星の子日記 >> 記事詳細

2017/06/14

5年生 顕微鏡を使って

Tweet ThisSend to Facebook | by:星の騎士
本校のフィッシュランドにはメダカやスジエビ(ヌマエビ?)などがいます。
えさもあげていないのに、成長すること、生きていることなどから、
水中に何らかの要因があるのではないか。
との展開から、水中の小さな生き物の存在を予想しました。
そして、昨日は、実際にフィッシュランドで小さな生き物を採集し、観察をしました

  
左からミジンコ、ケンミジンコ、アオミドロです。
他にもワムシの仲間やカイミジンコ、アブラミミズなども見つかりました。
児童からは「うわぁ~!」「すご~い!」「先生見て!」「何かおる!」など
心躍る様子が伝わる言葉がたくさん聞かれました。
そのうち、一人の児童が当初の目的に立ち返ったのか、
「メダカに食べさせてみよう!」とケンミジンコを理科室の水槽の中に入れました。
気が付けば水槽の周りに人だかりが・・・。
メダカが食べると歓声が起こりました。

23:42 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)