COUNTER

COUNTER588221

CONTENTS

ホーム校長室より学校経営計画研究指定事業学校紹介学校生活21期生修学旅行進路情報行事予定在校生の方へ中学生の方へ卒業生の方へアクセス・問い合わせサイトマップ重要情報奨学金平成31年度(令和元年)のお知らせ






 
 

インフルエンザ対策

出席停止届・登校許可書・登校証明書のダウンロードはこちらから
外出後の手洗い・うがいの励行、予防接種等必要な予防手段をしっかりとってください。
提供→神戸市保健福祉局 予防衛生課

 

教科書採択

令和2年度使用教科図書一覧を掲載しました。詳しくはこちらをクリックしてください。
 

LINK







 



こうべっ子悩み相談 

「いじめ・体罰・こども安全
ホットライン」

フリーダイヤル 0120-155-783
有料ダイヤル (078) 361-7710
全国統一24時間子供SOS
ダイヤル 0120-0-78310
 
 
 

 
「ESD推進ネットひょうご神戸」
六甲アイランド高校はESDを
推進しています
 





相互情報連絡制度

児童生徒の健全育成のための
学校と警察における相互情報
連絡制度に係る協定について

神戸市教育委員会たより
 

同 窓 会
 

育 友 会
 

六甲アイランド地域振興会
 

 


 

 
 

 
 

 

人間科学系スポーツコースの教育課程





 
 

「コミュニケーション」をテーマにした講演会が行われました

2月7日(金)6限に、フリーアナウンサーの牧田 衞活(マキタ モリカツ)さんをお招きして、
人間科学系(福祉・スポーツ合同)1年生を対象に「コミュニケーション」をテーマにした講演会が行われました。

 表情から相手に与える印象や伝え方のポイントについて分かりやすく説明していただいたのち、
ペアワークや実演を交えて楽しく活動することができました。短時間の講習でしたが、最後の発表では
それぞれの伝えたいことを簡潔にまとめることができ、成果を感じることが出来ました。
来年度から本格的に始まる系・コース活動に向けて、有意義な時間となりました。

    
 

22期1年次系別校外学習に行ってきました

1年次系別校外学習に行ってきました。
自衛隊入校体験 として基本教練 と 応急手当 や ロープワークの実技訓練を 行いました。
    

生徒の感想など、詳しいレポートはこちらからご覧いただけます。 1年次系別校外学習~千僧自衛隊駐屯地.pdf
 

お知らせ


    11月2日(土)神戸市立盲学校の文化祭にボランティアとして参加させていただきました。
3年次希望者8名(生活福祉コース・スポーツコース主体) 
大道具係りを担当しました。
   2019 盲学校文化祭新聞.pdf 
   ※生徒たちの感想をお読みいただけます
 
 

お知らせ

  「体つくり2」3年次スポーツコースの生徒が、“g”スケートパークにてインラインスケートを体験しました。
 特別講師は 安床エイトさん 元世界チャンピオンの方です。
 授業は10月11月合わせて3回行います。
  
  2019年 インラインスケート.pdf ※生徒たちの感想をお読みいただけます
 

お知らせ

 
 7月23日(火)神戸常盤アリーナプールで行われた盲学校水泳大会において、人間科学系の参加希望者4名が、誘導係などのボランティアをしました。




  
  2019 盲学校水泳新聞.pdf ※生徒たちの感想をお読みいただけます
 

お知らせ

 スポーツコース対象の「福祉スポーツ」の授業では、今月神戸親子療育サークル 代表の竹下亜貴子さん講師としてお迎えし、講義を行っていただきました。
 障がいについて正しく理解し、スポーツを遊びとしてとらえ 、スポーツを療育の視点から考えることを9月の3回にわたる授業で学びました。
   
 2019年 親子療育.pdf ※生徒たちの感想をお読みいただけます
 

お知らせ

  7 月に岡 俊彦さん(バルシューレ公認指導員)をお招きし、全3回にわたり、スポーツコース対象の「バルシューレ」研修をしていただきました 。
「バルシューレ」は、基礎運動能力、社会性、思考性、自発性を身につけることができるといわれ、一人の運動から人数を増やし、最後はチーム戦へとつながっていきます。
 授業では様々なボールを使って紹介していただきました。
   
  2019 バルシューレ.pdf  ※生徒たちの感想をお読みいただけます
 

2019.5.17 進路を考える日~大阪体育大学にて体験授業

  
   
   
   

 

 

人間科学系の生徒たちが盲学校体育祭でボランティアとして参加

 

スポーツコース29年度活動写真

SSHパネル発表
オープンハイスクール系別発表会
校外学習(自衛隊体験入校)
神戸学全体発表会
体験講座(履正社)盲学校体育祭ボランティア①盲学校体育祭ボランティア②
 
 
 

2017.6.27 の情報番組で本校「神戸体操」が紹介されます

  翌朝6:25分から4分間、読売テレビ「朝生ワイド す・またん」にて本校スポーツコース、1年次の生徒の体育の授業が放送されます。 
内容は、「神戸体操」の取り組みについてです。ぜひご覧ください。

   

 
 
 

スポーツコース28年度活動写真


SSHパネル発表
オープンハイスクール系別発表会
スポーツⅢ授業風景
レクリエーション指導授業風景
校外学習(自衛隊体験入校)
神戸学全体発表会
専門スポーツ授業風景
総合スポーツ授業風景

体つくり②授業風景体験講座(公務員:警察官)体験講座(障がい者スポーツ)体験講座(理学療法)
大学訪問(大阪体育大学)福祉スポーツ授業風景盲学校体育祭ボランティア①盲学校体育祭ボランティア②
 

ボランティア活動


 2015年10月31日(土)生活福祉コースとスポーツコース所属生徒合わせて8名が、神戸市立盲学校の文化祭にボランティアとして参加しました。
 生徒の活動としては舞台用具の出し入れと、照明を主に担当し、そのおかげでステージ公演をすべて見学することができました。小学生から大人の方まで、演劇や楽器演奏など工夫を凝らしたステージに参加生徒も驚いていました。 ピアノ演奏や太鼓の演奏は視覚障害者がされているものとは、全く感じさせないものだという生徒の感想もありました。
 今後も生活福祉コースとスポーツコースが協力して、ボランティア活動だけでなくさまざまな活動に取り組みたいと考えています。  
 

オリックス講座

  2015年11月13日(金)スポーツコース系ホームルームにおいて、2・3年次生対象にオリックスバファローズ企画事業部ファーム事業グループ課長 岡村義和さんにスポーツマネジメントの講義をして頂きました。
 スポーツに関わる仕事の1つとして、スポーツ選手を支える視点から現在行っている活動についてお話を伺いました。ビジネスの基本である顧客ターゲットを絞ることや、データをもとに事業展開を行うこと、さらに地域と連携することに力を入れ着実に成果をあげたことなど、その過程を分かりやすく説明して頂きました。
 受講した生徒の感想には、何かをやり遂げるには、明確な「目標」と「目的」が大切だということが伝わってきた、一軍に上がるために努力する二軍選手の応援に行ってみたいなどがありました。
 

自衛隊体力検定を実施しました

11月28日(金)3・4校時、スポーツコース2・3年次43名を対象に自衛隊体力検定をおこないました。
自衛官の方と触れ合い、関心を高めることや、新体力テスト以外の項目を実践することで新たな課題を見つけ、今後の活動に役立てることを目的に行いました。
検定Ⅰ種目では、腹筋や腕立て伏せの後の3000m走測定はスポーツコースの生徒にとっても厳しかったようです。お互いの記録を意識しながら、一生懸命ベストを尽くすことができたと思います。
全種目終了後、それぞれの級を確認したところ、松尾篤志(2年・上野中)君がただ1人、検定Ⅰの1級レベルを満たし自衛官の方も驚いていました。
来年度以降も継続して取り組んでいこうと思います。
<検定Ⅰ種目>①腹筋(2分間)  ②腕立て伏せ(2分間)  ③3000m  
<検定Ⅱ種目>④懸垂(女子:斜懸垂)  ⑤ソフトボール投げ  ⑥走り幅跳び
 
 

生活福祉系スポーツコース テーピング講習

9月5日(金) 関西健康科学専門学校より、近藤龍市先生をお招きして足首のテーピング方法について講習して頂きました。

足首の捻挫症状や関節の仕組み、リハビリ方法など基本的な知識を学んだ後、自分で巻くテーピング方法を実践しました。
まずは、自分のケガについて知ることが一番大切だということを強調され、テーピングの強さの調節など正しい巻き方を教えて頂きました。さらに、早く回復させるためには、リハビリが必要であることも学ぶことができました。
生徒の感想には、「トレーナーを目指しているので、今後は自分だけでなく、部活動の仲間にも教えてあげたい。」「本格的な巻き方や、巻くときの姿勢など初めて知ったことが多くあり、今後テーピングをする時に生かしたい。」「動きを制限する方向を分かっていれば、巻きの強さも違ってくることが分かった。」という意見があり、充実した講習会となりました。 

 

神戸市民防災センター体験学習

7月14日(月)にスポーツコース2・3年次生が、神戸市北区にある消防施設(市民防災センター)にて、一日体験学習を行いました。
午前の「規律訓練」では、大きな声を出すことを課題に基本動作を学びました。
午後は「地震体験」「煙体験」「放水訓練」「ロープ結索」など各グループに分かれて研修しました。どの研修も非常時に備えた実践的な知識を学ぶものでした。
生徒の感想は、「どの体験も今後万一のことが起こったときに、身の安全を守るために役立つものばかりだった。」「緊急時はもちろん、普段の生活のなかでも役立つロープの結び方や知識を一つ一つ丁寧に教えてもらえて楽しかった。」というものでした。 

 
 

兵庫医療大学体験授業

6月20日(金) 系HR(総合学習)の時間に、兵庫医療大学より坂口顕准教授をお招きして体験授業を行いました。

理学療法士の仕事や、スポーツトレーナーに必要な知識など、日本の現状を踏まえて講義していただきました。
また実技では、歩き方を見れば故障部位が分かる実演や、効果的なストレッチ方法など興味の湧く内容でした。
受講した生徒は、「以前から興味を持っていたが、今回更にその思いが強くなった」「理学療法士と同じくらいの知識を身につけた教師を目指したい」という
感想があり、視野を広げるきっかけとなる講義でした。 

 

スポーツコース ~KIN-BALL~

6月13日(金) に、スポーツコース2・3年次合同で43名が、KIN-BALL授業を受けました。

MOTO2キンボールクラブの方々に本格的な指導をしていただき、生徒たちはKIN-BALLを楽しみました。
キンボールの「キン」とは「運動感覚」という意味で、カナダで生まれたスポーツです。このスポーツのコンセプトは 「共有」「主体」「創造」です。
競技の内容は、直系122cm、1kgのボールを4人1チームで、3チーム同時にプレーするユニークなスポーツです。ボールをヒット(サーブ)するときに「オムニキン」という掛け声をかけるというルールがあります。


この授業に参加した生徒の感想は、「ボールが大きくて、一人ではコントロールしにくい分、仲間と声を掛け合ってコミュニケーションをとることができます。」でした。
東灘区では、小学生の間に徐々に浸透しているニュースポーツです。レクレーションスポーツとして、誰でも気軽に参加できるものだと思いました。