理科図鑑
12345
2017/03/01

ムスカリ

| by:星の教頭
   弥生3月、季節は春です。運動場に向いている斜面は、日差しが
  よく当たり暖かいのでしょう。春の花が咲く始めました。日も長く
  なり、少しずつ春の装いが感じられる今日この頃です。 
  
          今日の陽気に「ムスカリ」も顔を出しました。
19:49
2017/02/27

ヒヨドリ

| by:星の教頭
  気持ちの良い青空で1週間が始まりました。最近は、学校に来ると小
 鳥たちによく出会います。寒い冬はエサが少ないのかと思っていました
 が、みんなまんまると体型がいいです。冬の間にもエサが豊富にあるの
 で、星和台は小鳥たちにとっても住みよい街なのですね。
   
19:50
2017/02/24

セキレイ

| by:星の教頭
 朝、中庭に小鳥が二羽動き回っていました。草の新芽をついばんでいたの
でしょう。普段からよく見かける小鳥たちです。でも、名前は知りません。
近づくと逃げますが、人には慣れているようで、人が見えただけでは知らん
顔です。二羽が一緒に飛び立っていきました。きっとつがいなのでしょう。
  
 
19:51
2017/02/23

ヒヨドリ

| by:星の教頭
   朝からの雨も少し暖かさを感じるこの頃です。雨が上がるとキャベ
  ツを鳥がついばんでいました。最近は鳥を見ることが多くなりました。
  先日の鳥は「イソヒヨドリ」だと教えていただき、これも「ヒヨドリ」
  の仲間かなと思って見ていました。食べごろになったキャベツを鳥は
  良く知っているのですね。
 
18:52
2017/02/18

キンカン

| by:星の教頭
 学校のキンカンの木に花が咲きました。小さな白い花がかすかなキンカン
の香りを漂わせています。つぼみが膨らみ大きく花が開くとミツバチが寄っ
てきてしきりに蜜を集めています。よく見ると、ミツバチだけではありませ
ん。いろいろな虫がキンカンの香りに誘われて集まってきています。そして、
その虫たちのおかげで、受粉し、実が付きます。これからが楽しみです。
  
  
 受粉すると子房が膨らみ、大きく育っていきます。昨年は、気が付くと青
々とした実がついていました。そして、だんだん黄色、橙色と熟してきまし
た。そして、しっかり熟れると、鳥たちが寄ってきてつばんでいました。  

 あれから、数か月がたちました。キンカンの木にはキンカンの実ががたく
さんついています。大きな実がたくさんついています。みんなが誰が食べる
のかなと思ってみているようです。きっと、気が付いたら鳥がついばんで、
全部食べているのでしょうね。 
   
  
 花が咲くと実が付き、種ができる。そして、その種が芽吹き、大きく成長
していく。また、花を付け、実がなる。これを繰り返しています。その間で
人間も実をいただき、種は食べずに捨てていく。植物の広がりを助けている
ことが分かります。

12:53
2017/02/15

キャベツ

| by:星の教頭
   これは昨年、育ったキャベツです。それが寒い冬を越えて、暖か
  い日差しを浴びて、また巻いてきました。キャベツが育ってきてい
  ます。もう、食べごろなのかもしれません。しっかり葉が詰まって
  いるようです。気温はまだ低いですが、春の兆しがここにも見るこ
  とができます。
     
19:31
2017/02/14

なのはな

| by:星の教頭
  気温は4℃と低かったですが、風もなく日が照ると優しい空気に
  なり、春が近づいていることを感じます。そして、学習園では、
  菜の花が咲いていました。やっぱりもうすぐ春なのです。
  
19:41
2017/02/08

つぼみかたし

| by:星の教頭
   今朝の冷え込みで、中庭の池は氷が張っていました。ウメ便りが
  聞かれる中、学校のウメはまだ「つぼみかたし」のようです。これが、
  「つぼみふくらむ」「開花」の日が待ち遠しいこの頃です。
     
19:08
2017/02/06

イソヒヨドリ

| by:星の教頭
 中庭に大きな鳥が新芽をついばんでいました。人になれているのか近づい
ても逃げません。まんまるとした体つきで、何という鳥かなと調べてみまし
たが分かりませんでした。春が一歩近づいているように感じた今朝です。
  
19:02
2017/01/30

| by:星の教頭
 雨が上がり、いつもよりあたたかい朝でした。時間がたつと学校は
濃霧に包まれてしまいました。霧、霞、靄と視界の違いによって使い分
けているようです。空気が乾燥する冬ですが、水分を十分に含んだ空気
がこのような自然現象を起こしてくれます。
   
19:59
12345