校章top7         
 

児童の「受け入れ」について

 学校園の受け入れが、6月12日(金)まで延長されました。
 受け入れを希望される方は、下記の申出書を学校までご提出ください。



【6月1日からの】「学校園での受け入れ等」について.pdf
020408教育長メッセージ.pdf
 

Kobekko Map


神戸市の小学生と高校生がいっしょに作る地図です!
 

a copyright holder

 本サイトに掲載された文章、画像、ならびにその他のデータはすべて神戸市立星和台小学校の保有する著作物となっております。
 無断に転載されるなどの行為はご遠慮下さい。
 

訪問者

7304

online situation

オンラインユーザー6人
ログインユーザー1人
星の子日記 >> 記事詳細

2018/06/26

外国語

Tweet ThisSend to Facebook | by:星の守り人
 学習指導要領が新しくなり、外国語の内容が変わりました。
 これまで高学年でやっていた内容が中学年に下がり、高学年は中学へのスムーズな接続となるよう、より内容が濃くなりました。
 高学年では、「聞くこと」「話すこと」の他に「読むこと」「書くこと」の学習が加わります。

 これまでの「外国活動」では、「コミュニケーションを図る素地」を育てることが目標でしたが、今回の改訂では、「コミュニケ―ションを図る基礎」を育てることが目標とされています。

 とはいっても、学校の授業がこれまでと全く違うものになるかというとそうではなくて、これまでの授業の延長線上に、中学校で扱っていたことを少しずつ取り入れていくイメージです。


 英単語や文法を覚えたり、テストをしたりするわけではありません。コミュニケーションの基礎を育てることが目標ですから、英会話が中心となってきます。また、これまでイラストなどをもとにイメージ化を図っていましたが、これからは英語を提示し、それを読むことも学習していきます。

 学校現場としても、これから実践を積み重ね、外国の人と出会っても、臆せず、コミュニ-ションをとろうとする力が伸ばせるよう、研修を深めているところです。


 2週間に1回はALTのキャムが来校し、本場の発音に触れる機会があります。

 今日学習したことは、1~60までを英語で唱えること。
 絵を見て、何をしている場面か答えること。
 what time is it?」「It`s ○○。」とこたえる練習。
 などを中心に行いました。

 
 1つ1つ正確な発音を教えていただき、(例えば、
bathbusの違いとかteentyの違いとか)子どもたちはそれを耳にし、実際に発話する中で覚えていきました。

 



  


16:06 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)