COUNTER

COUNTER147041






 
 

インフルエンザ対策

出席停止届・登校許可書・登校証明書のダウンロードはこちらから
外出後の手洗い・うがいの励行、予防接種等必要な予防手段をしっかりとってください。
提供→神戸市保健福祉局 予防衛生課

 

教科書採択理由

平成29年度使用教科図書一覧を掲載しました。詳しくはこちらをクリックしてください。
 

LINK







 



こうべっ子悩み相談 

「いじめ・体罰・こども安全
ホットライン」

フリーダイヤル 0120-155-783
有料ダイヤル (078) 361-7710
全国統一24時間子供SOS
ダイヤル 0120-0-78310
 
 
 

 
「ESD推進ネットひょうご神戸」
六甲アイランド高校はESDを
推進しています
 





相互情報連絡制度

児童生徒の健全育成のための
学校と警察における相互情報
連絡制度に係る協定について

神戸市教育委員会たより
 

同 窓 会
 

育 友 会
 

ベネッセコーポレーション
個人情報漏えい情報
 

脳脊髄液減少症について
 


微笑粒子状物質(PM2.5)に
関する対応
 

 六甲アイランド地域振興会
 

 

日誌

新規日誌40
123
2017/08/30

『SSH課題研究発表会』開催のご案内

| by:編集管理者
  9月29日(金)にSSH事業の一環として『SSH課題研究発表会』を開催することになりました。
総合科学系や各系代表生徒が取り組んだ課題研究の成果を、口頭発表形式やポスター発表形式で発表いたします。
保護者の方もぜひお越しください。(保護者の方は申し込み不要) 
中学校・学校関係者の方は参加申込書をFaxにてご送付ください。 
*参加申込書はこちらからダウンロードできます→ 課題研究発表会案内.pdf
      日  時: 平成29年9月29日(金) 14時00分 ~ 16時30分 (受付 13時30分~)

     会  場: 神戸ファッション美術館・オルビスホール
              〒650-0032 兵庫県神戸市東灘区向洋町中2-9-1

     そ の 他: 受付は神戸ファッション美術館・オルビスホール入口にて行います。
 

15:26
2017/07/27

『English Island』が開催されました

| by:編集管理者

 721() 神戸市のALT21名が講師となり、理科の実験を通じて英語で遊び・学び・楽しむプログラム『English Island』が開催されました。第3回目となった今回のテーマはSPACE 「宇宙」。カナディアン・アカデミーからの参加生徒4名を含む計73名の生徒が参加しました。ペットボトルロケットが飛ぶ仕組みを英語で理解し、また飛距離を伸ばす方法・工夫を英語で話し合う中で、英語によるコミュニケーションへの積極的な態度や、英語を学ぶことへの意欲を高めることにつながったと思います。作成したペットボトルロケットを六甲アイランド芝生公園にて実際に発射し、期待以上の高度まで打ち上げられたロケットを見て、大きな歓声が上がりました。
多くの生徒たちは春のイベントにも参加しており、継続的な参加状況から、このイベントの満足度が非常に高いことが伺えます。

「英語でのコミュニケーションって楽しい!」と次回への期待を寄せる感想も多くありました。




  

  
  

 
時間内容

10:00


 

12:00

Opening ceremony

プログラムスタート:ESS games 宇宙をテーマに
ビンゴ・NASAゲーム


Lunch with ALT

13:00


14:30



16:00

グループ分け→ペットボトルロケット作成

ALTよりペットボトルロケットの作り方などの説明


芝生広場に移動→ロケットコンテスト

滞空時間を競う


Closing ceremony・記念撮影

 




08:25
2017/04/14

SSH今後の取り組みについて

| by:編集管理者

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)とは

将来の国際的な科学技術系人材を育成することをめざし、理数教育の充実をはかる文部科学省の事業です。

本校のSSH事業は、神戸にある多数の企業・大学等を『多彩な知の資源』として最大限に活用し、国際感覚にあふれ、専門的に深く追求する探究心と分野横断的に知識を活用する創造性を併せ持った探究型人材を育成することを目指します。

【 これからの5年間の取組 】

①課題研究のさらなる充実を図ります

本校では「系」という独自の枠組みの中で、これまで神戸学という取組を行ってきました。その中で総合科学系2年次・3年次においては、課題研究としてSSHの取組を行ってきましたが、今後の5年間は全ての「系」に広げ、六甲アイランド高校全体で分野を越えた知識の習得を目指します。

②平成30年度より海外研修を行います

全生徒の中から希望者を募り、オーストラリアのアデレード市を中心に、現地での生態調査を含む動植物園見学や、現地高校生と英語で科学調査活動を行う予定です。海外での経験を積むことで、国際感覚を身につけることを目指します。

③本校独自の学校設定科目『神戸サイエンス』を開講します(理系希望者対象

神戸サイエンスでは神戸を舞台とし、フィールドワークを始め、研究の進め方・発表のテクニックなど、従来の勉強とは異なった学習を行います。与えられた課題に取り組むだけでなく、主体的・対話的な学びを実践することで、さらなる探究心の向上を目指します。

④学会発表の参加機会を増やします

 これまでも、様々な学会で発表を行ってきましたが、今後はより一層参加人数を増やすことを目指します。校内だけでなく学会や大学などでの発表の機会を活用し、他校の生徒や大学生などとコミュニケーションをはかることによって、創造性あふれる「研究者のタマゴ」になることを目指します。

⑤小中高と連携します

 これまでに市内の中学生を招いた実験講座や、小学生を対象とした実験教室を行ってきましたが、今後はさらに充実を図り、生徒たちによる出張実験教室やイベントの拡充を行っていきます。本校でのSSH教育のノウハウを神戸市全体の学校園に拡げ、理数教育のセンター的役割を果たしていきます。

           


 


 


12:23
2017/03/24

SSH2期指定決定

| by:編集管理者


 

平成29年度にはSSH2期の指定を受け、平成33年度までの5年間、SSHの取組を実施することができます。

  2期では1期で取り組んできたことを基礎に、国際都市、先進医療都市として発展してきた神戸市にある企業・大学・人材等を『多彩な知の資源』として最大限に活用した探究型人材の育成に取り組みますSSHのページはこちら



12:18
2017/02/13

1、2年次対象にニワトリの脳の解剖実習が行われました

| by:編集管理者
 2月9日(木)放課後に上記の実習が行われました。 今回の実習では、高校生物では、詳しく取り扱うことのない解剖学的視点から動物の脳のつくりと働きを学ぶことを目的とし、参加者全員が脳を摘出し、各部位の観察を行うことを目標に行われました。予想以上に手際がよく、2頭目-3頭目にチャレンジしている生徒もいました。
また、スケッチもじっくりと良く観察しながら描いていました。授業を担当した澤井教諭は生徒たちの緊張をほぐす言葉かけを行いながら楽しく、人間の脳との比較も織り交ぜながら授業を進行していました。授業を行った感想として、「参加者の集中力の高さとピンセットさばきの上手さに驚きました。今後も、外見だけでなく、その中身にも興味を持って生き物に思いをめぐらせてほしいと思います。」と話しました。

08:45
2017/01/19

わたしたちの科学のつどい

| by:rika61
 1月14日(土)にバンドー神戸青少年科学館にて、わたしたちの科学のつどいが行われました。午前中は2年次の課題研究発表会を行いました。午後からは、バンドー神戸青少年科学館に来場されたお客様を対象に実験教室を行いました。実験教室は、1年次を始め、神戸市内の中学・高校、さらに新井サイエンス学習センター/青少年科学館にもご協力頂き、200人を越える多数の方々にご参加頂きました。

17:06
2016/12/19

私たちの科学のつどい

| by:rika61
 平成29年1月14日(土)の12:45~15:00時に、バンドー神戸青少年科学館で「私たちの科学のつどい」を行います。「私たちの科学のつどい」では、幼・小・中学生向けに実験教室を開きます。実験教室は、本校1年次の総合科学系の生徒と、近隣の中・高等学校などが行います。また午前10:00時からは、本校2年次の総合科学系の生徒による、課題研究発表会も行われます。
 科学館入館料以外の参加費は無料となっていますので、多数のご参加をお待ちしています。
 詳しくはこちらのPDFをご覧ください。

15:58
2016/11/01

SSH特別講演 「思うは招く‐夢があればなんでもできる‐」

| by:編集管理者

  講師 植松 努先生(植松電機代表取締役)

北海道赤平市からお越しいただいた植松先生は、アニメと「CoCo壱番屋」のカツカレーが大好きという親しみやすい人柄と、優しく語り掛けるような温かい話し方で、たくさんの珠玉の言葉を生徒たちの心に残してくださいました。
 植松先生は植松電機代表取締役として北海道の町工場で、社員の方たちと力を合わせ、なんと世界で3つしかない無重力実験装置を自作保持し、ロケット開発や人工衛星の打ち上げ成功という偉業を成し遂げられました。ドラマ「下町ロケット」のモデルになった方とも言われています。

 そんな植松先生は小さいころから飛行機やロケットが大好きで、少年時代は紙飛行機を作ることに没頭したそうです。

植松先生は「『どうせ無理』という言葉は、人間の自信と可能性を奪う最悪の言葉だ」といいます。『どーせ無理』という言葉に夢や希望を奪われないで、「だったらこうしてみたら?」という言葉で夢をかなえる人を増やしたいという熱い願いで活動されています。周囲の人々が思いもよらないロケット開発を、苦難を乗り越え現実のものとされた先生の言葉はとても深く心に入ってきました。

 人生に迷ったとき、夢をあきらめかけそうになったときには、今日のこの講演会を思い出してください。

 「You tube」 で植松先生の動画がたくさん公開されています。もう一度先生の言葉から元気をもらいたい人は、ぜひご覧ください。



13:19
2016/10/04

SSH課題研究発表会

| by:rika61

 9月30日に総合科学系3年次によるSSH課題研究発表会がオルビスホールで行われました。大学の先生方や、地元企業の方など多方面からの講評を頂きました。またESS部の英語による司会・進行、六甲アイランド高校の全ての系・コースの代表者の発表など学校全体を挙げてSSH課題研究発表会を盛り上げました。

  



18:17
2016/09/28

咲いテクプログラム

| by:rika61

9月24日に本校にて咲いテクプログラムが開かれ、兵庫県内の多数の高校に参加して頂きました。参加した高校生たちは蛍光分光光度計などを用いて、分光分析の基礎に触れる実験を行いました。さらに今年度は教員による講義も含め、生徒たちの発表や質問においても英語で行ったことで、科学を学ぶだけでなく英語でのコミュニケーションにも取り組み、大盛況の内にプログラムを終えることが出来ました。

    

 


12:54
123
2015(平成27)年度の取り組み

4月16日(木)5限     人と自然の博物館連携特別授業(総科2年次)
4月30日(木)放課後   カネディアン・アカデミイタンポポ合同調査(課題研究タンポポ班等)
5月22日(金)      進路を考える日 関西学院大・兵庫医療大訪問
5月23日(土)      International Kid's Day(総合科学系2年次)
6月 9日(火)      理科英語研究発表会(総合科学系3年次)
6月26日(木)      P&Gジャパン㈱連携特別授業(総合科学系2年次)
7月17日(木)      課題研究系内発表会
7月31日(金)      岡山大学課題研究交流会
8月 5日(水)~6日(木)  SSH課題研究全国発表会(大阪)
8月25日(火)~26日(水) 淡路島臨海実習
9月 5日(土)~6日(日)  科学の祭典(自然科学研究部)
9月29日(火)      課題研究発表会(総合科学系)及び運営指導委員会
11月13日(金)~15日(日) 兵庫県高等学校総合文化祭自然科学部門発表会
1月23日(金)      系別校外学習(総合科学系1年次)
1月31日(日)      サイエンスフェアin兵庫(総合科学系1・2年次)

 
SSH NEWS
SSH NEWS【No.34】    サイエンスフェアin 兵庫開催・神戸大学農学部特別授業
SSH NEWS【No.33】  わたしたちの科学のつどい・岡山大学特別授業
SSH NEWS【No.32】
  SSH特別講演会-秋山仁先生にお越しいただきました- 
SSH NEWS【No.31】     SSH課題研究発表会・兵庫「咲いテク」プログラム
SSH NEWS【No.30】     英語で科学に親しむ(P&G連携特別授業)・瀬戸内海の環境を考える高校生フォーラム 
SSH  NEWS【No.29】    理科英語プレゼーション・インターナショナル・キッズデイで実験教室
SSH NEWS【No.28
   神戸で見つかったネズミ~スミスネズミ・カナディアン・アカデミイ連携タンポポ調査他
【26年度】   
SSH NEWS【No.27】      岡山大学環境理工学部特別授業・放課後生命科学特別授業
SSH NEWS【No.26】      数学・理科甲子園2014で大健闘・総合文化祭自然科学部門発表会
SSH NEWS【No.25
       日本学生科学賞(兵庫県コンクール)受賞・ピーター・フランクル先生特別講演他
SSH NEWS【No.24】       SSH臨海実習(淡路島・成ヶ島)・日本甲殻類学会(札幌)
SSH NEWS【No.23】  サイエンスコンテスト・SSH生徒研究発表会他
SSH NEWS【No.22】  バイリンガルカフェ・P&G特別講義
SSH NEWS【No.21】  関西学院大学理工学部特別講義・天文学特別講義他
SSH NEWS【No.20】  わたしたちの科学のつどい・タンポポ合同研究会他
【25年度】  
SSH NEWS【No.19】  岡山大学環境理工学部特別講義・兵庫医療大学特別講義他
SSH NEWS【No.18】  課題研究発表会・臨海実習・数学・理科甲子園他
SSH NEWS【No.17】  サイエンスカップ開催・課題研究報告会・国際甲殻類学    
SSH NEWS【No.16】  P&G出張授業・インターナショナルキッズディ他
SSH NEWS【No.15】  ロクアイタンポポ研究会・神戸の身近な生物講演会他
【24年度】  
SSH NEWS【No.14】  郊外体験学習・日本情報オリンピック出場他
SSH NEWS【No.13】  遺伝子を考える・数学理科甲子園2012他
SSH NEWS【No.12】  SSH課題研究発表会・臨海実習・女子中高生夏の学校他     
SSH NEWS【No.11】  三国志発明実験教室・サイエンスコラボレーション他    
SSH NEWS【No.10】  京コンピューター市民セミナー・タンポポ調査他
SSH NEWS【No.09】  P&Gジャパン㈱と連携授業・金冠日食観察会他
SSH NEWS【No.08】  六アイSSHキャラクター・サイエンスフェアin兵庫他
【23年度】  
SSH NEWS【No.07】  「わたしたちの科学のつどい」開催・生命科学解剖実習他
SSH NEWS【No.06】  最先端の科学の世界へ・咲いテク実験講習会
SSH NEWS【No.05】  
兵庫県生物学会会長賞受賞
SSH NEWS【No.04】  SSH特別授業を実施・総合文化自然科学部門 奨励賞
SSH NEWS【No.03】  課題研究発表会実施・ニワトリ胚観察実習
SSH NEWS【No.02】  国際甲殻類学会に参加・再生医療講演・京コンピューター
SSH NEWS【No.01】  SSHに向けて・六アイが目指すもの他