お知らせ

◆県教委からのお知らせ
・兵庫県教育委員会作成の下記チラシを、学校HPに掲載するよう依頼がありました。ファイル名をクリックしてご覧下さい。
210304「心のケア保護者向け啓発チラシ」.pdf


◆学習支援ツール「みんなの学習クラブ」下のバナー<猫の絵>をクリックして利用

 〇 ID ・パスワードの入力が必要です。 ID とパスワードが分からない場合は、学校へご連絡下さい。 
 〇使い方については、
下記の資料2「学習クラブの使い方」、資料3「学習支援ツールスマホ活用」を参考にして下さい
(スマホの場合、学校HPを閲覧する際にログイン画面が出ることがありますが、キャンセルして進んでください。背景が緑色の画面が表示された場合は、左下のパソコンのマークをクリックするとPC用画面に切り替わります)
 〇利用可能な環境にありながら、アクセスされていない状況の多さが課題と指摘されているようです。できれば「マイページ」機能に学習状況を記録するようにお願いします。

200414資料1_保護者向け案内.pdf
200414資料2-1_(小学校)学習クラブの使い方.pdf
200414資料3_学習支援ツールスマホ活用.pdf



 
日々の押部谷
12345
2021/03/05new

コツコツ

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 授業で、一度にまとめてたくさんのことを学ぶのはともかく、定着させるというのがなかなか難しいかもしれません。一つずつコツコツとこなしていくことや日々の積み重ねを続ける結果、多くのことを理解できたり身に付けたりすることができるようになるのでしょう。ただそのことが分かっていても、実際にそれを実践するのは至難の業‥カナ?!


3年生が移動教室で音楽室にやってきました、移動中は話し声を控えて靴も並べて脱いでいきます


授業前の挨拶で元気に「よろしくお願いします」「今日は初めに新しい先生の音当てクイズです」



「皆さんは音符で音の区別ができますね、では聞くだけで分かるかな」積極的に手が上がりました


「正解です」「ヤッター!」「では担任の先生にも挑戦して貰いましょう」「よーし任せなさい」

 意外に音当てクイズって難しそうです。でも楽しそうに音程や楽譜の勉強が進んでいっていました。当たっても間違っても、挑戦することやトライしようとする気持ちを大切にね!



こちら5年生は算数で角柱や円柱の勉強をしていました、まずは名称や定義の確認からしています



実物の角柱や円柱も用意されていますが、黒板のスクリーンに映し出されるのはデジタル教科書!


児童の手元には紙ベースの教科書、いずれタブレット表示のデジタル教科書に代わるのでしょうか



もしかしてノートに写したり定規で線を引いたり赤ペンで印をつけたりという作業も減るのかも?

 児童用のデジタル教科書については、学校教育に係る関係法令等が改正され、紙媒体のものとデジタルのものが併用できるようになっています。後者について文部科学省は、「その使用による教育上の効果・影響等を把握・検証する事が必要」と述べており、今後の見解が待たれるところです。外国には早々とデジタル教科書に切り替えたり、一方でマイナス面もあるとの判断から元に戻したりといった例もあるやに聞いています。難しい問題なのかもしれません。




さくら学級の二人が集中力を高めてけん玉に取り組んでいました、「ヤッター、先っぽに入った」

17:06 | 投票する | 投票数(13) | コメント(0)
2021/03/04new

だんだん‥

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 1年生の下校に合わせ、押部谷児童館まで児童を見送ることがあります。3学期も残り少なくなってきましたが、その時々の場面や様子に、季節の移ろいを感じとれました。だんだんと春らしくなっていくのが実感できています。



「歩いているうちに暑くなっちゃった、上着を脱ごっ」「僕なんか最初から脱いで鞄に入れたよ」


 その道々に梅か桃か、はたまた桜かと思われる花があちらこちらで咲いていました。2年生の児童から「この奥にもきれいに咲いているよ」と教えて貰ったものもあります。お天気が今一つの日に撮ったので、青空に映えた画像ではありませんがお届けします。



まさに満開といってもよさげな咲きっぷりの樹もあります、花が枝にくっついているから梅かな?


後者の白い花でメジロと思しき小鳥が花をついばんでいました、2羽いたので番いかもしれません


こんなにきれいなピンク色の花も別の場所に咲いていました、色合いはまさに桃色と言えそうです


更に別の場所に「しだれ桜」のようにも見える状態でピンク色の花がきれいに咲き誇っていました


「しだれ梅」という種類があるそうですが、咲きっぷりを見ると「桜じゃないか」という気もします



道々で小鳥の姿を見かけます、写真【右下】の画像は先日ご紹介したジョウビタキかもしれません


本日の20分休みにイベント委員会のお世話で地区別遊びが行われ、1~6年生が仲良く遊びました



中あてや転がしドッジボール・警ドロ・鬼ごっこなどを、グループ毎に決めてやっていたようです


とても良いお天気の中で先生たちも一緒に体を動かしていました、明日は筋肉痛にならないかな?


終了後は使用したボールを片付けたり、進行の際に使用した朝会台を元の位置に戻したりしました


お昼休みも太陽が照ってポカポカ、一輪車が広い運動場を爆走‥滑り台の上も気持ちよさそうです

17:03 | 投票する | 投票数(16) | コメント(0)
2021/03/03new

表彰

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 2月18日(木)に、「音楽発表会」を行ったことは既に紹介済みですが、その様子を録画したDVDを音楽の授業で鑑賞して、感想や反省を記入する取組が全学年で行われていました。


こちらは3年生の音楽授業の場面、大型テレビに映る発表会の模様を真剣な眼差しで見ていました


ちょうど6年生の演奏場面だったようです、ルーズになったりアップになったりする画面に釘付け


鑑賞が終わるとさっそく感想や反省をプリントに記入します、机の代わりに椅子を使用しています



こちら6年生が記入中です、中学以降はこのように全員で合奏する活動がもうないかもしれません


 さて、児童が作った図工作品や各種の掲示物を、折を見て本欄で紹介していますが、7月の半ばに下のような写真を掲載しました。記憶にありますでしょうか?その時は「えらく楽しげな絵が並んでいるな~」といった程度の認識だったのですが、とあるコンクールに出品されていました。


7月に掲示板を飾っていた作品群本欄7月14日に「図工・図工・図工?」として紹介してます
※下線部をクリックすると、当該記事のページが別窓で開きます

 実はそのコンクールの名前が、「令和2年度 歯と口の健康に関する図画・ポスターコンクール」というものでした。一般社団法人日本学校歯科医会が主催するもので、文部科学省他も後援していますが、口腔保健に関する理解と認識を高めることを目的に、44年の歴史を持つ取組だそうです。


パンフレットの解説を読むと、幼稚園児から高校生に至るまでの幅広い年代を対象としていました


 一昨日の本欄に、3月1日(月)の朝会で表彰を行った旨を紹介しましたが、それがこのコンクールに関するものでした。1年生が1学期に制作したものを応募した結果、神戸市コンクールにおいて市長賞・市教育長賞・市歯科医師会長賞・市学校歯科保健委員会賞の4つに選ばれたのです。


市長賞・市教育長賞・市歯科医師会長賞・市学校歯科保健委員会賞の4つに、本校が選ばれました



個々の児童名を紹介できないのが残念ですが、表彰状にきちんと各賞の名称が記載されていました


 更に特筆すべきは、市長賞を頂いた作品が神戸市の代表として全国コンクールに出品され、このたび表彰状や副賞が送られてきたという点です。


4作品のうち市長賞を頂いたものが全国のコンクールにも送られていて、合わせて表彰されました

 私たち教職員も全国の表彰状となると、なかなかお目にかかれるものではありません。貴重な機会ですので、作品と合わせて紹介します。


立派な証書ばさみに入れられている表彰状でした、肝心の作品は上記学校HPにも掲載しています
17:05 | 投票する | 投票数(16) | コメント(0)
2021/03/02new

清掃

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 明日は3月3日、校内の所々で「桃の節句」Or「ひな祭り」に因んだものを見かけました。 



1年生の教室前廊下です、色彩豊かな紙を使って作ったと思しきお内裏様とお雛様が並んでいます


2年生の教室には背面黒板の上の方に折り紙で作った飾りが貼ってありました、誰が作ったのかな



音楽室前3階廊下掲示板には、童謡「うれしいひなまつり」の歌詞が4番まで紹介されていました


給食室のおかず受領棚の扉部分にかわいい飾り付けが貼ってありました、雰囲気が盛り上がります



こちら図書室横掲示板、ひな飾りの人形の持ち物に特化した特集ですが「三方」って分かるかな?

※「三方」については、最下段の<クイズの答え>をクリックして確かめてね!


 ところで、学校の教育活動の一つに「清掃」があります。これは学校教育の基準を定めた「学習指導要領」の中に表記があり、各教科等と並ぶ「特別活動」という分野に出てきます。その中の「学級活動」という項目で掃除に言及されており、具体的には「清掃などの当番活動や係活動等の自己の役割を自覚して協働することの意義を理解し、社会の一員として役割を果たすために必要となることについて主体的に考えて行動すること」と表現されています。



低学年から高学年まで、自分たちの使った教室や廊下・階段などの清掃を一生懸命に行っています
 
 ただ、学習指導要領に記載があるのは上記の文言だけで、各教科のような年間の標準時数だとか週当たりの回数のような規定はありません。ましてや「毎日行う」か「どのくらいの時間する」のかは、実質的に学校の裁量に委ねられているといってもよいでしょう。それでも、日本の学校文化として、例えば日番(神戸ではこのように呼んでいますが、全国的には「日直」と表現されることの方が多いはず…)や係活動(黒板係とか照明係・配り係りなど…)と並んで、学校という集団生活の場をスムーズに潤滑させる役目を果たしているように思います。



掃き掃除だけでなく拭き掃除も重要です、でも箒(ホウキ)を使っての清掃は今や貴重な体験かも…


拭き掃除を行うということは当然ながら雑巾を使用するわけで、手洗い場の掃除も必要となります


学校のトイレは使いたくないと言われないよう頑張ります、学校にも「トイレの神様」はいるかな


雨が降っていなければ外回りの掃除もしなくてはなりません、3年生が中庭を担当して頑張ります



17:09 | 投票する | 投票数(19) | コメント(0)
2021/03/01

塩分

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 3月が始まりました。今朝からとてもいいお天気だったので、全校朝会が運動場で行われました。


BGMが鳴り始めると遊びを止めグランド中央に集合してきます、クラス毎に列を整えて並びます


「歯・口の健康に関する図画ポスターコンクール」表彰に続いて、5年生が挨拶の励行を呼び掛け


6年生児童のスピーチや今週のめあてが伝えられると校舎に向かいます、入り口までしっかり行進


 話は飛びますが、児童一人一人に情報端末(いわゆるタブレット型PC)を配布し、授業等で活用していく方針が、コロナ禍の影響もあって早まっています。卒業を控えている6年生への先行導入に続き、他学年への配布や使用も始まっています。今年度中は試験導入的な意味合いがあり、基本的に教室での使用を想定していますが、新年度からは自宅に持ち帰っての復習や宿題といった利用も可能となる予定です。


こちらは4年生、先にやるべき課題の終わった児童から三々五々タブレット端末を取りに行きます


こちらが各教室に備えられたタブレット充電保管庫、専用の電源プラグが台数分用意されています


使用しない時は鍵をかけて厳重に保管します、また電源と繋がっているので触ることもできません


1年生の教室に設置された同じ装置です、電源確保用に専用のコンセント差込口が新設されました




自分たちでパスワードを打ち込みロック解除、検索エンジンやお気に入りも使いこなしていました

 
 また、学校関係のニュースや話題に特化した「日本教育新聞」というものがありますが、その2月22日号の一面に「学校給食は減塩を」という大見出しが踊っていました。その直前に「給食ニュース」という刊行物でも同様の文言を見かけていたので、思わず集中して記事に目を通しました。


日本教育新聞2/22号一面トップ、実は「給食ニュース」2/8日号もよく似た内容が載っていました

 
 簡単にまとめると、学校給食で提供される食事に含まれる食品成分の含有量について、望ましい基準を示す「学校給食実施基準」なるものが改正され、1食当たりの食塩の含有量(ナトリウムの重さ表示)が引き下げられるという内容でした。


ニュースに記載の一日目標量は8~9歳で5g未満、給食では2g→1.5gに引き下げられるそうです


現状は一日3食+間食で10gほど摂取するケースが多いようで、中高生でも摂取過剰となります


カリウム含有量の多い食品を食べるといいようです、別の号に食生活に関する記事が載ってました


地産地消に関する記述とともに、お米を食べることを食料自給率の向上に向けて推奨されています


 一番最後に出てきたお米の問題ですが、先日の某ラジオ番組でも、今年度の稲作の作付面積を減らさざるを得ないと報道されていました。コロナ禍の影響で外食産業等におけるお米の消費が低迷、余剰米が大量に発生しているためだそうです。ステイホームの影響で自宅における米飯消費が増えているのかと思いきや、中食(購入したお弁当や総菜などの調理済み食品を自宅に持ち帰って食べること)・外食産業における落ち込み分をカバーできないようです。農林水産省が令和3年1月に出した「米の消費拡大について」という資料にも、日本のお米の3割は中食・外食で消費されているといった文章があったので、肯ける気がしました。残念ながら上記資料は同省HPから削除されてしまったようなので、その元になったと思われる「米の基本指針(案)に関する主なデータ等」へのリンクを下記に貼っておきます。その18ページに上記記述が記載されています。

・米の基本指針(案)に関する主なデータ等
17:08 | 投票する | 投票数(18) | コメント(0)
2021/02/26

すこやか健康教室

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 昨日はあれほどお天気が良かったのに、今朝は雨模様となり傘をさしての登校となりました。正門前の道は狭いうえに、県道神戸三木線(22号線)や平野三木線(83号線)のう回路にもなっているので、けっこう自動車の通行があります。できるだけ端によって一列で通るように心がけましょう。



車にオートバイ・自転車などがしばしば通るので、見守り隊の方が毎日立ち番に立って下さいます


 ところで、学校という組織では一般的な「勉強」以外にも、様々な学習や活動を行います。その一つに「学校保健委員会」というものがあります。これは簡単に言うと、「児童生徒の健康問題について、学校・保護者・地域・関係機関等が協議するための組織」ですが、こんな時節ですので一度に集まって活動するのは難しい状況です。そこで、今年度は特別活動で健康委員会に所属している児童が、コロナウィルスについて調べたりまとめたりしたことを、テレビ放送を通じて全校生に「すこやか健康教室」と題して広報しました。昨日の模様から紹介します。


朝の会とモジュール学習の時間を使って発表するのでメンバーが最後の原稿チェックをしています


いよいよ本番開始、自分達で調べた内容に合わせて作ったパワーポイントがTVに映し出されました


5年6年の教室でもテレビやプロジェクターのスクリーンに流れる画像や映像を真剣に見ています


ゆっくりはっきり低学年にも分かりやすいよう交代して話します、練習の成果が発揮できたかな?


健康委員会が一学期にとった本校児童を対象としたアンケート結果が発表内容に含まれていました


3年生4年生も画面を食い入るように見つめながらスピーカーから流れる音声に耳を傾けています


自分たちで撮影したくしゃみが届く距離の動画や、スパコン「富岳」の計算結果も流れていました


放送終了後には健康委員会のメンバーが各教室を訪れ、クイズを出して内容の確認をしていました


 練習の成果が出たのでしょう、低学年のお友達もクイズの時に「これ放送で言うとったで-」と答えていました。きっと内容がしっかり理解できたから、発言できたんだと思います。多分、準備に相当なエネルギーと時間を費やしたでしょうね。立派に成功させて良かったです。お疲れさまでした。



今回の発表で使用したスライドのうち何枚かが参考資料として保健室前掲示板に貼られていました
17:12 | 投票する | 投票数(18) | コメント(0)
2021/02/25

おひな様

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 昨日、押部谷保育所の幼児が本校へ施設見学に訪れていました。お天気がとても良かったので、見学日和となっていたようです。休み時間と重なった運動場見学では、在校生も興味深そうにその様子を見ていました。


施設見学に来たことを教頭先生に伝え「よろしくお願いします」「アッ、金魚やザリガニがいる」


「ここは給食を作る場所だね」、建物の外に出ると中庭に大きな池がありました「お魚いるかな」



「前に見えるのが運動場ですよ」小学生がその様子を興味深げに見ています「先生、久しぶりー」


「砂場がとっても大きいね」「ウサギさんがいるよ」、小学校の様子を少しはイメージできたかな


 さて、早いもので2月に学校へ来るのは明日一日だけとなりました。今週が終わって次に登校する時は、もう3月に入っています。3月といえば、女子児童(幼児)と関わりの深い「桃の節句」、いわゆる「ひな祭り」がありますが、学校で勤務していると卒業式や年度末を控える時期と重なるせいか、なかなかその話題が出ないように思います。それでも以前、勤務していた学校で、3月3日にちなんで、いわゆるお雛様「=雛(ひな)人形」を飾ったことがあります。七段に緋毛氈(ひもうせん)を敷く立派なもので、それだけで校内に彩りと華やかさが加わったように感じられました。



玄関脇に同窓会のスペースがあり、七段飾りの豪華な「雛人形」が彩りも鮮やかに並べられました


最上段のお内裏様とお雛様の並んでいる脇に、木製の札で「京雛」と書かれたものが立っています

 
 実は、並べる際に職員の間でちょっとした議論になったことが、今も記憶に残っています。というのも、人形を含む付属品の並べ方がよく分からなかったからです。極端な話、最上段に位置するお内裏(だいり)様とお雛様そのものも、どちらが右でどちらが左かはっきりしなかった(≒意見の対立があった)という訳です。皆さんはご存じでしょうか。

 こんな時代ですので、インターネットで調べることは簡単です。検索してみると二段目から三人官女(さんにんかんじょ)・五人囃子(ごにんばやし)・随身(ずいじん)・仕丁(しちょう・じちょう)と下っていくことが分かりましたが、重要なのが上の写真にある「京雛」という表示でした。

 というのも、「京雛」以外に「関東(江戸)雛」というのがあるようで、両者は最上段二体の位置が左右逆になるというのです。果たして初めに飾った並べ方は、「京雛」と表示されるにふさわしいものだったのか…。

 結果、最初の位置取りは「関東雛」の並び方であることが分かりました。「京雛」は向かって右側に男性の人形を置き、「関東雛」は左側に並べるのだそうです。



ということで、遅ればせながら最上段二体の人形の位置を左右入れ替えて並べ直すことにしました


 何故このような違いが生じたのか、不思議に思ったので探ってみると、明治維新以降の西洋文明導入と関わりがあるようでした。古来より日本では「左上位」の原則(あくまでも並ぶ当事者から見ての話)があるそうで、明治天皇の頃までは「京雛」式の並び方が一般的だったというのです。

 ところが、その後に「右上位」の国際儀礼を採用したことから、外交など国際舞台におけるマナーと同様の並び方が、「関東(江戸)雛」として取り入れられたのではないかという訳です。そういわれてみると、オリンピック等の表彰式でも、金メダルを授与されるご本人の右側に銀メダル、左側に銅メダルの受賞者が並びます、むべなるかな!(と書きつつ、どちらの並べ方にしても「男性上位」の考え方が基礎になっているのは認めざるを得ません)



これで「京雛」の完成、一方で二段目「三人官女」についても話が広がりました【は関東雛式】

 三人官女に関しては、その表情や雰囲気に若干の差がある…と感じてはいたのですが、個人の顔立ちの違い位にしか認識していませんでした。ところが、これについても意識的に描き分けているとのことです。


両端に立っている女性の眉は描かれていますが、中央の座った女官【右】の眉は描かれていません

 この違いは中央の女性のみが既婚者であり、両端の女性よりも年齢・地位共に上であることを示しているそうです。そういわれてじっくり観察してみると、中央の人形の口元は「お歯黒」を付けているようにも見えます。たかが人形の並べ方に端を発した話でしたが、考えてみると一口に「雛人形」といっても、そのいわれや伝統には奥深いもののあることが分かりました。


昨日おしんべ幼稚園評議員会でお邪魔すると七段飾りがありました、上記話題で盛り上がりました

17:03 | 投票する | 投票数(18) | コメント(0)
2021/02/24

多様性

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 22日の月曜日に、外部講師の方をお招きし「多様な性について考える」学習会を行いました。2学年ずつ(1&2年・3&4年・5&6年)発達段階に応じる形で、「性的指向と性自認」といった内容について、全校で考える機会を持つことができました【写真は1&2年生の授業の場面です】。



動画を見たり絵本を読んでもらったりしながら1&2年生が講師さんのお話を真剣に聞いています



意見を言ったり感想を述べたりする場面でも、積極的に手を挙げて発言する姿が多く見られました


 この「多様な性について考える」、又は「性的指向と性自認」の話題は、短く「LGBT」という言葉で表現されることもありますが、「いじめ」や「差別」につながる人権課題として、昨今は学校現場でもその重要性が高まってきています。


性的少数者に関する人権啓発リーフレット(子ども向け) ←クリックするとファイルが開きます

 
 一般的な大人向けの詳細を詳しく述べる余裕が本HPにはありませんが、法務省人権擁護局というところのHPで解説されている内容が大変分かりやすく、かつ端的にまとめられていますので、ぜひ下記リンクをクリックしてご覧になってみて下さい。

・多様な性について考えよう~性的指向と性自認~


 閑話休題、その月曜日には、音楽発表会用に体育館に並べられていた楽器や椅子の撤去作業が、5&6年生合同で行われていました。



来週3月になると6年生の卒業式練習が始まります、椅子やシートはそのまま使用でする予定です
17:11 | 投票する | 投票数(18) | コメント(0)
2021/02/22

手持ち

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 今朝のお天気はまさに「快晴」と言えるもので、一片の雲も見えない青空でした。気温も4月中旬並みに上がるとのこと。このまま春に突入するのでしょうか。


見事な青空が広がっていました、正門の日陰部分も朝8時前にはご覧の通り随分狭くなっています


月曜日なので全校朝会が放送で行われます、本日実施する外部講師の授業に関し説明がありました


 さて登下校の様子を見ていると、このような季節ですが多くの児童が水筒を持参している事が分かります。同時に首や肩から紐(ひも)やベルトで吊るす以外に、けっこう手で持っているケースの多いことに気付きました。



寒い季節でも水分補給は重要、肩や首から吊るし水筒を持ってきている児童をたくさん見かけます



ところが登校してくる様子を見ていると水筒そのものが腰より下に位置するケースも多いようです





意外と取っ手やベルト部分を手で握って持ってきている児童が多いなと思ったのですが気のせい?


3年生が国語の「わたしたちの学校じまん」という単元でグループに分かれて話し合っていました


まずは自分の意見をしっかり持つとともに、友達の意見を聞いて修正したり加筆したりしています


正しい言葉の使い方や効果的な表現について国語辞典を調べ工夫をしているようです、頑張ってね


その3年生は算数の時間にコンパスを使って円を描いていました、うまく描くにはコツが必要です


円と円を組み合わせて模様を描き更に色鉛筆で彩色していきます、楽しみながら作業していました



後で教室を再訪問すると作品が掲示されていました、色やデザインに個性が出るのかもしれません

17:03 | 投票する | 投票数(18) | コメント(0)
2021/02/19

偶数学年

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 天気予報によると、本日は「晴」マークが出ていたように思いますが、朝の段階では曇っていました。気温も「高くなる」といっていたはずなのに、指先が冷たく感じられます。そんな中を児童は元気に登校してきました。


低学年から高学年まで仲良く登校してきます、登校班ではありませんがグループっぽく見えますね



教室にランドセルを置き健康観察カードを提出したら運動場へダッシュ、「早く鍵開かないかな」



曇り空ですが体育倉庫や用器具庫の物品(一輪車・フラフープ・缶ポックリ等)を使って遊びます


 では昨日に続いて、今週の授業の場面から偶数学年の様子を中心に、いくつかご紹介します。



2年生が「楽しい思い出」を粘土を使って表現するようです、押したり延ばしたりして頑張ります


ヘラを使ったり指先を器用に使ったりしながら次第に形が作られていきます、何ができるのかな?


こちら4年生はプログラミングに関する導入場面、実際にロボットを使って授業を進めるようです


プログラムを組み合わていくことで、ロボットが動いたり止まったり音を出したり光ったりします


さっそくグループに分かれて端末を操作していきました、実際にどう動くかはこの後のお楽しみ…



6年生が一人一台の学習用コンピューターを教室で活用できるGIGAスクール端末を使って学習中


自分が将来つきたいなと思う職業の事を調べます、検索システムを使い候補を絞り込んでいきます



めざす職業や仕事が表示されたらクリックし更に詳しく調べます、「内容はどんな感じかな~?」


学習支援担当者が学習園の手入れをしていました、柵のようなものを立て紐で結んでいるようです


よく見ると稲を収穫した後の藁(わら)でした、エンドウ豆の支柱代わりに活用するとのことです

17:03 | 投票する | 投票数(19) | コメント(0)
2021/02/18

奇数学年

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 本日は、中止になった学校公開デイで予定していた「音楽発表会」が行われました。兄弟学年で2学年ずつがペアとなって(2&4年・1&6年・3&5年)、演奏と鑑賞を行いました。


写真は5年生の演奏です、卒業アルバム用写真撮影のついでに全学年が写真を撮影して貰いました


演奏終了後に聴いた感想を伝えます、5年生の演奏を聞いた3年生がたくさん手を挙げていました


上級生の前でも恥ずかしがらずに堂々と自分の意見を発表できるのは、とても素晴らしいことです


 では、今週の授業の場面から、奇数学年を中心にいくつかご紹介します。


1年生が算数で文章題によるたし算・ひき算の勉強を頑張っています、+か-か迷ってないかな?


「では確かめ問題に挑戦しましょう」「ウーン、問題をしっかり読んで+か-かを考えなきゃ…」


珍しく3年生が理科室で授業をしていました、「ものの形と重さ」について実験を通して学びます


上皿天秤や電子台秤(デジタルスケール)を使って、ものの重さを測ったり比べたりするようです



アルミホイルを折り畳んで形を変えたり、粘土を丸めたり伸ばしたりして重さの変化を確認します


5年生は保健の授業で「交通事故によるけがの防止」です、自転車の事故の多いことが分かります


例えば歩道橋がなぜあるのか、どんな所に作られるのかについて自分の考えをまとめ書き込みます


プロジェクターで教科書が拡大投影されるだけでなく、スクリーンに赤字で書き込むことも可能!

23:06 | 投票する | 投票数(19) | コメント(0)
2021/02/17

練習風景

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 本日の給食の献立は「神戸ハッシュドビーフ」でした。なぜ「神戸」と頭に付くのか?察しの良い方ならご想像がつくと思いますが、兵庫県産の高級食材を使用する「豪華な給食」の一環として、「神戸ビーフ」が使用されているためです。なお、今年度の神戸ビーフ提供は本日が最終とのことでした。


献立表にも「神戸ビーフ」の文字が踊ります「先生、今日のハッシュドビーフは神戸ビーフやで」





1年から6年までおいしそうに食べていました「ハッシュドビーフやからやっぱりご飯にかけよ」
 

 さて、明日の授業参観が中止となった関係で、「音楽発表会」も保護者の皆様に見て頂く事ができなくなりました。各学年の児童はお家の方に見て貰うべく頑張っていたので、雰囲気だけでもお伝えするべく、練習の様子ですがご紹介します。



        【1年】ミッキーマウスマーチ・さんぽ・おどるポンポコリン



             【2年】たいこリレー・崖の上のポニョ



        【3年】ドレミのうた・レッツゴーソーレー・せいじゃの行進



       【4年】ラ=クンパルシータ・もののけ姫・魔法のすず・紅蓮華



              【5年】ルパン三世のテーマ・炎



         【6年】カノン・L-O-V-E・越天楽今様・夜にかける



 昨日までの陽気から一転、今日は冷たい風が吹いています。それでも、おしべの森にある梅の木に、またまた変化がありました。



つい先日まで蕾の状態だった白梅が開花し始めました、先日紹介した紅梅よりも少し遅いようです
17:03 | 投票する | 投票数(19) | コメント(0)
2021/02/16

力作

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 天気予報では北日本、特に日本海側における荒天(猛吹雪や大雪など)が警戒されているようでしたが、こちら神戸は昨日の降雨から一転、良いお天気でした。休み時間に運動場で元気に遊ぶ姿が見られました。



良いお天気で遊んでいても気持ちよさそうです、中には半袖半ズボンで遊ぶ姿も見かけられました


 さて、校内を巡っていると、図工などの授業で制作した作品が、廊下や階段の掲示板等に飾られていることがあります。じっくり眺めると、ユニークというか個性溢れるものがけっこうあり、見ていて楽しませて貰えます。少し前の分も含めて紹介します。


まず1年生「のってみたいな いきたいな」というタイトルが付いていますが、どんな感じでしょう



あえて作品の解説は載せませんので、それぞれの作品の表しているものを想像しながらご覧下さい

 念のため、それぞれのタイトル(題名)のみ下記に順不同で記しておきます。参考になればご活用下さい(ただし、全て漢字表記に改めています)。
1.大冒険
2.AI搭載中の車
3.猫ランド
4.クラゲに乗って海を大冒険
5.キラキラの世界
6.宇宙でキャンプ
7.海から出た魚たち
8.氷で遊ぼう
9.水中の世界





1年生が創造力や表現力を精一杯発揮して描いていることが伝わってきました、力作に大きな拍手


先輩の2年生も負けてません「〇〇となかよし」というタイトルで作った紙版画が掲示されてます




乗り物に乗ったり、動物にまたがったり楽しく遊んだりしている世界が色とりどりに描かれてます


こちら3年生が工夫したのは「飛び出す絵本」ではないですが、開閉扉を組み込んだ水彩画の作品


全作品に観音開き形式のドアがなにがしかの形でデザインされていますが、題材は自由のようです  
                                      


何をイメージして題材を選んだのか興味深いです、窓の向こうの景色と手前の対比が楽しめました

17:09 | 投票する | 投票数(18) | コメント(0)
2021/02/15

未公開シーン

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 本日は朝から雨模様で、登校の時間帯から本降りとなっていました。傘をさしての登校は見通しも悪く、傘の分だけ広がりやすいので、普段以上に交通安全に気を付けたいものです。



今回の写真には写っていませんが、この道は車の通行量も少なくないので十分に気を付けましょう


校舎に入る前に傘の滴を落としたりきちんと畳んだりしていました、マナーとしていいことですね


 さて先週の学習の様子から、紹介仕切れなかったものを中心にお届けします。他にも特徴的な活動がありましたが、写真を写すことができず載せられなかったケースもあり、ご容赦下さい。


1年生が算数で「ビルを作って説明しよう」という単元を学びます、ブロックを使って説明します


「ウーン、どんな風に並べようかな」「横に5個並べてその下に同じ数だけ並べるとできるかも」


「横に5列で縦は3段のビルだよ」「僕は縦に20個を一直線に並べて背高ノッポのビルが完成だ」


2年生が国語の「スーホの白い馬」に関連しモンゴルについて、外部講師の方を招いて学びました


もともとモンゴルの人は、このような移動式テント(ゲル)で生活をすることが多かったそうです


動物を育てるための餌となる草を求める遊牧が盛んだったからです、「馬頭琴」はこんな楽器だよ


その他モンゴルの生活を伝える本を紹介して貰ったり子供の遊びについて教えて貰ったりしました


5年生の「図工」、画用紙や複数の色の紙を用いて市松模様を真似た各種デザインに挑戦しました



模様に用いる紙はもちろん、紙を挟み込む切込線もカッターナイフで丁寧に作業を進めていきます


作業途上の場面しか見ることができませんでしたが、いろいろ考えながら創作を楽しんでいました


こちらは6年生の「理科」、「光電池」の実験結果についてノートに丁寧にまとめているようです



モーターや簡易検流計、さらには電気の力でメロディーが鳴るブザー等を用いて実験していました


いわゆる自然の光(=太陽光)だけでなく懐中電灯や白熱電球の光でも発電するか確かめています


更に6年生は税理士さんを講師に招いての「租税教室」も行われていました、税金のお話ですが…



「税って何かな?」という冊子が全員に配布され、難しい内容が小学生向きに解説されていました

17:08 | 投票する | 投票数(18) | コメント(0)
2021/02/12

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 朝に正門で児童の登校を出迎えていると、上の方から「チュン、チュン」と雀のさえずりの聞こえることがあります。最近は寒さの緩む日もあるせいか、見かける姿が多くなったように感じますが、時に姿が見えず鳴き声だけが聞こえることもあります。



多いのは運動場南側の電線でさえずる姿ですが、正門西側の桜で鳴く姿を見かけることもあります


姿が見えずさえずりだけ聞こえることもあるのですが、こんな所から鳴いているのかもしれません
※それにしても緑色のテープがなぜこんな場所に?もしかしたら雀自身が持ち込んだのかな…


青空をバックに飛行機雲が姿を見せることもあります、朝からジェット機が飛行しているようです


1年生が運動場で凧揚げに挑戦していました、この日は風がそこそこ吹いていて揚り易いようです




先生達にも手伝ってもらいながら、次第次第に空高く揚っていったようで歓声も聞こえてきました


3年生が保健の授業で「部屋の明るさと健康」について学んでいます、目や視力を大切にするには



先生からの質問に対し、自分の気が付いたことや考えなどを積極的に手を挙げて発表していました



こちら6年生は、ほうれん草とベーコンやスイートコーンを使った「炒め物料理」の調理実習中!



一人一皿ずつ(自分の食べる分を自らの手で)調理していたようです、男女関係なく頑張ってます


おいしそうな料理ができていました、手洗い消毒はもちろん用具の片付けも丁寧に行っていました


放課後になって1&2年生を児童館まで送りに行った際に、上の写真のような小鳥を見かけました


「ヒッヒッ」と鳴きながら移動しています、調べてみるとジョウビタキという小鳥の雄のようです

17:08 | 投票する | 投票数(18) | コメント(0)
2021/02/10

ボールけりゲーム

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 2年生が体育で「ボールけりゲーム」を楽しんでいました。足で蹴ったボールが、コーンに渡した虎バーの下を通り抜けると得点になるようです。攻守所を変えながら、積極的にボールを追いかける姿が見られました。


「では今からゲームを始めるのでボールを半分片付けましょう」「ヨーシ勝利めざして頑張るぞ」


2チームに分かれて対戦しますが攻める側と守る側は時間で交代、攻撃側は一人1球の持ち球です


守備側の後ろにあるコーン(+虎バー)の下をボールが潜っていくと、得点が認められるようです



得点に向け敵味方それぞれの攻防が見られました、いかに守備の少ない状況でシュートを放てるか



もちろんいつも成功する訳ではありません、ボールを奪われたりシュートを阻まれたり転んだり…


それでもボールを追いかけシュートが成功した時の気持ちよさは頑張ろうという気持ちになります


 ところで先週末辺りから、「おしべの森」にある「紅梅」がきれいに咲き始めています。ちょっと見栄えのする写真が撮れたので、何枚か紹介します。児童の皆さんも、折を見て梅の香りに親しんでみて下さい。





梅の花が咲き始め青空に映えていました、蕾もたくさんあるのでこれからしばらく楽しめそうです


梅の手前のモクレン(またはコブシ)も芽が膨らんできました、上を向いて咲いたらモクレンかな


17:05 | 投票する | 投票数(18) | コメント(0)
2021/02/09

やってみよう教室

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 昨日の1時間目、1年生を対象とした「やってみよう教室」が体育館で行われました。これは神戸市教育委員会から委嘱を受けた外部指導者が、1年生児童を対象に「体つくり運動」を指導して回るもので、本校は今年度2回目の実施でした。


1年生が体育館で準備運動をしていました、「さあ今日はマットを使って体をいっぱい動かすよ」


「では赤帽の人は飼育員になってアザラシさんを転がしてみましょう」「ムム…意外に重たいぞ」


「今度は掛け出そうとする犬に引っ張られないよう踏ん張ってみましょう」「あ~逃げられる…」


「マットを中央に集めて敷きましょう」「人が手をつないで作った檻の中から抜け出せるかな?」


「続いてフラミンゴ鬼ごっこをやります」、檻の中にいるお友達に靴を渡して助け出すのですが…


もし途中で鬼にタッチされると自分が靴を片方脱いで檻の中に入ります、「アー捕まっちゃった」



でもフラミンゴで片足立ちの間はタッチされないのでうまく活用します「楽しく運動できたかな」


 この取組に続いて、体育館では18日(木)の「音楽発表会」に向けた会場づくりが行われました。シートを敷いたり椅子を並べたり、楽器を移動したりして演奏会場を作っていきます。


まずはモップを掛けたり箒(ホウキ)で床を掃いたりして、体育館の清掃やごみ集めを行いました



ある程度の清掃と並行して平均台やマットなど体育用具類を運び出し、椅子を出す準備を行います


パイプ椅子は必要数をいったん体育館の外に運び出して並べておきます、その作業が終わると次は


床全面にシートを敷き詰めます、でも1枚のシートがけっこう大きくて重いので作業量はタップリ



シート敷きの状況を見計らいながら、南館3階の音楽室から各種の楽器類を体育館に運び入れます


楽器本体はもちろんですが、太鼓を演奏するバチや譜面台といった小道具類も運ぶ必要があります


それらの作業と並行して客席用の椅子を並べます、コロナ対策で例年以上に間隔を広く取りました


4~6年の頑張りで「音楽発表会」会場が出来上がりました、緊急事態宣言は解除になるのかな?
17:03 | 投票する | 投票数(18) | コメント(0)
2021/02/08

ラジオ体操教室

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 朝、3年生が学習園の辺りに集まって、何やらかまびすしい様子です。見に行くと世話をして育てていた野菜類が、鳥獣被害にあって見るも無残な状態になってしまったようです。


「アレッ、先週末に見て帰ったのと変わってる」「ホンマや、葉っぱとかが全部なくなっとうで」



ブロッコリーや白菜の新しい葉の部分が食べ尽くされています、犯人は樹上にいたヒヨドリかな?


 そんな1週間の始まりでしたが、本日の全校朝会はテレビ放送で行われました。 



6年スピーチや今週のめあてなどがTV画面に加えて、プロジェクターでも拡大投影されていました


 さて、先週の金曜日(2/5)4時間目、6年生児童向けの押部谷中学校入学説明会が本校で行われました。例年なら各小学校の児童を集めて中学校で行われるものが、今年度はコロナ禍の影響で実施できなかったので、今年は校長先生自ら各小学校を回って、授業形式で説明して下さいました。


休み時間のうちに教室を訪れ、プロジェクターとパソコンを接続してプレゼンの準備をしています


押部谷中学校の古賀校長先生自ら6年生に語ったり質問に答えたりしてくれるので盛り上がります


授業のことや部活動のことなど話は多岐にわたりますが、分かりやすく丁寧に説明して下さいます


終了後には感想や質問を書くアンケートが配られました、熱心に書き込んでいる姿が見られました


 中学校生活への期待が膨らむと同時に、少しは不安が和らいだかもしれませんね。話は全く変わりますが、
運動委員会のお世話で、昼休みに「ラジオ体操教室」の開かれることがあります。教室といっても別に講習が行われるわけではなく、BGMをかけて体を動かそうというものですが、呼び掛けに応じて参加する児童がいる風景に癒されます。


「さあ、今日は何人が参加してくれるだろう」「そろそろ音楽をかけて始めますか」てな感じカナ?


集合場所に三々五々集まってきました、やるやらないは本人の自由なので最初の人数は少なめです



途中からの参加者もいるので最終的には倍くらいの人数に増えていました、いい運動になったかな

17:11 | 投票する | 投票数(18) | コメント(0)
2021/02/05

楽しみながら…

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 今朝はそこそこ冷え込んでいたのか、運動場にある用具の一部が白くなっていました。通りすがりに気づいたり遊ぼうとして戸惑ったりしている児童の姿がありました。



まだ日陰の多い正門を通り登校する児童、運動場のあちらこちらに白くなっている箇所があります


「この白いのって霜って言うんじゃないかな?」「ウーンこのままじゃブランコに座れないね~」


スズメも体を寄せ合って暖をとっているのかな?南の空に「下弦の月」がきれいに見えていました


 さて、本館南側の黒板掲示は、毎月その時々の季節や話題に応じて「詩」をメインに紹介していますが、今月は本校児童が国語の「詩」の学習で創作した作品を掲載しました。「こたつは集会場」というタイトルですが、ご家庭のほのぼのとした様子が子供らしい視点で描かれています。もっとも季節的に一番寒い時期を想定して選んだのですが、関東地方では昨日「春一番」が観測されたとか…。もしかしたら、意外に早くこたつのありがたみが減じるかもしれません。


家族でこたつに入ってみかんを食べる、冬の日本の「風物詩」ともいえる光景が目に浮かびました

 
 学習の成果物としてこのような作品になることもありますが、今まで知らなかったことを知ったり、できなかったことができるようになったりするのも学習です。また友達と協力して、一人では体験できない取組に挑戦することもあります。できればそういった経験を楽しみながらたくさんできるといいですね。


4年生が体育で「短縄跳び」をしていました、寒風吹きすさぶ中でなく陽射しもタップリで何より



左右開閉跳び・綾飛びなども頑張ってます、跳んでいるうちに体が温まったら上着は脱ぎましょう




音楽室で合奏を頑張っているのは3年生、「ドレミの歌」や「聖者の行進」などを奏でていました


2年生が制作していた「紙版画」が完成したようです、「名前カードを書いて持ってきて下さい」


完成した作品が続々と黒板に貼られます、色紙を貼り付けて描いた原画を和紙に転写していました


「校長センセー、どっちが元の絵か分かる~?」「僕の完成品はこれだよー」みんな楽しそうです


1年生が時刻や時計の勉強を頑張っていました、日常生活で欠かすことのできない大切な内容です


先生の説明や例示をしっかりと聞きます、なぜか右の写真の時は全員の手が元気よく挙がりました


出題された問題に一生懸命取り組んでいます「ウーン難しい」、一人で正解にたどり着けたかな?

17:09 | 投票する | 投票数(18) | コメント(0)
2021/02/04

つかとあた

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員室
 一昨日が「節分」でしたので、昨日が「立春」だったことは以前も紹介しました。この「立春」というのは、1985(昭和60)年以来ずっと2月4日という年が続いていたそうですが、37年ぶりに日付が移動したと一部で話題になっていました(因みに37年前にあたる1984年の「立春」は2月5日だったとか…)。今年のように2月3日が「立春」になったのは、実に1897(明治30)年以来124年ぶりのことだとの報道がありました。とはいっても、日常生活でそのような違いを感じることはまずないのでしょうが、朝に正門で児童の登校を迎えていると、確実に季節が進んでいることが分かります。


児童を出迎えるために午前8時前に正門に向かうと、その周辺はまだ影の部分がほとんどですが…


多くの児童の登校が完了する8時15分頃になると暖かい日向部分の増えてきているのが分かります


 12月頃は児童の登校時間帯に日向部分が正門付近に現れず、気が付くと足がしもやけになっていました。これからは日陰を避けて立つことで回避できそうですので、季節の変化をありがたく感じます。もっとも夏が近づいてくると、今度は逆に暑さを避けるため日陰が恋しくなるのですから、勝手な言い分だなぁと自分でも思います。



職員室に戻ると4年生が盲導犬協会への募金を呼び掛けています、さっそく協力し「チャリーン」



本日の新1年生保護者向け「入学説明会」、検温は手首をかざすと自動で測定できるスグレモノ!


登下校の際に使用する道路の説明や、学用品等の準備&使い方について予め情報を提供しています


体操服の見本展示や各種学用品類の販売も行われていました「体操服すぐに小さくなるかしら?」


説明会終了後に会場の多目的室を明日からの授業に備え片付けます、アルコール消毒も行いました

 
 さて、タイトル欄にある「つかとあた」と聞いて(読んで…)、何のことかお分かりになるでしょうか?即座に答えられるとしたら、よほど日本語に関する知識が豊富な方か、もしくは小学校(算数)教育に精通されている場合だと思います。その訳をご説明すると…。


3年生の算数の授業です、みんな一生懸命に先生のお話を聞いたりノートに写したりしていました


授業の中身は「何倍にあたるか」、その中に普段はあまり耳にしない語句が何度か出てきました…



プロジェクターで拡大投影された画像や教科書に、「つか」という表現が何度か使われるのですが


 実はこの「つか」というのは、昔の日本で使われていた長さの単位だそうで、手の指4本分(≒握りこぶしの横幅)にあたるようです。同様に、「あた」というのは掌を開いた時の親~中指間の長さのことで、教科書にもその記載がありました。


握りこぶしの横幅が「つか」、同様に広げた掌の親~中指間の距離を「あた」と表現していました


 このことは、2年生の算数下巻で初めて出てくるのですが、あまり馴染みのない言葉だけに、戸惑われる方も多いことでしょう。先日も学校だより2月号に、「昔、習った知識だけで歴史の話はできない」と書きましたが、今回も似たような感想を持ちました。少なくとも30年以上前に小学3年生を教えた時は、「つか」も「あた」も教科書に登場していなかったのですが…。


昨年度の2年算数下巻(東京書籍版)、「あた・つか」以外に両手を広げた「ひろ」が出ています


 類似のケースとして、液体のかさを示す時に使う「リットル」を挙げることができます。以前はリットルを表す単位を「」と小文字風筆記体で表記していましたが、現在は「L」という大文字で書き表します。また天気予報などで、台風の勢力を表す時に使う「ヘクトパスカル(hPa)」という単位も、昔は「ミリバール(mb)」と言っていました。探せば同じような変更が他にあるかもしれません。その時々の最新の情報に敏感でなくてはならないな…と改めて感じています。
17:13 | 投票する | 投票数(18) | コメント(0)
12345

学校連絡先

神戸市立
押部谷小学校

〒651-2213
神戸市西区押部谷町福住四十代
           552-3
TEL:(078)994-0002
FAX:(078)994-0079

地図はこちら>>>
 

カウンター

COUNTER329939

カウンター履歴

28年度開始 187025
29年度開始 222830
30年度開始 253528
31年度開始 273754
R2年度開始 297005
 

オンライン状況

オンラインユーザー4人

著作権表記

・ 本サイトに掲載された文章、画像、ならびにその他のデータはすべて神戸市立押部谷小学校の保有する著作物となっております。
・ 無断に転載されるなどの行為はお避け下さい。