kosho Kobe municipal SHINKO senior high school
神戸市立神港高等学校
〒652-0043 兵庫県神戸市兵庫区会下山町3丁目16番1号 Tel : 078-579-2000 Fax : 078-579-2030
 

リンク

kobekkomap
神戸市の子どもたちと
情報処理科の生徒が、
協同制作している
神戸の地図です!

新商業高校へGo!
神港橘高校

使用教科図書一覧
市教委
 

カウンタ

462413
Hits since 2009/06/01

学校連絡先

◆ 神港高校
〒652-0043
兵庫県神戸市兵庫区
会下山町3-16-1
Tel: 078-579-2000
Fax: 078-579-2030
-----------------------------
◆ 栄第2グラウンド
〒651-2211
兵庫県神戸市西区
押部谷町栄字南山848
Tel: 078-994-0084
Fax: 078-994-0084
-----------------------------
◆ 携帯サイト
qr_code
 

お知らせ

<グラウンドと歩道の工事完了>


平成29年7月、グラウンドと歩道の工事が完了しました。グラウンドには、旧校門の7つの海を表す石柱の1つが記念として横たわっています。歩道は広く手すりもつきました。

 
 グラウンド(北から撮影)
  
 グラウンド(西から撮影)
 
 旧校門の7つの海の石柱
  
 広々とした歩道


 

お知らせ

<旧校舎 グラウンド整備


平成29年6月、グラウンドの整備が最終段階に入りました

 
  
   


 

お知らせ

<歩道(校門前)整備開始


平成29年4月、グラウンドの整備が進む中、校門前の歩道の整備も始まりました工事に伴い、登下校は工事終了まで「西門」を使用します。

 


 

お知らせ

<旧校舎 グラウンド整備開始


平成29年4月、旧校舎の解体が終わり、グラウンドの整備中です


 防球ネットの柱
 
 旧校舎の跡


 

お知らせ

<旧校舎 解体中


平成29年1月、旧校舎の解体中です


 体育館
 
 南館の跡


 

お知らせ

<旧校舎 解体中


平成28年12月、旧校舎の解体中です


 体育館
 
 南館


 

お知らせ

<旧校舎 解体中


平成28年11月、旧校舎の解体中です


 中館
 
 正門より


 

お知らせ

<旧校舎 解体開始


平成28年10月、旧校舎の解体が始まりました


 正門
 
 本館から解体


 

お知らせ

<テニスコート 体育館 完成


平成28年10月、テニスコート(2面)と体育館が完成しました


 テニスコート
 
 テニスコート

 体育館
 
 体育館

 

お知らせ

<新商業高校 「少しだけベールを脱ぐ」 新校舎


平成28年2月、新商業高校の建設が進み、少しだけベールを脱ぎました。現在は内装の工事が進行中です。上沢駅から校門の坂で、その姿が見られます!

 
 坂の下から
  
 校門付近
 

お知らせ

<新商業高校 「体育館・体育管理棟の工事進行中」


平成27年12月、新商業高校の建設(校舎新築工事)に向け、西門付近では体育館・体育管理棟の工事が進行中です。

 
 体育館の基礎工事
  
 体育管理棟
 

お知らせ

<新商業高校 「体育館・体育管理棟の工事進行中」


平成27年11月、新商業高校の建設(校舎新築工事)に向け、西門付近では体育館・体育管理棟の工事が進行中です。

 
 西門付近
  
 体育館の基礎工事
 
 基礎のブロック
  
 体育管理棟
 

お知らせ

<新商業高校 「学校説明会」


平成27年11月7日(土)、新商業高校の説明会を本校で開催しました。約300名の中学生が参加し、体育館でのダンス部の演技に始まり、類型の特徴や部活動・制服について説明しました。

 
 ダンス部の演技
  
 全体説明
 
 コンピュータ室での説明
  
 食堂での説明
 

お知らせ

<新商業高校 「5階の工事開始」


平成27年10月、新商業高校の建設(校舎新築工事)に向け、グラウンドでは新校舎の4階がほぼ完成し、5階の建設工事が始まりました。

 
 西門より
  
 西門より
 

お知らせ

<新商業高校 「体育館の工事進行中」


平成27年10月、新商業高校の建設(校舎新築工事)に向け、西門付近では体育館の工事が進行中です。基礎工事で地面には太いパイプが埋め込まれ、巨大なクレーンが設置されました。

 
 基礎工事
  
 クレーンの設置
 

お知らせ

<新商業高校 「4階の工事開始」


平成27年9月、新商業高校の建設(校舎新築工事)に向け、グラウンドでは新校舎の3階がほぼ完成し、4階の建設工事が始まりました。

 
 南館より
  
 南館の屋上より
 

お知らせ

<新商業高校 「ホームページ公開!」


平成27年8月、新商業高校のホームページが公開されました。教育課程、入試情報、部活動、制服、学校説明会のお知らせなどの情報をご覧いただけます。是非、ご覧ください!左のメニュー下の「リンク」からもご覧いただけます。

 

お知らせ

<新商業高校 「体育館の基礎工事開始」


平成27年8月、新商業高校の建設(校舎新築工事)に向け、西門付近では体育館の基礎工事が始まりました。

 
 西門より
  
 中館2階より
 

お知らせ

<新商業高校 「3階の工事開始」


平成27年8月、新商業高校の建設(校舎新築工事)に向け、グラウンドでは新校舎の2階がほぼ完成し、3階の建設工事が始まりました。

 
 校門下の坂より
  
 南館より
 

お知らせ

<新商業高校 「2階の工事開始」


平成27年7月、新商業高校の建設(校舎新築工事)に向け、グラウンドでは新校舎の1階がほぼ完成し、2階の建設工事が始まりました。

 
 校門より
  
 校門下の坂より
 
 校門下の坂より
  
 校門下の坂より
 
 南館より
  
 南館より
 

お知らせ

<新商業高校 「1階ほぼ完成」


平成27年7月、新商業高校の建設(校舎新築工事)に向け、グラウンドでは新校舎の1階部分がほぼ完成しました。写真は南館の屋上から撮影しました。

   
 

お知らせ

<新商業高校 「基礎工事を終えて1階部分建築へ」


平成27年7月、新商業高校の建設(校舎新築工事)に向け、グラウンドでは基礎工事を終えて、校舎の1階部分の建築に入りました。写真は4月からの定点撮影で、南館の屋上から撮影しました。



H27/07/08


H27/06/24


H27/06/01


H27/05/21


H27/05/14


H27/04/24


H27/04/16
 

お知らせ

<新商業高校 「工事フェンスのデコレーション」 凸美術部>


平成27年6月22日(月)新校舎建設が進む中、校門前のフェンスを凸美術部(でこびじゅつぶ・写真部と美術部が合体した部)がデコレーションしました。

「しんぱち君」が建築作業をするかわいいイラストです。工事フェンスもおしゃれに見えます。ご来校の際は、校門左手を是非ご覧ください!

 

 

 

   
 

お知らせ

<新商業高校 「工事の概略」 校門・グラウンド東側


平成27年4月、新商業高校の建設(校舎新築工事)に向け、グラウンド東側(神港坂)のフェンスに工事の概略と完成予想図が掲示されています。校門の「さつき」もきれいに咲いていますので、是非ご覧ください。

 
 校門
  
 グラウンド東側のフェンス
 
 工事の概要
  
 完成予想図
 

お知らせ

<新商業高校 「基礎工事」


平成27年4月、新商業高校の建設(校舎新築工事)に向け、グラウンドでは基礎工事が始まりました。写真は南館の屋上から撮影しました。

 
  
 

お知らせ

<新商業高校 「タワー型クレーン」 グラウンド


平成27年3月、新商業高校の建設(校舎新築工事)に向け、グラウンド東側にタワー型クレーンが建ちました


グラウンド(校舎の建設予定地)

西門付近(体育館の建設予定地)
 

お知らせ

<新商業高校 「グラウンド東側の擁壁の撤去」


平成27年3月、新商業高校の建設(校舎新築工事)に向け、グラウンド東側(神港坂)の擁壁を撤去する工事が行われています。新商業高校の校門は坂の下に移動する予定で、より一層通学に便利になります。

 
 グラウンドの東側
  
 撤去のためのフェンス
 

お知らせ

<新商業高校 「神港橘(しんこうたちばな)」 校名決定


平成27年3月16日(月)、新商業高校の校名が「神戸市立神港橘高等学校」、学科の名称が「みらい商学科」に決まりました。市議会の手続きを経て正式に決定します。

平成26年12月から平成27年1月にかけて新しい高校名を募集し、合計651件の応募がありました。「神港」は、明治40年創立という歴史と、全国的にも知名度が高い名称です。「橘」は、兵庫商業高校の校章にも用いられる常緑樹であり、永遠の若さと発展を意味しています。両校の伝統を継承しつつ、新しい高等学校とそこで学ぶ生徒が永遠に発展するよう祈りを込め「神港橘」と選定されました。

<2つの「みらい」>

  • M : Management(自立した生活を営む力)
  • I : Information(情報処理に関する知識・技能)
  • R : Research(マーケティングに関する知識・技能)
  • A : Account(簿記・会計に関する知識・技能)
  • I : Innovation(新しい発想で考える力)
  • M : Moral(寛容な心と態度を備えた人)
  • I : International(豊かな国際性を備えた人)
  • R : Relation(人間関係構築力を備えた人)
  • A : Action(進取の意気を備えた人)
  • I : Intelligence(深い知性と品格を備えた人)
 

お知らせ

<新商業高校 「土留工事」 グラウンド


平成27年2月、新商業高校の建設(校舎新築工事)に向け、グラウンドを掘削するために「土留工事」が行われています。山留めとは、掘削の側面を保護して周囲地盤の崩壊や土砂の流出を防止するためのものです。

 
 グラウンドの北側より
  
 撤去が進むコンクリート塀
 
 穴あけ
  
 H鋼の打ち込み
 

お知らせ

<新商業高校 「保護者説明会(第1学年)」 工期変更


平成27年1月26日(月)本校大会議室において、新商業高校の建設(校舎新築工事)に向けての保護者説明会(第1学年)が行われました

新校舎建設工事にかかる業者決定の遅れによる工期変更にともない、以下のとおり実施計画の一部が変更になったことの説明がありました。

 ・新商業高校は、平成28年4月に現在の神港高校の校舎で開校
 ・新校舎は、平成28年7月末に完成予定
 ・神港高校及び兵庫商業高校は、新校舎完成まで、
  それぞれ現在の校舎を使用
 ・3校の新校舎への移転は8月の予定
 ・新体育館は、11月頃に完成予定
 ・グラウンドは平成28年度末の整備完了予定

   

 

お知らせ

<新商業高校 「グラウンド周りのコンクリート塀の撤去」


平成27年1月、新商業高校の建設(校舎新築工事)に向け、グラウンドに重機が入り、グラウンド周りのコンクリート塀の撤去が行われました

 
 グラウンドの南側より
  
 撤去が進むコンクリート塀
 

お知らせ

<新商業高校 「グラウンド・校門周りの樹木の伐採」


平成27年1月、新商業高校の建設(校舎新築工事)に向け、グラウンドにポイントの杭が打ち込まれ、グラウンド・校門周りの樹木の伐採が行われました

 
 グラウンドの南側樹木を伐採
  
 重機でグラウンドに回収
 
 Before(校門の道路側)
  
 After(校門の道路側)
 
 Before(校門の本館側)
  
 After(校門の本館側)
 

お知らせ

<新商業高校 「住民説明会」


平成26年12月17日(水)本校大会議室において、新商業高校の建設(校舎新築工事)に向けての住民説明会が行われました

   
 

お知らせ

<新商業高校 「グラウンド掘削」 完了


平成26年10月、新商業高校の建設に向け、グラウンドに校舎の新築工事が始まっています。これにともなう、グラウンドを約3m掘り下げる掘削工事が完了しました。グラウンドの約3分の2が約3m低くなりました。

 
大きなサイズのパノラマ画像はこちら!→ グラウンド.jpg

   
 

お知らせ

<新商業高校 「グラウンドの代替地」 水道局・旧夢野中


平成26年8月、新商業高校の建設に向け、グラウンドに校舎の新築工事が開始しました。これにともない、体育の授業と部活動の場所として、平日は水道局、祝祭日は旧夢野中学校のグラウンドをお借りしています。場所が離れ、多少不便にはなりましたが、生徒はのびのびと活動しています。

 
 水道局のグラウンド
  
 水道局のグラウンド(サッカー部)
 
 旧夢野中のグラウンド
 
  
 旧夢野中のグラウンド
 (ラグビー部)
 

お知らせ

<新商業高校 「グラウンド掘削」 開始


平成26年8月、新商業高校の建設に向け、グラウンドに校舎の新築工事が開始しました。これにともない、グラウンドを約3m掘り下げる掘削工事が始まりました。

 
 グラウンドへの侵入は禁止
  
 掘削工事の重機
 
 グラウンド南側から工事開始
  
 約3m掘り下げ
 

お知らせ

<神戸市立神港高等学校普通科の募集停止について


教育委員会では市立神港高等学校と市立兵庫商業高等学校を再編・統合し、平成28年度に新商業高等学校を設置するにあたり、市立神港高等学校普通科の募集を停止いたします。

1.対象校及び対象学科 : 神戸市立神港高等学校 普通科
2.募集停止時期 : 平成27年度の入学者選抜から

 

お知らせ

<新商業高校 「防球ネット・支柱」 撤去完了


平成26年8月、新商業高校の建設に向け、グラウンドに校舎の新築工事が開始しました。これにともなう、グラウンドを取り巻く防球ネットと支柱の撤去工事が完了しました。南校舎から見るグラウンドの景色が一変しました。


大きなサイズのパノラマ画像はこちら!→ グラウンド.jpg
 

お知らせ

<新商業高校 「防球ネット・支柱」 撤去開始


平成26年8月、新商業高校の建設に向け、グラウンドに校舎の新築工事が開始しました。これにともない、グラウンドを取り巻く防球ネットと支柱の撤去工事が始まりました。

 
 グラウンドの大型クレーン
  
 防球ネットと支柱が撤去
 

お知らせ

<新商業高校 「グラウンド」 ありがとう


平成26年8月、新商業高校の建設に向け、グラウンドに校舎の新築工事が開始しました。西館が完全に解体され、西門からグラウンドへの重機の道が確保されるとともに、グラウンドが閉鎖されました。

代替のグラウンドとして、平日は「水道局」、休日は「旧夢野中学校」のグラウンドを使用させていただくことになりました。ありがとう!グラウンド。さようなら!グラウンド・・・

 

 
 西門からグラウンドへの道
  
 南館西側の補強工事
 
 南側からグラウンドを望む
  
 北側からグラウンドを望む
 
 グラウンドの階段と式台
  
 防球ネット、ゴール・・・
 

お知らせ

<新商業高校 「空調設備」 全教室


平成26年8月、新商業高校の建設に向け、全教室に空調設備が取り付けられました。工事が進む中、快適な学習環境となりました。

 
 空調設備の搬入
  
 配管工事
 
 室外機
  
 全教室に空調完備
 

お知らせ

<新商業高校 「擁壁(北側)工事」 完了


平成26年7月、新商業高校の建設に向け、北側の擁壁工事が完了しました。

 

お知らせ

<新商業高校 「西館 解体工事」 最終段階


平成26年7月、新商業高校の建設に向け、西館の解体工事が最終段階に入りました。西館はほぼ撤去され、グラウンドへ建設車両が通る道が作られようとしています。

 
 西門からの様子
  
 中庭からの様子
 

お知らせ

<新商業高校 「西館 解体工事」 進行中


平成26年6月、新商業高校の建設に向け、西館の解体工事が進行中です。

 
 4階部分の解体
  
 中館の屋上から
 
 1階部分もほぼ解体されました
  
 産廃の撤去も進んでいます
 

お知らせ

<新商業高校 「プレハブ校舎 解体」 進行中


平成26年5月、新商業高校の建設に向け、プレハブ校舎の解体工事が始まりました。阪神淡路大震災後に建てられた校舎で、選択教室が並ぶプレハブ校舎でした。ありがとうプレハブ校舎!さようならプレハブ校舎・・・

 

 
 南館の東のプレハブ校舎
  
 防音・防塵シートで覆われました
 

お知らせ

<新商業高校 「西館 解体工事」 進行中


平成26年5月、新商業高校の建設に向け、北側の擁壁の工事が進行中です。現在、重機が入り、4階部分から解体が進んでいます。

   
 

お知らせ

<新商業高校 「擁壁(北側)工事」 進行中


平成26年5月、新商業高校の建設に向け、北側の擁壁の工事が進行中です。現在、重機が入り、溝が掘られました。

   
 

お知らせ

<新商業高校 「西館 解体工事」 防音・防塵


平成26年5月、新商業高校の建設に向け、西館の解体工事が進んでいます。防音と防塵のため、西館はシートで覆われました。

 

   
   

 

お知らせ

<新商業高校 「西館 解体工事」 内装撤去


平成26年4月、新商業高校の建設に向け、西館の解体工事が進んでいます。音楽室、格技室、CALL教室などの内装を撤去し、金属と木材に分別しながらの工事です。

 
 産廃を運ぶトラック
  
 産廃を入れる荷台
 
 天井や壁の木材
  
 重機を入れて作業
 

お知らせ

<新商業高校 「擁壁(北側)工事」 開始


平成26年4月、新商業高校の建設に向け、北側の擁壁工事が始まりました。工事に先立ち、自転車置き場、桜やさつきの木が撤去されました。




 毎年、きれいな花をありがとう!

 
  
 擁壁工事が始まります
 

お知らせ

<新商業高校 「西館 解体工事」 開始


平成26年4月、新商業高校の建設に向け、西館の解体工事が始まりました。音楽室、格技室、CALL教室、視聴覚教室、理科室、美術室、調理室と、特色ある教室が並ぶ西館でした。ありがとう西館!さようなら西館・・・



 
 西館南側のビオトープ撤去
  
 整備された西館南側
 
 いよいよ西館解体工事
  
 工事車両と足場の組み立て
 

お知らせ

<新商業高校 「パース図」 公開!


平成26年4月新商業高校の建設に向け、完成予想図(パース図)が完成しましたので公開いたしますpers.jpg

北東方向鳥瞰イメージ(画像の左側が地下鉄上沢駅方面)
 

お知らせ

<新商業高校 「仮設校舎へ引っ越し」 完了


平成26年4月1・2・3日(火・水・木)、新商業高校の建設に向け、西館から仮設校舎への引っ越しが完了しました。1階に選択教室(8教室)とCALL教室、2階に家庭科教室・理科実験室・美術室となります。

   
 

お知らせ

<新商業高校 「仮設校舎 建設」 完成


平成26年3月、新商業高校の建設に向け、中庭(テニスコート)にプレハブの仮設校舎が完成しました。1階に選択教室(8教室)とCALL教室、2階に家庭科教室・理科実験室・美術室が入ります。

 
 1階からの全景
  
 2階からの全景
 
 廊下
  
 選択教室
 

お知らせ

<新商業高校 「仮倉庫」 完成


平成26年3月、新商業高校の建設に向け、創立80周年記念事業「憩いの広場」の跡地に、プレハブ校舎建設のための仮倉庫が建ちました。

   
 

お知らせ

<新商業高校 「住民説明会」


平成26年3月25日(火)本校大会議室において、新商業高校の建設(建設設計・西館解体等工事)に向けての住民説明会が行われました

   
 

お知らせ

<新商業高校 「42年振り 交換留学生が里帰り」


平成26年3月21日(金)、新商業高校の建設に向けて工事が進んでいますが、変わりゆく校舎を一目見たいと、はるばるアメリカから42年前の交換留学生「キンバリーさん」が来校されました。

キンバリーさんは2週間の日本滞在中、京都、広島への訪問を皮切りに本校を訪ねるとともに、かつてのホームステイ先の家族とも交流しました。42年前にお世話をした旧職員や、当時の学友も集いました。学友の中には遠く静岡からキンバリーさんに会いに来る卒業生もおられ、大いに旧交を温める機会となりました。

現在、キンバリーさんはアメリカのアラスカ州アンカレッジ市に在住。大学進学後、会計士として活躍するかたわら、ガールスカウトの役員としても日米交流に尽力し、ガールスカウトのメンバーを引率して数度来日されております。神港高校への里帰りは今回が初めてで、42年振りの訪問となります。神港高校留学以後も継続して日本語の学習に取り組み、大学でも日本語のコースを履修されました。神港高校を日本の母校としてとらえ、深い愛校心を持って卒業生や当時の教職員と交流されています。

なお、本校は1967~1973年、アメリカのシアトル市「レイニアー・ビーチ・シニアハイスクール」と、交換留学生プログラムを実施していました。当時は生徒を1年間、双方の学校へ交換留学されるというプログラムは困難な点も多く、珍しい取り組みでした。ホームステイ家庭を準備し、留学生が授業に参加しやすいように工夫するなど、神港独自のプログラムを企画し、生徒と教職員が一丸となって教育交流を推進していました。


平成26年3月22日(土) 神戸新聞 朝刊
   
   
 

お知らせ

<新商業高校 「本館東側の仮自転車置き場」 完成


平成26年3月、新商業高校の建設に向け、本館東側に仮の自転車置き場が完成しました。

 
  
 

お知らせ

<新商業高校 「仮設校舎 建設」 2階と屋根


平成26年2月、新商業高校の建設に向け、中庭(テニスコート)にプレハブの仮設校舎の建設中です。2階部分の壁と屋根が取り付けられています。

 
 2階の壁
  
 2階の屋根
 
 外装
  
 クレーンで機材を搬入
 

お知らせ

<新商業高校 「仮設校舎 建設」 壁と窓


平成26年2月、新商業高校の建設に向け、中庭(テニスコート)にプレハブの仮設校舎の建設中です。1階部分の壁と窓が取り付けられています。

 
 1階の壁と窓
  
 2階の工事
 
 階段が完成
  
 1階の内部
 

お知らせ

<新商業高校 「仮設校舎 建設」 骨組み


平成26年2月、新商業高校の建設に向け、中庭(テニスコート)にプレハブの仮設校舎の建設中です。骨組みに2階の床が取り付けられています。

 
 クレーンが登場
  
 資材の運び込み
 
 骨組み
  
 2階の床
 

お知らせ

<新商業高校 「仮設校舎 建設」 基礎工事


平成26年2月、新商業高校の建設に向け、中庭(テニスコート)にプレハブの仮設校舎の建設中です。ガス・水道の工事と基礎工事が始まりました。

   
   
 

お知らせ

<新商業高校 「仮設校舎 建設」 開始


平成26年2月、新商業高校の建設に向け、中庭(テニスコート)にプレハブの仮設校舎の建設が開始されました。1月末から準備が進められ、2月に入って工事が本格化しました。

 
 プール跡に工事車両が準備
  
 中庭に立ち入り禁止の柵
 
 中庭にも工事車両が準備
  
  工事開始
 

お知らせ

<新商業高校 「本館東側の枇杷とシュロの木 撤去」 完了


平成26年1月、新商業高校の建設に向け、本館東側の枇杷とシュロの木の撤去が完了しました。この場所は仮の自転車置き場になる予定です。

 
  
 
  
 

お知らせ

<新商業高校 「本館東側の枇杷とシュロの木 撤去」


平成26年1月、新商業高校の建設に向け、本館東側の枇杷とシュロの木の撤去が開始されました。この場所は仮の自転車置き場になる予定です。

 
 枇杷の木
  
 シュロの木
 
 伐採!
  
 おいしい枇杷の実、ありがとう!
 

お知らせ

<新商業高校 「憩いの広場 解体」 完了


平成26年1月、新商業高校の建設に向け、創立80周年記念事業の「憩いの広場」の解体が完了しました。フェニックスの木と藤棚が撤去されました。この場所にはプレハブ校舎建設のための仮倉庫が建つ予定です。

   
   
 

お知らせ

<新商業高校 「憩いの広場 解体」


平成26年1月、新商業高校の建設に向け、創立80周年記念事業の「憩いの広場」の解体が開始されました。第一弾として、フェニックスの木が伐採されました。この場所にはプレハブ校舎建設のための仮倉庫が建つ予定です。

   
   
 

お知らせ

<新商業高校 「プール解体 完了」


平成26年1月、新商業高校の建設に向け、プール解体が完了しました。この場所には体育館が建つ予定です。

   
 

お知らせ

<新商業高校 「プール解体」


平成25年12月、新商業高校の建設に向け、「プール解体」が開始されました

 
 重機のカッターで切断
  
 廃棄物の選別
 

お知らせ

<新商業高校 「住民説明会」


平成25年11月本校大会議室において、新商業高校の建設(プール解体工事)に向けての住民説明会が行われました

   
 

お知らせ

<新商業高校 「掘削調査」


平成25年9月、新商業高校の建設に向け、グラウンドで「掘削調査」が開始されました

 
 グラウンド
  
 ショベルカーで掘削
 
 2m近い穴
  
 地層も見えます
 

お知らせ

<新商業高校 「ボーリング調査」


平成25年6月、新商業高校の建設に向け、体育館や西館付近などで「ボーリング調査」が開始されました

 
 体育館の西側
  
 西館の北側
 

お知らせ

<記念植樹等の撤去について


神港高校同窓会会員の皆様へ

神戸市立神港高等学校
校長 古溝  茂

新商業高校建設に伴う記念植樹等の撤去について


 初春の候 同窓会の皆様方には益々ご健勝のことと存じます。平素は本校教育に何かとご理解・ご支援頂き感謝申し上げます。

 さて、平成28年4月1日より新商業高校を開設することで神戸市教育委員会学校計画課を中心に準備が進められています。いよいよ来年度(平成26年度)よりグランドに校舎建設が始まりますが、工事工程で西館やプールを解体しなければなりません。現在西館で行われている授業の教室を確保するため、この3月までに、中庭及び憩いの広場(食堂西側)に仮設校舎等を建設いたします。

 つきましては、校内にある卒業記念植樹や周年事業で頂いた樹木を撤去しなければなりません。移植も検討して頂きましたが、巨木になりすぎていることや、移植する場所の確保ができないということで学校としての思いもかないませんでした。卒業生より頂いた大切な植樹ではございますが、何とぞご容赦願いたく存じます。

 また、校名や校章等については来年度以降公募される予定です。今後も同窓会を通じて、情報提供してまいりますのでなにとぞご協力よろしくお願い致します。
 

お知らせ

<新商業高等学校の設置について


神戸市立高等学校の教育改革と新商業高等学校の設置


神戸市教育委員会事務局総務部学校計画課


 神戸市立高等学校は、戦前より市民の教育要望に丁寧に応える、満足度の高い後期中等教育機関としての役割を果たしてきました。その役割としては、女子教育・職業教育の振興を図ることを中心に、神戸市に暮らし、働き、活動する市民を育て、地域社会の発展に貢献してきたことがあげられます。
 現在も、保護者や住民に最も近い自治体の設置する高等学校として、少子化・情報化など社会情勢の変化や市民のニーズに弾力的かつ密接に対応すべく、高校教育改革を進めております。

 その改革の流れに関しましては、1994年4月に神戸市教育懇話会の報告として出されました「神戸市立高等学校の将来を考える」に、新たな役割を担った市立高等学校群の創造と市立高等学校の一体化として示されています。つまり、「各市立高等学校を個々に特色をもったものに変革」するとともに「一体化して機能させること」によって、「生徒の興味・関心、能力・適性、進路希望に応え、新たな役割を担う」市立高等学校を創造するというものです。
 この報告に基づき、これまでに、平成10年に神戸商業高等学校と赤塚山高等学校を再編・統合し、普通科総合選択制(のち単位制)の六甲アイランド高等学校を開校しました。その後、平成13年には葺合高等学校に国際科を設置し、平成16年には御影工業高等学校(全日制・定時制)と神戸工業高等学校(全日制)並びに長田工業高等学校(定時制)を再編・統合し、科学技術高等学校(全日制)・神戸工科高等学校(定時制)を開校しました。さらに、平成21年には須磨高等学校と神戸西高等学校を再編・統合し、総合学科の須磨翔風高等学校を開校しました。また、平成22年4月には摩耶兵庫高等学校に昼間部を設置してきました。

 現在は、耐震化対策が急務となっている神港高等学校と兵庫商業高等学校を再編・統合し、地域企業や商店街、NPO、行政等と連携した実践活動を取り入れた魅力ある商業教育を展開し、「ひと」を「たから」ととらえ、神戸を愛し支える「人財」を地域とともに育てる「新商業高校」の設置を進めております。
 建設場所は、現在の神港高等学校の地になります。現在のグランド側に新校舎を建設することで工期を短く抑えるとともに、仮設校舎を最小限にすることにより、在校生の教育活動への影響や近隣にお住まいの方々への影響をできるだけ少なくしたいと考えています。

 今後も、市民のニーズに丁寧に応え、地域社会の発展に貢献する、地域に開かれた「市民のための市民の高校」としての市立高等学校たるべく、教育改革に取り組んでまいります。