1学年電話  078-579-3651  2学年電話 078-579-3652 3学年電話 078-579-3653



 
お知らせ


学究&修養コラム2021 ✍ 総務部広報 


 ★2022年度から、全国の高等学校で
 新しい学習指導要領がスタートします!

 概要は、「政府広報オンライン」をご覧ください。
    重点項目
  「コミュニティ・スクールの在り方」
  「社会に開かれた教育課程の実現」等の最近の動き
   については、
   こちらの文部科学省HPをご覧ください。

 ★2022
度入学生より適用選択履修される商業科目は、
 以下の通りです。
 
1.    マーケティング分野

 ①  「マーケティング」

 ②  「商品開発と流通」

 ③  「観光ビジネス」★新設

 2.    マネジメント分野

 ①  「ビジネス・マネジメント」

 ②  「グローバル経済」

 ③  「ビジネス法規」

 3.    会計分野

  ①「簿記」

  ②「財務会計Ⅰ」「財務会計Ⅱ」

  ③「原価計算」「管理会計」

 4. ビジネス情報分野

   ①「情報処理」

   ②「ソフトウェア活用」

   ③「フログラミング」

   ④「ネットワーク活用」「ネットワーク管理」

 5. 分野共通の科目

   ①「ビジネス基礎※」
    「ビジネスコミュニケーション」

   ②「課題研究※」「総合実践」       

  ※は原則必履修科目

本校では、2年次より
 ① 会計類型コース 
    (会計分野を主に学習)
 ② 情報類型システム活用コース
    (マーケティング分野を主に学習)
 ③ 情報類型システム開発コース
    (ビジネス情報分野を主に学習)
の3つの類型コースに分かれて学習します。

今後「探究型学習」の機会が増えます。

  新学習指導要領の実施に伴い、知識の獲得(概念理解)
    だけではなく、
    自分としての納得解・最適解を得る
    探究学習も展開されます。

 探究対象としては、次の領域が考えられます。

  ①自然・宇宙探究

  ②社会・文化探究

  ③自己・進路探究

高校で探究的な学習に積極的に取り組むことは、

進路実現・自己実現の観点からも、メリットになると
 考えられます。

「総合的な学習の時間」が、「総合的な探究の時間」
  という名称に
変わります。

 この時間は、自己の在り方生き方に照らし、
 自己のキャリア形成の方向性と
関連付けながら、
 自ら課題を発見し、解決していく
ための資質・能力
 を
高めていく探究活動の授業です。より主体的・
    自律的な態度と行動力が
必要となります。


「高校生ホテル3.0」実施近づく! 

 114().5()日に、
   神戸中央区の「ホテル北野プラザ六甲荘」
で、第3回目の高校生ホテルが実施されます。ホテル従業員の皆様の多大なるご熱意によって実施されることは、都市神戸の魅力につながります。少子高齢社会の進展のもとでは、職業教育にご関心のある様々な地域経済主体の皆様のご協力・支援は、欠かせないと考えられます。

 また、地域連携協働による実践的学習は、神戸らしい「美善的情操教育・ホスピタリティ教育」の深化つながると考えられます。

新設商業科目「観光ビジネス」の学習項目を紹介します

 【新学習指導要領より】

(1) 観光とビジネス

ア 観光ビジネスの特徴  
        イ 観光ビジネスの動向

(2) 観光資源と観光政策

ア 国内の観光資源    
        イ 観光資源の保護と保全

ウ 観光政策の動向

(3) 観光ビジネスとマーケティング

ア 観光ビジネスの主体  

イ 観光ビジネスにおけるマーケティングの特徴

ウ 顧客の理解      
        エ 顧客サービス

(4) 観光ビジネスの展開と効果

ア 観光振興とまちづくりとの関係

イ 観光に関する地域の課題

ウ 地域の活性化
   ※「ホスピタリティの概念と重要性」については、
  上記(3)-「エ.顧客サービス」で学習されます。

ホスピタリティ精神・情操性自己啓発できる校内
   唯一の空間(作法室)
を紹介します

   本校北館2階に「作法室(和室)」とよばれる部屋があります。

   この部屋は、主に「茶華道部」の部活場所として使用されています。
裏千家茶道の先生が、
外部指導員として週に一度来校されています。
この作法室の建築用部材は、本校校舎建築
にあたり、
総合商社鈴木商店の流れを汲む「太陽鉱工株式会社」様より寄贈されたもので
す。鈴木商店のお家さんである「鈴木よね」と、大番頭の「金子直吉」は、本校の源流校のひとつである「神戸市立女子商業学校(大正6年創立)」の設立功労者であります。

今年令和384日午後、
  兵庫県企画県民部知事室芸術文化課の補助事業の
  一環と
して
  「子ども伝統文化わくわく体験教室」
   (兵庫県書作家協会主催・運営理事古溝幽畦氏)
  作法室で開催され、指導動画撮影会場としても
  使用されています。

★「ブライダルを通してホスピタリティを学ぶ」
      大学出前講義を開催しました

 

1. 開催日時  令和3114日木曜日 5.6限目

2. 開催場所  南館4階 「視聴覚教室」

3. 対象生徒  3年「課題研究」
        
(ブライダル&美学講座・選択者)
                            生徒18名 (担当教員 島田)

4. 講師    流通科学大学人間社会学部
        観光学科 石橋仁美 特任教授

5. テーマ   「ブライダル業界の実務と現状を知る」

本講義では、「ブライダル産業の未来・展望」までの内容が含まれていました。



 
神戸市では、今年令和3年6月 17 日神戸らしいファッション文化を次世代に引き継ぐことを目的とする「神戸らしいファッション文化を振興する条例」が公布されました。昭和 48 年に全国に先駆けてファッション都市宣言が出され,衣・食・住・遊にわたる生活文化産業全般をファッション産業として位置づけされ振興されてきましたが、最近の消費生活スタイル・経済情勢の変化に対して、新たに創造的な変化対応策が必要となっています。

ホテルや結婚式場が数多くある神戸市では、総合的な生活文化産業と考えられるブライダル産業もファッション産業として位置付ける時代となっていると思われます。コロナ感染症の流行下でも、「前撮りサービス」の需要は減っていない状況だと聞きます。市内での撮影場所に関して、更なる美しい公共空間の創出が課題になっていると考えられます。

経済成熟時代では、神戸を訪問すると、「おしゃれな気分になれる」とともに、「なんだか幸せで楽しい気分になれる」ホスピタリティ溢れる心地よいLuxuryな都市づくりが期待されているのではと考えられます。

都市神戸が「未来型ブライダル都市」「ホスピタリティ文化創造都市」「ラグジュアリーデザイン都市」へと向かうのであれば、これに対して、「コトづくり・価値づくり」を学ぶ商業教育現場では、地域の皆様とともに、このホスピタリティ産業の人材育成を強化していく機会が必要となります。また、再生医療体制が発展すると、これを基盤に「地域包括ケアシステム」は、教育分野や美活サロン分野を加えたものに変容し、「次世代型健康美学創造都市」づくりへと向かうかもしれません。いずれにしましても、文化の継承・発展には、不易と流行、地域特性を踏まえた独自の人づくりが必要となります。


★「第5回橘タウンミーティング」が校内で実施されました。

 

1. 開催日時   令和31115日月曜 6.7限目

2. 対象生徒   第2学年生徒(各会場に分かれて聴講)

3. 開催のねらい 

①地元兵庫区・神戸市で活躍している個人、団体、
         商店、企業、公務員等の方(達人)
ら活動内容
  を直接聞くことで、地域への関心を高める。

   ②達人の方から課題を直接聞くことで、地域課題
  への関心を高めるとともに、3年必履
修科目
  「課題研究」でのテーマのヒントを得る。

   ③地元で就職した後も、地域で活動し貢献しようと
  する意欲・態度を養う。

4. 講師(団体名) 6.7時間目に同じ内容を二回講演

  ①NPO法人 J-heritage

  ②みらいおもいけ園

  ③兵庫県赤十字血液センター

  ④兵庫運河自然を再生するプロジェクト

  ⑤兵庫区役所総務部まちづくり課

  ⑥和田岬まちづくり協議会

  ⑦兵庫図書館

  ⑧NPO法人 Oneself

  ⑨CODE海外災害援助市民センター

  ➉新開地まちづくりNPO

●本校では、「総合的な探究の時間」を利用して、1年生では「神戸ディスカバー」、2年生では「プロフェッショナル私の流儀」、3年生では「橘プロジェクト(課題研究)」を主題に探究活動が展開されています。今後2年生は、都市神戸の未来をイメージし、地域課題を熱く語っていただいた地域団体の方とのマッチングを積極的に進め、協働活動を始めることができるかというスタートアップ課題があります。各ご家庭でも、神戸の昔話しをしていただくと探究課題設定のヒントになります。 


★本校は、「専門高校」です。

 

 本校は
「みらい商学科」を設置している専門高校です。

 専門高校とは何か、詳しく知りたい方は、

 文部科省HPご覧ください。


2年商業科目「商品開発」で、バスツアー企画
   のための研修を実施

 

令和31126()
上記のコース設定科目を学んでいる
「情報類型システム活用コース」生徒全員が

来年実施予定のバスツアー」の企画書を
  創案するために、
淡路方面・有馬方面」にて現地調査・
  情報収集活動を実施。

この科目では「神姫バス株式会社」様との
  連携活動を展開中です。


★本校「作法室」で撮影された

「子ども伝統文化わくわく体験教室・書道」

の動画が公開されました

 

兵庫県企画県民部県民生活局芸術文化課は、
書道のほか、いけばな・茶道・箏・日本舞踊・
などの動画を、小・中・高校生をはじめ
伝統文化に興味のある人に作成し公開しています。
〇書道動画は:こちらをご覧ください。

神戸のすばらしい資源や魅力をデザインの視点で
見つめなおし、くらしの豊かさを創造する
デザイン都市・神戸」を推進している神戸市では、
文化の継承・発展には、
授業で利用可能な「神戸デザイン文化」
(ファッション・産業・建築編など)
の動画制作が課題
と考えられます。


 

お知らせ


◎ インフルエンザ等に罹患した場合に、学校へ提出する書類が変更となりました。詳細に関しましてはこちらをご参照ください。

◎ 生徒会が中心となって、防災(伝災)活動を行っています。(詳細はこちら→防災・支援活動

◎ 平素の学校生活の様子を「学年より」のページに掲載しています。ぜひご覧ください。(クリック


◎ 食堂のメニューを更新しています。ご覧ください。
 

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。
学校概要
校長 山根 修

〒652-0043
神戸市兵庫区会下山町3-16-1
TEL 078-579-3650(代表)
FAX 078-579-1330
アクセス
神戸市営地下鉄上沢駅
 徒歩3分

沿革(:源流校)
校歌
 
相談
(別添資料)R2 こうべっ子悩み相談・ひょうごっ子悩み相談チラシ.pdf
「いじめ・体罰ホットライン」
0120-155-783
(通話料無料)
361-7710
(通話料有料)
24時間子供SOSダイヤル
0120-0-78310
R2 ひょうごっ子SNS悩み相談.pdf
 
神港橘高校学校連絡掲示板
   神港橘高校
   連絡掲示板
QRコード
(別サーバーで使用しています)
http://www3.kobe-c.ed.jp/kinkyu/skt-hs/