「スポーツ大会」が予定されていることを、これまでにも何度か紹介してきましたが、それに向けた準備も着々と行われています。




スポーツ大会用に借用したテントを運び込んだり、試しに組み立てたりして来たる当日に備えます


 4連休の間に体調を崩し、せっかくのスポーツ大会に「参加できなくなった」ということのないよう、一人一人が気を付けて過ごすようにして下さい。
17:04 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2020/09/17new

黄金色

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 普段は児童の朝の登校を正門で迎えているのですが、時として登校の様子を確認するため、地域を見回ることがあります。先日、本校の近隣を回っていて、改めて「秋だなぁ~」と感じました。


一面に黄金色になった田んぼが広がる中を、見守り隊の皆さんに見送られながら登校してきました


稲穂がたっぷりお米を付けているようです、ところによっては自らの重みで倒れている感じでした


まさしく刈り入れの時期=「実りの秋」と言えそうな風景です、無事に収穫作業が進みますように


田んぼによっては稲刈り作業の終了したところもあって、鳥が落ち穂をついばむ姿が見られました


近付くと一斉に飛び立ちその羽音に当方がビックリ、源平の合戦「富士川の戦い」を想起しました


学校プール横の田んぼにもスズメがたくさんいます、拡大してみるとこんな感じですが分かるかな


 改めてスズメの羽の色って、稲穂の間に入ったら全然目立たない色合いなんだなぁ~と感じました。いわゆる保護色っていうものかもしれないな…とも思います。スズメにとってこの時期は、きっとご馳走の宝庫と言えるのでしょうね。


畦には彼岸花が芽を出し咲きかけていました、これからはこの花やススキが最盛期を迎えそうです


 気象庁という官庁が、生物季節観測値というデータを集めています(下線部をクリックすると当該ページが開きます)。これはうめやさくらの開花した日、同じくカエデやイチョウが紅(黄)葉した日、ウグイスやアブラゼミなどの鳴き声を初めて聞いた日、更にはツバメやホタルを初めて見た日など、全国各地で季節の変わり目ととらえられそうな日を記録したものです。季節の遅れや進み、気候の違いなど、総合的な気象状況の推移を把握するのに用いられるのに加えて、新聞やテレビなどによって生活情報のひとつとしても利用されます。そのなかに、上記の彼岸花やススキが含まれており、秋の訪れを示すものと言えるかもしれません。


2年生が総合的な学習でしょうか、校外に出て虫あつめに興じています「どこにいるのかな~?」


「こっちにおったおった、早よ来て」「ヨッシャー、ゲットしたぞ」あちこちで歓声が上がります


「やったな、逃げられんように早よカゴに入れな」「あんまり蓋を開け過ぎると逃げてまうでー」



2匹同時にゲットする猛者もいます、バッタやカマキリ・コオロギなどがケースに入っていました


こちらは3年生、プールサイドで何をやっているのか…と見ていると水生昆虫の観察のようでした


「アッ、あれヤゴちゃう?」、熱心に生き物を探したり捕まえた水中生物を観察して記録したり…


 学習する内容にも、秋らしさが次第次第に加わってきたようです。
17:07 | 投票する | 投票数(11) | コメント(0)
2020/09/16new

赤いのに白?

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 一昨日も教室や廊下に飾られている「学習成果物」について紹介しましたが、プロが作る掲示物も校内のあちらこちらで見かけます。今日はそんな掲示物から…。


給食室前出入り口の掲示板に給食関係の掲示物の飾られることがあります、今回はどんな内容かな


日本の近海で獲れる魚のことが紹介されているようです、【左】がサケで【右】がサバのようです


サケの漁獲量は北海道が日本一だそうです、でもあの赤い(ピンク色の)身が白身魚だったとは…


一方でサバの漁獲量日本一は茨城県(H30年度)、DHAなど体に良い成分が多いことで有名ですね


ではここでクイズ、Ⅰサケを使った北海道の郷土料理と、Ⅱ「サバを読む」の意味を選んで下さい

 
 なお、答えは最下段に用意しておきます。「クイズの答え」をクリックして下さい。


こちらは食事とサプリメントの差について解説されてます、栄養がとれればよいという訳ではなく


特に朝ごはんは、活動の多くが午前中に集中する児童や発育期の子供にとって重要度が高まります


よく「早寝・早起き・朝ごはん」と言われますが、この三者は密接な関係にあるのかもしれません



高学年の「スポーツ大会」種目の練習も始まったようです、さすが見ていて迫力が感じられました



昼休みに中庭が騒がしいのは教頭先生のヘビ捕獲作戦、ヤマカガシとのことで逃がしに行きました


並行して昼休みラジオ体操練習教室、最初の人数は少なかったものの時間と共に増えていきました



17:10 | 投票する | 投票数(14) | コメント(0)
2020/09/15new

学び

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 教室や校内を回っていると、学びにもいろいろなスタイルのあることが分かります。お手本の真似をしてみること、自分の思いや考えを表現して伝えること、人と協力して一つのものを作り上げること、更には自身のレベルアップやスキルアップを図ること等々、さまざまな形で学習していました。成果がすぐには見えないかもしれませんが、めげずに根気よく続けていって貰いたいものです。



4年生は「Let's Try!」に出てきた曜日表現や生活表言をフラッシュカード化して復習しています



途中からゲーム形式を取り入れてみんなが張り切っていました、楽しく英語に触れられたようです


5年生が算数で三角形の角度について勉強していました、内角の和を用いて求める角を計算します


4問とも正解できたかな?続いて「四角形の四つの角(=内閣)の和」について勉強するようです


実際に四角形を切り出して考えるようです、補助線をうま~く使って考えると分かりやすいかも…


音楽室の出入り口で見かけた靴が、1年生【左】も6年生【右】もきちんと並べて脱いであります


1年生がリズムに合わせて並足で歩いています、曲の終了で自分の席に戻れると素晴らしいですね


オッ!みんなしっかり戻れたようです、用いた曲は「どれみのキャンディ」という8小節の歌です


「この楽器の名前を知っているかな?」「木琴」「ではこの楽器で歌の音を叩いてみましょうね」


こちら6年生はいくつかの楽器を用いてアンサンブルに挑戦、曲はパッヘルベルの「カノン」です



電子オルガンにミニキーボード・アコーディオンに加え、リズムを刻むウッドブロックが大活躍!



各教室で据付プロジェクターの工事が行われました、授業における活用場面が増えていきそうです




朝、運動場にラインが引かれたりコーンが置かれたりすると自主練習「当日も1着をめざすぞ!」


昼休みにラジオ体操練習教室がさくら階段で開かれました、参加者が徐々に増えていったようです


児童の大好きな総合遊具、17~18日の間に工事が予定されていて使用できないので注意しましょう

17:01 | 投票する | 投票数(17) | コメント(0)
2020/09/14new

成果物

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 今朝、目覚めて窓を開けた時の空気感が、これまでとは違っていました。いわゆる「秋の気配」のようなものを感じたのですが、天気予報を聞くと「このまま一気に秋…」という雰囲気でもなさそうです。そんな中、本日は「スポーツ大会」に向けた全体練習が行われました。当日までに行われる全体練習は、今回の1度きりなので、みんなしっかり理解できたかな?


「はじめの式」に向けて各学年の位置取りを確認します、さすが高学年の「前にならえ」は美しい


1年生による「はじめの言葉」や、プログラム1番で全校生が行う「ラジオ体操」の練習をします


メインの「全校大玉送り」、コロナ対策で全員が紅白の手袋をはめて競技します「頑張るぞー!」



号砲と共に競技スタート、本日は1対1で3回戦にもつれ込みましたが当日はどうなるでしょうか


最後に全校生で運動場の石拾い、集めたバケツの中にはけっこう大きなものも回収されていました

 
 ところで、先週後半はお天気がやや下り気味だったにもかかわらず、各学年で授業や活動を頑張っていました。教室や廊下に、制作物や作品などの「学習成果物」が飾られていて、その一端がうかがえます。


4年生の教室に9月8日に見学した淡山疎水についての感想(報告書)が壁面に飾られていました



淡山疎水のことや呑吐ダム・御坂サイフォン・分水工などについて、カラー版で作られていました





5年生の「いじめ」や「生き方」に関する学習の成果が、五七五の短文に纏めて飾られていました



6年生は社会の歴史学習で、江戸時代の文化(元禄文化や化政文化)について学習を進めています



3年生が図画工作で、「未来のまち」「夢のわが家」というタイトルの水彩画に挑戦していました



2年生は算数で2桁+2桁のひっ算の仕方について、数字のカードを使いながら理解していました




スポーツ大会に向けた学年練習も始まったようです、マスクを外し水分補給をしながら楽しみます


そのスポーツ大会に向けて2年が作ったのかな?立派な壁面飾りが1階の掲示板を埋めていました


1年生はこれから制作を始めるようです、先生のお話をしっかり聞いて作り方を確認していました

17:15 | 投票する | 投票数(18) | コメント(0)
2020/09/11

おおきなかぶ?

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 台風一過でお天気が良かったのはわずかの間で、今週半ばからはずっと曇りがちなお天気が続いています。お蔭で猛烈な暑さが少しは収まったように感じますが、二日間にわたってお届けした4年生の校外学習は、写真からも分かる通り、お天気に恵まれ素晴らしい観察や見学ができました。見方を変えると、絶妙のタイミングで実施できたといえそうです。そのお天気の良かった時の学校内外の模様や、その後に曇りがちだった場面の様子から紹介します。


ブランコに乗っていた児童が上空を指さし話してます、電線にとまっている小鳥を見ているのかな


電線の先にある白いものを見上げていたようです、「あれはいったい何?」「お月さまじゃない」


正門で児童の迎えをしていると写真の鳥がやってきていい声で囀っていました、見るからに細い脚




長い時間にわたり周辺にとどまり美声を響かせています、距離も近いので大き目に撮影できました


 この鳥は、以前にもご紹介した「イソヒヨドリ」だと思います。こんなに人に近い位置に降りてきて、なおかついい声を聞かせてくれるとは思いもよりませんでした。


栽培の終わった植物を教員が片付けています、次の予定を聞くと「大根」を植えて育てるそうです


フェンスの網の目に挟まった実がそのまま大きくなっており、枝葉は除去できても取れそうにない


「なんとか取れないかな」「うんとこしょ、どっこいしょ」、まるで「おおきなかぶ」のようです


半分に割れて取り除くことができました、内部の色や様子から判断するとカボチャだったようです



1年生がその学習園や中庭で活動していました、「いったい何をしているのかな~」と見に行くと



押し花づくり用にいろいろな色の花を集めていたようです、出来上がりがどうなるか楽しみです!


そんな校庭の片隅に石の階段があります、時に子供が登って遊びますが何のための道具なんだろう

17:03 | 投票する | 投票数(18) | コメント(0)
2020/09/10

淡山疎水<後編>

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 昨日の<前編>に続き、「淡山疎水」の<後編>をお届けします。


<後編>の始まりは淡山疎水の白眉ともいえる「御坂サイフォン」から、サイホン?サイフォン?


 御坂サイフォンは淡河川疎水の途中にあり、三木市志染町御坂において山から降りてきた水が、谷を渡って川を越え、向かいの山へ再び登っていく水道管設備のことです。その真ん中あたりの水平部分が橋の構造になっており、「御坂サイフォン橋(通称:眼鏡橋)」と呼ばれています。


御坂サイフォンの断面図、3&4年生が社会科で使用している「わたしたちの神戸」よりの転載


眼鏡橋部分を前にして「皆さん、後ろを振り返って下さい、水が下りてくる水道管が見えますか」


「オーッ、確かに水道管が急角度で下りてきている!」、明治23(1890)年に完成したそうです



谷底(山田川と淡河川が合流して志染川となる部分)を超えて再び水を上げるのがサイフォンです


この橋の上部を水道管が通っています、手前のコンクリート部分は2代目で奥の石造りが初代です



石の橋脚がこの太い水道管を支えます、「流れる水の音が聞こえるかな」「自然に水が登るの?」


 なお、以下の記述は今回ご同道下さった職員の方から個人的に伺ったお話の紹介です。この御坂サイフォンについては「サイフォン」という名前が付いていますが、厳密には「サイフォン」ではないという意見もあるそうです。というのも、本来のサイフォンは「大気圧を利用して、高い所にある液体を、低い所に移すのに使う曲った管。管の最高部は液面より高い」(日本語国語大辞典)ものだそうですが、赤字部分が当てはまらないためだとか…。そこで、「逆サイフォン」という解説が加えられたり、「『連通管』という仕組みを利用した施設」と説明されたりすることもあるようです。専門家の解説だけに大変分かりやすく、勉強になりました。



続いて神出町にある「老ノ口分水工(水の行き先を分ける施設)」へ、溜池のすぐ傍にありました


水路に入るごみなどを回収する装置、維持管理し易い暗渠(蓋をした水路)が増えているそうです


疎水で丸い部分に流れてきた水は、水門(左:神出岩岡方面、右:魚住方面)で行先が分かれます


「ここから流れる水は次に練部屋分水所に行くんだ」「奥の門からは岩岡に行くって書いてある」


「こうやって運ばれてきた水のおかげでお米ができたり、作物が豊富に実ったりするんだろうね」


「いろいろと教えて下さってありがとうございました」、3人にお礼を言って見学が終わりました

17:01 | 投票する | 投票数(18) | コメント(0)
2020/09/09

淡山疎水<前編>

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 予告した「淡山疎水<前編>」です。淡山疎水(タンザンソスイ)とは「河(オウゴ)川・田(ヤマダ)川疎水」の略で、疎水というのは、灌漑 (かんがい=農業用に水を使用すること)や給水、舟運、発電などのため、土地を切り開いてつくった人工の水路のことを指します。淡河川や山田川から取り込んだ水が、神戸市西部~東播磨地域に運ばれ、近隣の農地を潤している状況を見に行ってきました。


淡山疎水概略図、現在は「東播用水」との併用で管理されて神戸市西部~東播地域を潤しています


9月8日(火)の朝、台風一過の好天のもと4年生がバスに乗って見学に出発「行ってきまーす」


一路針路を北にとり西盛口から三木市志染方面に向かいます、御坂を右折し淡河方面へ東進します


北区役所淡河出張所前の駐車場でバスから降車、南側の淡河川に向かって坂道を下っていきました



見えてきたのが水の取り入れ口である「淡河頭首工(トウシュコウ)」、さっそく説明を聞きます


扉が水をせき止めているから疎水に水が引き込まれますが、その扉を開けると川に水が流れました


この疎水の工事が始まったのは明治21(1888)年、その3年後に完成した当時の写真が【右】です


 今回の見学には兵庫県と東播用水事務所から3名の方が同行して下さり、丁寧な説明を聞くことができました。それによると、疎水の恩恵にあずかる地域では、採水地域の迷惑にならないよう水を引き込む(=取水)時期に配慮し、秋~冬季に限定していたそうです。と同時に、その限定期間に流れてきた水を、各地のため池に貯水して農業に利用したとのことでした。
 また、淡山疎水の山田川部分(山田川疎水)は、呑吐(どんと)ダムと衝原(つくはら)湖の完成後に使用されなくなり、現在は取水口などが解体されているそうです。ということで、淡河頭首工を見学した後は、呑吐ダムの見学に回ります。


呑吐ダムというのは国が計画・建設したダムです、堰堤部分からダム下流域を撮影した写真【右】


このダムの水は東播用水に供給され、灌漑以外に工業用や飲料用としても利用されているそうです


 呑吐ダムの建設に際しては集落が水没し、その中に日本最古の民家とされる国指定の重要文化財「箱木千年家」がありました(クリックすると神戸市の紹介ページが開きます)。保存のために移設され、もとあった場所から60~70m移ったそうです。


上で説明した「箱木千年家」です、写真は神戸市文化スポーツ局文化財課のHPから拝借しました


 ということで、今日のところはここまで。明日は「淡山疎水」の<後編>をお届けします。なお、今回2回分の記述に関して下記文献を参考にしました。ご提供いただいた方々に感謝申し上げます。


「淡河川山田川疎水」パンフレット(いなみ野ため池ミュージアム運営協議会・記録誌編集部会)


「いなみ野台地を潤す水の路~淡河川・山田川疎水記録誌~」(同協議会・兵庫県東播磨県民局)

17:10 | 投票する | 投票数(18) | コメント(0)
2020/09/08

先週の様子から

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 本日は、4年生が社会科で学習した「淡河川・山田川疎水」の見学に同行してきました。その規模の大きさや、恩恵の深さに改めて驚かされました。せっかくですので、その一端をお伝えするべく、明日からの二日間にわたり「淡山疎水<前編><後編>」として紹介します。その分、臨時休校になった昨日(9/7)に掲載できるよう作成した内容(先週に見かけた様子など)で、本日は代替します。ご容赦下さい。




「遊ぶぞー」、登校後&授業前の自由時間に見られる姿は「小学生らしさ」に溢れているのかも…



1年生がカタカナの勉強を頑張ります、図工で作った「風に揺れる飾り」が窓際で揺れていました



2年生は「かさ」の勉強、リットル(L)やデシリットル(dL)についてしっかり理解できたかな


3年生もドリルを使って漢字練習をしていました、書き順に気を付けて練習するようにしましょう



4年生が体育館でマット運動をしています、熱中症予防のため授業の途中で「水分補給タイム!」



その体育館は引き続き音楽のリコーダー練習会場に早変わり、距離をとっての実技なので仕方なし


どちらも窓全開で且つ扇風機やスポットクーラーをフル稼働、コロナ対策として今や必須アイテム



5年生は学習してきた「漁業」のテストでした、試験開始前に真剣に本を読んで予習していました



6年国語まどみちお作の詩「せんねんまんねん」、気付いた表現の工夫や効果を教科書に書き込み

17:12 | 投票する | 投票数(18) | コメント(0)
2020/09/07

暴風警報

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 台風10号の影響で、兵庫県南部に「暴風警報」が発表されていました。その結果、本日は「臨時休校」となりました。先週ご紹介した子供たちの予想が当たったことになります。


普段の登校時刻には一部に青空も見られ気象警報が出ているようには感じられなかったのですが…



雲の動きが早く、学校周辺の樹木も枝葉が大きく揺れ風のそよぎも普段以上に大きく聞こえました



運動場のあちらこちらに折れた枝が散らばっていたり、落葉がグランドの端に拭き溜まっていたり


普段は児童が通らないマンホール脇の土が崩れて陥没したりしていました(環境整備課へ連絡済)



校内にある柿の木から熟す前の青柿がいくつも落ちてしまっているのも強風のせいかもしれません



幸いグランドに置いていた植物のプランターや鉢などは、校舎内に避難させていたので無事でした


 朝に校内を見回った限りでは、その他に特段の被害や支障はなかったようです。お蔭さまで、明日は普段通りの授業ができそうです。校舎内の見回りで見つけた掲示物を紹介します。なお、本日中止になった給食の献立(マグロとひじきの煮物・キュウリのピリ辛炒め)は、明日にスライドして提供される予定ですので、予めお知りおき下さい。





いろいろと読んでもらうための工夫や素材を生かした努力の跡がうかがえました、ぜひ読んでね!

17:03 | 投票する | 投票数(18) | コメント(0)
12345

学校連絡先

神戸市立
押部谷小学校

〒651-2213
神戸市西区押部谷町福住四十代
           552-3
TEL:(078)994-0002
FAX:(078)994-0079

地図はこちら>>>
 

カウンター

COUNTER310561

カウンター履歴

28年度開始 187025
29年度開始 222830
30年度開始 253528
31年度開始 273754
R2年度開始 297005
 

オンライン状況

オンラインユーザー2人

著作権表記

・ 本サイトに掲載された文章、画像、ならびにその他のデータはすべて神戸市立押部谷小学校の保有する著作物となっております。
・ 無断に転載されるなどの行為はお避け下さい。