<平成30年度 生徒会スローガン> 
    全力挑戦 ~限界を超えよう~     
     
     ◎平成30年度 西神中学校年間行事予定➡H30 年間行事予定(保護者向け).pdf
     ◎平成30年度 式典等の日程一覧➡H30年度式典等の日程一覧 .pdf  
   
 
学校ニュース >> 記事詳細

2018/02/09

いよいよ明日は私立入試

Tweet ThisSend to Facebook | by:校長
【私立入試前日指導  学校長激励の言葉】
   私は、西神中学校に着任して以来、3年生のみなさんが、毎日の授業や学校生活をはじめ、学校行事や部活動に一生懸命に取り組んでいる姿を観てきました。

   入試の問題が難しかったらどうしよう。ミスしたらどうしよう。そんなことは考える必要ありません。みなさんたちなら大丈夫です。何の心配もせず、ドーンとぶつかってきてください。あなたたちが解けない問題は、他の人にも解けないでしょう。

   それと、今日の夜ですが、スッと眠りにつけるといいのですが、なかなか寝れない場合もあるかもしれません。寝れんかったらどうしよう。と思わなくていいです。お布団の中で体を横にしているだけでもリフレッシュできます。何も心配せずに目を閉じてください。

    私にできることは何かと考え、神様にお願いするばかりかと思い、先日、須磨の天神さんと須磨寺に行ってきました。(と言っても、私は歩いて行ける距離内に住んでいますので、よく行っているのですが。)

   それでは問題です。
①みなさんも行ったことがある人もいると思いますが、須磨の天神さんは、「綱敷天満宮」と言います。なぜ、綱敷なのか知っていますか?
②地下鉄に板宿という駅がありますが、板宿の地名の由来を知っていますか?
③板宿の近くに飛松中学校がありますが、校名の由来を知っていますか?
 
   少しだけ緊張をほぐしたほうがいいのかと思い、問題を出しました。今日、緊張している人は、明日大丈夫だと思います。適度な緊張で私立入試を突破してください。

「学問の神様、菅原道真公を祀る須磨の天神様」
   道真公は九州太宰府に左遷された際、須磨の浦で波が高くなり航海を中断されました。その時、漁師達が網の大綱で円座を作り、お休みになられた事にちなんで創建されたのが綱敷天満宮です。

「飛松」のいわれ(飛松中学校HPより)
 延喜元年(西暦901年)菅原道真公が時の左大臣藤原時平の悪告げにあって、九州の太宰府に移られるため、当地まで来られた時、須磨の浦曲の風波が高く、舟待ちをされることになりました。里人たちは集まって八幡神杜の境内に、菅公のために板で粗末な小屋を造りました。(板宿という名はこのためにできたといわれます。) 其の後、菅公が太宰府で亡くなられた日、どこから飛んで来たのか一夜のうちに1本の松が八幡神社の杜前に生えました。里人たちは不思議に思うと共に今更ながら菅公のご盛徳をしのび、この松を「飛松」と名づけました。幾百年を経た今日、今は枯れていますが5人が手をつないでやっと、抱えられる位の大きい松になって境内に残っています

10:11

学校住所

〒651-2274
神戸市西区竹の台5-21
TEL 078-992-2700
FAX 078-992-2701

地図はコチラ


 

警報・注意報について

兵庫県内の警報・注意報の確認にご利用ください。

気象庁
 

指定学校の変更手続について

 神戸市では、住所ごとに就学すべき小・中学校(指定学校)が決まっています。しかし、相当な理由がある場合には、指定学校以外への学校への就学が認められる場合があります。
 指定学校に関する詳しい案内や手続については、下のPDF資料をご覧ください。

 

著作権表記


当Webサイトにおける画像および
文章等に関しましては神戸市立
西神中学校の保有する著作物と
なります。
 
第三者による無断使用および無断
転記等はご遠慮ください。