須磨北応援団
           「神戸っ子応援団」とは・・・?

 神戸市教育委員会では、平成23年度より3ヵ年で全市中学校区に
「神戸っ子応援団」を設置する新事業を立ち上げました。「神戸っ子応援団」は,子どもたちの健全な育成を図るために,これまで地域に実施いただいてきた学習支援,登下校時の見守り,環境整備など学校の教育活動等への支援を,小学校
年生から中学校3年生まで,地域と学校と神戸市が一体となって,安定的・継続的に行うためのしくみです。


 これを受け、須磨北中学校区においても若草小学校・白川小学校・須磨北中学校の3校が連携して、平成24年度に「須磨北応援団」を結成しました。家庭・地域の皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

◆活動の紹介① ~環境整備~
24年11月:プランターや友愛花壇を整備して花の植え付けをしました。また、運動場の防球ネットを点検し痛んでいたところを繕っていきました。花は25年春に見事に咲き誇り、卒業式や入学式の生徒たちの門出を祝ってくれました(花壇の様子は、HP上の「須磨北めぐり」をクリックしてご覧ください)。修理していただいたネットは、体育授業や部活動をする際に、大いに助かりました。

 
                                   <プランターにパンジーの苗を植え付け>
 
                                       <花壇にチューリップの球根を植え付け>
 
                    <防球ネットを1台ずつ手で修理>

◆活動の紹介② ~炊き出し~
25年1月:本校では毎年「阪神・淡路大震災祈念行事」を実施し、防災教育を行っています。“1.17あの日を忘れない!”被災された語り部の方々の体験談をうかがう等の集会を持つと同時に、応援団の皆さんに「炊き出し」をしていただき、大震災発生時のあの厳しい被災状況と極寒のなかでの人々の温かさに思いを馳せる機会としています。手作りの炊き出しに、生徒たちの顔がほころびました。
 
 
 

◆活動の紹介③ ~広がる活動~