第1学年直通 078(579)3651  第2学年直通 078(579)3652  第3学年 078(579)3653
 

日誌

防災・支援活動
12345
2018/09/13

福島県立磐城農業高校さまから届きました

| by:防災
 7月31日に訪問させて頂いた、福島県立磐城農業高等学校さまから、生徒さん手作りの「なし焼肉のたれ」「なし酢」が届きました。
 実は福島県は梨の収穫量が全国4位(鳥取県は第3位)です。そしていわき市では「サンシャインいわき梨」が有名です。
 磐城農業さまからは、以前にも「なしジャム」を頂いたことがあります。梨ひとつとっても、ジャム、焼肉のたれ、酢とバリエーション豊かなもの作りができるのは、さすがに農業高校だなと思います(羨ましいです)。
 なしジャムはソーラークッカーでホットケーキを作り頂きました。今度は肉を焼かないと、たれを味わうことはできません(もう今から楽しみです)。
 磐城農業高校の皆さん、本当にありがとうございました。

19:27
2018/09/09

平清盛900歳祭

| by:防災
 平成30年9月9日(日)イオン神戸南新川運河にて「平清盛900歳祭」が行われ、販売募金を行いました。実は、9月1日楠公さんの手作り市は雨、8日新開地土曜マルシェは警報、今日同時開催予定だった相楽市は早々と雨天中止が決定しており、ここを逃すと年明けまで出店できないという状況でした。
 本校一期生である3年生6名と、摩耶兵庫高校から2名、長田商業高校から2名の総勢10名での出店です。小雨が降ったり止んだりの中、イベント開始前から開店しました。大きなイベントだったので、本当に多くの方に活動を見て頂き、京都や奈良、遠くは高知、埼玉、東京のお客様をお迎えしました。順調にスタートしたのですが、気が付くと「大雨警報」が発令され、残念ながら途中で終了しました。短い時間でしたが、充実した活動ができて良かったです。
 (次回の販売募金は10月6日の文化祭です ご協力をよろしくお願いします)
   
歴史ある新川運河が会場  清盛・宗盛・GIONさんと    小雨の中スタートです    でんさいも大人気です
18:19
2018/09/03

ど根性ひまわり、2学期も咲いてます!

| by:防災
 成30年6月6日(水)に桜坂高等学校から頂いた「ど根性ひまわり」が、新学期になってもがんばって咲いています。今年の夏は、とても暑いし、何度も台風が来るし、そのような中で、本当に「ど根性」を見せてくれるかわいいひまわりです。今日も、風に揺られながら咲いています。生徒のみなさんを見守るかのようです。時々、見てくださいね。

 ひまわり
13:56 | 今日の出来事
2018/08/26

ソーラークッカー制作ワークショップ

| by:防災
 平成30年8月22日(水)「災害時、子ども自身で耐えられる力を」を掲げる、一般社団法人「おいしい防災塾」さま企画の防災キャンプがしあわせの村で行われました。2日間にわたって、たくさんのプログラムが展開されました。
 その中で、本校がソーラークッカーを制作するプログラムを担当することになり、ワークショップを行いました。今までソーラークッカーの制作や、使用しての調理は何度もしてきましたが、子どもたちが制作するワークショップを行うのは初めてです。子どもたちにとってどこが難しいのかを想像し、制限時間内に収まるのかどうかを手探りし構成しました。
 結果、今後改善するところも何カ所かありましたが、時間内に収まり、子どもたちも見事に制作しました。完成したときの子どもたちの笑顔が印象的でした。貴重な機会と時間をありがとうございました。(長田商業高校の生徒2名もお手伝いに来てくれました ありがとうございます)

   
まずはご挨拶      ゆっくり丁寧に進めます  切ったり貼ったり大変     完成間近です
(完成した写真が撮影できていませんでした)
 
13:28
2018/08/19

夏休み防災未来学校 in 人と防災未来センター

| by:防災
 平成30年8月18日(土)HAT神戸にある、人と防災未来センターで毎年行われる「夏休み防災未来学校」の大人気ワークショップ「マイキャンドルを作ろう」(参加者は抽選になり毎年倍率が高いワークショップです)を、午前と午後の2回担当させて頂きました。今年で5回目のこのイベントですが、今年は制作するキャンドルをツートンカラーにバージョンアップしています。
 1年生3人、2年生5人、3年生1人の9名が小学生18名のキャンドル作りをサポートしました。実は、予期せぬ事態が発生したり、急遽予定変更せねばならないことがありましたが、結構入念に準備をしていたので、臨機応変力を発揮して対処できました。その場その場の思いつきの対処は「出たとこ勝負」です。臨機応変とは全く違います。やはり丁寧な準備が大切だと改めて感じました。

 今年の防災エプロンシアターは「防災戦隊キャンドレンジャー」です。小学生の防災入門に少しは役立てたかなと思います。

 普段の活動紹介もさせて頂き、高校生の考える防災を知って頂くこともできました。

 そうそう、今年の文化祭では、このキャンドルワークショップを開催する予定です。

    
9人でご挨拶       高校生がお手本を示し  親子で共同作業     頑張ってます
  
エプロンシアター上演   固まったので完成間近  できました!

08:25
2018/08/09

高田高校生徒会さまから手紙が届きました

| by:防災
 東日本大震災以降、交流を頂いている岩手県立高田高校さまから手紙を頂きました。高田高校は、津波に耐えて1本だけ残った「陸前高田の奇跡の一本松」の北側にあり、震災で生徒14名が亡くなりました。また、生徒が一丸となって地域の人達の救援にあたった学校です。震災後は隣市の大船渡東高校の校舎で5月2日に新学期を迎え(県内で一番遅かった)、2015年から元の場所の新校舎に戻りました。
 お手紙には、ご丁寧にお礼の言葉が綴られてありました。お渡ししたソーラークッカーを気にかけて頂き、避難訓練の体験実習での利用を考えておられるようです(使って頂けることが一番嬉しいです)。
 そして現在、町は復興が進んでいるようで、今年4月に「夢アリーナ」という施設が学校の隣に建ち、プールやアリーナで活動できる部活動もあるようです。グランドにあった仮設住宅の撤去が始まりグランドの完成を心待ちにしているようです。7年の歳月の重さを感じます。
 みなさまの活躍を心よりお祈り申し上げます。また、今後もよろしくお願い致します。

  
平成24年一本松の保存工事   平成26年建設中の校舎     頂いたお手紙
10:35
2018/08/08

「ど根性ひまわり」咲きました。

| by:防災
   平成30年6月6日(水)に桜坂高等学校から頂いた「ど根性ひまわり」が、今日、咲きました。ひまわりの花言葉は、「あこがれ」だそうです。かわいいひまわりの花が、風に揺られながら咲いています。生徒のみなさんを見守るかのようです。時々、見てくださいね。
 
 ひまわり
10:16 | 今日の出来事
2018/08/05

兵庫県防災ジュニアリーダーin東北

| by:防災

 7月の兵庫県高校生防災ジュニアリーダー育成合宿を終え、60名の生徒(本校からは2名参加)が、8月1日~4日の3泊4日、東日本大震災被災地の東松島市、石巻市、塩竃市、多賀城市を訪れました。

 8月1日(水)
 13時間バスに揺られ、バス内研修を行い、東松島市あおい地区集会所に到着しました。
 8月2日(木)
 研修1では、大川小学校を視察。大川小学校の被害の経緯と現在に至るまでの詳しいお話を、我が子を大川小学校で亡くされた佐藤敏郎先生から頂きました。「特別な日ではない、普通の日だったんだ。いつもと変わらない日常だったんだ。そんな時に災害が起こった」 涙を流す生徒もたくさんいました。
 研修2は「新町コミュニティセンター跡地見学」の予定でしたが、安倍総理の東北視察とかち合い急遽中止となりました。
 研修3では「東松島ディスカバリーセンター」を見学しました。ここは日本初となるアメリカ海洋大気庁NOAAが開発した「科学地球儀」を設置している施設です。2100年までの地球温暖化予想などを見せて頂きました。想像もつかない未来の予想を垣間見て驚きの連続でした。本当に凄い施設です。
 研修4では「TTT語り部」(TSUNAGU Teenager Tourguide of NOBIRU)の高校生と大学生に震災当時のお話を聞き、野蒜地区から大曲の町歩きもして頂きました。自分たちにできることを真剣に取り組んでいる姿が素晴らしかったです。実は来てくれた高校生は交流を頂いている桜坂高校の3年生、大学生は石巻女子商入学桜坂卒業でした。昨日桜坂を訪問したことを伝え、昨年神戸で一緒に交流したことを伝えると「世間って狭いよね-」と盛り上がりました。
 研修5では東北大学特任教授の斎藤幸男先生の講演では「心の力とは何か?」と題して、5人の若い語り部の方を迎えて震災後何が起きて、どう感じたのか、そしてどう生きてきたのか、これからどう生きるのか。質疑応答をたくさん交えてお聞きしました。
 8月3日(金)

 研修6では、あおい地区自治会長の小野竹一様から、震災で移転してきたまちづくりについて、「快適さ日本一」となった過程とこれからの道のりについて伺いました。

 研修7では、「災害科学科」を立ち上げた多賀城高等学校の生徒さんに、震災当日の話を伺いながら多賀城の町を丁寧に案内して頂きました。その後一緒にワークショップを行いました。

 研修8では、あおい地区の方々と一緒にやきそばをつくって食べ、交流しました。

 8月4日(土)
 やはり
13時間バスに揺られ、バス内研修を行い、帰神しました。
 そしてお世話になった皆様、ありがとうございました。
   
大川小学校 佐藤先生  ディスカバリーセンター  TTT語り部        大曲地区町歩き
   
心の力とは何か      桜坂さんと偶然出会う  あおい地区の歴史    あおい地区視察
   
多賀城高校とWS    焼きそばつくって   焼きそば食べて      交流しました

08:39
2018/08/05

「東北6高校へ」東日本大震災支援&伝えよう防災

| by:防災
 平成30年7月31日(火)福島県立いわき海星高等学校と磐城農業高等学校、8月1日(水)石巻市立桜坂高等学校を訪問し、販売募金活動の売上利益と、「でんさいクリアファイル」「キャンドレンジャークリアファイル」、活動報告「背中がかゆい」と、生徒の手紙をお渡ししました。

 いわき海星高校では5年前の全国選抜高校野球大会出場の思い出話に花が咲きました。今年は準決勝で聖光学園に2-3で破れ惜しくも甲子園の切符を逃しました。甲子園出場が決まったら再び友情応援の約束をしました。
  
いわき海星高校     ひまわりも元気です   ハーバリウムを頂きました

 磐城農業高校では、昨年から実験中のテレビ通話の話題になり、今後もいろいろ試しながら継続して行くことになりました。またこの日は、柔道部女子選手がインターハイ出場の激励も行われていました。頑張ってくださいね。
  
磐城農業高校      カルピーを頂きました  うまさの秘密も聞きました

 昨年神戸に来てくださった桜坂高校では、実践されている防災教育のお話を伺うことができました。避難所に指定されている学校の対策・対応だけでなく生徒へのアプローチも勉強になりました。この後、桜坂高校を出発し学校訪問は終了しました。(が、翌日からの兵庫県防災ジュニアリーダーの活動で思いがけないことがありました)
 
桜坂高校        この子が玄関で迎えてくれます
07:34
2018/07/26

兵庫県防災ジュニアリーダー育成合宿

| by:防災

 7月23日(月)から25日(水)の2泊3日で、兵庫県中学生・高校生防災ジュニアリーダー育成合宿が行われ、県内21高校と6中学校の合計76名(神港橘から2年生3名)が参加しました。

 4つの講義「気象災害を学ぶ」「ボランティアについて考える」「阪神・淡路大震災を語り継ぐ」「災害に向き合う」で7時間の学習をしました。災害とは何か、防災・減災とは何か、支援とは何なのか、自分の身を守るとはどういうことなのか。防災・支援を考えることが、自分の生き方や心の在り方を作り上げていくことだと気付きました。充実した講義でした。

 「建物補強で考えよう」:このワークショップは、①手作り模型で建物の補強の仕方を体験し、揺れない2階建ての家を作る。②揺れない家で安心するのではなく更に安全な部屋の間取りを考える。③限られた補強材料で徹底的に模型を強化しの強度を競う。以上3つで構成されています。ジュニアリーダー達は本当に楽しそうに作業に取り組み、知恵を絞っていました。

 アクションプラン作成・発表には、4時間半かかりましたが、参加校全ての取り組みを共有し、それぞれ工夫を凝らした特色あふれる今年度の取り組み内容を発表できました。

 参加者は、この合宿で学んだことを各学校へ持ち帰り、それぞれの方法で防災について考える仲間づくりをし実践を目指します。また、8月1日から4日までの4日間行われる、東北の被災地訪問に生かして活動します。

 最後に、野島断層保存館を訪れました。野島断層保全館の支配人である米山正幸さまが、当時の様子を語り部としてお話してくださいました。阪神・淡路大震災後に生まれた中学生・高校生の目にも光るものがありました。深く心に響くものを受け止めたのでしょう。これも今後の活動の原動力になります。米山さんありがとうございました。また、阪神・淡路大震災の揺れと東日本大震災の揺れの違いを体験、熊本地震の現状などを勉強し家路につきました。

   
気象災害を学ぶ     雲を発生させる実験   ボランティアを考える  真剣に考えています

   
阪神・淡路を語り継ぐ  講義 の中にALもあります 災害に向き合う               わかりやすい講義でした
   
建物補強で考えよう         プロの補強を学び    手作り模型で実験    強度を競いました
   
他校と情報交換して   アクションプラン作成  全体で発表しました   最後は記念撮影
10:10
12345

学校概要

校長 山下 哲朗

〒652-0043
神戸市兵庫区会下山町3-16-1
TEL 078-579-3650(代表)
FAX 078-579-1330
アクセス
神戸市営地下鉄上沢駅
 徒歩3分
 

相談

こうべっ子悩み相談
「いじめ・体罰ホットライン」
0120-155-783
(通話料無料)
361-7710
(通話料有料)

24時間子供SOSダイヤル
0120-0-78310
 

神港橘高校学校連絡掲示板

   神港橘高校
   連絡掲示板
QRコード
(別サーバーで使用しています)
http://www3.kobe-c.ed.jp/kinkyu/skt-hs/