30th Anniversary
「新たな始まり ~未来へ突き進もう~」
創立30周年 記念文化発表会 
令和元年10月19日(土)
合唱コンクール 10月16日(水)

    
    ◎令和元年度 西神中学校年間行事予定➡H31年間行事予定(ホームページ用).pdf  
      ※年度当初、合唱コンクールの日程を、10月15日(火)としておりましたが、16日(水)に変更させていただきます。

      
◎令和元年度 式典等の日程一覧➡平成31年度 学校園の式典等の日程.pdf  
   
 警報発令時の対応につきましては、①午前7時、②午前8時30分、③午前10時の3段階で判断するようにしておりましたが、校区の小学校の判断基準に合わせるとともに、給食申し込み生徒とお弁当生徒の登校時間をそろえるなどを検討し、午前7時と午前10時の2段階で判断するように変更しました。
お子様を通じてお知らせを配布しておりますので、ご家庭で分かりやすいところに貼っておいてください。
  お知らせ文➡気象警報(特別警報)発表について.pdf              震度5弱以上の地震発生時の対応(西神中).pdf
 
学校ニュース >> 記事詳細

2019/06/20

4月26日 全体保護者会 校長説明

Tweet ThisSend to Facebook | by:校長

 「全体保護者会」 4月26日(金) 本校体育館
 多くの保護者のみなさんにご出席していただきましたが、ご都合によりご欠席の方におかれましては、校長からの説明は以下のとおりですので、お知らせいたします。

NEXT STAGE 2019 
 
あと数日で令和元年と呼ぶ日がやってきます。今週の月曜日の全校朝礼では、今日の全校朝礼は、「平成最後の全校朝礼」ですね。次にみなさんが集まる時は、「令和最初の全校朝礼」となります。といった話をしましたが、
令和の出典は万葉集、「初春(しょしゅん)の令月(れいげつ)にして、気淑(きよ)く風和(やわら)ぎ、梅は鏡前(きょうぜん)の粉を披(ひら)き、蘭は
珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす」と言うことですが、難しいですね。安倍首相は、「令和の意味は、人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」と、会見で発表していました。

西神中学校は、本年度、創立30周年を迎えます。平成2年に開校しましたから、平成の時代と共に歩んできた学校です。現在の1年生、2年生、3年生は、平成に入学し、令和で卒業します。記念すべき年に在学していることになります。何年後かに、「そうそう、私、平成から令和に元号が変わった時、中学生やったわ。私が通っていた西神中学校は、その時、創立30周年やったわ。校長先生が変な人で、話する代わりにトロンボーン吹いてたわ」という会話があるのかないのか、よくわかりませんが。

近年の子どもたちを取り巻く環境、そして、これからの「令和の時代」、子どもたちの10年先、20年先を考えた時、私は、今まで以上に、「個性と感性」を大切にしていく時代ではないかと思います。令和の時代が、西神中学校にとっても、「希望に満ちた新しい時代の夜明け」となるよう、取り組んでまいりたいと思いますので、ご家庭のご理解とご協力を頂きたく思います。

お手元の資料、表紙をめくっていただきますと、平成31年度 神戸市立西神中学校グランドデザイン、これをご覧いただきながら、聴いていただければと思います。さて、その取り組みの第1ですが、本年度も、「安心・安全で、いじめのない学校」を目指したいと思います。2番目は、「学力向上」です。そして3番目は、「コンプライアンス」です。

「安心・安全、いじめのない学校」はすべての基本です。安心・安全を保持するために、今まで以上に、セキュリティの強化を行います。名札の置き帰りもその一環です。先日、学級写真を撮りましたが、名札を外して撮影しました。いじめについては、校訓の「友愛」の意味を入学式で説明しましたが、一人一人がそれぞれの違いを認め、受け入れることができる。相手を思いやり、励まして、共に努力していけるといいと思います。

そして、子どもたちからのサインを見逃さず、先生方の気づきを共有し、チームでお子さまを見ていきたいと思います。

学習面では、「全ての生徒の学力向上」を目指したいと思います。学力が十分に備わっていると思われるお子さまは、その能力の一層の伸張を図ります。学力が十分に定着していないお子さまは、その要因を分析し、基礎的な学力の習得を図ります。

「コンプライアンス」は法令遵守です。本校の職員から不祥事は起こさせません。教職員の働き方改革と絡めて、職員の資質・能力を向上させ、信頼される教職員を育てます。

「中間考査を行わない」、「宿題は出しません」と言ったことで、不安に思っている方もいらっしゃると思いますが、小学校には中間テストも期末テストもないですよね。どうしているかというと、単元テストを行っています。中学校の教科書も、いくつかの単元で構成されています。1年生の数学ですと、7つの単元があって、1番目は、「正の数・負の数」です。次に、「文字式」、「一次方程式」、「比例と反比例」、「平面図形」、「空間図形」、「資料の活用」と続きます。ですから、「正の数・負の数」が終わったところで、単元テストをする。そして「文字式」に進み、「文字式」が終わったら単元テストをする。「正の数・負の数」が理解できていなかったら、「文字式」も理解できないでしょう。「文字式」が分からなかったら「一次方程式」って無理ですよね。

ですから、今までよりも丁寧に、生徒の学力の定着を見ていこうということです。単元の中には、小テストもあります。できるだけ細分化することで、どこでつまずいているのかがよく分かるようになります。分かっていることを、わざわざ家で、宿題としてしなくても、理解ができているお子さんは、レベルの高い課題にチャレンジすればよいいわけです。よく理解できてない生徒については、個別に指導していきたいと思います。その場合には、宿題も出すでしょう。

「日々の授業は、「読んで、考えて、まとめながらといった、「インプットして、まとめながら考えて、アウトプットする力」の育成を目指した、アクティブラーニング型の授業を、先生方にお願いしています。50分のすべてが一斉授業で、「生徒は先生の話を聞くだけ」ではなく、「学び合い」の時間も入れ、効果的な学習形態を考えます。この2年間で、授業が随分変わったのではないかと思っています。

これまで、子どもたちの学力向上を目指し、授業を工夫したり、改善してきましたが、授業だけ変えても、子どもたちの学力は向上しないのではないかと思います。子どもたちの自主的な学習意欲の向上や、宿題や定期テストなど、枠組み(フレーム)を見直す必要があるのではないか。と思います。

中間テストですが、昨年度の1学期は、中間テストを実施しませんでした。期末考査は、1学期も2学期も実施しましたが、今年は、2学期の中間テストも行いません。その分、先ほどご説明させていただいたように、単元テストや実力テスト、小テストを入れていきます。宿題は、宿題を出してもらった方がいい人もいれば、「分かっていることをさせられている。無駄な時間だ。だったら他の勉強をしたい」という人もいると思いますので、宿題は極力減らします。テスト前だけ、一気に集中してよい点を取るためだけに勉強するのではなく、自分で考えて、計画的に学習できるようにさせたいと思います。以前のように、部活動の時間も短くなりましたし、土日もどちらかを休みにしていますので、自分がやりたいことをする時間が、以前より増えたと思います。

今の高校2年生から、大学入試が大きく変わります。これまでのセンター試験になかった、記述式問題が導入されます。英語では4技能(読む・聞く・話す・書く)が評価されるようです。今回の3年生の全国学力・学習状況調査では、英語の「話す」問題もありました。この流れですね。

この前、照先生と校門であいさつしていた時に、「先生、靴を間違えて履いてきてしまいました。」その時、照井先生がどう言ったか。「どうするんや。」とその子に聞いたんです。私なら、「取りに帰るか?」とか、「職員室にレンタルがあるから行っておいで」など、答えを言っていたと思うんですね。授業でもそうです。教師は、すぐに答えを言ってはいけません。学校生活のあらゆる場面自分で考えて、判断して、選択して行動できる力」をつけさせたいと思います。やらされる勉強ではなく、いかに、自分で自分の勉強をするかが、今以上に問われる時代になります。自分で課題を見つけ、必要な時に勉強する。「自分で考えて、判断して、選択して行動できる力」が、これから大人になるにつれ、重要になります。そんな人を育てたいと思います。

通知表の所見ですが、1・2学期の所見は記入しません。3学期は記入します。その分、個別保護者懇談会、学年保護者会を丁寧に行います。

今年から、道徳が、「特別な教科「道徳」」として、教科になります。5段階の数字の評価ではなく、文章で毎学期、表記します。

春の家庭訪問ですが、1年生の家庭訪問は全員行いました。23年生は、今までに担任した生徒については基本なし。保護者の希望としました。

部活動ですが、先生方には、「今までの部活に対する考え方を、変える必要がある。」と、昨年度から言っています。日没を意識し、安全面に配慮するため、延長練習を禁止します。また、長期休業中の土日は、なるべく部活動を休止にするようお願いしています。実施の場合は、保護者のみなさんに、見学に来てもらえばどうかと言っています。みんなに愛される部活動、祝福される部活動を目指したいと思います。

働き方改革が話題になっていますが、働き方改革や業務改善は、第1に、「子どもたちと向き合う時間を確保する」のが目的です。働き方改革を通して、先生方が、授業のプロになるようにしたいと思っています。そして、ワーク・ライフバランスと言われるように、我々教職員も、「ライフ」の部分を充実させようということです。

学校規模縮小、時代の流れ、環境の変化に鑑み、思い切った見直し・工夫をしようと考えています。「今までと同じ・これまでどおり」は禁句であると話しています。西神中では、完全下校2時間30分以内の帰宅を目指しています。夜遅くまで電気が点いているようでしたら教えてください。毎週水曜日を、部活動の休養日としています。それに併せて、毎週、水曜日は清掃なし。教職員も、毎週、水曜日は、ノー残業ディと言えるようにしたいと考えています。

学校図書館司書ですが、竹の台小学校に配置されていますが、2年続けて強く応募しましたが配置されませんでした。先日、保護者対象に、図書館のボランティアを募ったところ、10数名の応募がありました。ありがとうございました。蔵書の整備をして、古いものを廃棄し、新しい本を入れ、居心地の良い、放課後も開館している図書館をめざし、体制を整えていきたいと思います。

学校生活支援教員が配置されています。竹の台小学校に通級教室がありますが、主な勤務は通級教室の先生ですが、本校に籍はあります。学校生活支援教員は、通常のクラスの在籍しているお子さんで、少し授業が分かりづらい、先生の言っていることがよく分からない、などを解決してくれる先生です。保護者の方のご相談にも応じます。また、学校行事や学年行事には、参加してもらいます。

卒業アルバムですが、1・2年生は、サンショウ、3年生は八木写真館です。業者を複数入れることで、アルバム代が随分と安くなっています。

今年も、毎週火曜日の朝は、「まとめの達人」を実施します。先週から始めて、今週は2回目を行いました。生きる力・学ぶ力支援員として、14.5hの常勤講師に担当してもらっています。読んで 考えて まとめながら書く」言語表現力の向上を目指します。

毎年、10月に、神戸文化ホールで、「神戸市中学校連合音楽会」という行事を行っていまして、今年は、3年生の学年合唱で出演する予定です。1030日(水)です。保護者の鑑賞も可ですので、ご案内させていただきます。

 

ALTですが、4年間、勤務しておりました、ステファニーですが、4月から六甲アイランド高校へ異動しています。代わりのALT510日に着任します。アメリカから船で来るから時間かかっているんですわ。ということを言っておりましたら、「校長先生遅いですね。船、沈没していませんか。」と心配してくれましたが、そんなことで、みなさんに不平を言っても仕方がないのですが、ALTが配置されない。学校図書館司書が配置されない。学ぶ力・生きる力の支援員も時間数の増加を要望したが・・・。学ぶ力・生きる力の支援員の勤務時間が増やしてもらえれば、毎日でもまとめの達人に取りくみたいという生徒に対応できたのですが。残念です。

美術の教師ですが、長谷川先生が異動になって、3月末まで後任が決まりませんでした。美術の専科はいない・・・と教職員課が言うので、それなら、去年、SSとして配置された、川井亮二という人がいる。その人を配置してもらうようにお願いしました。その代わり、大学卒業したばかりの新卒ですし、皆さんご存知のように美術が専門ではありません。ですので、美術が専門で、指導できる人を付けてもらうようお願いをして、正井先生という「専科非常勤講師」という立場で、正井先生が主担で、川井先生が副担という形、複数担任で美術の授業を行うこととしました。正井先生は、ご存知の方もおられるかと思いますが、平成19年度、西神中学校の教頭をされていた方で、その年、美術の授業も担当されていました。私は若いころ、産休の代替で勤めたことがあります。休まれた先生が、音楽の他に美術を担当されていて、2年生の美術、3クラスの授業を、1年間担当しました。他に美術の専科の先生がおられたので、ていねいに指導していただきました。

その他ですが、校内緑化(オリーブの木を育てる、花壇の充実)を進めようと思っています。また、「みんなのトイレの必要性」も考えています。夏休みの授業日は、5日間実施します。ここで稼いでおいて、余裕を生み出す作戦です。

最後です。学習支援ツールですが、ご家庭でも利用できるようになっています。授業で使用するワークや練習プリントは一律ですので、個々の状況に合せて、学習支援ツールを、学校でも、単元のまとめの時にPCルームで、学習支援ツールを使って学習したり、今後は、放課後、PC室を開放して、「学習支援ツールで自由に学習できる環境」を作りたいと思っています。一人一人に、タブレット(端末)が配備されていれば、授業のまとめとして、「はい。残り5分は、学習支援ツールを開いて、各自が取り組もうか。」と行けるのですが。ご家庭でも、時間がある時に利用していただけたらと思います。

長くお話させていただきましたが、何か質問がありましたら、訪ねて来てください。明日からの10連休ですが、緊急の連絡がありましたら、まずは学校に連絡してください。部活動がありますので、連絡は取れると思います。

 

 創立30周年ですが、昨日、航空写真を撮りました。クリアファイルを作ります。できましたらお渡しします。毎年決めている生徒会のスローガンですが、今年は、30周年に因んだスローガンを考えました。また、30周年のロゴマーク、マスコットキャラクターも生徒会で準備しています。セレモニー的には、文化発表会で、式典を予定しています。また、体育会で、開会式で鳩を飛ばすか、花火を上げるか、聖火ランナーをとか、いろいろ考えています。「30周年保護者種目」や、「卒業生の種目、同窓生の種目」もいいなあと、言っています。


09:24

学校住所

〒651-2274
神戸市西区竹の台5-21
TEL 078-992-2700
FAX 078-992-2701

地図はコチラ


 

警報・注意報について

兵庫県内の警報・注意報の確認にご利用ください。

気象庁
 

指定学校の変更手続について

 神戸市では、住所ごとに就学すべき小・中学校(指定学校)が決まっています。しかし、相当な理由がある場合には、指定学校以外への学校への就学が認められる場合があります。
 指定学校に関する詳しい案内や手続については、下のPDF資料をご覧ください。

 

著作権表記


当Webサイトにおける画像および
文章等に関しましては神戸市立
西神中学校の保有する著作物と
なります。
 
第三者による無断使用および無断
転記等はご遠慮ください。