COUNTER

COUNTER147034






 
 

インフルエンザ対策

出席停止届・登校許可書・登校証明書のダウンロードはこちらから
外出後の手洗い・うがいの励行、予防接種等必要な予防手段をしっかりとってください。
提供→神戸市保健福祉局 予防衛生課

 

教科書採択理由

平成29年度使用教科図書一覧を掲載しました。詳しくはこちらをクリックしてください。
 

LINK







 



こうべっ子悩み相談 

「いじめ・体罰・こども安全
ホットライン」

フリーダイヤル 0120-155-783
有料ダイヤル (078) 361-7710
全国統一24時間子供SOS
ダイヤル 0120-0-78310
 
 
 

 
「ESD推進ネットひょうご神戸」
六甲アイランド高校はESDを
推進しています
 





相互情報連絡制度

児童生徒の健全育成のための
学校と警察における相互情報
連絡制度に係る協定について

神戸市教育委員会たより
 

同 窓 会
 

育 友 会
 

ベネッセコーポレーション
個人情報漏えい情報
 

脳脊髄液減少症について
 


微笑粒子状物質(PM2.5)に
関する対応
 

 六甲アイランド地域振興会
 

 

暴走族追放・ひょうごっこハートスキルアップ街頭キャンペーン

 7月20日(木)に阪神魚崎駅前で、東灘警察署主催の「高校生による暴走族追放・ひょうごっこハートスキルアップ街頭キャンペーン」に生徒会執行部役員、部員6名で参加しました。

御影高校、東灘高校の生徒会執行部のみなさんや、東灘交通安全協会の方々と一緒に、団扇(うちわ)とボールペンを通行されている市民の方に配布し、「暴走族の追放」「少年非行の防止」を呼びかけました。

呼びかけに対し、うちわとボールペンを受け取った方から「おつかれさま」と笑顔で挨拶を返していただき、とても気持ちよくキャンペーンを行うことができました。

東灘区内では2、3年前に十数名の高校生を暴走行為で逮捕したという事例や、高校生のバイクの2人乗りで、後ろに乗っていた女子が死亡するという痛ましい事故も起こっているとお聞きし、高校生として命の大切さをもっと考えるべきだと感じました。

                       


 

第20代 生徒会執行部 活動開始

第20代生徒会執行部役員選挙が行われ、7月12日(木)に立会演説会が、13日(木)に投票がありました。

開票の結果、生徒会長:西脇さん(2年次生)をはじめ、執行部役員8人が信任されました。これから第20代の生徒会執行部役員として、1年次生の部員たちと協力しながら生徒会行事の企画、運営や生徒会員の学校生活がより良くなるように努力していきます。

生徒のみなさんや先生方の力を借りることも多いと思いますので、ご協力よろしくお願いします。


                        

 

評議委員会1月25日(水)~生徒総会2月3日(金)

  1月25日(水)、1・2年次、各クラスの正副委員長に集まってもらい【評議委員会】を開き、「平成28年度の生徒会費決算の報告」と「平成29年度の生徒会費の予算」「平成29年度の生徒会活動案」を審議しました。
生徒会執行部からの提案は、全員賛成で可決され、議案として2月3日(金)に開催した【生徒総会】で報告し、承認を得ました。
 今年度の生徒総会では、議案の説明以外に、「トイレ清掃について」の研修会を行いました。1月13日(金)に執行部が清掃業者さんからレクチャーを受けたことを、VTRとスライドにまとめて、「トイレの主な臭いの原因は?」「清掃方法はどうすればいいのか?」ということを工夫を凝らして、恐怖映像仕立てにして説明しました。生徒みんなの反応はよかったです。
 最後に「誰かがトイレをキレイにするだろう」ではなく、「みんなで汚くならないようにトイレを使用しよう」と呼びかけました。この研修会を機に、全校生徒のトイレ使用、清掃に対する意識が少しでも改善してもらえたらと切に願っています。

 
【 評議委員会 】
【 生徒総会 】

 

PS懇話会( Principal & Students Conference )

  1月19日(木)に木津校長先生、高島教頭先生、谷口教頭先生、林事務長さん、指導部長の堀北先生と生徒会執行部で現在、学校が抱えている諸問題について意見交換会「Principal Students  Conference:PS懇話会」を行いました。

執行部からは部活動公聴会(11月末に実施)で聞いた各部の実情の中で、アリーナ(体育館)の照明の改善と床のささくれの改修、グランドの使用制限についてや、南庭のフェンスの設置などをお話し、校舎の設備の改善点として、校内の窓が開閉しづらいことや、校門の水溜りができることなどについてお願いしました。

校長先生からは「六甲ライナーの乗車マナーの向上について、引き続き生徒会が主になって努力してほしい」「今年度から全校集会の進行を生徒会執行部にお願いしている。先生方からの話しだけではなく、各年次の委員長、副委員長や各部の部長から全校生に報告や連絡、依頼などあってもよいのでは?」という要望を受けました。

これからも、生徒会執行部では先生方と対話を重ね、生徒みんなの学校生活がより豊なものになっていくように頑張ります。

 

 
生徒会より
 

トイレ清掃学習会

1月13日(金)
 今年度7月に全校生徒に生徒会が実施した「現状に関するアンケート」の中にも、校内のトイレの環境改善を求める記述がたくさんありました。

  執行部では、どうすればトイレの環境が改善するのか、プロの業者の方にお聞きしようということで、1月13日(金)に清掃会社の方から、トイレ清掃のやり方を学習しました。

  来ていただいたのは「楠建設株式会社」の社員の方2名で、楠建設は六甲ライナーの駅構内やトイレの清掃をしてくださっている会社です。

  

  男子トイレの臭いの原因は、小用の便器の排水溝の周りや「着脱トラップ」といわれる排水溝のふたになる部分に「尿石」が固まり、そこから臭いが発生していました。

  尿石は時間をかけて「漂白液」に浸して、「陶器洗い」という研磨砥粒が塗布されているナイロンたわしで磨きましたが、1回ではなかなか取れず、毎日掃除する必要があると感じました。

   

  女子トイレの便器は、尿石はつきにくい構造ですが、便器を「陶器洗い」で磨きました。トイレが臭わないようにするには、こまめに汚物入れをキレイにすることだそうです。

  今回学んだことは「トイレは1回では決してキレイにならない。日々の清掃を繰り返すことで、“キレイに保つ”ことだ」ということです。

トイレ清掃学習会の詳細は、2月3日の生徒総会の時に、研修会として、全校生徒に説明する予定ですが、清掃についての認識をもう一度改め、生徒みんなが心地よく学校生活を送れるように、みんなで努力しましょう。   



 

 

部活動公聴会

12月10日
来年度の生徒会費「部活動援助費」の予算作りのため、各部の現状や要望をお聞きする「部活動公聴会」を11月21日(月)から29日(火)まで生徒会室で行いました。
31
の部の代表者から、来年度購入希望品の説明や、活動するにあたり困っていること、施設設備の改善に対する要望などお聞きすることができました。
お聞きした内容は、まとめて1月に行う予定の「PS懇話会(校長先生と生徒会執行部の懇話会)」でお伝えし、少しでも改善できるよう努力いたします。

詳細は2月の「生徒総会」でご報告します。


 

六甲ライナー住吉駅 訪問記


11月からのマナーアップキャンペーンの開始に伴い、10月28日(金)に生徒会執行部「会長、副会長、書記長、風紀委員長、部員2名の計6名」で六甲ライナー住吉駅に訪問し、駅長さんと懇談してきました。

生徒会執行部から要望した内容は、

・大きい車両の導入、ベンチ式座席の解消

・プラットホームの改善

・ラッシュ時の対応について

の3つです。

駅長さんからは、

・平成19年度(来年度)から順次車両を新車両にしていく。

・プラットホームにお客様が並べるラインを引くように検討してみる。

 というお話があり、六甲アイランド高校の生徒に対しては、

・ラッシュ時の混雑解消のため、10分早く登校してほしい。

・スマホに夢中にならず、自分の荷物を足元に置き、出来るだけ奥に詰めてほしい。

・プラットホームで友達と待ち合わせをせずに乗車してほしい。

 など要望がありました。

今回の懇談内容を活かし、これからも六甲ライナーの乗車マナー改善を生徒みんなで考え、行動していきたいと思います。


 

マナーアップキャンペーン実施中


11月7日(月)から11月30日(水)までマナーアップ月間と位置づけ、マナーアップキャンペーンを実施しています。

今回のキャンペーンの目標は「六甲ライナーの乗車マナー」と「あいさつ」の向上を目指し、学校に寄せられる六甲ライナー関係の苦情をゼロにすることに力を入れています。

乗車マナーについては、事前に六甲ライナー住吉駅の駅長さんに話をお聞きし、11月7日の全校集会で、

「朝のラッシュ時の解消のための10分前登校」

「奥に詰めての乗車すること」

「スマホに夢中にならず、車内では気配りをする」などを呼びかけました。

  

挨拶については11月8日(火)から毎朝校門前で、眠気と寒さと闘いながら生徒会執行部役員があいさつ運動を行っています。

「みんなで心地よい学校生活を送るために」何が大切なのかをよく考え、生徒全員で行動しましょう。